アーカイブ
2024年02月25日の記事のリスト

さすがロシアンフェナカイトの国(笑)

2024年02月25日 (日) 00 : 00

さすが、ロシアンフェナカイトの国(←そこかとwww)

この前、お見せしていた歌舞伎町のこれが・・・どれだけちゃっちいか(笑)おわかりいただけるだろうか







NYがどのくらい威張れないか(笑)渋谷ごときがw何が世界の渋谷だと(渋谷区長が何年か前に(コロナ前に)たわけたことをw言ってたのよね・・・NY、PARIS、LONDON、MIRANO、あとまぁ何箇所かあるじゃない・・・なんかよく並べられるカバル世界都市・・・そこに、「TOKYO」じゃなくて「SHIBUYA」にしたいとか(笑)くだらない冗談を。。。さすがLGBTをムーブメントにするため先がけて「パートナーシップ条例」を作っただけのことはあるわよね(笑)。あたしはこれも騙されていましたwその後の「ホモドラマ」ですよ。わかるでしょう? カバル戦略の「じわじわ攻める」やり方がw)

もちろんですが、TOKYOもど田舎です(笑)
ただ高層ビルとタワマンがいっぱいありそう、みたいな、それだけの話ですよ

(うちのほうはね、一応、高さ規制というか、景観規制があるというのか。明治神宮あるからかな。あとそもそも「地面がない」んですよねwww大規模物件なんか建てられるような大きな空き地が。おかげで、タワマンはうちのほうにはありません。せいぜい10階12階建てくらいまでですかね。それだって代々木では背の高い部類なのです。超高層ビル密集地域は西新宿だけです。超高層物件は「強風のモト」になるので、実際にはものすごく迷惑物件なんですよね。そういう話も、昔の人は知っていたんだろうけど、今の人は知らないから、タワマンとかに憧れるのです。強風状態の時などは、タワマンの建物じたいが常に気づかないレベルでも微振動して揺れているので、神経やられるというような話もあるんですよ。超高層階は窓も開けられないし(笑)。超高層ビルほど屈強なつくりでもないですしね。)



ロシアンフェナカイトの国は、鉱石の開発(爆笑)も進んでいます

テラヘルツ、グリーンクォーツ、おそろしあ発祥(笑)の技術です

カップリングのモリオンも、ロシアンモリオンを使っています

ひさびさの新作に、ちょうど萌えになっていたところで、いい動画を見つけましたのでご紹介しましたw

もともと「ロシアラブ」だったというわけでもないのですが、そうとは気づかずに「ロシア石ラブ」の(笑)傾向を持っていた

PSWならではの新作です(笑)



さすがロシアンフェナカイトの国、っていうのは

もう過去にブログでも、何度もお話していますけれど(石好きは知ってる話かと思うけど)

これは、「フェナカイトじたい、トクベツな石」っていう、その宣伝以上に

ロシアンフェナカイトが、とりわけ、トクベツだという(笑)まぁ、特別っていうよりも、フェナカイトはフェナカイトなんですよ、どこの産地であろうと、高波動、そこは同じなんですが

ロシアンフェナカイトはエネルギーが強い、というこのパワーワードがw

強いから、「どれだけ石のエネルギーがよくわかんないんですよね」という人にも、「これならわかるだろう」って(笑)

まぁ、そういうヘブンとかの宣伝効果(笑)だったり、ディビットがロシアンフェナカイト買い占めてたり(笑)

そういう、大御所さんたちの、「宣伝」の効果で

羊たちは、フェナカイト=ロシア、その先入観になっちゃって(笑)

昔はね、ロシアンフェナカイトしか売れない、みたいなwなんか他の産地のフェナカイトだとがっかりされてるようなw

PSWでさえもがですねwそういう風味の「人氣」現象(肌感覚です)あったんです(5年前くらいまでは完全にそうだったんじゃないかなぁ)

いつもそういう「人氣(という操作の先入観)を超えてください」という話をしているのに(笑)

それでも、だいたいの人間は左右されてるんですよ(その集合意識が「人氣」となって現実をつくるんですよ・・・)



今は、世間の羊たちは、ようやく、産地ではなく、「フェナカイトであること」に群がっています(笑)

ロシアンフェナカイトを見つけることじたいが困難だからというのもありますけど

(もともと、最初から、少なかったですからね)

まぁ、相変わらず、どの産地のフェナカイトでも、お値段べらぼうな石です

これは人気操作というよりは、ほんとうに希少石だからです(カバル的なダイヤモンドの操作価格とは違います)

(結局、数年前よりも、今はさらに値段があがっています。「安く見つけよう」ってのが、もう無理な石ですので。もし、お安いフェナカイトを見つけたなら、買っておいたほうがいいですよ。10ミリルース以上のサイズであれば、うちは業界最安値だとか言ってるような石屋でも、透明度がクリアでないものでも宝石カットされたものは50万円、透明度があれば100万円超えで、当たり前に売っていますので)

PSWには、一応、そのロシアンフェナカイトの、最終ロットの原石ビーズ、原石なら、まだあることはありますが

それでさえ、在庫僅少にはなっております
(あんなにあったのに・・・まぁ、それだけ、「買ってくれる人がいたから」というありがたい話でもあるのですがwヘブンの最終ロット、丸玉でさえない(笑)原石穴あけロシアンフェナカイトビーズの仕入れだけで(笑)いったいいくら使ったのか・・・みたいな(笑)ものすごく懐かしい話ですねwこれはね~、当時、私の「金銭感覚のレンジを拡大する」ことへの貢献度、あったんですよ。「いいものは値が高い」という(笑)いたしかたなさね。やっぱね~~~、そこはね、しょうがないんですよ。どれだけ言っても、「愛とか人間の本質とか」綺麗事を言ってても(笑)そこしか、振り分け基準はなかったんだよね、この世界というのは。だから、そこで、自分の持てるエネルギーを「ふりしぼれない、がんばれない、突っ走れない」でいれば、「そのまま」なわけ(笑)。昭和から生きてる人間も、大変だったんだよ、カバルマネー基準の世界では。そこは、30年かけて没落国化してるらしい日本で今30代くらいの人々にはwよくわかんないところあるかと思うので。もどかしいよねw)

