アーカイブ
2024年02月13日の記事のリスト

遠ければそれでいい

2024年02月13日 (火) 00 : 00
たぶん、こうなんだろうな、と

「人間じゃないタイプの人達からは、遠くにいる」これでわりとパンピーの日常は平和(笑)であることは、間違いない^^

まぁ、その究極が、その昨日言ってたような、悪魔教の人々

彼らは、毎日、「誰か」を餌食にしてきた

でも、「億」の単位のだいたいの人間にとって、その人数というのは、本当に「ごくごく一部」の犠牲であったこと

それも事実

ほとんどの人間の人生にとっては、遭遇する機会はまずありえないレベルの「生贄」対象

それが、さらわれ虐待され殺される赤ちゃん子どもたちだった



ですが、昨日もお伝えしていましたけれど

カバルは「一部」だけをその、虐待、生贄対象にしてきたわけではない

3Sを使った、感情搾取

労働の対価としてのカネを使った、生存のための恐怖

その、生存するための「健康を奪う」ための施策の数々(医療、毒食、毒社会)

わたしたち人間じたいへも、彼らの精神性を押し付ける施策の数々というものは、「見つけてしまう」と、枚挙に暇がないレベルの、それこそ「ゆりかごから墓場まで」の、すべてにつきまとっている(笑)

そうも言えてしまうくらいの(決して大げさではないですwww)

ものすごい包囲網が(笑)ただ「生まれてきた」それだけで張り巡らされた人間社会でもあり

わたしたち人間は、そのマトリクスの中に生存してきたとは言えるのです

(昔・・・私は、今現在の、ここまで人間社会を、世界を、全体像を、把握をしていなかった時期、PSWでは(笑)よく言ってましたでしょwwwほんとうに、この世で”無事に生きてる”こと、それじたいがwww「大仕事」なんだってwwwもう、「元気で、自分であることに満足して生きることができている」それじたいが、奇跡レベルなんだって。この「肌感覚」が、間違っていなかったことを(笑)なんか・・・確認できてしまった、それが2020年以降だったなぁ・・・って思うんですよね)



ここに気づいていないと

どのような「スピリチュアル」でも(笑)あなたの問題を解決することはない

確かに、おかしな人やおかしなことをする人からは「遠くにいれば」対策は、功を奏します

こちらがそれを「理解」することで、「そういう人もいる」という「距離」を置くことで解決した「居空間」「存在次元」を得ることは大事で、そう行動することは望ましいこと

「そういう人は、そういう本質」の存在なので「変わらない」変わることがない

その変わらない相手を変えようとする闘いは

人間一代のレベルで成し遂げられる話ではないと「輪廻転生」「カルマ」も、ここで出てくる宗教話もあるのですがwww

「根っこ」を知ると

それは本質を変えようという闘いであったのだ、ということがわかります

変わらないものを変えようという(笑)そこに無理が最初からあったのに、「人間同士のカルマ」にされちゃってるwww

そこはしっかりと「分別」して対処すべきですよねwww



次の時代は

この「遠ければ」というよりは、人間ではないものが「いなくなる」

同じ居空間を、同じ次元を、今までの悪党たち支配下の世界で共同創造する世界

それじたいが、解体されていくことになります(「計画」としてはそうです)

大変喜ばしい(笑)歓喜の「人類の夜明け」と言える世界がはじまりますが

夜明けを迎えていることに「気づかせる」玉音放送があるのかないのか

ここは大きな分岐点の創造なのですが、「気づかせない」場合もあるかもしれません(笑)

(今までの「流れ」からであれば、「気づかせない路線」もあるな~、とwww但し、「わかっていた」者にとっては、そこに乗っかっていく流れ、ひっくりかえる流れは、理解できると思います)

順当に悪党を倒していく手順を踏みながら、世の中を変えていく路線でいくなら

気づかない人たちと、気づいている人たちの「生き方」は

今まで以上の分岐で、もう、交わることもなくなっていくでしょう



この3年くらいよく目にした「気づかせ案件」という言葉

スーパーボールも、まぁ、あいかわらず(笑)悪魔教イベントのようなwwwそんな「雰囲気」は見られます

でも大衆は、「暗喩」のようなものではwwwもう「気づく」ということはないとw私は思います

日本は第二のウクライナ候補地として、カバルは狙ってはいるのですが、これから日本をそうしていくには(笑)その「資本」が、世界で閉ざされていく、その流れじたいはもう出来ていますので

