アーカイブ
2023年01月の記事のリスト

「Magic」ブレスレット

2023年01月31日 (火) 22 : 13
「Magic」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「アメシスト18ミリ、12ミリ丸玉」「ファントムアメシスト17×12×11ミリタンブルカット」「ペリドット7ミリ64面カット、8×5ミリボタンカット」「ブルートパーズ7×5ミリボタンカット」「グリーンクォーツ10ミリ128面カット、10ミリ丸玉」「タイチンゴールドルチルクォーツ14ミリ丸玉、10ミリ丸玉」「エンジェルオーラクォーツ14ミリ64面カット、12ミリスターカット」「チタニウムオーラクォーツ14ミリ、12ミリ64面カット」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)10ミリ丸玉」








「Magic」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「アメシスト18ミリ、12ミリ丸玉」「ファントムアメシスト16×11×11ミリタンブルカット」「ペリドット7ミリ64面カット、8×5ミリボタンカット」「ブルートパーズ7×5ミリボタンカット」「グリーンクォーツ10ミリ128面カット、10ミリ丸玉」「タイチンゴールドルチルクォーツ14ミリ丸玉、10ミリ強丸玉」「エンジェルオーラクォーツ14ミリ64面カット、12ミリスターカット」「チタニウムオーラクォーツ14ミリ、12ミリ64面カット」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)10ミリ丸玉」







「Magic」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「アメシスト18ミリ、12ミリ丸玉」「ファントムアメシスト18×13×11ミリタンブルカット」「ペリドット7ミリ64面カット、8×5ミリボタンカット」「ブルートパーズ7×5ミリボタンカット」「グリーンクォーツ10ミリ128面カット、10ミリ丸玉」「タイチンゴールドルチルクォーツ14ミリ丸玉、10ミリ強丸玉」「エンジェルオーラクォーツ14ミリ64面カット、12ミリスターカット」「チタニウムオーラクォーツ14ミリ、12ミリ64面カット」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)10ミリ丸玉」







「Magic」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「アメシスト10ミリ丸玉、7×3ミリボタンカット」「ペリドット7ミリ丸玉」「ブルートパーズ6ミリ丸玉」「グリーンクォーツ10ミリ128面カット」「タイチンゴールドルチルクォーツ8ミリ丸玉」「エンジェルオーラクォーツ8×4ミリボタンカット」「チタニウムオーラクォーツ10ミリ64面カット」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)10ミリ丸玉」







「Magic」ブレスレット「5」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「アメシスト10ミリ丸玉、7×3ミリボタンカット」「ペリドット7ミリ丸玉」「ブルートパーズ6ミリ丸玉」「グリーンクォーツ10ミリ128面カット」「タイチンゴールドルチルクォーツ8ミリ丸玉」「エンジェルオーラクォーツ8×4ミリボタンカット」「チタニウムオーラクォーツ10ミリ64面カット」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)10ミリ丸玉」








「Magic」ブレスレット「6」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「アメシスト8ミリ丸玉、7×4ミリボタンカット」「ペリドット6×3ミリロンデル」「ブルートパーズ8×5ミリボタンカット」「グリーンクォーツ10ミリ128面カット」「タイチンゴールドルチルクォーツ8ミリ丸玉」「エンジェルオーラクォーツ10ミリ64面カット」「チタニウムオーラクォーツ10ミリ64面カット」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)10ミリ丸玉」







「Magic」ネックレス
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇Soldout
◆使用石「ミスティッククォーツ(24×14ミリ、18×13ミリ)&ミスティックトパーズ(5×5ミリ)Silver925ペンダント」「アメシスト8×6ミリボタンカット、10×7ミリドロップ、12×8×5ミリレクタングルカット、7×4ミリロンデル」「ペリドット4.5ミリ丸玉」「ブルートパーズ5.5ミリ丸玉」「グリーンクォーツ8ミリ64面カット、8ミリ、6ミリ丸玉、5×3ミリボタンカット」「タイチンゴールドルチルクォーツ8ミリ弱丸玉」「エンジェルオーラクォーツ14×8ミリ4面ウェーブカット、6ミリ64面カット、6ミリ丸玉」「チタニウムオーラクォーツ8ミリ、6ミリ64面カット、8ミリ、6ミリ丸玉」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)6ミリ丸玉」








「Magic」ワイヤーラップペンダント
◆スペック ペンダント全長8.7センチ 付属のシルクリボン長さ85センチ
◇Soldout
◆使用石「シベリアングリーンクォーツ(ロシア産)60×30×15ミリ原石」「アメシスト7×4ミリロンデル」「ペリドット4.5ミリ丸玉」「ブルートパーズ5.5ミリ丸玉」「タイチンゴールドルチルクォーツ9ミリ弱丸玉」「エンジェルオーラクォーツ6×3ミリボタンカット」「チタニウムオーラクォーツ6ミリ64面カット」「アグニマニタイト(ジャワ産天然オブシディアン)6ミリ丸玉」






__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

こちらも、雛形としては、16年17年前くらいののPSW黎明期から(笑)あります。
自分でブログ内検索して探したんですが、出てきませんでしたw
でも、どこかにあるはずです。

当時も、マジックというタイトルだったんじゃないかと思う。
2010年前は、写真もないんですよね。
うちの昔の石の写真を見ると、「よくこれで売れていたな」という(笑)これだけネットでの写真の技術が、普通の人でも撮影の仕方などで、見せ方の工夫をする(化ける、とも言う)時代になってしまっているのでwww
正直、本当に「お見せできないレベル」なので(笑)取り下げていたんじゃないかなと思います。
化けなくてもいいんだけど「実物からあまりに乖離して”以下”過ぎる」なんて、石が気の毒(笑)ですよね。
(スギライトの写真が大変だった、っていうのもまぁ、そういう頃なんですよねwww)

どれだけ実物がキレイだろうがw写真はお粗末だったと自分でも自覚してます。
まぁ、昔のデジカメじたいの機能も「本物どおりに写せない」というのもありましたが、何しろものすごい点数を一気に撮影しなくてはならなかった、という時間のなさという物理的事情もあったと思います。
一人で5人分くらいの仕事を(笑)全部やってたんですよね。
(今もそこはまぁ、同じなんですがwただこれはもし「雇われ仕事」でそうなんだったらw絶対にやっていませんよ。きっと文句ぶ~ぶ~ですwそこが、自分が自立して能動的にやっているか会社などに使われているかの意識の差なんです)

