「高次コンセント」ブレスレットVol.3「1」「2」「3」

2015年07月31日 (金) 21 : 09
「高次コンセント」ブレスレットVol.3「1」「2」「3」















今月も、お出しさせていただきます、高次コンセント。
「正直、自分はもう絶対イケる、大丈夫、すっごい高次元の味方がついているわけなんだし」のような^^、この世を渡るに大事な「勘違い力」を^^必要とする人には、かなりオススメですね。
・・・とお伝えしていたわけなのですが。


「こんな私でも繋がれる・・・」と個人的に感動のカップリングですが、先般もプレビューで(「さわり」なのに長い話で)騒いでましたが、本当に繋がってるんですよ、私達は、光の領域と。
そして、誰もが愛され、守られ、導かれています。


・・・なんてことは、知ってるし~♪ という方におすすめです。
知ってるし、信じてもいるけど、見たり感じたりはどうかな~、な感じの方にもおすすめです。
メディテーションを日課にしている方や、ヘミシンクなどされている方、エネルギーワークをされている方、微細領域のエネルギーに敏感で、自身の波動を高く保つことに苦心している方にも、おすすめですね~。
あ、上記に該当しなくても^^、自分自身が、ご機嫌な気分爽快な波動でいたい方(てゆうか、細かいこと知らなくても、これってものすごく大事よね^^)にもおすすめです。


でも、「みんなそう(気づかない)なんだから」しょうがないんじゃない? それでいいんじゃない? っていうリクツもありますね。
自分だけ、波動波動、って波動アップの努力なんかしてもね~。高次元なんか知らなくたって、みんな生きてるよ? のような。
うん、まぁ、みんながそうだから、そんなこと知らなくたってぜんぜんいいし自分は。な方ならば^^まぁ、不要だし、そもそもそういう方は、今ここ観ていないと思いますね。
観ていても、半信半疑な場合には、半信半疑な現実が横たわる・・・それが現実創造になるので、今ひとつ、そういうことを信じる決め手には欠けるかもしれませんし、そういう方には、実際に石の働き度合い、つまり石自身の能力の出力が制限されちゃうのは事実なので。


このへんが、振動数の高い石たちを、私達石を扱う人間がご案内する難しさだと思います~。


「今、ここで」繋がる高次のエネルギーが、すぐさま現実世界になにかをもたらしている証拠がない、わけなのですが、実はあるんですよ。
なによりも、そのエネルギーを感じられる方にとっては、それが証拠になっちゃうのです~^^。
なので・・・万人の方には、今は難しいかもしれませんが、分かる方には、そしてそれを分かりたい方には、目の前にもうそれは、用意されています。そのギフトを、受け取りやすくしてくれるツールとして、彼らははたらいてくれます。



■使用石■


「ゴッシェナイト18~32×14~22×4~6ミリ大粒フラットタンブル」「カラーレストパーズ8ミリ丸玉、ホワイトクリアトパーズ6ミリ、5ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト16ミリ丸玉」「ヒマラヤアイスクリスタル8ミリ丸玉」「2012クリスタル8×4ミリボタンカット」


■クォリティと鉱物説明■

Vol.3は、廉価バージョン。
なので、フェナカイトは入りませんが、大粒ゴシェナイトが主役です。

ゴッシェナイトは、無色透明の原石の不定形の大粒タンブル。少し内傷入りますが、透明感のあるベリルじたい、ほとんどビーズとしては流通しておらず高額な中にあっては、この大きさは必見だと思います~。
そもそも見た目には無色透明なため、水晶や他の無色透明な石と、ぱっと見の違いはぜんぜんわからないわけですが、ベリルですので、水晶系のストーンとは質感がまったく違います。
とはいえ見た目は無色透明ですので、これこそ、モノ好きにしかわからないレア度満載系とも言えますので、まったく一般的ではありません。
ゴッシェナイト同様に、カラーレストパーズも無色ですが、内傷などは入ります。。

アゾゼオアゼツライトは、うっすら透明感のある丸玉です。

Vol.3では、アゾゼオアゼツライト1石、ゴッシェナイト4石、カラーレストパーズは6石、ヒマラヤアイスクリスタルは1石使用しております。2012クリスタルは1石使用しています。

H&E社のAZOZEOアゼツライトはH&E社のギャランティカードのコピーをおつけします。
2012クリスタルはガイガー・ミネラル社のディビッド・ガイガー氏の直筆サイン入りのギャランティのコピー、日本語訳解説文のコピーをお付けします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page