「可能性の扉」ブレスレットVol.1

2013年10月31日 (木) 19 : 40










「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

内寸約15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

◎お揃いのペンダントトップを同時にご購入いただける場合は、1,000円引のお取り扱いとさせていただきます。

◎「同じもの2点割引」同シリーズのブレスレット2点をお求めの場合には、1点を1,000円引きのお取扱いとさせていただきます。

__________________________


地球上に数ある鉱物の中でも、もっともポピュラーであり、また、数多くの実質的な物質的利点としての特性からもこの世では多方面に利用され、また、メタ・フィジカルなスピリチュアルな分野での特性からも、「万能存在」として謳われる水晶。


実に、水晶を語るだけで一冊の本ができあがるほどに、それでもまだまだ語り尽くされることのない、それこそ「無限の可能性」「未知の可能性」を秘めた水晶だからこそ、その水晶の持ち主となる人とのコミットメントのしかたいかんによって、まるで「奇跡」のようにも見えるような現象を引き起こす触媒となることもある石です。


これは個人的にそう感じるだけですが、いい意味で、信じやすい人というのでしょうか、疑わない、その気になりやすい傾向の方には、水晶は確実に魔法を起こす石、ミラクルを起こす石・・・パワーストーンの中のパワーストーン、と言える存在になる欠かせない石と言えるかもしれません。
そんな基本石、水晶のブレスレットをご用意しました。


透明なクリアークォーツは、宇宙との調和を司るシンボルとして、私たち人間だけがその力を発見し利用しているだけではなく、実は宇宙の側からも光とエネルギーの触媒として利用している存在です(ここ、たぶんとっても大事なところかと)。


透明無傷のクリアークォーツの中でも、意図をプログラミングしやすいと言われているアーカンソー産のクリアクォーツ。
そこに、「未来の自分が今の自分のサポートをしに来ている」いわば、2012年という分岐点の年に此の世に登場すべくして登場したアセンデッド水晶、それが2012クリスタル。当然ですが、そのサポート、使命は、2012年で終了したわけではなく、むしろこれからの地球がますます彼らの活躍場です。
そして、同じく我らの魂が求める道行きを示唆してくれる、乙女鉱山水晶。


このナビゲートがあれば、もう、「どうぞお好きなご自分に、ご自由に」ではないかという組み合わせです。
「意識だけ進化したってな・・・」の寂しい時代はもう終了しています♪
今までは、意識がどれだけ進んでもそれが報われるカタチに変化するのに、恐ろしいまでに時間がかかっていた次元でしたが、その次元から我々はもうシフトしてきていますので、これからは「イシキこそすべて」そして「意図こそ実現のカギ」となっていきます。

■使用石■

「2012クリスタル16ミリ多面カット丸玉、14ミリ丸玉、10×6ミリロンデル」「アーカンソー産水晶10ミリ、8ミリ丸玉」「カレンシルバー5×4ミリロンデル」「山梨県乙女鉱山水晶21×10×6ミリ原石ポイント」


■クォリティと鉱物説明■

2012クリスタルは念願のカットビーズ16ミリ。母体水晶がクリアでとても綺麗です。
もう一方の14ミリ玉は、少し内傷と緑泥石のファントムが入ります。水晶の透明感が高いので、これはこれで、かなり綺麗なインクルージョン水晶、という風に感じます。ロンデル2石は、フロスト水晶のタイプです。

アーカンソー産水晶丸玉は、若干内傷などはあります。水晶の透明度の高さという点で定評のあるアーカンソー産ですが、こういった丸玉ビーズの場合は、ブラジル産などでも最高級の品質はそれなりの透明度を持っており、それ以上にアーカンソーのほうが・・・という見た目レベルまでではないです。
乙女鉱山水晶は、ポイント尖端やボディに欠けなどダメージがなく、インクルもほとんどない、透明感のある高品質な水晶ポイントです。

2012クリスタルはガイガー・ミネラル社のギャランティ・コピーと日本語訳解説をお付けします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2013年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page