この世でどれだけクチで本当にキレイなんだと(笑)伝えたところでwみなさんの「判断材料は写真というビジュアル」なんですよね。
(テレビに出る芸能人、ミュージシャン、アナウンサー、ビジュアルが重要視される理由はそこなんですよ。”ビジュアルがすべて”であり”力を持つ”世界なんですよ、と言っても過言ではないくらいに、この世という物質世界はビジュアル優位の世界です。このくらいは「カバル心理誘導」の世界として気がついていますよね? とにかく生まれた時からテレビ(広告)があるみなさんは、もう最初からその世界が当たり前に根底にあるので「考えるまでもなく当たり前」「常識」となっていったのがこの世界の有り様とも言えるのです。ワクチン誘導のポスターは美男美女ではなく「十人並」と呼べる人々が使われています。これは「実際に打つのは普通のあなたたちですよ」という自分のことと思わせる手法です。広告は美男美女とは限らず常に見る対象にアピール力のあるモデルが使われる、そこまで計算されていますので、病院や役所なんかに貼ってある広報では、たとえばHiromiGoとかは(笑)不似合いですから出てきませんよねwww)

昔うちでご購入くださっていた皆さんは、当時すでに石ブーム始まってましたから、ある程度もう石を知っていて、石の実物知識とか、写真映りでこの感じだけど実際にはこのくらいの石のクォリティなんだろうな、とか「察する」ことができていた方がご購入されていたのではないかな、という気がします。
写真で選ぼうにも、写真が汚い(笑)からです。だからむしろ「直感選択訓練」にもなっていたのではないだろうかとwwwそんなふうにも感じますね。
制作販売者としては常にお客様にそういう選択眼部分を助けていただいていたような(笑)気がします。
本当に、巷でも耳にすることもある台詞ですけれど、「お客様に育てていただいた」のが、PSWです。
いつも常に「感謝」に溢れていました(笑)。私がこの世で心から掛け値なしに感謝ができていたのはPSWのお客様の存在くらいwww
そうなんです、「PSWのお客様がいなければ今の自分はいない」というこの揺るぎない事実があります。
ですから、567毒注射からお客さまを救うため、この世の陰謀論を(笑)交えてお伝えし始めたのです。
(そんな、私がとても感謝し大切に思っていたPSWのお客様には…実は「医療関係者」の層がとても多かったのです。長年とても不思議だったんですが、とても多かったんですよ。やはり「人を癒やす、治す」使命の人々だから? なのかと思っていましたけれど。ですから、567毒注射についてお話することは、ひっっじょう~~~~~に。そこも悩みました。567毒注射、西洋医療、ワクチンの否定は、本当に、自分にとっても恩のあるいちばん傷つけたくない人達を傷つけることになるかもしれない。でも、それでも、決断したんですよ。それは、命を救う仕事が医療の使命であるなら、私がそこに「忖度」して、自分が知っていることを何も言わないことは、長い目で見ればむしろそれがお客様への裏切り行為とも言えたからですよね)

「お客様に育てていただいた」なんていう美談、これは「小規模」でしか現実化しません。
ですが、この現実化じたいは、嘘ではないのですよ。
私たちの世界は、ほんとうに「レイヤー」で、重なった世界なのです。
大資本のある(笑)大企業は、「そんなふうな演出」はしますけれどw実態としては「広告イメージ誘導」と「私達人間の思い込み」という前提が基本です。

(彼らはお客様のためと言いつつ、そうではありません。よく言われますがまぁ株主のためですよね(笑)。社員は給料のため。つまり、もっと大元のカバルご主人様のためということですwwwでもまぁ、そのためには「お客様のため」と社員の下々には教育されますし、実際にそうじゃないとお客様はお金を支払ってくれませんので、本当に「下々同士」では結果としてはそうなる部分もあるわけです。だからここも「嘘ばっかり」というわけでもないのも事実です。黄金時代情報をアップしている人のブログで、タイトルだったか「憧れの三井ホームで家を建てました」とかあって(笑)「いやさぁ…そのブランドがw日本のカバルだってば」とか思うと、なんか可笑しくなりました(笑)。庶民が憧れていたらしきものの多くが、要するに知名度ブランド力でシェアを持ち、実際にモノもいい場合もまぁあるんですがwwwでもまぁ、大元はそうなんですよね。でも「下」に下がってくると「それで実際に幸せ」な場合もあるわけです。本当にフクザツなマトリクスがあるわけです。それにたぶん実際に家建ててるのは「下請けの職人さんたち」だと思いますからwその名札があるだけなんですよね。QFSになるとこういう中抜き事業もたぶん終わりですね。大変革になるという気がします。でも実際に創造の仕事をする職人さんたちは困らないですよ。ピンハネもされず豊かになります。だから「あるべき姿」「考えてみれば当たり前」の状態へ戻っていくという感じですよね)

この「演出」をわかっていない人は昔から多かったので(笑)、「口コミの嘘」とか私はよく記事にしていました。
みなさん、信じてるんですよね、「最初は口コミで…」のようなそれが「テレビにつながった」というパターンだとか。まぁ、それが本当の場合もあるのかもしれませんが、ほぼそれは「コネ」ですからwww
(その後に大きく商業展開していくパターンがある場合には、それは計算された「仕掛け」です。そうじゃない場合は、まぁ、「その時だけ」で萎むか横ばいという感じでしょうね。これをネットに持ち込んできたのがユーチューバーとかインフルエンサーの世界ですよね)
そういうコネが欲しくて、人が成功するための「人脈」を望むようにも仕掛けられてきたわけです。なので、芸能人は沼にハマりやすい人も多かったのでしょうね。

