アーカイブ
2023年01月18日の記事のリスト

レプリケーター

2023年01月18日 (水) 00 : 00
レプリケーター技術というのがあるらしいって話は、みなさんもご存知ですよね?

知らない方はいないという前提で話を進めますw

これは「完全コピー技術」で、オーダーしたものがすべて出てくる、という技術

霊界のブルーアイランドそのものです(笑)

(ブルーアイランドへ行ってる人の話は、某まるの付く人の語ってる死んだ奥さんの話なんかがwすでに参考にはなるんじゃないでしょうか(笑)。生きた時にやっていた好きだったことそのままを展開している様が、語られています。本当なの? って思いますけれどw本当に「造園」がお好きだった様子ですよね。某まるの付く人は、打ってる人なのでwいつまで生きてるのかわかりません。ご予定だと、守護霊から教えられてる寿命は「家のローンが終わる頃」でしたので、この予定が変わっていないなら、そうなのでしょう。ネサラで超過利子が還付になれば、すぐ死んじゃいそう(笑)ですねwローンの世界が終わるんだからwwwローンがあるから生きてるとも言える人です(笑)。私は、「コロナワクチンで、この人がご自身が守護霊に聞いているらしき、長生きできずそこそこ早死になるんだな」と踏んだのでwそれを理由で毒注射を止めたんですが、まぁ、真に受けてはいただけなかったようでした。ちなみに、死んだ人はコロナワクチンのことなんか「全然眼中にない」様子もw伺える、コロナワクチンのことを知らず関心のない一人の人が見た霊界日記なのでwww「普通に何も知らずに死ぬと、人間はこうなるんだな」という参考にはなります(笑)。某まるのつく人も、デクラスが世界で公式とならずに知らないままに死ねば、そうだろうと思います。人間は「死んだら地球の真相を知る」ってことはないのでwww生きていた時の価値観の「家族のため」とか、そういうもともと生前にもあった「生き方」を続ける様は、霊界に行った人にはあるんだな、という様子とかはわかりますよ。嫁さんは自分が抗がん剤で死ぬことになった、とかいうのも、「知らない」と思いますし、そもそもなんで癌になったのかも知らないと思いますけども、これはたぶん、コロナワクチンで亡くなった方も「それを知らない」人はやっぱり、霊界へ行ってソレを知ってどうこう、って話にもならないと思います。人間が死んだらすべての叡智に長ける神にはならない理由がわかる(死んだ時点で持っていた叡智でストップするというか、少なくとも「その人の原型をとどめている」状態で接する霊は)ので、そういうのがわかる、という点では、参考になるなぁと思います。こういう人たちが「部分的に輪廻転生」してくる地球(笑)なんですからwwwそりゃもう、支離滅裂になってきた人類史もしょうがないですよね。この「部分的に」というのは、輪廻転生は本人そのものが生まれ変わるというよりは、「カルマ要素の先送り」的に「次の人にバトンタッチするシステム」なため(笑)なんでしょうかね~、だからやはり「カバル都合アイテム」だった側面もやはりあるんです、正直(笑)。何度も何度も、地球に生まれ変わってるんですよ~と言われるのは、あなたが、私が、そのまま生まれ変わってるというわけではありません。「各種情報を付与」されたパッチワークが人間です。ですが、カバル都合を超えた高次意図も、地球経験にはやっぱり感じられます。できるなら私達はやっぱり、生きているうちに、その人その人の、高次の本体(ハイアーセルフ)意図と、なるべく直結している人生でいることが、霊界経由ではなく、宇宙帰還していく道であることは言える気はしますけれどwwwでも「霊界へ行くのが悪い」ということではありませんので、念のため(笑)。)



さてこのレプリケーターが、次の時代にすぐにでももたらされるのか? というと…
あたしは「いやこれは20年くらいはさすがに無理なんじゃないだろうか(笑)」くらいには思いますけれどもwww

