「意のままGo」ブレスレットVol.1「1」「2」

2014年01月31日 (金) 18 : 53










「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

◆スペック◆

内寸約15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

◎お揃いのネックレス、ペンダントトップ、ピアスを同時にご購入いただける場合は、各1,000円引きのお取り扱いとさせていただきます。

____________________________

こちらは見るからに、と言えそうですが、背中押しコラボですね。
へこんでいても、絶好調でも、そういった状況や条件は、とくに関係ないです。


なにかこう、「過去を引きずらない、未来を怖がらない」意のままに今をJoyで生きてくこと、今したいことを今やること・・・昨年の流行語大賞だったらしき「今でしょ!」の世界もね、たしかにほんと、そのとおりなんですけど^^。
しかしこれもイシキし過ぎちゃうと結局、マインドの部分との闘いが、なにか自分にとってネガティブなことのようにも思えてきたり、「今、やらない」ことを選択するのを迷っちゃったり、そもそも・・・現実創造そのものが、やりたいことがますますわからなくなってくる人も多いかもしれません。
好奇心的なものがなんだかより、うっとおしくなってくるというのでしょうか。


それこそがいわゆる、自分が持っている「恐れ」というやつの正体でもありまして。
一見、なにかを恐れているとはとても思えないんですけれど、根っこはそれなんですよね。
・・・そういうのを彼らは一掃しますね。
意のままでやっていく過程、「それでいいんだ!!」とかいちいち納得したり、自分に言い聞かせたり・・・みたいな手間いらずというのでしょうか、自然にそうなる感じ。


たとえば、家族だとか誰かのために明るくならなきゃ、だとか、営業マンだから明るくていい人柄に見られなきゃ^^とか、そうあらなきゃいけないようなプラス・イメージのうっとおしさ、っていうのがあるじゃないですか。
いわゆる、そうあるべき強迫観念的な理想像。
それ、アタマで考えて、なれるものではないですよね。
必ず、そのヒトらしいポジティブ面というのがあると思うんですよ。
そういうものが引き出されている時は、敢えてポジティブになろう、なんて思いませんよね。
彼らが手伝ってくれるのは、そういう「らしさ」部分を引き出すこと。見つけること。


そうなってくると人間、必要なことに出会う、シンクロ率が上がってくるんですよね。
ラッキーと感じる機会が増えてきて、人呼んで、そういうのを「幸運」というのかもしれません。


すごいエネルギー・チャージャー揃いのハイブリッド・アクセなんですが、なぜだか特にうわ~~~って圧倒感がないのは、やはりこの異質なエレメント同士の絶妙なコラボだからなのかもしれません。
生きるためのエネルギーは、食物だけにあらず、ですよ~。
ほんとにね、実際には、私たちは宇宙食(プラーナ)で生きてるんですよ。
この組み合わせは、プラーナ燃焼とそのエネルギー効率をアップするための、スーパー・チャージャーかもしれません。


■使用石■


「シナバークォーツ8ミリ丸玉」「アゼツライト6ミリ丸玉」「カーネリアン10ミリ丸玉」「ゴールデンダンビュライト7.5ミリ丸玉」「ゴールデンラブラドライト8ミリ丸玉」「シトリン10×6ミリボタンカット」「レインボームーンストーン12ミリ丸玉」「ルビー7×4ミリボタンカット」


■クォリティと鉱物説明■


シナバークォーツは、H&E社のものです。3玉使用していますが、ひと玉は赤いドラゴンブラッドと呼ばれる鮮やかな模様が目立つタイプを入れて、あとふたつは若干それよりは赤部分があまり見られないものを使用しています。
どの玉にもくまなく入ってるといいんですが、ブレス形状で入手したんですけれど、この石はやっぱり玉によって、どうしてもばらつきがあるんですよね。赤ばっかり欲しいとなると、ブレス3本くらい入手して選りすぐらないと^^無理ですわ~。コスト的にも無理です~、というか、そもそもがそんなに選べるほど売ってないんです。
以前、粒売りで入手した時も、やっぱりそうでした。
当たり外れじゃないけれど^^、粒売りでさえハズレを引き受けるつもりで少し多めに買うとかしないと、赤タイプが欲しいというその手の満足が得られない石(なんだか殿様というか^^すごい話ですね^^)だと思います。
(まぁ、そう思うと、H&Eものじゃないけれど、ペンダントトップなんかのルースは見た目が売りですから、そういう意味でやっぱりいいですよね。とくにH&E社さんでなくてもいいから^^シナバークォーツのビーズって普通に出てこないもんですかね~)
カーネリアンはブラジル産で天然色レッド。色合いが個性的なレッドで、ヘマタイトの入るレッドクォーツなんかともまた違う赤。透明感あるカルセドニータイプでとても綺麗です。
ゴールデンダンビュライトも発色良くビビッドなイエローカラー。透明感もあります。
レインボームーンストーンは真っ白タイプで透明感はあまりありませんが、インクルはなく、うっすらレインボーシラーが見られる美品。
ゴールデンラブラドライトはレア石なんですが、見た目は、シトリンにもレモンクォーツにもリビアングラスにもイエロースカポライトにも似ていて、ぱっと見でラブラドライトとわかる石ではないのですが(この中ではいちばんイエローのスカポに近い発色)これがクォーツではなく「長石であること」は、普段から長石の感触知ってる人ならわかります。透明感あって綺麗ですよ。
ルビーも発色の良い高ランクなボタンカット。
シトリンは、こちらはいわゆるアメシストの加熱タイプではなく、水晶の放射線処理タイプでこの発色に仕上げているシトリン。なので、色むらクラックがなく、発色もものすごく綺麗過ぎる仕上がりになっています。この放射線処理のシトリンビーズでも、実際のところ、仕上がりの発色にすごく差があるんですよ。ここのところ、このタイプのシトリンは入手していなかったんですが、このボタンカットの発色は通常の処理シトリンの発色よりも鮮やかで明るいイエローなのがとても良かったので、入手しました。(あとから気が付いたんですが、2012シトリンの発色に似ているんですよ。だから惹かれたんだ~、ってわかりました)
アゼツライトはH&E社ギャランティカードのコピーをおつけします。
シナバークォーツは、通常の日本人向けギャランティーカードではなく、英文の商品説明カードが付属していましたので、そちらのコピーをおつけします。

 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page