「Full of Love」ネックレス

2014年04月30日 (水) 19 : 25










「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ネックレス長さ50センチ。
ナイロンコートステンレスワイヤー、ロジウムメッキ真鍮製パーツを使用しています。
(同等商品制作不可です)

♪♪♪セット割引♪♪♪

お揃いのブレスレットといっしょにご購入の場合は、2,000円割引のお取扱いとさせていただきます。

__________________________


溢れる愛のエネルギーの石、モルガナイトを中心にカップリングしました。
ピンクの石は、必ずもう身に着けていただきたい、と言ってしまっていいくらいに^^そろそろ私たち本当に「愛」をしっかりハートで認識できるエネルギーとして生きる時がきている・・・そんな気がします。


この三次元地球ルールは、けっこうほんと、ダイ・ハードならぬリブ・ハードな世界だったというのか・・・宇宙創造の大元からの愛のエネルギーなしでは、誰も存在できない・・・(人間だけじゃなくて、すべてが)ということは三次元地球以外の次元では「自明」なんだそうですが、この地球上はあえてそこに背を向ける^^ことで、魂はどれだけのことができるのか、をトライする場でもあったんだそうです。
「そんなことぜんぜん知らない」ということじたいがつまりもう「闇の中を手探りで進む」ことなんだそうですが・・・。
なんでそんな手の込んだことが^^地球ルールになっていたのかというと、「そんなとんでもな状態の中でさえ、光を見つけることが可能なのか?」ということに対する、魂の大冒険の世界でもあったそうなんですよ。。。


なんで「過去形」で書いているのかというと、その地球ルールも遠からず終焉に向かっているのだろうな・・・ということなので。(但しこの「遠からず」もはっきりといついつ、はわかりません。可能性のレンジも今のところはまだ狭まってはいない気はします)
もう過去の話にしておきます^^。


え~でもやっぱりそんなのわかんないよ~。というのは、私も^^いっしょです。
なんとなくは、「そういう気はするし、自分に確証とかが特にないとしても、その話に異論はないな」という段階。願望というよりは、「そうなんだろうな~」と感じる、そういうファジーな肯定形で語れるレベルです。
私はまだはっきりと覚醒してはおりませんです。
それは肉体持って地球上に人間としている魂のほとんどが、まだそうだと思います。


ということでこの組み合わせは、そんな今もうすでにこの空間に溢れる愛の振動エネルギーに同調し感化されたい方、三次元的には、内面のポジティブさを身に着けたい、つまり「自信を持ちたい」ということなのかもしれませんが、そういうサポートをしてくれるレシピです。


■使用石■


「モルガナイト9ミリ、8ミリ、6ミリ丸玉、8×6×4ミリオーバル、約14×12×3ミリフラットタンブル」「サンストーン約12~13×10×5ミリフラットオーバル、6ミリ丸玉」「ディープローズクォーツ約12×6×6ミリ、15×8×8ミリ横長タンブル、8ミリ、6ミリ丸玉、6×3ミリロンデル」「ゴールデンオーラ8ミリ64面カット丸玉」「淡水パール約11~12×10ミリバロック」「ドゥルージークォーツ(オレンジゴールドコーティング)40×30×10ミリ」


■クォリティと鉱物説明■

ピーチピンクの発色が綺麗なモルガナイトです。
サンストーンは透明感のある母体にアベンチュリンレッセンスが綺麗です。
ディープローズクォーツは、ややミルキー色むらある玉もありますが、濃いピンクローズで綺麗です。
淡水パールは照り発色の良いナチュラルピンクの高品質バロックです。
トップのドゥルージークォーツは、ゴールデンオーラのようなオレンジカラーコーティングがされています。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page