アーカイブ
2023年01月07日の記事のリスト

裏天仮説

2023年01月07日 (土) 00 : 00
裏には裏があるの世界の仮説ですw

昨日も言ってた「なんで日本は表向きもう敵国なのに、ロシアから制裁を受けることなくロシアとの貿易、だけじゃなく、BRICS諸国との貿易が、普通に続いているのか」というところから

いったい、裏で誰が糸を引いているのか? というところなんですけどね

日本には表向きはまぢBRICS諸国のようなリーダー不在

政治家は、まぁ、黄金時代(ネサゲサ、RV、等々)について、公の場で語る人は約一名のみ(知ってますよね? 斎藤新緑さん)

トランプさんに該当する人ももちろんいません

且つ、ザベスに匹敵する(笑)レベルのw強力な乗っ取り盗賊大金持ちトカゲ天ぷら王朝(笑)を要していました人身売買国(すでに処分されているとはいえ、一応実質、大企業使って日本を作ってきた、とは言えます)

「内外両カバルからの支配」その術中に完全に支配された完璧なカバル支配国(国民にはまったくそう気づかれず)なわけですが

各国白帽子リーダーに相当する大物な人物がいなければ、今の日本の状態は、絶対に有り得ないのです



これは実際にそうなってみないとわからない話ながらに「日本はもうさっさとゴールドバックの次の量子金融システムの準備が済んでいる」という話もありますが

実際に、1月4日以降も、銀行のキャッシュディスペンサーは正常稼働しておりますし
(お金降ろしに行きましたがw普通でした)
混乱の様子はありません

しれ~っと始まっていきながら(笑)黙ったまましれ~っと移行していくのかwww

ただ「現行政腐の政策じたいはそのままに」ということは、ありえないので

必ずどこかの時点で、形勢が変わっていく、それがないと、その次の時代も始まらない、ということもあるので

やっぱり「玉音放送」が(笑)待たれるところです



で、「裏天」実は本物がいた!! 説ですがwww

私はこれはじゅうぶんに「アリ」だと思っています(笑)

例の日本国憲法の第9条の「人権」これは他の国にはないもので、政治権力が人権の自由を縛る、奪うことができないという「実はどんびきするくらい、一市民に人権がある、世界一の憲法」「見かけ上は日本は世界の中でも、もっとも人権を擁する、「奴隷植民地支配」から完全に無縁と言える「至宝の憲法に守られた」民主主義国」であり、私たちはそれに守られた国民とも言えるのです

(それだけに(笑)「みずから望んで毒注射針に腕を差し出し、みずから望んでマスクをし続ける」このなんともいえない日本人パンピーたちの「いったい誰に服従しているのか」のマインドコントロールされた姿は、二重三重に哀れと言えば哀れなのですがwww)

この「草案」はGHQが押し付けたのではなく

「日本の民間人からの草案」をそのまま取り入れたということになっていますけれど

この草案こそがやはり裏天(笑)関係が用意したものではないかなとwww

ここでまぁ、例の精神世界の鉄人さんが生前おっしゃられていた、「迫害され続けた正統派が、身分を隠して関東に逃れてきた説」なんかもwww浮上してきますが

要するに、のっとられはしているものの、「根たやし」にはされておらず、「正統派」そのものは、どこかで隠れて民間人のふりしながら確実に存続していたということ

(メリケンさんでいう「JFKジュニアが生きている」「メラニアさんがロマネフ王朝の末裔らしい」とかいうのと同じ話です)



なので、日本にも「白帽子」は、ず~~~~~~~っと前からいたんですよ、説です(笑)

しかし、いることがわかることじたいがマズイので、ほんと~~~~に誰にも絶対にわからないように、匿われてしか存在してきていないはずです
(乗っ取り側からすれば、「いる」とわかれば、殺られますからね。完全に途絶えた、そう思ってもらってないと)

