「Balancing」ブレスレット「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」

2014年02月28日 (金) 19 : 59



















「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

◆スペック◆

ブレスレット内寸「1」「2」「3」約15.5センチ弱「4」約15センチ「5」約16センチ「6」「7」約15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


♪♪♪同シリーズ2点割引♪♪♪

同シリーズブレス2点ご購入の場合は、500円割引のお取扱いとさせていただきます。

____________________________


その昔、若かりし頃、って言ったら何ですが・・・スピリチュアルな世界のことをあまり真面目に考えようとはしていなかった頃(むしろ避けていた。そして世の中には精神世界の「せ」の字もジャンルとして定着していなかったご時世。今はほんと、本人が望めば、なんらかのそういった手がかりにこの世は溢れていますが、そんな時代もあったのです)であっても、見えない世界の力学が、人間の世界の背景にはありそうだ、っていうことくらいは、感覚的によくわかっていました。
なぜならば、いやおうなしにそう感じられる程度には、なにかと妙なシンクロとか、なんでこんな信じられないところであなたに遭遇するんだ?! の不思議な偶然のあり得ない遭遇とか、本当に多かったからです。


都内を車で夜走っていて・・・目の前に知人の車が走っていることに気が付いた・・・しかもその人の自宅付近でもなく、こちらもなぜか初めて行く場所に向かって走っている時・・・だとか。(東京の明治通り走っていて、そういう遭遇率がどの程度のものか? というのはわかる方にはわかっていただけると思いますが)その人には、はじめて乗った路線の電車で、他に人がいない昼間のホームで「あれ?」って遭遇したり、とんでもというのかありえない不自然な場所での遭遇率が高かったんですが。だから、ちゃんとお会いする・・・というお約束でお会いする時に、いつもなんとなくですが、そのほうがへんな感じがしておりました。
それから、昔憧れていた、つまり私がファンだった人が海外へ旅立つ日にですね、なにを自分は考えていたのか、もうその人乗せた飛行機はとっくにフライトしてしまったはず・・・という夕刻時間にわざわざその空港に、たそがれに行ったんです。「ああ・・・あの方は日本を離れ遠くへ行ってしまったのねぇ・・・」なんて^^ただひっそりと夜の飛行場で乙女心に浸るつもりで行っただけなのに。なんとですね。。。なんのトラブルか知りませんが、その飛行機が飛んでなかったんですわ! で、その日はもうフライトできないってことで、ぞろぞろと待機していた飛行機から乗客が降りてきて・・・その中にその憧れの人がいて。むこうも私を見つけて目が点になってましたね^^。「なんでここにいるの?」って。いやまぁ、だから、あなた様が日本から離れちゃったと思って、空港にたそがれにきた・・・ってことは^^恥ずかしながら遠回しに伝えましたけどね。その後、私と私の友人、その方とその方の先輩の4人で夜の街へ繰り出しまして、朝までどんちゃん飲み明かす・・・という、信じられないハッピーな展開が発生したんですよ。その時はもう夢のようっていうか、すっごい幸福感を感じていましたよね^^。ありえないシチュエーションでしたし、想像しようもないハプニングでしたし。ちゃんと気持ちを伝えることができて、しかも予定外に一日延長されたその方の大事な日本滞在の時間をいっしょに過ごせるという楽しい時間を用意してもらえたことに、もう当時は「感謝」というこそばゆい概念、ぜんぜん好きじゃなかったのに、目に見えない神様ありがとうっっな気持ちでした。そして翌日は飛行機は飛び、その方は日本を離れていかれました。
・・・って今ちょっと思い出しただけでも、こんな感じですが、書き始めちゃうともっと色々思いだせてしまい、商品説明じゃなくなってきちゃうので^^もうやめときます。


