「天の梯子~2014年強化版~」ブレスレットVol.3「1」「2」「3」

2014年09月30日 (火) 21 : 59


















「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸「1」「2」約15.5センチ「3」約15センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

__________________________


過去に制作した組み合わせの中には、どうして今これをまた作りたくなったんだろう? って思うような組み合わせって、あります。
今回は、こちら。「天の梯子(はしご)」です。2009年に制作しておりました。
その当時のカップリングにプラス、2012クリスタル、アゾゼオ・アゼツライト、スギライトが入りました。超強化版、バージョンアップです。


以前やった2009年当時に自分が書いたものを、制作時に、自分は読まないことにしています。
「どうして作りたくなったのか?」ということに関して、たとえ自分自身が過去に書いたものであっても、余計な情報を取り入れて色眼鏡で見ないようにするためです。
こうして、今回、説明文を書こうという段階になって、はじめてそれを検索します。
で、たいてい「なるほど×7乗」くらいのなるほど感で、「もうあたしってぜんぜん進歩してない・・・」ということに^^顔面蒼白にはなるんですが、石に関する勘どころだけは相変わらずいつもタイムリーになんとかなってるんだなぁ、っていうことに、もう何度でも石たちには驚かせていただいてます。


以下が、当時の文章です。

(引用ここから↓ ↓ ↓)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の心が、実は誰よりも、自分の行い、言動、そういったものに、虚飾がないか、誠実であるか、そして何よりも、自分が自分を活かしているか、を知っているわけです。
世界中の何人を騙せても、絶対に、自分を騙すことはできませんから。

決して、己に向ける鞭、ということではありませんよ^^。
自分も、他人も、そうなんですが、裁いたって、どこにも進みやしません。
裁きは、私は、「停滞の因」だと思っていますから。
しかしですね、裁きではなく、自らが向かう「剣の上に座して」の心境は大切だと思います。
それは、現実を虚飾しない、自分の都合の悪そうなことに蓋をして、安住しない、ということに繋がります。

というわけで、天の梯子なのですが。
どういう石組みなのかというと、「しっかり魂が歩む道を、自分の足で歩いていくことを、サポート」系ですね。
もちろん、道中のとっさの判断や、「うわ、ここでしっかりやっとかないと」な場面、人生は一度きりですから、そりゃ緊張して当たり前の話。リラックスもそりゃ大事なんですが、「緊張感の持続に強い」っていうのも、大事なんですわ、意外に。
緊張感などあって当たり前思考になれば、それが「平常心」ってことですしね。
ひとつ上の心境、自分になんかまだまだ到底無理、の心境を、理解できるようになる・・・ってことなんでしょうか。

なにやら、わかりづらいかもしれないですが^^、ひとつ言えるであろうことは、「身に過ぎた」と遠慮し続けていてはだめだ、ってことですかね。
今が満足だから、不満足だから、などは、論外なんですよ。

アタックNo.1ではありませんが、「苦しくったって~悲しくったって~コートの中では平気なの♪」の、「コート」に身を置くことでさえ、時に、ふいに退場を迫られることも、ないわけではありません。
そんな時でさえ、自分を救うことができる自分養成講座みたいな石組み、なんじゃないのかな。って思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用ここまで↑ ↑ ↑)


これ読んで、「こういうことを過去にわかっていたはずなのに、どうしてそれていっちゃうんだろうなぁ、自分は☆」って苦笑するしかなかったんですが^^、でもそれまくってそれまくっても、やっぱり、石たちの「気づけ」攻勢って、すごいもんだなぁ~とあらためて感心します。


同じ人間の同じ人生行路の中でも、生まれる前の記憶並みに、人間とは日々忘却していくイキモノなんだな~と(いい意味でも悪い意味でも^^)。
あ、そんなのジブンくらいで^^みなさんはそうではないかもしれませんね。大変失礼。もうしつこいくらいに自分自身には毎日「魂」との対話を、自分のほうから呼びかけ続けることをしなけりゃ、って思いました。
このカップリングはそのための通信機なんですね。いやはや。
通信機が欲しい方には(今のジブンのぬるさを叱られるんじゃないだろうか、自分は間違っているんじゃないかというのを目の当たりにする勇気がなくて^^エゴは耳を塞ぎたがっていそうでも、そこを叱咤できるなら)するすると、梯子が天から降りてくる、そういう組み合わせ。


