「オープンソース」ネックレス

2013年11月30日 (土) 19 : 32












「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ネックレス長さ48センチ。ネックレストップ部分長さ9センチ。
ナイロンコートステンレスワイヤー、ロジウムメッキ真鍮製パーツを使用しています。

◎ネックレスをご購入で、お揃いのブレスレット、ピアスを同時にご購入いただける場合は、1,000円引のお取り扱いとさせていただきます。

__________________________


私が公開している石レシピは、考えてみると、オープンソースのようなものです。
このモーシッシとアンデシン、糸魚川翡翠を使った組み合わせなんかも、昔、「秘密兵器」というネーミングでお出ししていたことがあったように思いますけれど、オープンにしている時点で、やっぱりオープンソースですよね。
ソースをオープンにして、そこから、「そのソフトウェアの改良、再配布」をされるのは、身に着ける方の個性だと思いますね。


以下が、2010年にやった「秘密兵器」の文章なんですが、これ読んでいて「あ~・・・だからこれ自分は作ることになったのか・・・いま必要なモノだったんだ、自分自身にとっても」っていう感じがしました^^。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何々系、と限定されたものではなく、オールマイティかと思われますが、こう、目標ができるとそれだけしか目に入らなくなって、少しうまくいかないことが起こると意気消沈してしまいやすい方だとか、「モノには順序」はわかっていても、結果本位というのか、結果がでないことに焦ってやる気をなくしてしまうだとか、なにかと「あっちへうろうろ、こっちへうろうろ」と、心が定まらない方に、心のトーンを宇宙に合わせる^^とでもいうのでしょうか、その手引きをしてくれそうに思います。
基本的にはそれでも、誰かが敷いたレール、誰かがお墨付きを与えてくれているモノゴト、の中の安心感を心底頼みの綱にしてしまうタイプの方よりも、
「何か(それが何なのか今はわからなくても)自分にはやりたいことがある」「やりたいことをやれることを、諦めてはいない」「生まれてきたからにはやりたいことをやる、ということに、価値がある」と感じておられる方のほうが、より効果的かな、って思われます。
(・・・と、これ書いていて気がつきましたが、うちの石アクセサリを手にされる方の傾向としては、あまり誰かが敷いたレールやお墨付き頼みのような方はいらっしゃいませんね^^、稀有でした。。)


しなやかに、したたかに。そういうことのようです。
一筋縄ではいかない、そういう強さは、男女問わず、あって邪魔になる素養ではありませんが、それは単に強情であること、我侭であることとは違い、むしろ、そういった個人の中の、頑なな足かせを外して生きていくことへの抵抗感をなくしていくヘルプをしてくれると思います。
古代に生きた女王様・・・・・、オリエンタル・クィーンのような、そういう資質を、教えてくれるのかも。
したたかな人、という言葉は、なんとなく現代では意味を取り違えられて、こズルさとか狡猾さを指して言うような時に使われているみたいですけれど、本当はこれは、「強く生きる人」のことを言う褒め言葉です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前制作した秘密兵器よりも大幅バージョンアップの2013年バージョン。
もう時はすでに、「秘密」から「オープン」の時代ですが、秘密になっていようと公開されていようと、たぶん人は出会うべく時に、出会い、進んでいくものなのですね。
(よく、「オープンコンタクト」とか、真実の公表を! っていう精神世界の声、って聞くけど・・・それが仮に「オープンソース」となっても、そこに触れる個人個人の時間差って、やっぱり何十年単位での時間かかるんじゃないか、って気がします。生きているあいだじゅう、そんなことにいっさいリンクしない人も多いでしょう、たぶん)
そしてそのオープンソースをカスタマイズしてそこから拡がりを持たせることって、やっぱり、それぞれの人の内面の仕事であることに変わりはなかった・・・というのが、2012年を超えての2013年の終わりに向かう今、自分が感じることです。


(実は、この上記の文章を書いた後「やっぱり、それぞれの人の内面の仕事であることに変わりはなかった・・・」という実感を自分に確認、その後に、スペースシップを見たんです~。生きてるあいだに内面にリンクしていく人は今日にでも^^していくし、リンクしない人は何十年何百年・・・ってことなんだろうな、って。補足です)


■使用石■


「マウシットシット(モーシッシ)38×28×6ミリオーバル、約10~25×10~11×6~10ミリタンブルカット」「糸魚川翡翠20×16×10ミリ原石」「チベットドレライト(玄武岩)10ミリ丸玉」「チベットアンデシン11×11×5ミリハートカット、約8×8×5~6×6×5ミリタンブル、5×3ミリロンデル」「レピドクロサイトinクォーツ15×7×7ミリタンブルカット、9ミリ丸玉」「グリーンファントムクォーツ6ミリ丸玉」「スワロフスキー(パレスグリーンオパール)3ミリカットラウンド」「コーネルピン7ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■

マウシットシット、モーシッシのオーバルは鮮やかなグリーンの色合いが綺麗なオーバルです。ネックレス本体のタンブルカットは、鮮やかグリーンとほとんど色味のないタイプとの二種類。この色味のないものはちょっと糸魚川翡翠にも感じが似ていて、ニュアンスのあるビーズだと思います。
チベットアンデシンのタンブルは、この石特有の綺麗な赤~グリーンのカラーチェンジも見られるタンブルもあります。
糸魚川翡翠はトップに使っている原石タンブルですが、綺麗なエメラルドグリーンの色味が部分的に入ります。
チベットドレライト(玄武岩)は、聖なるチベットのアンデシンが採掘される鉱山の玄武岩。玄武岩というのは、マグマから形成された火山岩の一種、ということで、地球上にはもちろん広く見られる岩石です。
レピドクロサイトinクォーツ、グリーンファントム、それぞれ、内包物がきらきらで、とても綺麗です。レピドは一部内包物薄目のものも使っています。
コーネルピンというのは、初入手ですけれど、宝石ルースでしかほぼ流通のない希少石。好みは分かれるかな? という発色ですけれど、モスアクアマリンとかアレキサンドライトっぽい渋いグリーンの色合いで、私にはかなりストライクな石ですね。宝石ルースを調べていたら、「多色性のある石」だそうで、だからちょっとブルーイッシュグリーンという色合いにも見えるのかな~と思いました。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2013年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page