アーカイブ
2024年02月04日の記事のリスト

容姿の残酷(笑)

2024年02月04日 (日) 00 : 05





日本人は中途半端な「人間は顔じゃない思想」を植え付けられてるんですよね。
だから二枚舌になりやすいし、実はものすごく容姿を気にしている人が(自分も他人も)多かったことがわかります。
容姿がいいことは天与のアドバンテージが実際にあります。これはもう当然なんだけど「表向き」は教えない。

だから「ミス日本」という「美だけ」が基準のはずなものにwドブスなんかが出てくればもう許せんwってなる。
Xだけじゃなく、見てた人は「?」って思ってる人多いんじゃないのかなw
「日本はこれが頂点か・・・」っていうwがっかり感とか(笑)

金持ちたち(カバル)もけっこう容姿は色々。
ぶさいくも多いじゃない?あれ治させてもらえないんだろうね。
雅子の歯並びとか。金持ちなんだから歯くらい矯正できたはずなのに。
むしろ日本のエンペラーなんだから治せよなのに。
悪魔教ってコンプレックス持ったままでいることをバネにさせようとする

コンプレックスをやめられるもの変えられるものをさくっとやめさせるんじゃなく、「ハンデ」を肯定させようって教育が根底にある。悪魔教の子はそう育つ
だから苦労話美談もそう育つから言ってることは全部嘘ってわけでもないんだよね。
そこが厄介なのよ。屈折した人たちに大衆が教育されちゃうからw

容姿の世界も酷(笑)だよね~。
でもその容姿を活かせない人間もいるのよ。自分の死んだ親つかまえて言いたくないけどwあれは本当に「無駄に」俳優顔っていうか。
でも子どもを歪に育てた。容姿アドバンテージじゃないものを無駄に求めるwその部分でwww持ってるものを活かせなかった典型(笑)

容姿よりも「中身」のほうが人間はなかなか心底は変えられないですよ。
だから取り組みがいがあるとも言えるんだけどね。
それと親がbot系だとw子どもの取り組みがそういう人からはまったく「成長」には観えていないから。自分の理解が出来ない者として映るから。
だから親離れって必要なのよ



新しい時代が来ても、この容姿問題は(笑)とくに解決するってわけでもないからな~

そこはちょっと、どうなのかな? と思う部分でもあるのよ

悪魔教カバル手下たちも別に、誰もが満点容姿ってわけでもなかったでしょう?

「容姿じゃない部分」のアドバンテージをフルに活かす、それで「スター様」街道になっていった人のほうが多いと思うし

自分が知ってるカバルもそうだよ。だけど、今現在は・・・ネット情報を見ると「容姿もいいことになっている」ことに(笑)ちょっと驚愕するwwwんだけどね

「え!!!! そんなハズは・・・」だったと思うんだけど

今は、「素敵なハンサム顔」みたいに(笑)褒められてるんですよ・・・(心からビックリ)

もちろん、ただただブサイクってわけではなかったとは思うよ
でもね、実はご本人も、ちょっと「そこがコンプレックスあり」だった様子は知ってたんだよね
(白人的なフェイスではないことへのコンプレックスかな。まぁ、李家とか(笑)そっち系であるなら、そりゃ当たり前だw)



ちなみに、ファン第一級はね

むしろその相手が「ほどよいレベルのフェイス」だったから(笑)そこだけは、なんっちゅうか…「自分がスター様相手に、すべてに引け目を感じないで済む」部分をね、相手に見つけてた、ってゆうのかwww

そこは感じてたんだよね、昔から

才能あふれる有名人なテレビスター様に(笑)「なにもかもが劣っている自分」がファンづら・・・って、「自分を覚えてもらいたい」っていう、それはできないと

なんか、そのために相手にマシに映るようにしてるっていうか、綺麗になるとか、服だのなんだのに気合入れるとか

そんな感じだったかな

で、若いときはそういうちょっと綺麗めな容姿くらいでいいわけなんだけど、その後目覚めたのが、「社会的な地位」っていうのかな

相手に言って恥ずかしくない職業っていうの?(相手だけじゃなく、要するに、この世的に)

