「Seven's Door ~2014version~」ペンダントトップVol.1「1」「2」「3」

2014年05月31日 (土) 20 : 57




















「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

メタル製パーツを使用しています。(枠サイズ52×28ミリ)
主にレジン流し込み仕様の受け皿ペンダントパーツで貴金属製ではありませんが、こちら自分も同じ仕様のものを持っていますけれど、いわゆるメッキはがれや変色については、通常のロジウムメッキパーツよりも長期にわたり変色がなく丈夫な印象がありますが、メタルパーツの場合の変色の有無というのは将来に渡りのお約束はできませんのでご了承ください。
付属のサージカルステンレスメッキ製チェーン長さは40センチです。
ペンダントトップはお取り外しいただき単体使用していただくことが可能です。
(こちらは同等商品の制作はできません。)

♪♪♪セット割引♪♪♪

お揃いのブレスレットといっしょにご購入の場合は、1,000円割引のお取扱いとさせていただきます。
__________________________


こちらは、2011年7月に制作して以来のカップリングです。
2011年に制作した時とは、カップリングも少し違いまして、2012クリスタルが入り、あきらかにエネルギーが違うので、ぜんぜん違うものなんですけれど^^、そういう微細な部分を見て欲しい、なんて~のは、こちらが求めるものではないですからね^^。


こちらは、今回、あの超高額レアストーンのフェナサイトの透明原石極小タンブルをいくつか入手できたため、「なにを作ろうかな~、できれば、フェナを常に身に着けられる形態がいいんだけどな~」ということだけ考えていたのですが、たまたまその時、この「過去のSeven's Doorブレスを失くしてしまった」という方がいらっしゃって。
それで、こちらを思い出し、「あ、じゃあ、またソレやろうかな」みたいになって。
フェナサイトが手元に来たばかりで、そういうお話が出てくることじたいに意味を感じましたので、制作することに。
同時に、スティブナイトの原石もやはりたまたま似たようなタイミングで入手しておりましたので、スティブナイトはたいへんやわらかいのと、フェナサイトの透明原石が大変小さいのとで、こういったDECOREパーツに埋め込みのペンダント案となりました。
こちらはやはりレアストーンの、ナトロライト、ペタライト、それからゴールド(金です)もカップリングしています♪(アゼツ、モルダ、フェナサイト、ペタライト、ナトロライト・・・シナジー系揃い踏みですね)


こちらが合う合わないは、「「魂のグランドデザイン」に沿って生きていこうとしているかいないかのバロメーターとも言えます。」って、2011年当時に書いていた自分でしたが、そうだと思います^^。
なぜなら・・・私自身は、この組み合わせ、合わなかった^^というか、あんまり自分的に定番化してませんでした。
「ほったらかしにしていた」んですよ、正直。
だから自分が、魂のグランドデザインに沿って生きてきた2011年以降だった、とは大手を振って言えない^^自分でもあることがよぉくわかります☆
(まぁ、覚悟とか決意のモンダイだと思いますね)


でも、「失くした」話をお伺いした時、タイトルはぜんぜん思い出せなかったんですが(ご本人も同じく)、それがなんの石組みだったのかは、たまたまですが、即答できました。なぜなら、身にはつけてはいなかったけれど、傍にそのネックレスを掛けていて、すぐにそれが目に飛び込んできたからです。


(2011年7月「Seven's Door」より抜粋ここから)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間、自分を心底信じ切って生きている人は、おそらく、ほとんどいないのが実情だと思います。
(まぁ、時々そう見えるような人も世の中にはいないわけではないですが、深層部分では、現状維持のための保身、恐れや不安が動機の、威嚇とか^^迫力とか^^なだけの場合も、往々にしてあります)
しかしながら、運命はいぜん、いつ何時も固定化はされてはいないのです。
選択しだいでいくとおりものパラレルワールドがあり、新しい世界との出会いは、新しい自己(まだ知らなかった自己とも言えますが)との出会いでもあります。
それを、いかに自分の内部世界と融合させていくか、という自己のハートの感覚への自信というのが大事で、彼らはそういったニューワールドへの移行のお供に、最適かと思われます。


よりおすすめなのは、「もたらされるシンクロやセンレンディピティに、ただ喜ぶ段階から、さらにその先」へ、がんがん進みたい、という新しい世界(たとえばそれが物理的には昨日までと同じ場所、環境であったとしても、です)への意欲、意志的な気持ちがある方に・・・ということかと思われます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(抜粋ここまで)


