「究極の白」ブレスレットVol.2「1」「2」

2014年01月31日 (金) 20 : 07













「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

◆スペック◆

ブレスレット内寸約15センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

◎お揃いのペンダントトップを同時にご購入いただける場合は、1,000円引きのお取り扱いとさせていただきます。

____________________________


「超」大玉ブレス・・・こういう大きさの丸玉のブレスは、値段も大玉だと高くなっちゃうし、高い割にはデイリーユースとしてどうなのかなというビッグサイズだし、っていうことで、それまで考えたこともなかったのに、なんとなく気まぐれに昨年ラストの新作の時に初めて水晶20ミリ玉ブレスなんて作ってみて、超感動しまして。
「すっごくいいけど、でもこれ、そもそも身に着けてもらえるんだろうか?」と、あまりにその実用性という意味ではかけはなれたところがあるサイズ感にドキドキしながらも、「でもすっごくいい」って思ってました。
あらためて、やっぱり石の大きさという物理的な迫力とエネルギー、ある程度比例するよね、そりゃ。ってことで、また作っちゃいました。


Vol.2は、いわゆる、水晶。
そこにホワイトアクアオーラとルナ・フラッシュの大玉をカップリングにしました。
ただの水晶、と呼ぶ場合、現在の水晶産出大国、ブラジル産水晶となりますが、近年、水晶はまだ枯渇、とはなってはいないですけれど、原石は価格高騰中だそうで、こういうクリア水晶の大きな丸玉は、普通に穴あきビーズではない20ミリ玉でも、そんなにそんなに数は多くはないです。


水晶は・・・今さらですが、いわゆる石の基本、って言われますね。
石に興味を持つと「水晶に始まり、水晶に還る」なんて言われます。
水晶を知らずして、石好きとは言えませんぜ、っぽい、基本中の基本っぽく言われるのですが、たしかに石英はこの惑星の構成要素の75%を占めているそうで、その中の無色透明な結晶を「水晶」と呼んでいるわけですが、私たちの地球のコアにも、コア・クリスタルというものがどうやら存在するみたいですし(この三次元ではなく、五次元内部地球の話ですけれど)その昔、アトランティス大陸も、水晶のエネルギーを使い謝って沈むに至るほどの、エネルギー増幅作用があるのが水晶という存在。
浄化もしますが、チャージ力も、増幅力もあることや、電圧をかけると一定の周期で規則的に振動する特性が時計に利用されていたり、精密機械にも工業利用されていたりします。
この電圧で規則的に振動する特性、これがいわばスピリチュアルで言うところのプログラミングに相当する話で、水晶はそういう意味でも、ほんとに記憶媒体なのですよ。
たんなるおまじないだとか^^そうではなく、しっかり持ち主さんとコミットしますので、だから「願いが叶う石」「潜在能力を引き出す石」なのです。


ある意味「意図によってなんにでもなる」のが水晶だと思います。
人間は姿かたちをなんにでも変えられるには至ってはいませんが、水晶は多次元で変幻自在なところがあります。
だから、こう言ってはなんですが、「アゼツにも、2012クリスタルにも」持ち主さん次第でなりえるんじゃないかな、つまり、その方独自に活性させることも可能とも言えるのが水晶だと感じます。
水晶が活性化する時は、もちろん持ち主さん自身が活性化していることの顕れでもあり。

産地などによっても、土地の波動を記憶するため、見た目は同じ水晶でも、いちばん違いが出るのも水晶ですが、ブラジル産の水晶は、ピュアで水晶らしい特性をそのまま活かせるような水晶だと思います。


お墨付きのある特殊なブランド水晶も、もちろんその良さがありますが、いわゆる「ノーマル」水晶は、未知のマジックの宝庫でもあると思うので、お墨付きブランド水晶べったりでなくとも^^、ノーマルを独自の魔法銘柄存在にしていくのも私はありだと思いますよ。
そもそも「石がなくても」本来神技使いの素養を持っている、それが魂そのものなので。

■使用石■


「ブラジル産水晶20ミリ、18ミリ丸玉」「ホワイトアクアオーラ14ミリ丸玉」「ルナ・フラッシュ14ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■


大玉で内傷のない透明度の高い水晶の丸玉は、市場的に供給量は非常に少ないです。クリア水晶でこういう大玉を作る場合、その容積以上の大きさのクリア原石が必要となるためです。それは容易に想像がつきますよね。なので、ある意味、綺麗なクラスターよりも希少性という意味では、クリア丸玉の大玉のほうが圧倒的に数は少ないですよね。
無色透明、ほぼ無傷の高品質ブラジル水晶の丸玉になります。(ほぼ無傷、というのは、さすがにこのサイズになってくると、天然のクリア水晶で完全に無傷は難しいのだろうと思われますので、わずかには内傷などが入る玉も一部あります。)
ルナ・フラッシュは、人口石でガラスビーズなんですが、昨年あたりから出回るビーズで、とにかく綺麗。ガラスビーズなのに、なぜか天然石市場のほうで売られているんですが(汗)。人口石の大玉はどうなのかな~、と、最初は仕入れてなかったんですけれど、先に入手した先発隊10ミリ8ミリ6ミリの実物の美しさに惚れ惚れして、大玉もっって、なっちゃったんですよね。だからここにこんな感じで使うことは特に想定していませんでしたが、やっぱり綺麗ですね。水晶がメインでサブで3石使っているだけなので、ほどよい光彩感でそれでいて豪華です。

 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page