天ぷらまんせ~スピリチュアル人の霊能力、透視能力を持ってしても(笑)存在がバレない観えないレベルのwww「隠れ方」ですwww

つまり「ガイド」とか「ちょっとした神」レベルでも「”霊””神霊”存在単品の意図では、人間相手にうっかり口外できない」そのレベル
(つか、「知らない」んじゃないかと思いますけどwww「霊ならなんでも知ってそう」っていうのは、私ら人間のそれもかいかぶりですよね。なんとなく観えない世界の人たちのほうが「上」で私達よりも「色々知ってて優れている」んじゃないか、って感覚、それも違うのかもしれませんから。もちろん、そういう部分はあるんです。でもどちらかというと「共に成長する」というか、いっしょに学んでいる過程を共にしている、特にガイドはそういう感じがします)

生前古神道ロゴストロンの七沢さんが「隠り身」という、こわっぱ神々ではない(笑)そう、名前や存在を庶民に認識される必要さえ、ほんとうの大御所にはいらない、そこが一応古神道的には神階級の頂点、的な話をしていたのをなんか憶えていますが
(そして「天皇」は亡くなると人間のように霊界を経由せずに、そこへ戻る、という話。だからそのくらいにただの「王」ではなく「エンペラー(皇帝)」なのだということ。但しこれ、「今までの私達が知ってる乗っ取り天ぷら」を重ねてしまうとwものすごく無理があるし、この人たちのことではないってことは(笑)これを言ってたwこの古神道七沢さんだってバカじゃないんだからwww絶対に気づいてたと思うんだよねwwwまぁ、「エンペラー(皇帝)」の絶大な立ち位置、そりゃ「乗っ取りたかった」側のその意味もわかるよね。ちなみに、文鮮明の統一教会、あれはその、「日本の天皇制よりも自分たちが上」っていう、天ぷら権力構造を真似たものなんですよ。「ファミリーごと崇拝させる」やりかたに憧れてたんじゃないかしらwwwなんでも「パクリ、模倣な民族」なんですねwwwでもまぁ、そのパクってるそれも日本人じゃない背乗り(笑)がやってることだから。パクリ民族同士が、「勝手に日本の土壌で、自分たちの好きなように、自分たち民族のやりかたの世界展開してきた」と言えるのが、今までの(笑)日本国の姿なのですwww)

話を戻そうwww「裏天」さんが、糸を引いているのだろう説に
(もう、「偽物」の話は、さんざんしてきたから、いいやw)

「さすが本物ならそれができる」的なwww
(そして「この世にはいないことになってるのに世を動かす実権はある」ってやつです)

七沢さんも明治で締め出されたとはいえ、そりゃ天皇家よりも古いと言われる古神道受け継いでるぶん、結局は「お付き合い」で宮内庁がらみ人脈だの(笑)色々天ぷら人脈利用し利用されていましたけれど、ほんっとうは心の内では、「これは違うよな…」と、「裏天」という正統がいる、って、心のどっかで認めてたんじゃないかという気もしますねwww
でも残念ながら、自分にもその所在が生存がわからない(もしそう思ってたなら、それじたいが悔しかったんじゃないかなぁ。だって「天皇家に秘儀を代々教えてきた」ってはずのご身分なのにwwwそれ悲しいじゃん)
でもまぁ「言えない」まま自分ところの組織がだんだん大きくなってきちゃってwwwやっぱり「言えない」まま死んでいったんじゃないかしらwww最期に「愛が必要なんだよ大野くん」と弟子に言い残してwww

「今までのカバル世界」の真相話を聞いてきた「目覚めた」人なら、このくらいのことがあったって、もう別に驚きませんよね(笑)



世界は、トカゲにのっとられ支配されてきた「偽物」が存在を失い

いったんは「本物血筋」がいよいよ「裏」から顕れて、ひっくりかえされていく

「正統」だったところへ、いったんはおさまる様相を見せてから

ほんとうの、自由平等の民主主義、じゃありませんがwwwまぁ、そういう世界を彼らが主導で始めていく

そのドラマを見ることになるんじゃないかしら

「本物の王」というのは、自分が、「人々を従わせて支配する」そこに君臨するのではなく

「民衆の幸福=王の幸福」であるという、その綺麗事(笑)は、ず~~~~~~っと「カバルたちも真似てうそぶいてきた」話ですけれどもwww(カバルはこういう綺麗事は、表向き、美談として刷り込むじゃないですかwww)