「凄いね」って一目置かれる、社会的に一応センセイ様的に言われるタイプの

それを猛勉強して、ゲットした(笑)んだよね

カバルが(笑)こういうタイプのモチベーションに「貢献」しちゃってたのよwww

だから、それはそれで、人生変わって、「推しのおかげでこうなれました」っていうような部分もめっちゃあったりしててwww

なんていうか…

「今までの世の中」でしたら、けっこう、それはそれで「良かったんじゃないの」っていう展開かな

(ほんと、悪魔教、子どもの犠牲、これさえないのであれば、別にそれはそれで、「人間にはありがち」だろうし、許せたんだけどな~、って思う。前から言ってるけど、カネだの名誉だの色欲だのね。そういうのだけが欲しい、っていう話なら。そういう人たちはそういう人たちで、そりゃいるだろう、って。この世ではお得なんだから、そのほうが)



こういうの、「スピ系」でもあったでしょう?

キラキラ系(笑)ってwwwなんか、結局のところはね、「人からもてはやされる」っていう

豊かさとか「人に見せたい」そういう感じ

でもそれ、ただ金持ちなんだね~、成功者なんだね~、とか、そんなんじゃダメなのよ

人は、カネとか権力とかそういうもので動くようで、実際にはそうじゃないから

たとえば、「FX投資でこんなに金持ちになりました」みたいな人とか(笑)「魅力的」になんかwぜんぜん観えないでしょう?

申し訳ないけれどwww(少なくとも、あたしは、そういうタイプって、やっぱり尊敬もしてないし、魅力的には観えません)

「目覚めてる」っちゅう(笑)人たちも、けっこう、カバル教育と似たようなことも、言ってるのよ

(そこが面白い)

「自分自神」教、かな(笑)

でもこれ、そういう、カバルスターたちもwwwwww今まで、同じこと、してきてるんだって

しかも、一応、すっごい「努力」じたいはまぁ、してるのよ(1代目は)

決して彼らもさ、「お膳立てありき」だったところ、それじたいは、「ずっる!!!!!」っていう感じはあるんだけど

道中では(笑)クッソまじめに、真剣に、自分の仕事そのものは、している様子、それじたいは、まぁ、あったことはあったよね



「容姿の残酷」からwww話が大幅にズレちゃったわ

この世は、「容姿ではないもの」を自分に見つけた人のほうが、幸せにはなれると思うよ

他者は、容姿によって左右されてる

そういう人も多いんだけど(ここは動かせないし、否定はしません)

私は、容姿アドバンテージを持っている、持っていた人の悲劇も、けっこう長年知っているので

それゆえに「一見、いい目」に遭うっぽい、他人から無駄に好まれる(笑)ことも事実なんだけど

そんなにそれも「たくさん」「常に」でもないからwww



うちの人、若い頃、かわいかったらしいんだよ(20代は知らないんだけどさ)

音楽やってて、ちょっとロン毛で、昭和の時代ってそういう一般人じたいが少なかったんだよね

で、大昔バイトでね、区民プールの監視員、子どもたちの夏休みとか、やったことがあるんだって

子どもがなんか変な遊びとかしてるやつがいたら、メガホンでぱっか~~~んとか(虐待ではないよ。ただ、「こるぁ」って叱らなきゃいけなかったり、そういう悪ガキもいたらしいんだわ)

最初は…プール内には「ガキしかいなかった」のは確かだったらしい

それが…日を追うごとに、水着着た保護者っぽい(笑)若いママン、要するに、子どもがやってきてるハズの区民プールに、なぜかオンナが増えていく…

それじたいは、まぁ、事実だった…んだってさ(笑)

体格もね、なかなかいいわけよ、足が長くて、痩せてるけど筋肉質で肩幅もそれはそれであって、全体のスタイルもいいわけ

でもそういう容姿を(笑)「なにひとつ人生に活かしてこなかった」

そういうタイプのことを、本人、ぜんぜん喜んでるわけじゃないのよ

そういう人間もいるからwww

死んだ父親とは別の意味で(笑)アタシ自身は、容姿アドバンテージを活かしてない人www

いっぱい見てるから

「人間は容姿”だけ”ではない…」と悟ることができたのよね、たぶん(笑)





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page