まぁ、そういう話はもういいとしてwwwちなみに、石のセレクトなんですが。

昔からよくお伺いする台詞として、「私には過ぎた石なんじゃないか」という、変な「ご謙遜」をお伺いするのですがwww
これはね、生まれた時からこういう広告を見せられていて、私たちは「分相応」を要求されて生きているところもあるわけ。「庶民は庶民らしく」というやつです。
それが「石を見る目」なんかにも影響している、セレクト意識に昇ってくることもあるんですよ。
「欲しい」そして「買える」なら、ぜんぜん、それが普通で「分不相応」ではないんです(笑)。
ですがwww欲しくて、買えるお金を持っているのに、「いやいや自分には、これは過ぎている…」って怖気づく、そういう、感情ブロックと呼べるものなんですけれど、けっこう多くの人がこの病に侵されていますよ(笑)。
石は、そのブロックを外せるためのサポートとしても、とても有効な対象なので、お薦めなところもあるんです。

この世のカバル製品、ブランド物とかでもそのブロック外しはできるんだけどwwwあれらは本当に「人氣(じんき)嵩上げ力」がハンパないのでwまぁ、そこを理解してご利用されるといいという気はします。上述の三井ホームと同じ(笑)ですw
(「好きなブランドに愛着がある」という感情も否定しませんよ。持てる鞄なら何でも同じ、履ける靴なら何でも同じ、着れる服なら何でも同じ、とか(笑)そういうわけではないことは、ちゃんとそれらを選んだり使ったことのない人が言うことです。傾向として、30代くらいのスピってる黄金時代気づき系にはこれがあるんですが、せっかくこの世で物質肉体人間やってるんですからwww「物質」も選ぶセレクト眼を持って多少は楽しんでくださいって思いますよ。エーテルボディの世界ではありませんからね。まぁ、黄金時代になってお金に余裕ができれば、そういう人たちだって開眼しますってwなんだかんだ見てるとね「値札気にしないで服が買えるようになりたい」とか、そういうこと言ってる人もいるんです。こういう部分が満たされていない、この世で当たり前にやりつくしてきて、そこに飽きていないような人が「愛がいちばん大切」とか、そういう世界を創造するのは難しいんですよ。まず自分が満たされる。それが当たり前になる。これは大切ですよ)

さて、マジックなんですが。
たぶん再販という意味では、調べると近いもので(まったく同じではない)2017年あたりでしたので、相当久しぶりかもしれません。
今月は、原点回帰のような世界となっていたのかも。
石を身につける、と言っても、今現在種類としてはものすごい種類の天然石があふれていることも事実ですが、オーソドックスな基本石じたいは、「音階」なんかと一緒で、それほど変わらない普遍的なところってあります。

「半輝石」として、人間の世界に古くから浸透していった、アメシスト、ペリドット、ブルートパーズや、天然石業界のチャンプのような存在ルチルクォーツ、そしてマンメイドの技術によるグリーンクォーツ、オーラ水晶。
今回はそこに、近年、浮上する石となった、インパクトガラスではないのだけど、インパクトガラス的エネルギーで、ひそかにメタフィジカルストーンマニア界隈で注目されるようになったアグニマニタイトをカップリングしました。

(アグニマニタイト以外に、サフォーダイト(チンターマニストーン)やコロンビアナイトなど、同じくこれらも鑑別的にはオブシディアン(天然ガラス)なのですが、「テクタイト(インパクトガラス)」扱いで出回っています(笑)。隕石だと紹介している人も多いんですけどねwwwもう、私一人ああだこうだ言ってもアレなんですが(567ワクチンもそうなんだけどw)。ただ、実際に、隕石ではないのですけれど、”エネルギー的には”なぜか高振動であることは事実なので(笑)私はそこを評価しておりますwwwアゼツライトとか、ディビットのセンティエントや2012クリスタルとかレムリアンシードクリスタルもそうなんですけれど、「高振動なストーンは身体にも結果的にいい働きをする」ことも、長年経験としてそこに相関性があることはわかっているので。肉体存在の私たちのメタフィジカル領域に強いエネルギーを持つ石がもたらすものは、身体と切り離されているわけではなく、直接そこが目的ではなくても結果的に身体にとっていい状態をつくってくれます)

私が大昔にこのオーソドックスカップリングをマジックと名付けたのは、「なんかこれ身につけてると魔法のようないいことが起こる」という経験からだったと思います。
その詳細が何だったのかは忘れましたが(笑)「え~、嬉しい」というようなシンクロや、物事の進捗状況が良く変わる、それはやはり、石がその人のメタフィジカル領域(意識領域)のエーテルボディの掃除、再編をポジティブに促していくからなのだろうと、今は私は思っています。

この世の、外側の現象としては、カバルが作り出してきた偶然とか自然現象(笑)それもものすごく多かったんだな…ということはわかっているんですがwwwそれは私達がそうごまかされて「信じてる」し「疑わない」からですよね。
それが、現実世界をつくるのです。

でも私たちはそういうことは信じるんだけど、「自分のこと」になると、とたんに(笑)ありえない幸運な変化が自分に起こることは「絶対に信じない」のです(笑)。
だから、せっせと、この世のセオリーどおりに常識に合わせて勉強して努力して言う事聞いてがんばろうとします。
その道に外れた人は、カバル基準に合わせて自分を落伍者とか負け組認識しますので、「どうせこの世では自分はダメ」って感じになっていきます。

ですが、その「二択」である必要はなく、実は私達にも、マジックは使えるんですよね(笑)
そのくらい、人間の思考力、ハートのちからには、巨大な現実創造のパワーがあります。
(今、黄金時代系の人々がアナウンスし続けているのも、それを知ってるからですよ。私達人間の思いが、信じていることが現実創造をする世界であることを知れば、必然的に、人々に本当のことを、来る予定の世界を伝えることが、知った人の認識を変える、そういう人が増えることで、ひっくりかえしていけるわけなので。白帽子もそうやって最初から「情報誘導」小出しにしてきていますでしょう? イーロン投下のタイミングとかもwそうですが、それは最終この世を創る力があるのは圧倒的に人数の多いパンピーたち群衆だと知ってるからなのよ。カバルはどっちも「同じこと」をやるよねw)

そしてこれは、「マス(集団)」でなければ叶わないことではなく、「あなたが変わる」から、やっぱり、周りも変わっていくのも事実なのです。
(但し、一切自分の今の人間関係をそこなわずに「周りだけを変えたい」という願望は無理ですね。「まず自分から」ですし、変わらない人々との関係性を持ちながらのみずからの変容は、実際は大変ですけれど、自分が「違う世界を知る、拡げる」ことで、そちらが希薄な世界になっていく、自分の観方が変化していく手法は使えますよ。で、これをやっているうちに、動かないと思っていた巨大な岩が動く、そういうこともあるのです)

