「I am the I AM」ブレスレット「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」

2015年10月31日 (土) 21 : 46

















もうギブスを外して大丈夫ですよ~。退院できますよ~。
とお医者様に言われれば、、、本当に自分は治ったんだろうか。。。って、どんなに疑り深い人でも、体感覚で自分自身が「治ったことがわかる」場合、「あ、動ける」とわかれば、また通常の生活に戻っていくことは容易かもしれません。

しかし、自分自身の中の「見えない意識」に関しては。これは自分ではなかなかわからないんですよね。
だから、なかなか、補助輪外して自転車こぎだす勇気が持てないし、「自分はできる」って、練習ではできたことが、ちゃんと通常運転でできるようになっていくことを、信用出来ないんです。

このカップリングは、そんな、気持ちにかかっている見えないストッパーを外して、とにかく動き出しちゃえば、あとは大丈夫!! っていう、「他の人はそうかもしれないけど、自分は果たしてそうなのか?」と、ことさら、いざ自分のこととなると、疑いと失敗の二文字がどうしても頭から離れない、、、「できないんじゃないか」と自信がない、、、そういう方が自立して自分の足で歩き出せる後押しをしてくれるカップリングだと思います。

「やってみたら意外にできちゃった」的なことは、実は、「やってみないと」いつまでも経験できません。
脳内でどれだけ描いても、行動がなければ、その脳内世界の残像そのものは消えてなくなりはしませんし、実現待ち領域に置き去りにされたまま、いずれ、へたすれば、自分を縛る呪縛になっていくことだってあるのです。

自分がやりたいことをやることは家族や周囲を犠牲にする、迷惑をかけることなんじゃないか、だとか、現代人はなにかと自分が臆病になっている要因を、他に転嫁して自分を納得させている場合も多いかな、と思います。
実際にそうなってしまっている、、、と感じられる場合もあるかもしれませんが、もし、自分がやりたいことをやっている人が、周囲を犠牲にする、、、のが本当であれば? そのへん、公平な目でリサーチしてみてください。
「そういうふうに見えるパターン」の人もいるかもしれません。ですがその場合、犠牲にしているらしき要因は必ずしも「その人が自分のやりたいことをやっているから」ではない、要因はそこではないことが、ほとんどではないでしょうか、、、ということに気づけると思います。

「本人が想像もしたことない潜在的に持っている力を引き出してくれる石」ではないかしらのユーフォラライト44ですが、私がそう感じるのは、この石の提供者さんそのものが、ご自身が石屋を始められてから、初めて、お師匠さん的存在やクリスタルの世界の大御所的な人のお墨付きの世界から離れて、ご自身の審美眼を頼りに歩き出すことを決められて、そこで出会うことになった石、、、だからなのかもしれません。
(極真空手の看板を捨てて独自の道場を展開することを決め、そのように動き出し、有名なクリスタルのお師匠さんたちのご推奨ストーンの代理店というような立ち位置ではなく、ご自身のカラーを創造していこうとしている姿は、素晴らしいです。私がちょっと感動したのは、極真の看板捨ててるのに極真道場からスタートしたお弟子さんがみんなそのまま柚井さんの元について来ていることでした。看板ではなく人間そのものに。凄いよね。綺麗事ではなんとでも言えても実際行動では本当はなかなかできないことだと思います。ここにも無条件の愛を^^感じます。ユーフォラライト44ご提供者のレムリアの太陽さんは、本当にレムリア(日本)の太陽になるつもりなのかも^^)

誰もが、その人ならではの、自分の中に存在するオリジナルな神性をのびのびと表現していけるように。このカップリングがサポートしてくれると思います。


■使用石■

「ユーフォラライト44 約10~15×5~10×5~10ミリ原石タンブル」「アメジストエレスチャル8ミリ強丸玉」「ゴールデン&ブルー2toneタイガーアイ10ミリ丸玉」「ゴールデンオーラ8ミリ64面カット丸玉」「ゴールドルチルクォーツ12ミリ丸玉」「ゴールデンブラックマイカ10ミリ丸玉、約15ミリタンブルカット」「レピドライト12ミリ、10ミリ丸玉」「ブルークォーツ10ミリ丸玉」「龍彫刻ライトカラーアメシスト15ミリ丸玉」「サンダーベイアメトリン8ミリ強丸玉」「ゴールデンジャスパー18×13ミリなつめ」

■クォリティと鉱物説明■

44種類の鉱物が共生する岩石、ユーフォラライト44。
こちらで使用しているのは、主にゴールドのマイカとクォーツ、一部ブルートルマリンの入るタイプのミニタンブルです。
ブルートルマリンが入るタイプは、「1」~「3」になります。若干、お値段をその理由で調整しております。
すべての鉱物名とその説明の記載、ユーフォラライト44発見者のギャリー氏の英文説明を記載した内容の文書をおつけします。

カップリングにはユーフォラライト44の主成分ともなっているマイカ、レピドライトなどのビーズをチョイスしました。ゴールデンブラックマイカも実は希少石で、ビーズではあまり流通していない石です。独特の光沢部分はちょっと鯖とか^^魚の鱗っぽいといえば確かにそんな感じで。ユーフォラもそんな感じだったりするんですがね。
同じく色々入ってる石、ブラジル産のアメジストエレスチャル、それから、オーラライト23と同じ採掘場所のサンダーベイアメトリンをカップリング。
2トーンカラーのタイガーアイは脱色処理で一部ゴールデンタイガーアイとなっているタイプのビーズなのですが、発色品質がとても良い高品質タイガーアイです。久々に、タイガーアイ系ビーズで萌えタイプを^^見つけました。
ゴールデンジャスパーも発色の美しいビーズです。ゴールドルチルは透明感のある母体に細かい金針が入るタイプのビーズです。
ライトカラーの大玉アメシストは、ドラゴン彫刻ビーズです。これも珍しいと言えば珍しいですね。ブルークォーツは人口クォーツです。

これでいったい全部でどれだけの鉱物の種類になるのだろうか、、、的にかなりな鉱物がごちゃまんと一緒になっているはずなのですが、ちょっと驚くべき調和感です。石たちの世界とはそういうものなんですよね。そもそも地球はパワーストーンそのもの^^です。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page