「秘宝」ペンダントトップVol.1「1」「2」

2014年02月28日 (金) 20 : 39


























「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

◆スペック◆

「1」全長12.2センチ(石部分10.6センチ)「2」全長13.5センチ(石部分11.8センチ)アーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー)を使用しています。
付属のコードはフェイクレザーコード。40センチから45センチまで長さを変えられます。ペンダントトップはこちらのコードからお取り外しいただき単体使用していただくことが可能です。


♪♪♪同シリーズ2点割引♪♪♪

同シリーズペントップ2点ご購入の場合は、1,000円割引のお取扱いとさせていただきます。
____________________________


とくに隠されているわけではなく、こうしてここにありますので、「秘宝」というのもなんですが、でもまぁ、秘宝なんです、こちら。


目玉は、「古代の青ひすい」。
こちらはディビッド・ガイガー氏がキャサリン・クラリコーチェ氏という方とその昔ロシアンレムリアン見つけたあとに、ガイガーさんが偶然見つけてきた石なんだそうで。
地球の磁場バランスを整える石・・・・・・・ということらしい(すごすぎ)ですが・・・・・たしかキャサリン・クラリコーチェ氏という方、東日本大震災があった時、「古代の青翡翠のグリッドを使って、日本に向けてエネルギー送った」っていうような話、どっかのサイトで見たような気がします。
どこにも売ってない石です。で、有名なロシレムなんかとは違って、こちらは言わば「スピ通ウケ」的な石かと思います。
今現在は、ネイチャー・ラヴさんという、ガイガーさんとこの支店化している^^石屋さんのみで取り扱っている石です。(昨年のミネショに出展なさってました。ペイソンレムリアンダイヤモンドもここで入手。「品揃えそのものはこっちのほうが今回はガイガーさんとこよりいいかもな」ってブログ記事にもしていたかと思います^^)


「小さいのはもう数がないので、ご購入はおひとり様ひとつでお願いします」ということだったんですが、最終日にまだ小さいのいっこ残っていたので、「また今日ももう一個買ってもいい?」ってことで^^特別に、お譲りいただきました。
ひとつはこれで自分のにできるぞ、うはは。って思っていたんですけれど。
今回その限りある在庫ふたつともお品にしてしまいました。ご用命がなく残ったら、自分用にさせていただこうと思います。


これ、説明が・・・できないんですよね~。
きっと、なにかが凄すぎ^^なんじゃないかという気がします。
私レベルが語れない、語っちゃいけない、そういう感じなんだろうと。
なんか眩しい^^ワンドでございます。
このバランスは凄いです。。。なんでしょう、スピリチュアル風に言うと、光のアンカーのための杖、ということなのでしょうけれど。
個人レベルの欲得では使わないほうがいいのでしょう、おそらく。


たぶんこちらを必要な方が見てくださっているみなさんの中にいらっしゃるようでしたら、その方のハイアーセルフさんが必ず強硬にプッシュなさいますので^^、それをお待ちしています♪


■使用石■

「1」

「オーラライト23(モリオン部分)21×12×10ミリ」「ペイソンレムリアンダイヤモンド16×14×10ミリ」「古代の青翡翠25×18×8ミリ」「アゾゼオアゼツライト29×14×12ミリ」「2012クリスタル28×14×12ミリ」

「2」

「オーラライト23(モリオン部分)23×16×6ミリ」「フェナサイト16×10×8ミリ」「古代の青翡翠22×10×7ミリ」「アゾゼオアゼツライト31×14×12ミリ」「2012クリスタル42×12×10ミリ」


■クォリティと鉱物説明■

古代の青翡翠、見た目は青じゃなくて、なんとなくパイロキシンとか年代の古いモスコバイトとかそういう感じの風貌ですね。ゴールデンセラフィナイトなんかにも少し似ています。
「1」はペイソンレムリアンダイヤモンド、「2」はフェナサイトをカップリングしてます。フェナサイトはガイガー・ミネラル社さんのもの。
オーラライト23原石の、いわゆる「モリオン部分」のタンブルをカップリング。
こちらもガイガー・ミネラル社さんで購入したんですが・・・あのね、これたぶん、オーラライト23原石片というよりは、たぶんですが、アメトリンレッドキャップスのモリオン部分のように思います^^。まぁそれをオーラライト23表記で販売なさっておられたわけですが。本家本元でそれなんだし、いいのかな~、って、ますます感じました^^。
でもまぁ、一応オーラライト23、ってことで入手してますんで、その表記にさせていただきました。
アクティベイト・アゼツは高次活性化させちゃった・・・らしき、いわゆるプログラミング・アゼツライトです。通常のまんまでもヒマラヤゴールドってすごくアクティブな石なので、アゾゼオになっちゃうとなんだかもうぎらぎらなんです(私は身に着けるのはアゾゼオはいつもけっこう短時間ですね、なんとなく)。
最初に三種(アゼツライト、サチャロカアゼツライト、ヒマラヤゴールドアゼツライト)が発表されまして、いわゆるバス・ストーンということでその三種混合の原石セットで入手しました。H&E社の証明書らしきは、そのバス・ストーンのパッケージについていた札みたいなのがありまして、一応そんなもので申し訳ないですが、コピーしておつけします。
2012クリスタルとオーラライト23はガイガー・ミネラル社のギャランティーのコピー、日本語訳説明文のコピーをおつけします。
古代の青翡翠はキャサリン・クラリコーチェ氏の日本語訳説明文のコピーをおつけします。

 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page