まぁ…あの「渋谷」の様相なんか見てるとwww
黄金時代が来たって、日本人がこの自虐的エネルギーの洗脳から脱するのに、どのくらい時間がかかるのかと
そうも思いますが

遠い先の地球では、もう決まってることなんだろうと、そう思います

ですから「地球の人口は減る」というのも、確定なのです(笑)

カバルが人口削減しようとしまいとwww地球からは「生産、労働という苦役(手間暇とも言う)」がなくなっていくことは確実なんでしょうから
カバルが用意しているものは、白ハットと黒ハットでは、雲泥の違いはあるものの、究極の行き着く先として、「もうそんなに地球に人間いらないのかもね」のところは、なんかいっしょだなと思いますwww
善も悪も役割と言われるのは、まぁこういうこと
どっちで進んでもそうなるわけです

(レプリケーターの未来は食事したら皿洗う必要すらないんですよ。そのまま「リサイクルBOX」に放り込んであとかたもなく消えます。その食事もレプリケーターで「意図する→出てくる」のです。これは服や靴も欲しい時はレプリケーターから取り出し、いらなくなったら同じようにリサイクルBOXへと消滅させる。だからこの地球には「生産者」はいなくなるのですwwwただ「クリエイター」は残るかもしれません。どういう図式になるのかわかりませんが、クリエイターと楽しむ人と、っていうまぁ、まさにそれが「天国」と言えるかもしれませんがwその感情エネルギー循環の世界となるのかも。で、クリエイター経験もする段階へ進んだり。ず~っと楽しんだらそれにも飽きてきて「そろそろ地球卒業」っていう宇宙帰還となるのかも。)

ここでギモンなのは、元素配列がまったく同じ複製技術とはいえ「コピーはコピー」と言えるので

地球メイドの天然石(笑)文化も、「博物館入りですかい?」ってことなのかなぁ? と

そしてその元素はいったいどこから取り出してきて、思ったものを複製=物質化するのか?

「すべてがある」と言われるゼロポイントフィールドからなのか

ただこれ、すでに「公式」に「3Dプリンター技術」もありますよね? なので不可能ではないのだろうと思います

つまり、レプリケーター技術の時代が来れば、もう地球メイドの天然石を遥かに上回る

ごく限られた存在であった、「極上宝石質」というパーフェクト石が出現するというか、石は全部それになっていく可能性もあるし

ただそれは、そもそも「それを知っていない人にも生み出せるものなのか?」「その元素配列を知っていればできることなのか?」「石には同質異象」など同じ元素でも原子配列で姿の違う石は山ほどあるけれど、そういう「細部」はどうなるのか???
だから結局、「それができる技術を持った人がそうできる」のか(石の実物知らなきゃできませんよね)

…などなど(笑)

「もうぜんぜんそんな世界どころか」の「手間暇」状態の世界(笑)の、今考えることでもないですがwww

これは霊界「ブルーアイランドの場合は」ですけれど

それほど「生きていた時以上の何か(能力、叡智)」というミラクルは(笑)死んだからといって「特に化けない」様子があるのが人間なのでwww(いきなり、生前にはなかった、突飛な才能ホルダーにはなれませんってこと)

ただ、なるべく自分に嘘をつかずに、自分の好きなことに正直に生きていた人は、生きていた時に実現できなかった、より拡大したソレを楽しんでから、次の段階へと進むのでしょう

そういう生き方ではなく、ただ人生は苦役だと(笑)思って生きていたような人の場合は、その段階へ進むための「心身ケア」を受けます
(「身」のほうはもうないので(笑)身の病気はなくなりますが、生前、制限を持ってできなかったことなど、「心に正直な状態」を学んでいくようです。その世話係ヒーラーをやる人もいます。まぁ、どこの世界にも人の世話をしたいヒーラーはいるんですよ。だから早くに亡くなった子どもたちも、霊界では成長して大人になると言われますよね)

