「別天地」ネックレス「1」「2」

2014年02月28日 (金) 21 : 23





































「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

◆スペック◆

ネックレス長さ「1」48センチ「2」42センチ。
「1」ナイロンコートステンレスワイヤー、シルバー925製パーツ、カレンシルバーフックを使用しています。
「2」ナイロンコートステンレスワイヤー、ロジウムメッキ真鍮製パーツを使用しています。

♪♪♪セット割引♪♪♪

お揃いのブレスレットといっしょにご購入の場合は、2,000円割引のお取扱いとさせていただきます。

____________________________


別天地、憧れますよね~。
誰もが一度や二度、「ああ、もう背負うものすべて捨てて、生まれ変わりたい・・・桃源郷、シャンバラ、天国、なんでもいいから、ここではないどこかそういう、な~~~~んの悩みも苦しみもない最高の美しいすばらしい幸福な場所に行きたい・・・」っていうような弱気な^^気持ちになったことがあるんじゃないかと思います。


弱気になって、石に依存することを奨励するわけじゃありませんが、私は人生のいっときはね、本気でそう感じられる対象があるなら、石ではなくても、徹底的にその世界に溶け込んじゃおうとすることそのものは、悪いことではないと思うんですよ。
まぁ、今のご時世はその対象を生身の人間相手にやっちゃうと、相手によってはストーカーと呼ばれたり、愛憎からむと天国と地獄、両方観ることになっちゃうケースもしばしばではありますが、それでさえ、経験する本人しだいでいくらでも昇華することができる幸福なステージを堪能することにもなるわけです。(天国と地獄が表裏一体である世界は、三次元の特権ですから)


石はどんなにこちらがストーカーになりたくても^^、なにしろ受け入れてくれちゃうので、こっちがストーカーにも依存者にもなれないんですよね~☆
依存っていうのも、相手が依存されている、と迷惑がらない限りは、依存認定にならないのよね。
(まぁだからって、相手の顔色伺っておっかなびっくり「これは依存じゃないよね?」なんて、いちいち線引きする必要もないんですけどね。「依存が悪いこと認定」され始めたのって、けっこう最近・・・ここ10年くらいじゃないかしら。いやならいやで、石だって離れていきますから。割れたり色褪せたりなくしたりで)
人間が、こちらになにかをもたらしてくれる相手、っていう条件付きで愛しても、それを石は受け入れて存在してるわけです。
美醜において、われわれはその見た目で石のランク付けを当然のこととしてしていますが、彼らは「あいつが金メダルか・・・いや、それはおかしい! 自分のほうが優れている!!」とか言いません。
それは、彼らはどの石も、実は金メダルつながりであること、此の世的価値のあるなしを超えた存在の価値、「調和」という前提を、認めているからに他ならないような気がします。勝手にそれを評価しているのは、こちらですから。
(石に限らず・・・この地球上においては、人間以外の被造物に関しては・・・もしかするとほぼ全域に渡って、そういうところあるかもしれない)


ということで、こちら、別天地に焦がれて今ある世界の否定をするのではなく、今ここで別天地を創り上げることが可能な自己を見出させてくれる、スペシャリティ揃いの組み合わせ。
「天国を知らないものは、天国へは行けんぞ」という^^手厳しいひつくの神様の言葉がありましたが、「自分の知らないものは作れない、この道理がわかるか」という言葉に・・・そうか、人間は、天国を創るため、天国って何? っていうことを知るために、色々、経験しにここへ来て、そして天国の作り方を学んでいるのかもなぁ、と感じます。
だから、「天国じゃないもの」「天国なもの」の両方をたくさん知り、どうしたら天国にできるかを試行錯誤し、気づき、経験することで、学んでいく。
石たちとの出会いも、その「天国の材料、建設資材」に出会っているようなところもあるわけです。(三次元世界において、天国的様相を示す無機物としては最高の振動数を持っているのが、彼らの属する世界じゃないかと感じる人が多いので、石の世界には、スピリチュアリストも集まりやすい傾向があるのかもしれません)
アセンションというのは、天国のつくりかた習得のためのこの天地のあいだに人間として存在する経験の中、そのスキルが一定領域を超えた魂が、「さて、もう作れるよ」っていう領域に進む、進級なんだろうなと感じます。