私個人はこの「「もたらされるシンクロやセンレンディピティに、ただ喜ぶ段階から、さらにその先」へ、がんがん進みたい、という新しい世界(たとえばそれが物理的には昨日までと同じ場所、環境であったとしても、です)への意欲、意志的な気持ち」があるつもりでいるんですが、同時に、2012年を超えて以降、ずっと「揺れる思い~身体じゅう感じて♪」の、エゴとの闘いを継続してきているな~、という感じです。
まぁ、本気の覚悟、決意、必要なのはそれだけです^^。
そういうことの、突破口になりそうな組み合わせかもしれませんね。


あ、この三次元的には、この組み合わせは、「成功、栄誉、富の獲得」的なものをもたらすタイプの石たちの組み合わせなんですよね。
もちろん、それは「魂のグランドデザイン」的な生き方をすることによって、という付随してくる現実の様相、ということですので、そのへん誤解なきように。
たぶん、「自分を信じられないブロック」がある、自分を過小評価してしまう、ちっこい今ある安全そうな自分を守る枠の中から出るのが怖い、っていうような方に、そこを出て、もっと世界を見ようよ、今までに感じられなかった凄い感動的な価値感があるよ、っていう、後戻りしたくなくなるような開眼を手伝ってくれるんじゃないだろうか、と感じますね。
(この世的には「臨死体験」的なものがソレかと思います。そこまではっきり「こっち(三次元)が写しで、実相はあっち(おそらく五次元あたり)」って実感できる体験は^^、肉体持った人間なうちは無理なんじゃないだろうか・・・レベルの、はっきりとした具体的真実として「在る」ことがわかるケースもあるようです。これ、お花畑アタマの状態とか、愛とかワンネスとか普段ぜんぜん言ってない、まったく思ってない、そのニューエイジ的価値感の刷り込みナシの脳科学者さんが、自身の臨死体験でそうはっきり「愛とワンネス」をエネルギー理解したみたいですから、ものすごく意味があるな~って。そうそう、あたしゃ、アシュタールさんのセッションで、5次元の様相ってものをこの臨死体験本の様相的なものなのかってことアシュタールさんに質問してみたんだけど、「そうだ」っておっしゃってましたよ。私自身の体験じゃないものをイメージするのは難しいんだけど、それでもその本読んだ時になにかこうガツンと「これなんだ~」って感じた感覚があって。だから、聞きたかったんですよね。いやはや、その五次元的明晰さに早く到達したいもんですわ^^)



■使用石■

「1」枠サイズ52×28ミリ

「スティブナイト約5~14×1~2ミリ」「モルダバイト約2~7×2~5ミリ」「アゼツライト8×7ミリ」「タンザナイト4~8×3~7ミリ」「フェナサイト6×5ミリ」「ペタライト26×13ミリ」「ナトロライト10×8ミリ」


「2」枠サイズ41×27ミリ

「スティブナイト約45×20ミリ」「モルダバイト約5~7×1~3ミリ」「アゼツライト8×8ミリ」「タンザナイト4~8×4~5ミリ」「フェナサイト7×6ミリ」「ペタライト14×6ミリ」「ナトロライト8×7ミリ」


「3」枠サイズ28×20ミリ

「スティブナイト約10~16×2~4ミリ」「モルダバイト約5~7×2~3ミリ」「タンザナイト3~6×3ミリ」


■クォリティと鉱物説明■

レア・ストーン、フェナサイト、スティブナイトinクォーツ、モルダバイト、アゼツライト、タンザナイト、ペタライト、ナトロライト、ゴールド・・・かなりくらくらする石たちが勢ぞろいの贅沢さです。
(「3」のみ、モルダバイト、タンザナイト、スティブナイト、ゴールドというカップリングになっております)

スティブナイトというのは、和名は輝安鉱といい、少し青みを帯びた銀色の柱状結晶の鉱物です。鉱物としては毒性もあるようなのと、結晶がやわらかくもろいため、表面をレジン硬化しています。

タンザナイトは宝石質のチップ。モルダバイトも透明感あるチップです。

フェナサイトはブラジル産の透明結晶のタイプで、こんなにこんなに小さいのに、やめてほしいくらいに高額です。
ナトロライトは白い小麦粉みたいな表面の石。
ペタライトは透明感あります。

アゼツ、フェナサイト、ナトロライト、ペタライト、全部白い石なので、どれがどれだかわからないかもしれませんので、「1」「2」はイラスト同封でどれがどの石という図解をいっしょにお付けさせていただきますね。

H&E社のアゼツライトは、ギャランティカードをおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page