アメシストは冷静な判断力直感力、ペリドットは持ち主本来の本質的なエネルギーから来るポジティブ要素を、ブルトパは有形無形、感情と思考など「ツイン」となりセットで動く要素の完全性(今よりもそこに近づく)をサポートする石。
トパーズって、理知的思考力を上げるので、感情優位というか、感情で躓く、感情ブロックで停滞するタイプの人にはとてもいい働きをすると思います。

そこに高次アンテナ感度を上げるルチルクォーツ、ハートのエネルギー活性化のグリーンクォーツ、肉体メンタル両方をポジティブ活性化させるチタニウムオーラクォーツ、天使的なエネルギーと感情連携を促すエンジェルオーラクォーツ。

そして、2022年から湧いてきた感のある(笑)モルダバイトみたいな加速化と浄化力をサポートするアセンションストーン、アグニマニタイト。

まぁ、今は外側の状況そのものは加速展開していますから、「ひっくりかえっていく」世界も、ずっと前から知っていた人には「ようやくかぁ~…」ってw待ちくたびれちゃってるかもしれませんがwww
私たち自身も、心の準備はしているつもりでも、本当にそうなったら物理的感情的変化をよぎなくさせられるところ、たくさん出てくると思います。
外側の変化待ちをしているよりも、自分が変わったほうが(笑)変化慣れしておいたほうがwいいですよね。

これらも結局、新しいカバルの勝利次第、っていうwwwなんだかんだ言って、それでも【上】がいなくなるというわけではなく変わるだけ、その「方針」次第、って部分も山ほどあるのですからね。
(陰謀論者は、結局いずれにしても「支配」って捉えるようにも思うし。私も前から言ってるけれど「なんぼか今までよりはマシなカバル」ってwwwそう思って感謝はしてますけれど、きっと始まれば、「前のほうが良かったんじゃね?」みたいなことだって、出てくるのかもしれないな、とも正直思うところもあるのよ)

この世でその人の現実創造をするのは、時代が変わったって、最終は自分です。
あなたはあなたのマジックを起こす。そのサポートにどうぞ。


◆使用素材◆ 

ブレスレットは、ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


■クォリティと鉱物説明■

ブレスレット「1」~「3」は少しずつクォリティ差があって、「1」がお高いのは、タイチンゴールドルチルとブルートパーズのクォリティ差、それからトップのアメシスト18ミリ大玉のクォリティ差です。

「1」ではこの前言ってた「今はこれで5Aなのか~(ため息)」の(笑)仕入れたばかりのwww大玉と、「え、これが5Aならこっちはいったい何Aになるんだろう」の10ミリ弱の太針タイチンルチルを使っていますwww
ただまぁ、実際、5Aは水晶透明度は抜群です。今となっては5A以上と言える10ミリ玉のほうも同じくです。
もうこの3石だけで価格を跳ね上げていることになりますがwまぁ、これはお値打ちです。もっと高くしたいけどwお求めやすいお値段にしていますwww
「2」「3」はそういう透明度の点と母体水晶母体がスモーキーと針の色味がカッパー入るのとで14ミリ大玉はやや下がります。10ミリ強の丸玉のほうはタイチンなんですが、「1」に比べちゃうとややミルキー入るんです。とはいえ、最高品質と比べなければ、じゅうぶん立派な金ルチと言えます。なので、「2」「3」もお値打ちです。

ブルトパはもちろんどれも色味は綺麗なんですが、「1」はロットが違いまして、より色味の濃いブルトパ大玉になります。

アメシストの18ミリ大玉は、ロットは同じなのですが、この3点の中で、「1」はいちばん内傷が表面に目立たない玉を使っています。
自分は昔から、ほんっとうに”大玉ラブ”なもので、こんなのあったのかwレベルに、どの石も基本は最大サイズを仕入れるんですがwwwアメシストの18ミリ玉って、「普通に探してないサイズ」です。
アメシストエレスチャルだとか、内包物入りレア水晶とかだと、よくあるんですが(それでも数は少ないですよ)、普通のアメシストの大玉で、しかも一応光に透かすと透明感がある玉など、もう売ってないです(笑)。
ということで、「1」~「3」は、その点でも、目玉商品とは言えます。
お値打ちですよ。

「4」~「5」は、玉サイズが最大サイズ10ミリなので、PSWとしては細身になります(一般的にはきっと標準、もしくはそれでも大きいはずです)。
使っている玉は「1」~「3」ともオーラ系とグリーンクォーツ、アグニマニタイトは共通。
アメシスト品質は3A高品質です。
金ルチも母体透明度はそこそこ良いですが、玉サイズが小さいので針の入りは大玉ブレスのほうより少ないかな、という感じでしょうか。

ペリドットは「1」~「3」は透明度発色の良い宝石質ボタンカットとカット玉。
「4」~「5」もペリとしては大きい7ミリ、6ミリで、発色も良く綺麗です。
ブルトパも発色良く高品質は共通です。

ネックレスの玉もオール高品質で、透明度良く、ルチルも透明度の高い綺麗な針入りです。
ペンダントトップは、ミクティッククォーツの大きなオーバルカットルースとミスティックトパーズの小さなルースがコラボした存在感のあるトップです。
ミスティッククォーツの虹の輝きは、アクアオーラ系の石とは方法が違って、表面に金属蒸着ではない方法なんだろうな、ということはわかるのですが、いったいどうやって作ってるんだろう? というのは謎です(笑)。
一度だけ、大昔にビーズでも見たことがあるんですwwwこれ、アクアオーラじゃないね!! っていう玉だったんですが、その時は「ものすごく値段が高くて(当時の自分には無理でした…)」断念したのですがwソレ以来見たことがないのは、たぶん…ビーズなんかでやってしまっても、ものすごく高くなるためやめたのか、そこは不明ですwww
(あれなんですよね、天然でも、クラックのあるレインボークォーツが(笑)すごい綺麗な虹色見せるじゃないですか。ものにもよりますけれど。それよりも、何倍もしちゃうんです(笑)。そりゃ、コストかけてビーズなんか作りませんよねwww)
まぁ、本当に宝飾ルースでしか見たことないのと、天然石ルースなんかともぜんぜん遜色ない価格帯のところはありますので。このビッグサイズはお値打ちです。