レプリケーターの世界も、その人の持つ「知識差、経験差」で、生活様相じたいも、人によって相当変わってくるんじゃなかろうかという

そんな(笑)「ヲイヲイ、今そこを考える以前にw日本は危機だろう」を超えちゃった話をしていますがwww

レプリケーターを使っていい人間の世界となるには(笑)やはり「体験」が重要なので、全員が「あなたの好きなあなたのしたいことって何ですか?」を考えられるようになる、地球がそういう土壌になっていくことが必要かと

それはメドベットの若返りもそうなんだろうと思いますけれどwww

レプリケーターのほうが、もっとハードルある気がしますけどね

(「人間は働かないとお金を稼がないと生きていけない」だとか(笑)まずもう、私達が超えなくてはいけない、罪悪感持つ必要のない固定観念とかwwwあと「人と比べる優劣感情」もそうですね。あの人のようになりたいとか、自分が嫌だとか、私には受け取る価値がない、とかのコンプレックス感情の類。それを埋めるための、財産自慢、持ち物自慢とか。そういうものとは違うけど「知識、経験、ラブ自慢、人間関係自慢、家族自慢」とか、その反対側のそれらへのコンプレックスとか。(これも競争意識からくるものもあるよね。「教祖競争」の私の言ってることが正しい、とかもソレかもw)。そこらへんが、完全に手放せた人類のみの世界となった時に、誰もが当たり前に使える技術として提供されるんじゃないかしらとも思いますが、時代の移行が進めば人間はどう変わっていくかわかりませんので、ほんとに10年で出てくるかもしれないな、と)

霊界の人が、「レプリケーターっぽい技術」を使えるようになるのは、おそらく「自分は死んで、別世界に来たから、これができて当たり前」ということを、「生前に知識として知っていた」人が、そこにすぐ馴染むのだろうと感じますから

(まるの付く人の嫁さんは、その知識は持っていた人だろうと思います。逆に、「人間は、生きているときにも、それをしていいんだよ」という部分では、「やや制限があった」人生だったんじゃないかな? 結婚相手の財政次第、自分自身の稼ぎ次第とか(笑)お金のブロック、それもあるし、物理的に時間に縛られ、どうしてもできないこともまぁ、今生きてる人間はやっぱりそうなるでしょう? でも、黄金時代は、こういうことが、変わっていく世界なんですよ。今までよりももっともっと、「その人次第」となっていく時代です。)

ちなみに、参考にさせていただいている霊界話は、マルのつく人から聞いて始めて知った、というよりも「だいたい他でも聞いてる霊界話」と大幅に違うのか? というと「そうでもない」感じはありますが、人間死んだらどうなる? を知らない、普通の日本の大勢の方々がこれから順繰りに亡くなっていく可能性はありますよね
なのでまぁ、おそらくですが、彼らは「役目」としてガイドに準備させられていた人々だったとも言えますよね
毒ワクチンで死ぬほうを選んでいる人々の役に立つ情報ではあると思います