■使用石■


「1」

「オレゴンサンストーン約8~11×8×5~8ミリタンブルカット」「オレゴンオパール約10~13×8~10×5~7ミリ、15×11×8ミリタンブルカット」「ゴールデンラブラドライト8ミリ、6ミリ丸玉、約9~12×6~8×5~7ミリドルキカット」「アゼツライト6ミリ丸玉」「サンストーン16×13×7ミリフラットタンブル、8×7×6ミリタンブル、6ミリ丸玉」「プレシャスオパール4×2ミリロンデル」「ブラックプレシャスオパール(ダブレット)17×9ミリシルバー925枠ペンダント(シルバー925枠サイズ45×35ミリ)」「シャンパンオーラ8ミリ64面カット丸玉、8ミリ丸玉」「ホワイトアクアオーラ8~17×7~10×7~10ミリタンブル、10×7ミリボタンカット、6ミリ64面カット丸玉」「2012クリスタル8ミリ弱丸玉」「スワロフスキー(アストラルピンク)4ミリバイコーン型」


「2」

「オレゴンサンストーン約8~9×6~10×5~9ミリタンブルカット」「オレゴンオパール約10~12×8~10×6~8ミリ、16×14×10ミリタンブルカット」「ゴールデンラブラドライト8ミリ、6ミリ丸玉、約8~9×6~7×5~7ミリドルキカット」「アゼツライト4ミリ丸玉」「サンストーン16×13~14×7ミリフラットタンブル、10×7×6ミリタンブル、6ミリ丸玉」「プレシャスオパール4×2ミリロンデル」「シャンパンオーラ8ミリ64面カット丸玉、8ミリ丸玉」「ホワイトアクアオーラ8~13×7~10×5~10ミリタンブル、10×7ミリボタンカット、6ミリ64面カット丸玉」「2012クリスタル8ミリ弱丸玉」「スワロフスキー(アストラルピンク)22×28×10ミリハート型ペンダントトップ、4ミリバイコーン型」


■クォリティと鉱物説明■

「市場でもっとも美しさの評価の高い長石」と言われるオレゴンサンストーンの高品質ビーズ。オレゴンサンストーンは穴あきビーズで見かけるケースは皆無の石で、あったとしても宝飾用のルースやブリオレットカットなどに加工される、とても希少なストーン。
その、タンブルカット形状、厚みがありそこそこ大きさのあるビーズです。
ブレスレットで売っているところは、ほとんど見かけません。上記の事情もあり、穴あきビーズとして加工しちゃうには原石が少なすぎるもったいなさすぎるのが理由かなと思います。
ちょっとありえないくらいの美しさです。これ中身はどうなってるの? 的な発色、輝きなんです~。
ベーシックな透明ゴールドイエローの部分は、実は同じ長石である、ゴールデンラブラドライトと同じ成分です。その中に、オレンジ色のシラーでもないアベンチュリンレッセンスでもない・・・しいて表現するとしたら、今回、ビーズいっしょに使ってますけれど、スワロのアストラルピンクのような通常のサンストーンとは違う光彩なんですよね~。
これが天然なんだからな~、天然石ってこういう石ばかりじゃないけれど、こういう天然が時々あるから、宝石に狂っちゃう^^人も少なくないのかな、って気がします。
なるべく多くの方に手に入れていただきたいな、というのもありまして、使用しているのは計2粒。ゴールデンラブラドライトのカットビーズも使用しているため、ぱっと見では見分けがつきづらいかもしれませんが、光彩の違いははっきりわかります。価値あると思います~。

オレゴンサンストーンだけでお腹いっぱいになってしまうようなご説明になってしまいましたが、その他の石もすべて高品質ビーズ使っています。
プレシャスオパールは小さいながらに遊色効果が見られる粒もあり、こちらはエチオピア産。「1」のトップはオーストラリア産のブラックオパールのダブレットルースです。ダブレット加工というのは、鉄鉱石などに厚みの薄いオパールの遊色部分を張り付ける加工。プレイオブカラー部分を活かす方法で、プレシャスオパールにはよく見られる加工です。「2」はスワロフスキーのアストラルピンクの大きなハート型ペンダントトップを使用しています。

アゼツライトはH&E社のギャランティーカードのコピーを、2012クリスタルはガイガー・ミネラル社のギャランティーのコピー、日本語説明文のコピーをおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page