ワイヤーラップにはロシア製のシベリアングリーンクォーツの原石を使っています。
シベリアンブルークォーツというのがロシアのラボが最初に作った、と言われるブルークォーツでそこそこ知れているのですが、このグリーンクォーツも同じくなのです。
今はたぶんロシアだけが作っているわけではないんじゃないかなと思われますが、いずれもあまり多く出回っているというわけでもないので、昔は売っていたブルークォーツ、グリーンクォーツというのは、ロシア製なのかもしれないです。そこはちょっと不明ですね。(とくにブルークォーツに関しては今はもう売ってない石なんですよね。10年以上見てない気がします。うちにはまだストックあるけど、気づけば希少石に(笑)なってしまいましたwww)
一応このシベリアングリーンクォーツの原石については、ロシア製のロットであることはわかっていて、あまり原石形状で出回っている石でもありませんので、お値打ちだと思います。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、グリーン部分と透明部分がレイヤーになってファントムクォーツのようになっています。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「日本の石~プロテクションVersion2~」ブレスレット

2023年01月31日 (火) 20 : 48
「日本の石~プロテクションVersion2~」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15センチ
◆価格 税込220,000yen
◆使用石「スギライト10.5ミリ、10ミリ、8.5ミリ丸玉、14×11×5ミリ猫彫刻ビーズ」「ピンクスギライト15ミリ丸玉」「バスタマイト8ミリ丸玉」「糸魚川コバルト翡翠8ミリ丸玉」「ミャンマー産ラベンダー翡翠10ミリ丸玉、12ミリチューブ」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ丸玉」「2012クリスタル12ミリ丸玉、8ミリ96面トライアングルカット」






「日本の石~プロテクションVersion2~」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15センチ
◆価格 税込220,000yen
◆使用石「スギライト12ミリ、10ミリ丸玉」「糸魚川コバルト翡翠10ミリ丸玉」「ミャンマー産ラベンダー翡翠12ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリ丸玉」






「日本の石~プロテクションVersion2~」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約14センチ強
◇Soldout
◆使用石「スギライト9×5ミリロンデル、6ミリ丸玉」「糸魚川コバルト翡翠8ミリ丸玉」「ミャンマー産ラベンダー翡翠12ミリチューブ」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ丸玉」「2012クリスタル15ミリ丸玉」






◆スペック ブラス(真鍮)製リング フリーサイズ(閉じた状態で11号)
◇Soldout
◆使用石「ミャンマー産ラベンダー翡翠24×18×9ミリルース」





__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

「日本の石」カップリング、こちらは、スギライト、糸魚川翡翠に、センティエントプラズマクリスタル、2012クリスタルをカップリングしました。
まぁ、PSWではお約束のアセンション水晶ですねw

センティエントプラズマクリスタルについては、いよいよあれだけタンマリ一生分あるな、と思っていたストックが底をついてきました(笑)。ちょっと信じられないわwww
ディビットが生きてれば輸入するか~と(円安になってしまったwこの段階で)今ディビットに打診中。
(567毒チンを打っていないことを祈ります。一応昨年までは生きていたことは確認していますがw)

ただまぁ、「もうそろそろ、卒業してもいいのかな」とも思っているんですよw
私はディビットの石を見る審美眼そのものは信用しているわけなのですが、「それが絶対」だというのもそこも違うと思っていますので。別に神格化してすがってはいない(笑)んですよねwww
だから、もうず~っと来日していないのが寂しいな、って気持ちはあるけど、ものすごくそれが喪失感ともなってはいないの。

ただ、実際のところ、私の好きな”大玉”水晶というものじたいが、実はそんなに市場にないのよ。ないの。
大玉って、年々品薄よ(どの石に関しても16ミリ玉以上のサイズのビーズがそんなに売られていないんですよね)。
そういう点で、ビッグサイズも用意してくれている(笑)という部分で、まだ”あたしには”需要はあるからwww
まぁ、輸入するかもしれない、でもしないかも。ってところかな。

以下の文章は、Version1と共通です。

使用石のスギライト、そしてジェダイトについては、こちらも、ご参照ください。

「石の意味~スギライト~」

「石の意味~ジェダイト(硬玉翡翠)~」

今これらを読むと、まぁ、「自分で書いてる」わけなんですがwwwやっぱり、「へえ」って思いますよね。
けっこう高次元なことが書かれています(笑)。

ツィッターにも載せたんだけど、現状の日本人となることをwwwなんか(高次の)自分はわかってたのかもしれないです。
だから今月は、こういうスギ様コレクション展開となったのかもしれませんね。

こちらはプロテクション、と言っていますが(笑)まぁ、「他に思いつかなかった」のでそうタイトルにしました。

私はあまりプロテクションそのものを常に欲しているわけではないのですwww(黒石が好きなわりには)
なので、何かと石には言われることの多い、ネガティブエネルギーからの盾のように(笑)石を言うのもどうかな? とは思うところはあるんですが、でもまぁ、実質wこの世は「良い顔をした悪魔」が跋扈する世界であったこと、これも、「テレビの遠い世界で勝手にやっててくれてる」あいだはwww別にまぁ…ってところ、あったんですが。

やはり、露骨にこの世展開されてしまうと、その良い顔した悪魔に洗脳されてしまっている人々じたいも、場合によっては、「それに使われちゃってる兵器」みたいなものと化してしまう…
そんな、まったく想像だにしていなかった世界が展開してしまったと言えるのが、この3年でしたよね。

石の意味の翡翠の説明に、「あべちゃん」とか出てくる(笑)のが笑いますよねwww
当時は、「こいつが日本を壊してる売国政策してる」っていうところくらいは多少は知ってたんですがw
日本を壊しているというか、「日本人を壊してたんだ(汗)」までの陰謀があったことは知らなかったです。