これも私は、おっさんたちの(笑)その宣伝効果もあるよなぁとは思っていたのですが
(私には、ロシアンフェナカイトも、ブラジル産フェナカイトも、同等の性質のエネルギーに感じられるからです)

ロシアンフェナカイトのエネルギーが、とりわけ強いのであれば

それは、ロシアという立地(笑)の、ロシアの石だから(爆笑)だったんだ!!!!!!! ということが

この、コロナプランデミック以降に(笑)気付いた、仕入れた知識により(笑)

「改変」「進化」しました





PSWのお店のこれとかwww今や、ちょう、超お買い得価格になっていますwww

こちらはブラジル産のフェナカイト原石ですが

こんなサイズで(45×23×15ミリ、フェナカイト原石としては「特大」部類です)ちょい透明感もあるフェナカイトが、10万円台でっていうのは・・・今はもう超お買い得の極みですので
(いつお出ししてたのかは忘れましたが・・・何年くらい前だろう・・・5年くらいは軽く前かと思います。これはお出しした頃の当時価格のままですから。当時であっても決して高すぎる~ってw値段じゃなかったと思います。あたしも「ブラジル産フェナカイトだし・・・」っていう^^少しお得感のある価格(笑)にしておかないと売れないかな、って(笑)そういう価格設定にしてるよねwこれ^^)

しかも、もっとレアストーンのヘルデライトつき、モルダバイトつきで、センティエントポイント、ゴールドフィルドワイヤーですし(ゴールドフィルドワイヤーも、今値段が3割くらい上がってるんだよなぁ)

激安です(笑)

価格を^^付け直ししたい・・・そのレベルなんですが、まぁ、そんな面倒くさいことはいたしません

欲しい方がいらっしゃいましたら(これが安いと思える方は)ご検討ください

(よくカバルブランド品の話を引き合いにしていますけれど。石がどれだけ安いか、わかるでしょ? 比べるのが安い服とかユニクロとかの話じゃないから。服飾とかもカバルブランドは10万くらいなんて、けっこう当たり前じゃない? 素材じたいの原価は、安い服とそんなに違うかって言えば、そうでもないわけ。でも、そういうブランド品っていうのは、見る人が見ればわかるから、高い服着てる~高いバッグ持ってる~って「人にそう見られるための値段」っていう意味ならあるのよ。でも、石の場合は、そこじゃないの。ほんとうに、その物の付加価値につけられている値段であることが多い、もちろん、人気が左右する面も多少はあるけれど、そこだけじゃないの。「品質」「希少であること」がベースですからね。だから、この世のあらゆるものの中で、石って安くないか? って、自分は常々思ってきたし、お伝えもしてきたことなのよ。「エア」マネーのおかげで、日本には、世界中のあらゆる石が「廉価」で入ってきました。昭和の時代では考えられないレベルの、世界中のあらゆる石が、本人がそう望めば、手元に、手にすることができるようになった。ここには「意味」があると思いますよ。人に見えてるもので、「高いもの身につけてるね~」って羨ましがられたい(なんか、人間にはその欲求があるみたいなんだな)そういう自己満足を満たすなら、「ブランドロゴ満載のブランド品」なんですよ(笑)。「ブランドのミニバッグをアクセサリがわりに身に着けて安い服を格上げ!」とか「教えてる」でしょう?(笑)この欲求を満たしたいなら、そりゃw17万円使うなら、ブランド品のほうが満たします。「みんなが共通してだいたいの価格を知ってる常識化」があるからね。どうしても他人に石自慢したい場合は、「宝石(しかもデカい)」ならまぁ、他人の「目を引く」ことはできるでしょう(ですがブランド品以上に、宝石の場合は極上品はお高いよ)。石の世界は、そういう無数に存在する一般人タイプの常識は通用しませんから。「高いもの身につけてる持ってる自慢」は、誰にもできませんが、「心ひそかなエネルギー自慢、レア自慢」くらいなら(笑)可能ですw「心密か」というのがミソで(笑)おそらく、一生、コロナ脳タイプの羊たちには、まったく通用しないタイプのエネルギーですが^^。天然石の世界というのは、この無駄な見栄っ張り欲求、これを超越できるってところもいいのです。そもそものこの「他人の目を操作したい欲求」というのも、過剰なソレは、広い意味では黒魔術に繋がっていくものでもあると思うよ。表面的な他人の目、ではなくて、高い光のエネルギーで変えられるなら他人を変えてあげるというか、影響を及ぼしていく、癒やしていけるならいいとは思うけどね。高振動ストーンの仕事もまぁ、そういうことですから)


こんな話も出てきていますから・・・
(ああ、その羊たちがつっこんでいる大暴落予定マネーで、いったいどれだけの石をゲットできるのか・・・とwバク上がりのモルダバイト丸玉、フェナカイト丸玉ブレス、いったいいくつ買えるのか・・・)

まぁ、いずれにせよ、「国のオススメNISA」とか(笑)そんなことやってる羊たちにはそもそも、石がわかりませんからね(笑)言ってもしょうがない話ですw


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page