「Scorpio Stones」ブレスレット

2015年11月30日 (月) 19 : 47







一年前にお出ししていた、さそり座さんブレスです。
ちょっと可愛いラインストーンの入ったさそりチャームを入手したので、マラカイトつながりで、今回お出ししてみることにしました。
(私はぜんぜんさそり座じゃないんですが、このさそり座ブレスは好きなので、一年前に作った時に、実は自分のも^^持ってたりします)

さそり座さんサポートの石をカップリング。
さそり座の人が周囲にいない(いたことは過去にあったんですが、いまいち「たぶん自分とはなにかが違う」な印象だけが残っていた)自分なのですが、なるほど、さそり座さんというのは・・・おそらくこの世において、人間らしさという意味で、いちばん「奥行き」を持ち合わせている世界観を持った星座さんなんだな、という感じがします。

たとえば、地位や名声、賞賛の類や、人間間における勝敗や優劣というような価値観、自己の存在の安泰や安定など・・・そういった条件的な人間の成長の目標や指標的なものを求める段階をさらに進んで、「より、ヒューマニティ」的な「愛」そしてややもするとそれが「憎」とも変わる、エネルギー世界を熟知した達人ともなれる影響力、強いエネルギーを、生まれながらにお持ちの星のモトに生まれておられます。

ある意味・・・「人間が人間であることのドラマ性」に関して、三次元主役的なスターとなるための素養をいちばん持っていそうな感じを受けました。
たぶん、もともと、男女ともに魅力的でモテモテ系なんじゃないだろうかね・・・って思って、ちょっと調べたら、実際に^^そんな感じで、さそり座さんというのは、なんと「容姿」などの風貌なんかも、いわゆる魅力的で人を惹きつける個性であることが、もっとも多い星座さんなんだそうですよ。

そんなさそり座さんですが・・・「ヒトの思いを見抜く」能力がとても高いぶん、優しさを持つ面、愛情深い面も際立ちますが、それに伴う、真逆の感情である「嫉妬」や「絶望感」という世界に囚われる確率も、かなり高い様子です。(まぁ、だからこそ「ドラマな人」になれるわけなんですが)
なにしろ、命をかけて相手を守るとか、自他を同一の価値のもの、もしくはそれ以上に「自分のすべて」と他者を思える部分はすばらしいの一言なのですが、そうやって自己が創り上げた世界を「愛するがあまりに」それが壊される時などの、つまり「変化、変容」への抵抗感は、はんぱじゃないようです。
人間の「奥行き」の、もっともダークなところへ、みずからが入っていくことを、好む好まないに関わらず、もともと性分として持っているため、カンタンにそこから浮上することへのブロック感がふつう以上にあるような。つまり、「自他を罰する」「自他を許さない」という方向へ行ってしまうと、そこから抜けづらいわけです。

このカップリングは、そんなもっとも人間らしいとも形容できる、感情の海の中でともすると溺れてしまう、自滅的にもなってしまいがちでもある世界を、もともとふんだんに天分として持ち合わせている「存在感の魅力」のほうへ、意識転換することをサポートする組み合わせ。
もともと、「存在しているだけでかっこいい」だなんて^^天分、欲しくて手に入るものではないと思います。
そのことに気づいているかいないか、それだけでもまったく人生というものは違う様相が見えてくるはず。

いやはや、星座ものって面白いですね。

■使用石■

「レインボーオブシディアン14ミリ丸玉」「スノーフレークオブシディアン10ミリ丸玉」「マラカイト8ミリ丸玉」「ターコイス6ミリ丸玉」「ロードクロサイト10ミリ丸玉」「スモーキークォーツ12ミリ128面カット丸玉」「チャロアイト6×3ミリロンデル」

■クォリティと鉱物説明■

マラカイトとターコイスとチャロアイト、発色が良く高品質ビーズ。
他ももちろん良品ビーズです。
ロードクロサイトは縞ありで、色目的にはグレーがかったピンクです。表面の研磨によるのだと思いますが、艶々ビーズ。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page