まぁ、遠いところでやってる、そこに関わらないで自分を失わない自分を創るしかないのよね、という話。
でもね、これ、今現在でも、やっぱり「そうも言える」んですよ。
関わらないわけにはいかない場合、「知ってる」ほうが断然いい。
しかし、自分は自分の世界を、心穏やかなリラックスした状態を作っていないと、自分自身を破壊してしまうことにも繋がるのも、それも事実なんですよね。
だから、カバル仕組みの世の中であっても、自分自身は聖なるエネルギー存在であること、そのように行動することや、内側からの至福光線に満たされている人である必要があります。
そういう人でいるために、必要な要素をもたらしてくれるのが、翡翠&スギライトかなぁ、って思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Version2は、ほぼほぼ最高品質スギライトかな、と言える、紫スギライトになりますので、「Version1のほうとまったく同じなのかよ」って話になると(笑)そこは怒られちゃうかなwww

でもベーシックな部分では同じですよ。
プラス部分は、「癒やし」ですねw
癒やされることは、最大のプロテクションと言えるのです。

この世に生まれてきて、個として存在して、人が対峙するテーマ、気づいていくこともそれぞれ違いはありますし、もう「生まれから条件が違う」設定(運命)があることにもなっているのが人間なんですけれど。

それでも、どれだけ長くなっても(メドベットなどで)「いつかは」退場することになりますよね。
人生が150年になっても、それでも、です。

私たちの「潜在能力」が、黄金時代にどれだけ開かれていくことになるのか? ということも、今の段階では未知数ですし、私は、それさえも、やっぱり個人差があると思っています。
「同じ」にはならないよね。一人ひとりの扱いの差はwどう世の中が変わろうと、どれだけすべてを平等にしたって、そこは「まったく平等、同等」になど、ならないと思います。

「平等なんだよ」といくら言われても、言われたその人がそう思わなければ、平等ではないのです。
色々、テーマが生まれ続ける世界は、まだまだ続いていくと私は思っていますよ。

良く変わることでさえ、私たちにとって「ストレス」であることに変わりはない。
そして、人間は、良く変わることでも、変化じたいをストレスにしてしまうことがあります。
悪人が一人もいなくなれば(笑)それで万々歳かというと、それもわからないですよね。
それに、悪人が一人もいなくなる、そうはならないですよ(笑)。

(私たち人間は、自分がその悪人なんだと考えてる人のほうがずっと少ないはずですから。カバルたちだって、心底自分が悪いとは思っていないはずですよ。思っていたらできないことをやっているのが彼らですからね。「おまえらの基準のほうがおかしい」と、心のなかでず~っと騙し続けてきた(笑)パンピーたちを「熟知」していたのは、どちらかといえば、彼らのほうだとも思うんですよね)

まぁ、そういう混沌の世の中に。
『高度な頭脳と感情のコラボ世界を提供する魔法のカップリング』と、大風呂敷を広げておきます(笑)。
それが信じられる経験を、していただければ、制作者冥利に尽きますwww

それらは人間目線で見てしまうと「とても小さなコト」そして「当たり前のこと」である場合も、ありますので。
とても小さなコトなんだけど、それを経由することで、あとあと、見晴らす景色が変化する。
そういう、結果としては大きな癒やしと変容を助ける、プロテクションのカップリングと言えるでしょう。

(ココはやはり、Version1とは違うかもしれないところかな(笑)。大きな違いと言えばそうですけどね。まぁ、ド紫スギライトには、そういう、人間を変容させる力はあると思います。”人間”ならねwってところですけどねwww虫が主食の爬虫類に関してはわかりません(笑)。虫食はそこに気づいて欲しいんだけどな。爬虫類のごはんは虫なんですよね。彼らには美味しいのでwそれを「人間にも食べさせよう」と頑張ってるんですよね。そのくらい「感性」じたいが違っている人の姿をした人々もいる世界だったので、これからどこまで開示されるのか知りませんが、もう概ねは知ってるつもりの自分でさえ、【公式】になれば(笑)それはそれで、あらためてビックリできると思いますwww)


◆使用素材◆ 

ブレスレットは、ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


■クォリティと鉱物説明■

スギライトビーズは、「2」は非の打ち所のない10ミリ折り紙の鮮やか紫にピンクも入るビーズ3石、濃い紫色マトリクスの12ミリ玉を使っています。
これは紫色のスギライトをお求めで最高品質じゃないと…って方にご満足いただけるクォリティだと思います。
もっと高くしようかと思ったのですが、まぁ、サービス価格です。
今回売れなかった場合には、これよりも値段を上げようと思っています(笑)。

「1」も…丸玉は「2」の折り紙紫玉よりは少しグレード下がりますが、それでも高品質で高額系の紫スギライトです。
スギライトは全部が紫色、っていう紫割合で値段上がりますので(笑)。
トップの大玉はこれも数が少なくて流通が限られているピンクスギライトで、高額スギライトです。
それとバスタマイトの高品質玉!! これなんですが、スギライトはバスタマイトとも共生して産出するため、ピンクオレンジっぽい原石じたいは珍しくはないのですが、「バスタマイト単品でここまで綺麗なロードクロサイトのようなピンクのルース級」の玉というのは、ほとんどありません。
というか、「ない」のです。
このバスタマイト玉は、大昔(笑)それでもミックススギライトビーズに本当に「稀に」入ることがあったのですが、その秘蔵品(笑)です。うちに一粒しかない(笑)温存バスタマイトでした。
温存しようと思ってとってあった、というよりは、たまたまですw
一粒だけいきなりピンクで使えなかった、みたいなwww
ただ、スギライトにはバスタマイトは共生して混じるので、「これがバスタマイトか~ロードクロサイトみたい~」ということはわかっておりました。
ちなみにマンガン鉱物に混じるので、ロードナイトとも一緒に産出することはあるようです。
市場でバスタマイトの丸玉ブレスレットなどありませんし、これと同クォリティくらいの10ミリルースで見つけたのが66,000円(!!)透明感のないこれよりも少し色味が落ちるかなの20ミリペンダントトップで98,000円(!!)まぁ、宝石としてはそんなに高いのか? と言えばそうではありませんが、でもそのくらい、このクォリティのバスタマイトが「ビーズ」なんかにはならないレア石なんです。
あれが欲しかった、とあとから言われても、これだけは二度と作れないので^^、スペシャルサービスです。
今回売れなかった場合は、こちらもこれよりも値段を上げようと思っています(笑)。