そうそう、文中にある「リラックスもそりゃ大事なんですが、「緊張感の持続に強い」っていうのも、大事なんですわ、意外に。」という記述なんですが、ここだけが、自分が少しだけ成長(?!)なのか、悟ったところで、この部分わかってなかったのが少しわかるようになった? かな、というのか。
この当時は「リラックスvs緊張」という二極感覚でものを言ってるものを考えてる面が強かったようです。
緊張感というのはリラックス経由で研ぎ澄まされた感性へと変容していく状態で、最高に気持ちがいい状態とは紙一重で。
よくプレッシャーに弱い、強い、って言い方があるけれど、プレッシャーがあるからこそそこに生まれるこの未知なる「自分超え」が出てくるんですよね。
この組み合わせは、そういうプレッシャーとの親和性を生み出しやすい(強いとか弱いとか勝った負けたできるできないの両極からプレッシャーを見るのではなく)カップリングなんじゃないのかな、と感じます。


■使用石■

「1」約15.5センチ

「2012クリスタル16ミリ多面カット丸玉」「アゾゼオ・アゼツライト10ミリ丸玉」「ゴールドルチルクォーツ14ミリ丸玉」「シルバールチルクォーツ18ミリ丸玉」「ブルーサファイア10ミリ128面カット丸玉」「タンザナイト10ミリ丸玉」「スギライト12ミリ丸玉」


「2」約15.5センチ

「2012クリスタル10×6ミリロンデル」「アゾゼオ・アゼツライト8.5ミリ丸玉」「ゴールドルチルクォーツ8.5ミリ丸玉」「シルバールチルクォーツ11ミリ丸玉」「ブルーサファイア11ミリ丸玉」「タンザナイト9ミリ丸玉」「スギライト8ミリ丸玉」


「3」約15センチ

「2012クリスタル8×4ミリロンデル」「アゾゼオ・アゼツライト8.5ミリ丸玉」「ゴールドルチルクォーツ8.5ミリ丸玉」「シルバールチルクォーツ11ミリ丸玉」「ブルーサファイア11ミリ丸玉」「タンザナイト9ミリ丸玉」「スギライト8ミリ丸玉」



■クォリティと鉱物説明■

ルチルで絶対妥協できない方、幻の大玉が欲しい方はこちらの「1」にしてください。
ゴールドルチル、シルバールチル共に、このサイズでこの超ハイクォリティって、今はもう普通にはないクォリティです。(もちろん探せば高品質ルチル売ってないわけではないけど^^、ご存知かもしれませんがお高すぎなんです)
では「2」「3」が妥協なのかと言えばサイズが小さい分お安いですが、こちらも大変美しい高品質ルチルクォーツとなります。

スギライトは、「1」は濃い紫スギライト。大玉で高品質スギライト。
「2」「3」はやや色むらありですが、鮮やか紫マトリックスな高品質ビーズ。

ブルーサファイアは「1」はやや色むらあります。「2」「3」は濃いブルーの発色がすばらしい高品質ブルーサファイア。
タンザナイトは発色の良い高品質なビーズ、「2」「3」のほうがやや色合い的にホワイト混じりで薄目かな、というビーズです。
「1」はアゾゼオ・アゼツライトは10ミリ2石使用、H&E社のギャランティーカードをお付けします。2012クリスタルは2石使用、ガイガー・ミネラル社のディビッド・ガイガー氏直筆サイン入りギャランティーと、日本語説明文コピーをおつけします。
「2」「3」はアゾゼオ・アゼツライトは8ミリ3石使用、H&E社のギャランティーカードのコピーをお付けします。2012クリスタルは3石使用、ガイガー・ミネラル社のギャランティーのコピーと、日本語説明文コピーをおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page