「Longs to be Love(まだ知らない愛)」ピアス

2011年06月30日 (木) 21 : 12


「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、各、一点ものとなります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

石部分全長35センチ。
ロジウムメッキ真鍮パーツ、スワロフスキー真鍮アメリカンピアスパーツを使用しています。(ポスト部分の金属は不明ですが、おそらくチタンポストではないかと思われます)
◎イヤリング(ロジウムメッキ真鍮)、ピアスチタンフック、ピアスサージカルステンレスフックをご希望の場合は、プラス200円でパーツをお取替えします。お申し込み時(落札時)に使用パーツの変更のご希望がある場合には、「必ず、申し込みと同時に」ご明示ください。(こちらからお振込み詳細をご連絡後、お申し込み時(落札時)から日数が経過してからの変更のお申し出が時々ありますが、すでに配送準備をしてしまっている場合などもございます。こちらの手数の都合で大変恐縮ですが、ご連絡の漏れのないように何卒ご協力をよろしくお願いします)


____________________________


「アクエリアス・ビーム」のところでも書いたのだけど、まぁ、アクエリアスの時代にはさまざまに旧体制が変容していく過程を経験していくわけですが、きっとね、私たちの知らない「愛」のエネルギー形態というものがあるのかもしれないな、って部分。
「愛はこれよ」っていうカタにはまったものではないため、この石は「愛」の石、っていう説明、自分はあんまりしてこなかったし、避けていた^^面もあったと思うんです。


証明のできないもの、責任の持てないもの、そういうものをね、そうだ、と言える勇気を、たとえそれが良いものであっても、持てない場合がね^^あるんですよ^^^^。
特に自分は「愛」にかかわるものには、慎重というか、控えめです。
テキトウなこと言って、いっとう人を惑わすのが、この愛の名を借りたささやきである場合も、多かったりしますのでね。


でももう、そんな殻も破り捨ててしまいます^^。
モルガナイト、それは、もう「愛エネルギー」の石としか^^言いようがない石です。


ヒマラヤ・アイス・クリスタルに、まっさきに合わせようと感じたのが、この、モルガナイト。
もうね、私は、恥も外聞もなく^^「愛の人」になりたいわけなんですよ^^(滝汗)。そのためにはね、曇ってちゃだめなんですよ。


身に着けてみて、うわ~~~~~なところは、もうね、「手放し項目」がはっきりと、わかるように示されること。
自分では気が付いていなかったような意識が届いてなかったような領域に、彼らはどんどん手を伸ばしていく。
なんでそんなことをするのか? っていうと、それが「愛」だからなんですよ、きっと^^。
もともとアクアマリンもモルガナイトも、そういう性質の「不要なもの」を理解し手放させてくれるサポート面のある石たちですが、この水晶が拍車をかけますね^^。
それも、あらたなるビジョンを伴って。
だから、決して「嫌」とか「つらい」とか「重箱の隅をつつかれている」わけではございませんので、ご安心を。


そうそう、現実目線で、そんな宇宙視野とか博愛とかつまんない、「そんなのいやん、まだレンアイしたいぃぃぃ、結婚だってしたいぃぃぃ、一生オンナオンナしてたいぃぃぃ~~~~っ」な方にも^^きっとおすすめですよ^^。
結局のところ、本人がなにをどうあがこうと^^、高い愛のエネルギーに触れているうちに、人は感化されますからね。
なんだかんだいって、彼らの仕事は、最終的には、自らが幸福なコネクションを形成するポジティブ・エネルギーを発信できる人へと、持ち主を浄化し変容させていくだけだと思いますので^^。


そういう意味では彼らは優れた良縁の組み合わせでもあると思うし、「幸福な結婚」を創るための最強愛の石がモルガナイトかな、とも思います^^。
さすが、ピンクアクアマリンですな。アクアマリンも使っていますけれどね。
婚活に疲れ切っている方^^なんかにも、いいのかもしれませんね。
「周囲にそういう愛エネルギーの方がいない・・・」って思うんなら、まず、自分がそのエネルギーを知るしかないし、そのために石に出会っている、とも言える面があるんですよ。
ルーベライト(ピンクトルマリン)はハートを開いてくれる石なので、「ものごとを素直に受け取れる」ことに一役も二役も買ってくれる石です。


ほんと、石っていいですね。
自家製パワースポット^^じゃないけれど、ゆっくりパワースポットとかへ行けない人とかの空間を、自前の発電所にしてくれるわけなので。
(もちろん、パワースポット、いわゆる宇宙エネルギー、自然のエネルギーをゆったりと取り込むことをなされることがよいのは、言うまでもありませんが。石も、ほんと、外出好きだからね^^。特に緑の多いところ、陽光の溢れる場所。)


■使用石■


「ヒマラヤ・アイス・クリスタル6ミリ丸玉」「モルガナイト約13×8×4ミリフラットオーバル」「アクアマリン4ミリ丸玉」「ルーベライト(ピンクトルマリン)約4ミリタンブル」


■クォリティと鉱物説明■


大変美しいビーズの粒ぞろいです。
ヒマラヤ・アイス・クリスタルは抜群の透明感で、ほとんど内傷なし。これじゃ、普通のグレードのいい水晶と変わらないので^^かえってヒマラヤ水晶に見えなくて困るな^^と、一瞬思ってしまった自分です(汗)。
モルガナイト、アクアマリン、発色も綺麗で、透明感があり、ハイクォリティなベリルです。
ルーベライトは小さいタンブルですが、発色、透明感、綺麗です。


sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2011年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page