「3」はスギライトクォリティは、「1」「2」よりも下がります。といっても、高品質紫で、今なかなか売っていないクォリティです。
スギライトは、17年前あたりから比較すると、紫ビーズはなんか価格10倍くらい? な印象があって(笑)本当に今仕入れようと思うとすべて二の足踏んでしまうwwwまぁ、そういう価格帯の高級石化しています。
(黒母体のもう紫なんて入らないね、という「ほぼほぼ真っ黒マンガン」タイプならかろうじて売ってるというか、もうそういうマンガン原石以外のスギライトはすべて出払っている(笑)のだろうと思いますよ)
(「3」は14センチ強で、なぜか内寸が小さめに仕上がってしまいましたので、内寸を大きくする場合には翡翠ビーズの追加などでのご対応となるかと思います。)

昔、PSWは、というか、私が(笑)ほんとうに写真で苦労したwwwスギライト。
ですが、このレベルであればまぁ、伝わるでしょう、と思います。

糸魚川翡翠は、翡翠としての透明感はありませんがコバルトブルーな色味のタイプで、とても綺麗です。

ミャンマー産のラベンダー翡翠はうっすら淡いラベンダーカラーの色味(「2」の丸玉はラベンダーにピンクが入る色味)で、艶々高品質玉です。
リングのルースは部分的に透明感もあり、サイズも大きく美しいルースです。もっと濃いラベンダーカラーでこの大きなルースサイズだったら、こんな値段ではあり得ないのですが(笑)色味としては淡いラベンダーなのでこのお値段です。
翡翠という石は、すべて同じ翡翠で同じ原石でそこそこ原石じたいはあるわけなんですが、とにかく、発色と透明感、ここでとんでもなくお値段変わってしまう(笑)難しい石wですよね。
色石で透明度が完全にあるクォーツ系とも違う微妙ニュアンスが、スギライトとも同様に、クォリティのご説明が難しい石だなと思います。
ちなみに、このカップリングで、もしラベンダー翡翠がもっともっと最高品質(笑)なのでしたら、「1」「2」は100万円以下では売らない(売れない)と思いますがwwwまぁ、そうではないので。この価格かなということです(ほとんどスギライト値段ですよね)

センティエントプラズマクリスタル、2012クリスタルも透明度の高い高品質水晶ですが、「3」の2012クリスタルの大玉には、僅かに丸い凹みがあります。
これは以前、ディビットから入手した際に、その連ほぼすべての玉が(笑)このクレーターのような凹みがあるビーズだったんですが、で、他にぜんぜん無傷の綺麗な玉の連もあったんだけど、これが一番エネルギーが良かった(笑)というwまぁ、謎のセレクトをしてきました。というビーズです。
(でも売る時にいつもこの説明をしなくてはいけないので(笑)普通の綺麗な連にしとけば良かった、とwそうも思いますwww)

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。
2012クリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りギャランティーペイパー、日本語解説文をおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「日本の石~プロテクションVersion1~」ブレスレット

2023年01月31日 (火) 20 : 15
「日本の石~プロテクションVersion1~」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約17センチ
◇Soldout
◆使用石「スギライト10ミリ、7ミリ丸玉、10×5ミリロンデル」「糸魚川翡翠12ミリ丸玉」「屋久杉12ミリ、10ミリ丸玉」







「日本の石~プロテクションVersion1~」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15センチ
◇Soldout
◆使用石「スギライト10ミリ、10×5ミリロンデル」「糸魚川翡翠12ミリ丸玉」「屋久杉12ミリ、10ミリ丸玉」






__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

「日本の石」カップリング、こちらは、スギライト、糸魚川翡翠に、やはり日本の銘木というのか霊木の謂れある屋久杉をカップリングしました。
屋久杉は樹齢3千年とも言われ、「巨木」縄文杉は世界最寿命の杉の木とも言われているようですね。
まぁ、今はあんまり屋久杉に湧いてる(笑)スピ風潮はありませんけれどwwwメリケンのセドナ同じく、国内では「神聖な神秘の屋久島」と、スピブーム時にはパワースポット的に騒がれていた(界隈のみでw)と思います。

ただ、実際に屋久杉っていいんですよ(笑)。
あたしも、これじゃないけど屋久杉を使ったブレスは、家で時々身につけてるんです(笑)。
神聖な木と言われる木のビーズの中では、経年で当初あった屋久杉の香りじたいはなくなっていますが、いちばん身につける頻度じたいは高いような気がします。モノが駄目にもならないんですよね。木って傷んでしまいそうな感じがするでしょ? 意外とそんなこともないんです。

使用石のスギライト、そしてジェダイトについては、こちらも、ご参照ください。

「石の意味~スギライト~」

「石の意味~ジェダイト(硬玉翡翠)~」

今これらを読むと、まぁ、「自分で書いてる」わけなんですがwwwやっぱり、「へえ」って思いますよね。
けっこう高次元なことが書かれています(笑)。

ツィッターにも載せたんだけど、現状の日本人となることをwwwなんか(高次の)自分はわかってたのかもしれないです。
だから今月は、こういうスギ様コレクション展開となったのかもしれませんね。

こちらはプロテクション、と言っていますが(笑)まぁ、「他に思いつかなかった」のでそうタイトルにしました。

私はあまりプロテクションそのものを常に欲しているわけではないのですwww(黒石が好きなわりには)
なので、何かと石には言われることの多い、ネガティブエネルギーからの盾のように(笑)石を言うのもどうかな? とは思うところはあるんですが、でもまぁ、実質wこの世は「良い顔をした悪魔」が跋扈する世界であったこと、これも、「テレビの遠い世界で勝手にやっててくれてる」あいだはwww別にまぁ…ってところ、あったんですが。

やはり、露骨にこの世展開されてしまうと、その良い顔した悪魔に洗脳されてしまっている人々じたいも、場合によっては、「それに使われちゃってる兵器」みたいなものと化してしまう…
そんな、まったく想像だにしていなかった世界が展開してしまったと言えるのが、この3年でしたよね。

石の意味の翡翠の説明に、「あべちゃん」とか出てくる(笑)のが笑いますよねwww
当時は、「こいつが日本を壊してる売国政策してる」っていうところくらいは多少は知ってたんですがw
日本を壊しているというか、「日本人を壊してたんだ(汗)」までの陰謀があったことは知らなかったです。

