「Teleportation」ブレスレットVol.3(2点セット)

2013年07月31日 (水) 21 : 16






















「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸約15センチ。全長17センチ。
ナイロンコートワイヤー(ビーダロン)、シルバー925パーツ、カレンシルバーマンテルを使用しています。
シルクリボンの長さは約85センチです。
アーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー)、シルバー925パーツを使用しています。メダイ、ダイクロイックガラスの付属金属は真鍮製です。
取りつけている石のペンダントトップ、メダイ等、すべてお取り外しいただくことが可能です。
それぞれペンダントトップとしてご使用が可能ですので、40センチシルバー925チェーンを別途おつけいたします。


※ワイヤーブレスレットが少し小さめですので、サイズアップをご希望の場合には、プラス千円~(シルバーパーツ、石代)でお直しさせていただきます。

◎お揃いのネックレス、ペンダント、シュシュを同時にご購入いただける場合は、1,000円引きのお取り扱いとさせていただきます。

__________________________


ここで使われているテレポーテーションというニュアンスは、いわゆるサイキックな分野でいわれる物体の瞬間移動現象の類ということではなく、「ハートとマインド」の関係をスムーズな量子テレポーテーションと呼ばれる状態に持って行く・・・そういうヘルプな組み合わせかと思われます。
(「テレポーテーション」というタイトルであることは、例によってどこからか降ってきた^^わけなのですが、どこがいったい瞬間移動なのだ・・・とわけがわからなかったのですけれど、テレポーテーションということを調べていて、この「量子テレポーテーション」という実際の素粒子論の分野で確立されつつある情報伝達の仕組みの存在を発見し、これのことだ、とわかりました)


私たちひとりひとりの「魂の大きさ」というのは実はとんでもなく広大なのだそうで、そんなものがこの窮屈な肉体の中に納まっている状態・・・というのは、極めて面白いというか、あり得ない神秘、奇跡なのだそうですが、ハートというのはその魂との直接の繋がりを持つゲートですので、いわばハートからのマインドへのリクエストというのは、量子テレポーテーションの実験の繰り返しのようなものかもしれません。
すべて自分の中にあるはずなのに、その距離は計り知れない遠い道のりであり、困難な壁があり、ハートとマインドのテレポーテーションは常に確実に行われる状況にはないのですね。


ハートからの伝達情報がマインドに送られる時に、いろいろに、私たちはそこで「いらぬ心配」をし始めてしまうことが、日常茶飯事であったりします。
その両者間の距離感分離感を生み出しているものは、いわゆる「エゴ」の声、既成概念であったり、常識や体裁であったり、虚栄心や保守心、もっと掘り下げれば、結局は生存における恐れなどに繋がることも多いように感じますが、そういった両者間にある障害物、いわゆる「振動の違い」なのだろうと思いますが、この石組みは、その両者間の振動のハーモニクスをちかづける・・・ことでハートとマインドを共振させるということなのだろうと感じます。
(「直感能力を信頼する」という、その直感がどうしてそんなに優れたものとそもそも言えるのか? という屁理屈が出てこないくらいに、自分の内側から出てくるものが面白くなれるというか、信頼できる好きになれる・・・なんか、そういう石組みかなぁ、と個人的には感じますけれど。これは私個人の感覚というか経験のサンプル例ですので、人によって何をどう経験されて、変容が起こるかは違うと思われますが)


ハートとマインドがタッグを組めば、どんないいことがあるのか?
これに関しては、「ハイアーセルフとして生きる」という超人レベル、パーフェクト・レベルを私は想像してしまいますが^^、これこそもう魂によりけり、三者三様人によりけりの世界ではないでしょうか。
「想像できるものは創造できる」ことがより真実レベルを増すことは確実なのではないかな、とは推察できます。


■使用石■

◇ワイヤーブレスレット◇

「シリウスアメジスト8ミリ丸玉」「モルダバイト約6~10×6~7×2~5ミリチップ」「リビアングラス約6~12×7~8×3~5ミリチップ」「アゼツライト約6~10×6~10×3~6ミリチップ」「タンザナイト約5~12×5~7×2~4ミリチップ」「ピンクアメシスト16×10×10ミリタンブルカット」「スーパーセブン9ミリ、5ミリ丸玉」「2012クリスタル14×10×11ミリタンブルカット」

◇シルクリボンブレスレット◇
(シルクリボン名称:アラビアンナイト)

「シリウスアメジスト原石25×15×12ミリ」「スーパーセブン15×13×6ミリシルバー925ペンダントトップ」「ギベオン21×6×2ミリプレート」「ダイクロイックガラス20×16×6ミリペンダントトップ」「不思議のメダイ17×12ミリ」


■クォリティと鉱物説明■

◇ワイヤーブレス◇
濃いアメシストの8ミリ玉が、シリウスアメジストです。1石使用しています。
2012クリスタルはタンブルカット1石です。見た目は普通の水晶です。
アメシスト・エレスチャル(スーパーセブン)は透明感のある母体にレピドクロサイト、ゲーサイトが入る美しい丸玉です。
ピンクアメシストも発色良いタンブルカットです。
モルダバイトは透明感のある大き目チップ。
リビアングラスも透明感ある大き目チップです。
アゼツライトもインクルのない綺麗なホワイトカラーの大き目チップです。
タンザナイトは、発色良く透明感のある高品質なチップ。
チップが中心のブレスですが、どのチップも通常の石とは桁が違うタイプのストーンたちで、贅沢仕様です。

◇シルクリボンブレスレット◇
シリウスアメジストは、発色が美しい原石です。すりガラスのような表面がこの石の特徴なのですが、実はネックレス、ブレスレットのほうの穴あきシリウスは磨きが入っているので透明感があるのですね。通常、手を入れていない場合は、こっちがスタンダードタイプなのです。
ギベオンはロジウムメッキ加工のされたプレートです。こちらはムオニナルスタではなく、ギベオンになります。ウィドマン・シュテッテン構造の綺麗な模様が見られます。
アメシスト・エレスチャル(スーパーセブン)はインド産のアメエレです。小ぶりでかわいい高品質ペントップです。
ダイクロイックガラスのペンダントトップも美しいです。
こちらにチャームとして使っているこれらのストーン、それぞれ単体でお品にできるタイプですので、チャームと呼んでしまうのもなんですが、実はこの部分だけでもけっこうな総額に^^なってしまいます。
シルクリボンでこれをまとめてしまうにはちょっと贅沢すぎるし、お値段も高くなっちゃうんだけどな、という感じでしたが、せっかくなので。

シリウスアメジストはガイガー・ミネラル社の英文解説、2012クリスタルは、ガイガー・ミネラル社のギャランティ・コピーと2012クリスタルの日本語訳解説、アゼツライトはH&E社のギャランティカード・コピーをお付けします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2013年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page