その、まるで、「嘘から出た真」ではありませんがwww

いや、これは、嘘ではなくて、実際それが「そうあるべき真実の姿」ですから

それが「本当になっていく世界」ということです

まずいきなり「私達人間は全員、平等、対等、ワンネス♪ 愛の世界♪」なんて気ままな段階へすっとぶのではなく

世界はこういう段階を踏んで、少しずつ移行していくような気がします

(偽物が創造してきた世界を、今度こそ、本物が創造し直していく、時計の巻き戻し過程もいっしょに踏んでいきながら、ってこと。だから、「今生きてる」私たちは、やっぱり、ものすごい時代を経験することになるわけです)



「天ぷら大好きスピリチュアル人」も(笑)対象を間違えていた、という、学び直しにはなるとしてもwww

これなら、立場を失うことなくwww大好きな「天ぷらまんせー」「日本は神の国ぃい~」を言い続けられますし(笑)

いいんじゃないでしょうかね

ただ、ほんとうに裏天さんがいるのだとしたら

きっと、高いところから見下ろす「私を敬え」「私に繋がれ、私に続け」というような、それを行動にしないと思います

(そういう人が、あの愛ある日本国憲法9条草案をつくるでしょうか?^^日本人は、奴隷、家畜、言う事聞くロボットではなく、それぞれがそれぞれを生きていい、その心の自由を持っている「人」ですから。って保証してくれているのよ。そのくらいに「自立性」があることは日本人だから大丈夫なんです、って「人間であること」その「人権」草案をつくった人が、日本人を人間として、ただただ認めてたからじゃないかしら)

イエス様が言ったという、「私にするのと同じように、この小さい者にしなさい。それが、私にするのと同じことである」のごとくのことを言うでしょう

意味分かりますか?

人は「この人凄い」と思うと、やっぱり当然そこに敬意や、賛美、その感情は生まれて当然ですし、その人じたいをサポートする、まんせ~したくなる、その人に繋がりたくなる(威光を借りたい)それはそれで、当然かもしれません

そしてその凄い人のために、何かをしたくなる、それも当然で、それが悪いことではありません

でもそれがエスカレートしていくと、ピラミッド型のその人を頂点とした宗教構造、それが生まれていきます

「その教祖様を通さないと、なにもできない」人になっていきます

イエス様のそれは(笑)要するに「あなた自身も私と同じ神の子なので、だから、私と同じことがあなたにもできるんですよ。あなたのそれを、この小さいものたちにしてください。それが「私にする」のと同じことになります」という話なの
「私の指導に従い私と同じになれ、私の言った通りに同じことをやれ」とは言ってないのよ

確か質問は、イエス様を慕う人が、イエス様のために何をしたら、自分がどうなればイエス様も天の神様も喜んで満足してくれますか? みたいな話だったかと
これに対する答えかな

教祖様のニュアンスとは、ちょっと違うのわかるかな? ええかっこしい(笑)の偽善者っぽく聞こえるかな?www

(虎さんもこれと近いことを言ってたよ。ビジネスマンの時代から。「どうしたらあなたのようになれますか?」という質問に対して。「私のようにならなくても、あなたじたいがすでに素晴らしいのだということに、あなたが気がついてください。美しい人だし、聡明そうな人だ。貴方自身があなた自身の素晴らしさを知り認めること、それを生きることです」って答えていました。)

これからの世界は、「教祖様(親)不在」の世界になっていくと、私は思っています

「子を支配する、従わせる、自分のコピーにする」それは、ほんとうの「親」ならそうではなく
(もちろん、子供自身がみずから望んで親と同じ道を歩こうと、親を真似、親に似ていくのであれば、それはそれでいいことです)

自分よりも優れた自分とは違う個性の存在となることを喜んでくれる、それが本当の親(神というなら神)の感情だと感じます

ただ、その「こっそりサポート」をしてくれるのもw親(神というなら神。宇宙人と言うなら宇宙人)ということかなwww



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page