(一連の行動はすべてそのため、のような。西洋医療の抗がん剤を疑わないのも、毒ワクチンを疑わないのも、「そういうメンタルにならないような運び」として生きることになった。そうなれなかった。そんなきっかけが結局彼らにとってはなかった…とも人間感情では残念にも見えますが、「これから死ぬ大勢の人たち」にとっては旗印、案内人はできるでしょう? 思いがけずもうすぐ死ぬことになるかもしれないって人々に、宇宙へ還るとかw黄金時代が、ってwそっち案内するよりも「とりあえず死んだら霊界」のほうがきっと日本人には馴染みがありますよねwwwその、これから今までにないくらい増えるであろう、急に自分の死後という差し迫った情報を探すメンタルとなる人々、心の準備をする人々のための人なんじゃないでしょうかね。ひととおり、ソレが済んだら、彼も他界するのではないかなぁ、という気がします。もちろん、大勢の人が「メドベットで助かる未来」もあると思いますよ。でもそれは、やっぱり「打った全員」ではないのではないかなと。今まで何にも知らなかった人が仮に真実を聞かされても即メドベットなど信じないでしょう? もう治らない難病って思えば、死後世界準備をする人はする、そのための情報を得ようとするんじゃないかな。だから仮にメドベットがもうあったとしても亡くなる人は亡くなる選択をしていくんじゃないのかな、と思うわけです。他人に聞くんじゃなくて自分で知りたいって場合はヘミシンクの「ハイアーセルフへの帰還」とか聞いてみるといいのではないかしら。あれは不治の病とか死へ向かっている人の心の安定のために作られたとも言われてる2枚組なので。そういうメンタルの人ならハイアーセルフが「姿」として形を見せてくれるかもしれません。私がずっと昔に見た時は、これから自分が死んでどうこうじゃなく(笑)「あんたは生きてこれをやるんだよ」の感じの図を見せられましたがwww海の中になんで落ちたのか溺れかけてて助けを求める人々を、船に運び込む救助船の中で、次々にすくいあげられてきた、そのほうほうの体で助かった人々を問診する「白衣を着た女医」の姿でした(笑)。めっちゃ嫌だ~。。。と、その時は思いましたwwwもっともあたしのタイプじゃないよね、それ、みたいなwwwただまぁ、どちらかというと、死んでいく人を慰めるというよりは、生きる意志があって生きて助けを求めて手を差し出してる人を助ける救助船を運行させてる、そういう図でしたね。だから、今その役割やってんじゃないでしょうかwww)



ちなみに

「マンメイドストーンはダメ、天然石じゃないと」っていう(笑)エネルギー的な話においても「天然びいき」感覚はスピリチュアリストにはあるというか、そういう方も多いんですが
(それでそういうタイプの人間が毒注射打ってたら(笑)…それはそれで、どうなんだよと思いますけれどwww)

前からそうだし今でもそうなんですが

私が、もうPSW初期の頃から認めて多用していた石に

グリーンクォーツ、ブルークォーツ、などの石もありまして

これらは、いわゆる、「シベリアンブルークォーツ」などとも呼ばれる、当初、ロシアのラボが生み出した養生水晶なので

完全に、人が作った水晶なんですけれども

エネルギー的には、これはPSWの見解でもあるんですが

純粋にグリーン、ブルー、の色の持つエネルギーを持っている、人工水晶なので

天然石に別に何も引けを取りません(笑)

(ただ、「天然びいき」さんがたが、好むかどうかは別です。天然じゃないとって思っている壁がある人には、「どうせ人工なんでしょ」という、「天然>人工」っていうwww天然のほうが偉い、って付加価値ありますんで。ただ、天然石の場合は、ほんとうに「一点もの」となりやすい要素を持っている石が多いことは言えますので、付加価値ならそこにありますが。むしろ、現段階では、まったく天然石と同質の天然石つくるほうが、ずっとコストがかかる石はたくさんありますよ。内包物入り水晶なんかはそうですよね。それの超高品質(笑)を、マンメイドで再現するなんてwまず無理です)

シベリアンブルークォーツなど、今は、市場を探してもむしろどこにも売っていない、レア石化していますからwww

今のところ、グリーンクォーツも、ブルークォーツも、量が少ないという点でも、天然石よりもずっと少ないんですよ(笑)

それはたぶん人工なら人工で、必ずしも、美しいクォーツを量産できるというわけではないからだと感じますね

ワタシ的には、レプリケーター技術の複製は

このイメージかな(笑)ってところですが

フェナカイトもwwwモルダバイトもwww複製したいものですwww

(たぶん、「UFOの内壁がモルダバイトでできていた」のを見たとかいう、UFO乗船したチャネラーだったかの話、これレプリケーター技術的なものでしょうねwww別に地球からモルダバイト原石をかっぱらった宇宙人のUFOだった、ってわけじゃないと思います。いやあたしもそれ、作りたいですわwww)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page