「Open your Eyes」ブレスレット「1」「2」「3」「4」「5」

2013年02月28日 (木) 21 : 30








「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸約15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

__________________________


「開眼」ということですが、これは特にクレヤボヤンス能力ですとか、そういういかにもな実質的に見えないなにかが見える・・・という特殊系なことだけを指すのではなく、いわゆる「本質を見抜く目」のことです。


どちらかというと、「人に見えないなにかが見えている」こと以前に、「本質がしっかり見えている」ことのほうが、よっぽど人間にとっては、大事なことだと感じます。
そして実はそれこそが、「見えないもの」そのものですが、わりと無意識に多くの方が、その読み取り能力なら、お持ちなのです。(日本人はDNA的に、それが得意です)
ただそれを、自覚していない方が多く、また、自覚していても、現世的な都合や外側の評判、賛否などの、他人の評価の良し悪しにまどわされてしまって、自分自身の声のボリュームを下げきって、わざわざ聞こえなくしてしまっている場合も多々おありかと思われます。


たとえば、自分の知らないことを、人に質問する時。
その聞いた相手が、果たして自分が知らないことに対する的確で明晰な答えを必ずしも用意できる人なのか? 実はわからないことなのですが、その判断は、自分自身が意識的にせよ無意識にせよ、していることです。
インターネット上の質問サイトなどでは、質問の答えによっては、無数の回答が寄せられているケースもあり、結局はその中から、どれが自分にとって正解なのか? を決める、「選択」は、聞いた本人がすることになります。


誰ひとり、誰かの正しい選択を決めてはあげられないし、また、決める権利もありません。こうしたらいいんじゃないか、と進言することはできますが、そこまでです。
仮に、誰かに「全託するからお願い、あなたが決めて。」と言って、誰かに決めてもらったとしても、その「誰かに決めてもらう」選択をしたのは本人なので、結局、自分の選択ということになるわけです。


この、意識的にせよ、無意識的にせよ、われわれが行う日々の選択。
この部分を過剰に意識しすぎて前に進めなくなる場合もありますし、自分の選択にどうしても自信が持てなくて、より多くの人の意見ばかりを求めているうちにもっとカオスへはまっていったり、「同じ道を行ったり来たり」というのも、それはそれで、悪いことではありませんけれど、そういう時、「どうして自分で決められないんだろう?」に思い至れたなら、そこが、変容のチャンスなのです。


外側に向かい続けているその目線を、「見えない自分の内側」に向ける。
この石組みは、その自分の中にある明晰性を引き出しやすくしてくれる、そういう石組みであるかと思われます。


自分が本当はなにを考えているのか、なにを望んでいるのか、それを見つめることは、実は楽しくない作業である場合もあることを、私たちは感じ取っています。
それはもしかしたら、「昨日までの自分のすべてを否定しなければならない可能性」だって、そこにはあるからです。
しかしそんなことは^^ごく稀というのか、「昨日までの自分のすべて、むしろ捨てたい!」と言っても、そうなかなかその粗大ごみはタダでは引き受けてはもらえず、ごみはすべてリサイクル資源に「変容」させてお返しすることになる・・・というのが、オチで、それを「カルマ」ですとか「浄化」と呼んだりもしますが、基本、この組み合わせは、そんな億劫な作業でさえ、ポジティブ思考で乗り越えて行けるサポートをしてくれると思います。


「心に嘘をついていない状態」をつくるのが、おそらく大得意であった・・・それが大昔、われわれ日本人の大先輩のご先祖様が珍重し、宝として、スピリチュアルツールとして活用していた糸魚川の翡翠が持つ力だったのではないかと、感じます。



■使用石■


「糸魚川翡翠13ミリ丸玉」「ブルーアパタイト10ミリ丸玉」「グリーンゴールドアパタイト6ミリ丸玉」「ゴールドルチルクォーツ6ミリ丸玉」「ドラバイトトルマリン14ミリ丸玉」「ロードクロサイト8ミリ丸玉」「クリソプレーズ10ミリ丸玉」「レモンクォーツ約16×13~14×13~14ミリタンブルカット」「バッキーボールカット水晶16ミリ、10ミリ」「20面カット水晶14×12ミリ」「2012クリスタル7ミリ丸玉」「アゼツライト8ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■


糸魚川翡翠は、個別に個体差ありますが、地色はホワイトに緑味or青味が入るタイプです。
糸魚川翡翠ということでは、かなりクォリティの良い部類なんですが、ミャンマー産のものなど含めた本翡翠全体の中で比較すれば、見た目クォリティ並みクォリティかな、というところです。

ブルーアパタイト、グリーンゴールドアパタイトは、高品質ビーズ。
今やアパタイトでこのくらい鮮やかな発色の良さでムラや白っぽい傷がほとんどなくキャッツアイも見られるクォリティは、かなり上レベルだと思います。
ゴールドルチルは太目針のタイチンです。
ドラバイトというのは、ブラウン系のトルマリンの名称です。こちらで使用しているものすべてブラウンというわけではなく、少しルーベライト混じってたり、個別に色々です。ロードクロサイト、クリソプレーズも発色が綺麗で品質良い玉です。
レモンクォーツもメタモルフォーゼスを熱処理したオウロヴェルデのようなグリーンゴールドカラーで、綺麗なタンブルカットです。

2012クリスタルは7ミリ丸玉。透明感があり綺麗な丸玉です。2012クリスタルの透明タイプは、2012クリスタル・クラシックと呼ぶみたいですね。販売されているよそ様で見つけました^^。
バッキーボール16ミリのとなりがアゼツライトで、そのとなりの水晶です。

 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2013年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page