むしろ、こういう手合いの、人を介した不思議シンクロ偶然遭遇系の経験比率で言うならば、たぶん今現在のほうがずっと少ないと思います。


スピリチュアルに開けてくると、そういったシンクロ率とか高くなるとも言われますけれど、なんとなく感じるのがですね、開けてきているというよりはむしろそういった「注意を引く」作業を、周囲(この次元じゃない周囲の意識存在のことです)がやってるケースもあるんですね、きっと。余興みたいなもの^^です。
どうしても、目に見えない世界を、偶然としては確率的にありえないような「縁」というものがあることを思わざるを得ないような、それから、感謝想起するような、そういう流れに乗せたい、ハイアーセルフさんやガイドさん側の意図が感じられます。今こういう話を思い出す時点で、そう感じました。
だから、ある程度、そういう事情がわかってくるようになって、その本人に、高次側が注意喚起したくなるような行動が自然に出てこなくなっている状態の時って・・・つまりわりとコンスタントにスピリチュアルな視点持てて、バランスよく生きていられれば、特段その手合いのびっくりな経験は本人には、もうたぶんそんなには必要ないというのか。


・・・こういうのも、バランスなんですね~。
今現在そういったわけで、私自身もとくに求めちゃいませんが、そういうビックリ系がなくても、実に「空から愛されているよね!!」と心底感じられるようなシンクロ事象を、空の中に発見したりする頻度が上がっているし(すごい虹オンナなんですよ、私)そうですね~、なんでしょう、だから、あんまりこの世界でサプライズ的にわかりやすく示してもらえなくても、、なんだか納得、みたいな。


ということで、この組み合わせは、なのでとくにもの珍しいスピ経験はしませんよ^^っていうことではなくて。
受容バランス感覚・・・って言って良いのでしょうかね、現実オンリーの次元のそれではなく、多次元があると知りながらの、受容バランス感覚をとれるというのでしょうか。
どちらかというと私たちはやっぱりどうしても「日常の中にそれとわかるしるし」めいたもの、つまり信頼するに値する不思議経験、主にラッキーなことなどですが、トピックをどうしても欲しがってしまうところもあるんですけれど、そういう「特別な自意識」そのものを、変容させる・・・という感じの組み合わせ。
変化、変容の前ふりとして・・・必ず先に受容が必要というか、変容の前哨戦はそういう地味な目に見えない内面の拡大からなんだと感じます。


これって説明がかなり難しい感覚^^かもしれませんね。
なので、なんだかよくわからないけど、特別な自意識を気にしなくなれたらいいな、今とは違う思い方ができるようになれたらいいな、受け入れられないことも多いんだけれど本当はそれを受け入れられたらきっといいんだろうな・・・っていうような方に、たいへんおすすめ、って思います~☆



■使用石■

「1」「2」「3」約15.5センチ弱

「セドナストーン8ミリ丸玉」「ピンクエピドート11ミリ丸玉」「クレイジーレースアゲート10ミリ丸玉」「ソーダライト8ミリ丸玉」「マグネサイト6×3ミリボタンカット」「パイライト8×4ミリロンデル」


「4」約15センチ

「セドナストーン6ミリ丸玉」「ピンクエピドート13ミリ丸玉」「クレイジーレースアゲート8ミリ丸玉」「ソーダライト10ミリ丸玉」「マグネサイト6×3ミリボタンカット」「パイライト8×4ミリロンデル」


「5」約16センチ

「セドナストーン6ミリ丸玉」「ピンクエピドート11ミリ丸玉」「クレイジーレースアゲート12ミリ丸玉」「ソーダライト10ミリ丸玉」「マグネサイト6×3ミリボタンカット」「パイライト8×4ミリロンデル」


「6」「7」約15.5センチ

「セドナストーン10ミリ丸玉」「ピンクエピドート7ミリ丸玉」「クレイジーレースアゲート約12×8ミリスクエアタンブル」「ソーダライト8ミリ丸玉」「マグネサイト6×3ミリボタンカット」「パイライト8×4ミリロンデル」



■クォリティと鉱物説明■

今月も使っているセドナの石は、ひじょうにお気に入りでして。これは使える石~と判断したため、セドナ石ビーズは、まだまだ今回限りってことではないですよ~。なので、今回のがいいな、って感じてもらえたら、ぜひどうぞ~☆ みたいな感じです。高波動、なんだかんだと現実的汎用性が高い。すごいストーンだと思います。
ピンクエピドートは内包物の入りに多少ばらつきありますが、全体的は苺の粒を彷彿とさせる赤いエピドートが綺麗です。
ソーダライトはデニム地のように、色の濃淡があるタイプのビーズ。
クレイジーレースはメキシコ産。
マグネサイトは茶色のマトリックスが入るタイプです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page