「フィジカル」ブレスレットVol.2「1」「2」「3」「4」

2014年01月31日 (金) 20 : 36


























「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

◆スペック◆

ブレスレット内寸「1」約16センチ弱「2」「3」「4」約15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

◎お揃いのピアスを同時にご購入いただける場合は、各1,000円引きのお取り扱いとさせていただきます。

____________________________


最初は「メタ・フィジカル派」っていうネーミングにしようと思っていたんです。
なぜなら、どう見ても、メタ・フィジカルなストーンがお好みな方以外には需要はなさそうな組みあわせですし。
それに、セドナ石、シナゼツ(H&E社のニューフェイス)、アゼツライト、モルダバイトっていう組み合わせじたい、私が特に考えたわけでもなく、H&E社さんのセドナライトのギャランティカードに書かれていたそのままを^^組み合わせてみただけなんです~。


セドナライトの説明書きなんですが、
「セドナライトはモルダバイトと強く共鳴して働きます。そしてそのふたつが一緒になることで霊的な変容をより強く加速します。アゼツライトとはとても有意義につながり、波動的アセンションを革新的プロセスで加速します。特に、シナゼツとともに働くとその力が最も強まるでしょう。」
とありまして。


ということで、まずは実験的にこのR.シモンズ氏ご推奨の組み合わせを試しに試作しました。そのために、シナゼツにあとから出会ったのかもしれません。
ほんとに、セドナのビーズ入手直後に、偶然、奇跡的にシナゼツのビーズとシナバークォーツのビーズ、両方ゲットしたんですよ。長年・・・シナバー系はぜんぜん入手できなかったのになぁ。粒売りでちょっとだけ以前入手できて、制作して以来ですよ。だから、セドナライトの説明書きの中にシナゼツの記述があるのを見つけた時に「ビンゴ」感覚が^^ありましたよね。


で、「波動的アセンションを革新的プロセスで加速する」ということなんですが、なにか「特殊能力が開花」しただとかの^^自覚は私はありませんね。申し訳ないです。(まぁ、クレヤボヤンスがダメダメだった^^部分に関しては、あとはまぁ、安定的にその能力が発揮できるかは、自分次第かな・・・という気もしますけど。どっかでそういう自分を信用しきれていないんですよ、結局)
ひとつ気が付いたことがあるとしたら、ブログ記事にも掲載していたんですけれど。
昨年以来身体に出現していたしこりが完全になくなりました。500円玉大くらいのサイズだったんですが^^。「小さくなった」というところまでは記事にしていましたが、確認してみたら、現在はなくなっています。
なので、私にとっては、メタ・フィジカルというよりは、「フィジカル(身体能力)にキタ~~~」な組み合わせとなってしまいました。


セドナの石ってやっぱりすごいです。見た目はまぁこういう茶色なので、女子には好き好きかと思われますが、いいですよ。
上記のような組み合わせでないと、だめってことはなくて、セドナの石単体でも、こういう組み合わせでなくても、ものすごく有用です♪ 
超、幸福感の世界に誘ってくれる、この石。以前にも、原石でメディテーションした時のことをブログにも書きましたけれど、ほんっと、身に着けるとその気持ちいい世界が展開するの。
頭のいいR.シモンズさん解説のセドナライトの説明では「身体の経路システムにエネルギーを満たし調和させる、エナジーバランシングの石」ってことだそうですけれど、だからかなぁ、より、自然と言えそうな場所でのハッピー感覚が倍増するんですよね。
ほら、よく「自然が感じられる場所へとにかく行きましょう」みたいな進言、スピリチュアルやアセンション方面であるじゃないですか? セドナの石といっしょだとあの意味がわかるんですよ。アセンションに関係なくても、それがどれだけいいことなのか、っていうのがようやくわかった^^みたいな私です。
(セドナの石がなくても、ほんと、なるべく「自然の中、土の上を歩くこと、大きな空が拡がる場所へ出かけましょう」を推奨しますよ)


■使用石■

「1」「2」

「シナゼツ8ミリ丸玉」「セドナライト8ミリ丸玉」「モルダバイト「1」19×14×6ミリ「2」16×17×8ミリ原石タンブル」「アゼツライト10ミリ、6ミリ丸玉」「水晶10×8ミリスターボタンカット、スカル彫刻11ミリ、9ミリ」

「3」「4」

「シナゼツ8ミリ丸玉」「セドナライト8ミリ丸玉」「モルダバイト6ミリ丸玉」「アゼツライト6ミリ丸玉」「2012クリスタル16ミリ多面カット」「水晶16ミリ、14ミリ20面カット、スカル彫刻11ミリ、7ミリ」



■クォリティと鉱物説明■

こちらのブレスは、H&E社のセドナライトのビーズを使用しています。
セドナ・ストーンのビーズと変わらないと思われるんですが、仕入れ価格がそれでもH&E社製のセドナライトとして仕入れてしまうと何倍ものコスト^^という点がございまして。少し・・・びっくりしました。。。ブランド料とはすごいものです、やはり。
まぁ、服飾の世界なんかでも、あることです。シャネルマークがつくだけで貴金属でもない下代は二千円くらいかな?^^みたいなアクセサリがうん万円だとか、そういう世界。私も昔そういうの買ってましたからね。そう知りつつもね。
セドナライトとセドナ・ストーン、両方仕入れてみなければ「これ・・・同じよね」ということもわからなかったことなので。
それにR.シモンズさんほど、セドナの石をここまでアピールできる文章書ける、的確に説明をちゃんと言葉に残せる人は、世界中探してもたぶんそんなにいらっしゃらないので、むしろね、H&E社の価格スタンスは、ぜんぜんオッケーって思っています、自分。

シナゼツという石はH&E社の石で昨年あたりから出回っている様子のオーストラリア産のシナバー・イン・クォーツ(このクォーツ部分が、ソーラライト・アゼツライトっていうやはりバージョンアップ系のアゼツライトらしい)で、いわゆる従来のシナバークォーツのバージョンアップみたいな感じの位置づけのようですが、数じたいは従来のシナバー・クォーツ同様、日本ではあんまり出回ってはいない様です。
H&E社の石って今はもうわりといろんなところが扱ってるため、ありそうなものなんですが、どこもシナバー系だけはビーズの取扱いがないんですよ、なんか。あってもペントップなんですよね。(粒売りとかド高いです。でもブレスで仕入れてもやっぱり割高^^です、他のアゼツやなんかに比べると)
見た目にシナゼツもシナバークォーツも、ビーズだとぜんぜん変わらないのが、ちょっと驚きでした。両方とも仕入れた同じ石屋さんにそれも聞いてみたんだけど、こっちはシナゼツビーズなんだそうです。
シナバークォーツのエネルギーが好きな方であれば、間違いなく馴染む石だと思いますけどね。

アゼツとモルダバイトとセドナライトとシナゼツ・・・
Vol.2は水晶を使って、普段使いに見た目もイケてる感じに仕上げました。
なんとなくこれって、印象としては・・・うちの中では「セレンディピティ」っぽいですよね。
「1」「2」は大きめアゼツも入れて、「3」「4」のほうは、2012クリスタルもカップリングしてます。

「1」「2」はおっきいモルダバイト原石ビーズを使っています。
これは昨年12月に仕入れしたものですが、色艶のいい高品質なモルダバイトの原石ビーズです。

セドナライト、シナゼツ、アゼツライトはH&E社のギャランティ・コピーをお付けします。
「3」「4」はプラス、ガイガーミネラル社の2012クリスタルのギャランティ・コピーをお付けします。

 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page