そこはもう、恐怖しなくても大丈夫かと思います

どこの国も、カバル支配国は、二重政権状態になっている

その闘いが現状まだ継続しているところなんだな・・・と感じるので

(日本は、その二重政権の舵取りをしているのが誰なのか? については、私はいまだよくわかりません。知っている方がいらっしゃれば、教えて下さい。基本は、メリケン属国なので、日本は「メリケン次第」かと思います)



コロナワクチン開示も、悪魔教開示も

これが「なければ大きくは変わりようがない」ところですが

まだ時間はかかるかもしれないですね

そのあいだに、死ぬ人は死んでいくと思います。でもそれも、高次的には、織り込み済みなのかもしれませんので。もう、生きている必要がない、お役目終了、じゃないですけれどwwwそういう「魂」の約束なんじゃないでしょうか

「アセンション」を持ち出すのもアレなんですけれど(笑)

次の地球で(笑)たぶんですけど、「対応ができない人」というのかwww

むしろ、居心地最悪に、もっとそうなってしまう人も
情報開示、それが人間社会の「公」になれば、そうなる人も、むしろそちらのほうが多そうな気もするんですよね
特に日本人は、そうかもしれないです

(これは前から言っていますけれどね。時間が経過すれば経過するほど、そうなりますね、おそらく。日本は、コロナワクチンがwww7回、8回、とwww継続してしまった時点で、残念ですが「取り戻せない現実創造」をしてきた数年間だと思いますから)

「ほんとうは素晴らしい本質の人だったのに」だとかwww

そういうことを、「あとから言わない」で済むようにwwwそう生きることができていればいいのだと感じます

気づいている人は、そうしましょうね



ウクライナでは、タッカーのぷ~様インタビューを受けて、ウクライナ人たちが立ち上がっているそうです

「ウクライナ人を虐待していたのは、ウクライナ人(ネオナチ)」

ウクライナ人を助けに行ったのが、ロシアであること

これを、当時から、最初にわかっていて、伝えていたウクライナ人の方々もいらっしゃいましたが

カバルマスメディアに支配された(笑)カバル諸国の国民は、まったく気がついていませんでした

日本人は、ウクライナ人と同じことを(笑)目に見えないカタチで、生まれた時からずっと巧妙にされてきたwwwわけですけれど(今生きてる日本人は、全員対象ですwww)

等の、虐待されてきた当事者たちが、まったく気がついていません

毒注射で病気になって、カバルに最後まで貢ぎながらwww虐待されながら、死んでいってます

それを伝えるのもwwwやや疲れてしまいましたけれど(笑)

(だから、ずっと「玉音放送」待ちだったんですけれどwww「大衆が気づいて立ち上がる」それは・・・日本人には無理かと思います。特にもう、日本人は完全に奴隷洗脳完了したタイプの人間がほとんどですから。そして草加支配で成り立ってきた社会がすでにもうあります。これをひっくり返すには、気がついている少ない人数全員が立ち上がっても(笑)民衆の力では20年30年でも難しいでしょう。だから、「上」をすげ替える以外に方法はないし、ネサラゲサラ社会が実現しない限りは、「社会丸ごと」という意味では、日本では相当困難かなと思いますよ。その社会が実現しない場合は、日本人に生まれてきたことは、世界地図上における最大の罰ゲーム(笑)のようになってしまうため、だから転生予定のスピリットたちが「今、日本に生まれるのw避けてる。様子見中」話なんてものもあるんだろうとも思いますしね。好き好んでワク打ち遺伝子の家系に(笑)死ぬために生まれてくるwもう、それをする必要のない地球が間近だから・・・という良い観方もできますけれどね)

それはそれで、まだこのタイプの世界が、しばらく「続いていく」限りは、伝えようと思います


こんな(笑)だったんですからね・・・

多少は、まさか彼らはそれはそれで「優秀」でもあった(一応勉強とかしなきゃできないことじたいはしてきたと言えるし)のかとも思っていましたけれど

立ち位置、基盤、土壌に、「騙されて、差をつけられて、こちらはずっと差別されていた」ということですから

この日本人の尊厳は、知った人は、取り戻してくださいね

スピ界隈では、自信を取り戻そうとかw幼少期のトラウマがどうとか、些末な周囲の人間関係がどうとか、会社の上司がどうとか

日本人同士での、ねちねちした諍いとか、「親に愛されてこなかった」だの(笑)くだらない「寝言」をね、「癒やしましょう」みたいな話で、お茶濁してるんですが

競争させられ、ラットレースさせられてきた、背景を知れば、それこそ「赦せる」(爆笑)はずですよwww

日本人は、ほんとうに赦してはいけないものを受け入れ、赦さなくてはいけない人たちを憎んで疲弊するように、洗脳教育されてきたと言えますから







この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page