まぁ、遠いところでやってる、そこに関わらないで自分を失わない自分を創るしかないのよね、という話。
でもね、これ、今現在でも、やっぱり「そうも言える」んですよ。
関わらないわけにはいかない場合、「知ってる」ほうが断然いい。
しかし、自分は自分の世界を、心穏やかなリラックスした状態を作っていないと、自分自身を破壊してしまうことにも繋がるのも、それも事実なんですよね。
だから、カバル仕組みの世の中であっても、自分自身は聖なるエネルギー存在であること、そのように行動することや、内側からの至福光線に満たされている人である必要があります。
そういう人でいるために、必要な要素をもたらしてくれるのが、翡翠&スギライトかなぁ、って思います。

翡翠&スギライトエネルギーのカップリングに関しては、高品質バージョン(笑)のほうもありますが。
(それはそれで、お値打ちなので、もちろんお薦めなんですが)
こちらが、激しく劣るのか? と言われれば。
物質的には、紫スギライトではなく、翡翠品質も、いずれもあちらよりは見た目に劣ります。
それでも、美しいですよ。
それを感じられる方に、お薦めです。


◆使用素材◆ 

ブレスレットは、ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


■クォリティと鉱物説明■

スギライト丸玉ビーズは、こちらもやはり真っ黒に見えますが、「なんとな~く紫がかった感じもあるような気がする」という(笑)黒というのでしょうか。ぱっと見は、全体的に黒系です。
まぁ、そういうタイプのビーズで、レイヤー縞模様や、マトリクスタイプも入るビーズですので、アイアンスギライトタイプのビーズというわけではありません。
ロンデルのほうは、ほぼほぼ黒系です。
(陽光が入る自然光で撮影すると、なんとかこのように紫の色味が入る場合は映るのですが、昔は蛍光灯下でライト当てて撮っていたので、どうしても黒く映るしかなかったんです(泣)。コレじゃダメだ…といつも諦めてましたwwwでもスギライトが好きなので、使っては写真に映らない、それを繰り返していました)

昔、PSWは、というか、私が(笑)ほんとうに写真で苦労したwwwスギライト。
まぁ、とにかく、「折り紙の鮮やかな紫色」と呼べる、最高品質でない限りは、「地味は地味」でもあるんですよ(笑)。

糸魚川翡翠は、白とうっすらグリーンとのマトリクスタイプのビーズ。
品質的にはこれも「ほとんどの糸魚川翡翠の原石そのもの」という感じで、悪いのか? といえば、これが糸魚川翡翠と言えるんです(笑)
ただ、日本人は(笑)あまり原石というものを知らないというかwwwやっぱり品質が良いものを良いものを、見た目が良いものを良いものを、と好む傾向がどうしてもあります。

まぁもうね、メディア造語だったのかもしれないんですが、「芸能人の顔面偏差値」とか(笑)言ってる時点でwww
ちょっと日本人がおかしくなってきてることに、私も気づかなければいけなかったところあったと思いました(笑)。
とても「美醜にうるさい」人種となっていたんですね。
(だから、自分の顔に自信がない人は「マスクで自分の顔を隠せる」ことに無意識に安堵しちゃってマスク人生を喜んでいる…というのも、まんざら嘘ではないと思っていますよ。まぁ、マスクしてれば美人でも台無しですからね。そこに「平等感」を感じるw「条件いっしょよね」と無意識に思ってるところありそうよね)

ちなみに、これは昔からもうずっとブログで公言しているのですが、私は自分を棚に上げてメンクイなんです(笑)。たぶんですが「親の影響」なんだと思います。
(故人の父親じたいは、昔の人としてはイケメンというか整っていました。痩せてましたし。若い時の顔面写真は、ジャニタレとか俳優みたいでしたよ。でも80になれば、お爺さんですよwwwそれに彼自身がそこを「ぜんぜん売りにしていない、まったく気にしてないかまっていない」人生だったからwww「この人なんで自分のウリをまったく活かさない人なんだろう」っていう感じしか持ってなかったですよ。でも自分のことも言わないけど、他人の容姿のことも、言ってるのは一切聞いたことがなかったですね。そのくらい「気にしないで」生きられるのは、そもそももう「自分が持ってる」からなので、そういう点では、整っている人間は羨ましいところはありましたけどね)

で、あたしはメンクイなんですが、顔のいい人がだからってとても素晴らしいばっかりじゃないこともよく知ってる(笑)から、そこが条件ってわけじゃなく、変な話「顔のいい人に慣れてる」んです。だから、求めてるっていうよりも、「慣れてる」んですよ、選択として(笑)。なんかそういう感じがするというか、そういうふうにしかちょっと説明できないwww理屈じゃないものがありますね。
だから、ルックスの良い人間に対して、劣等感じたいは、そこでは感じることがない、ってだけです。
劣等感がないから、それを理由に「崇める」ということが(笑)ないのです。
(でも自分もそうなりたかったな~、っていう、そうではないジレンマ、それをコンプレックスというのであれば、そうなんでしょうけれど、その自己憐憫感じたいはずっとありましたけどね(笑)。)

でも、ただ顔や容姿が良くても、中身がつまんない、且つ「人間として心がゲスで汚い卑怯者」な人は好きじゃないし、そういう人間とは「いっしょにいられない」のでwwwまぁ、ものすごく狭き門とでもいうのか。むしろ、ただただメンクイってだけの人のほうが、顔で騙される(笑)世界を知っているので、そういう人々を心配してましたwww
まぁ、そういう感じも、「日本人の芸能人好き」に年々あったような気もします。

話がソレましたが、「ルックス」の問題というのは、とてもデリケートなものですよね。
日本人の傾向としては、石卸店さんなどから聞く限りにおいては、品質グレード、つまりルックスにとってもうるさい(笑)っぽい傾向じたいはある、というのは聞いています。
私は、日本人だいたいの人々がそうなのに、グレードは落ちるよ、というものが実はまぁまぁ値段差ほどの差はない場合もあっていいんだよ、ということを他者に押し付けるわけにはいかないので、結果「どっちも扱う石屋」になってやってきた…みたいな経緯はありますね(笑)。
(私自身、「どちらにも慣れてる」人間だからwwwこれができるのだろうと感じますwww)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page