「Holy White ~光の柱の司令塔~」ネックレス「1」「2」

2013年11月30日 (土) 21 : 10


















「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

◆スペック◆

ネックレス長さ「1」85センチ「2」43センチ。
ナイロンコートステンレスワイヤー、シルバー925パーツを使用しています。

◎お揃いのブレスレット、リースを同時にご購入いただける場合は、各1,000円引きのお取り扱いとさせていただきます。

____________________________


「ヒーラーとかライトワーカーとか、そういう呼び名は、つけようと思えば誰でもつけられる名札みたいなものなのではないかしら、と思います。
ただ、名札をつけることによって、より「自覚」が生まれる面があり、精進しようという気概により、パワーや見えない世界の援助もありますので、真に向上心のある方にとって名札は無駄じゃありません。」


・・・私は昨年、このようなことを感じ、お伝えしていたんですが、ヒーラー、ライトワーカー、光の仕事人、ウェイシャワー・・・なんでもいいですけれど、「そういう人になろうと思ってなれるものでもない」ですし、また「とくにそういう風になりたいわけでもない」無自覚の人が、結果的に、そういう人となることもあると思います。


自覚的になればそれだけ苦しい局面もあるかもしれません。「自分自身が見えてくる」ことは実に苦しいことでもあります。
それでは、「高次ポータルを塞いで、何も見えない感じないようにする」ことで、自分の中の何かが解決していく実感がある・・・ということなら、そのいっときも「あり」だと思いますけれど、一度目覚めかかった人というのは、そういう期間に、心の奥底ではおそらく何かむずむずと、その居心地の違和感を感じてくると思います。


己が輝く、光の柱のエネルギーを貫通させ維持する、それじたい自分自身のためでもありますけれど、結局はそれが「宇宙全体のため」であること・・・
このことを本当にわたしたちが心から理解できる日はまだ先なのかもしれませんが、少なくとも・・・「光り輝くこと」そのものへの肯定感があれば、いずれ理解できることなのだろうな、と、私個人は感じています。



■使用石■

「1」

「2012クリスタル16×12ミリタンブルカット」「ヒマラヤK2ブルームーンクォーツ6ミリ丸玉」「ヒマラヤ・カンチェンジュンガ産水晶10ミリ、8ミリ、6ミリ丸玉」「ゼオライト12ミリ、6ミリ丸玉」「アゼツライト約7ミリタンブル」「淡水パールけし約20~24×13~16×8~10ミリ、約13×10×8ミリ、約9×8ミリ、約8×7ミリ、コインパール15ミリ、10ミリ、クロス25×20ミリ、セミラウンド7ミリ」

「2」

「ゼオライト18×12×6ミリドロップペンダントトップ」「ヒマラヤ水晶ボタンカット4×2ミリ」「淡水パールけし6×5ミリ、2ミリ、ライス4×3ミリ」


■クォリティと鉱物説明■

「1」は高品質淡水けしパール中心に、各ストーンの配置のロングネックレスです。しなやかな日本製の特殊なワイヤーコード使っているので、通常の太目のハリがあるワイヤーと違い、ロングチェーンネックレスのような感じでご使用いただけます。天然石やこういった大き目のパールはそこそこ重さがあるため、細い糸では重みで消耗してしまうし、かといって太いワイヤーだとハリが出てしまうため、この手に関しては、長年悩みの種だったんですけど~。すっごく綺麗ですよ~。大粒パールの品質の良いものは、本当に素晴らしいです~。
すべて照りが良く、高品質なけしパール。真珠がお好きな方には、目玉商品かと思います。

「2」はゼオライトのトップに、華奢な2ミリ3ミリサイズの淡水パール中心に、ヒマラヤ水晶のボタンカットをはさみました。
小粒淡水パールは高級品^^です。
ゼオライトのペントップですが、このタイプは、スコレサイトとしても流通しているタイプです。(ゼオライトの名称じたい、沸石グループの総称ですので)スコレサイトというネームになった場合のほうがバリューがあるというのか、昔、スコレサイトのルース仕入れたことなんどかあるんですが、その頃はほとんどどこにも売ってなくて、ひっじょうにお高かった^^んですよね~・・・まぁ、いろいろ仕入れ経験していると、そういうことも多々ありますよね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2013年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page