アーカイブ
2022年11月15日の記事のリスト

気づいている割合

2022年11月15日 (火) 00 : 00
ぼ~っと考えていて、思ったこと

悪魔教儀式のことまで知っていて、今の世の中を網羅して見ている日本人の割合

1億人あたりで10万人

1千万人あたりで1万人

100万人あたりで1000人

10万人あたりで100人

1万人あたりで10人

1000人あたりで1人

このくらいの割合かな~~~~? と感じるところです

(まぁこの1000人に1人もぁゃしいところではありますけれど、でもまぁ、そのくらいはいるでしょう)



ここに、この567の3年の中で、「567のプランデミック、毒注射打たせるのが本丸だった」ことに気がついている人々、というのが加わる

「発表」さえあれば

そういうみなさんは、この”今までの地球にあった水面下の犯罪”の理解が、短期に理解可能と思われますから

いっきにその人口比は膨れ上がります(笑)

ようやく、マイノリティから、少しメジャー、ってところへ移行しますねwwwwww

いやっほ~

今までの世の中では言われてきた「悪貨が良貨を駆逐する」というこの反転「良貨が悪貨を駆逐する」が起こってきます

日本人もそうだけど、世界中が今まで「常識」として経験したことのなかった「未体験ゾーン」へと入っていくのです

(ただまぁ、その前に、必ずある予定の「世界のすったもんだ」のシナリオがあります。「軍が動く」というやつですね(笑)。これがないと、今までの世界の延長線上においてはまぁ、…羊は羊のまま…崖からひとりずつ落ちていく…ではありませんがwwwまぁ、だらだらと、そうなっていくことになりますわな。こういう「軍が動く予想シナリオ」を、ず~~~~っと言い続けておられる人々はネット上、溢れております。そういうアライアンス情報は、みたい方は見ておいてください。昨日リンクしていたような人々が、ホットな速報を流してくれます。そのあたりは、「新しい地球を目指そう」さんとか、「黄金時代のすゝめ」さんとか、「39次元魂のブログ」だとか、各種ツィッターの人々だとか、白帽子目線で情報を追ってる人たちがいますので^^拝見させていただくとよろしいかと思います。白帽子目線だけじゃない妙なスピ系(笑)も広範囲に拾ってる方もいますけどwww見ると「う~ん。。。」なんですよねぇ。神様系はダメですね。そういう「いかにも」系、それが結局「イチベイ」とかだったんでwww「どっちの意見も聞く」とか、まぁ、日本人はそれ好きですがね。それが「中立」だと。でも永世中立国とか言われてたスイスなんかも「もろ」でしたよね(笑)。二元性の世界に中立ってないんじゃないだろうかとwwwもちろん「色々な側面」から見ることはいいと思います。それをしないで偏ったマスメディアの嘘に騙されて567ワクチン打って、みなさん失敗していますからね。カバルサイドの意見というのは、基本「どこかパンピーたちにごまかしてるマインドコントロール芸があり」と見ていないと(笑)ってところが、この世みたいなものだからwwwまぁ、好き好きです。要はさ、いいのよ。悪魔教儀式、彼らがやりたいなら。それを「堂々とやってます」ってパンピーたちに言えるなら、いいの。で、パンピーたちが「じゃあ私達が子供生んで、生贄として食料として差し出します~」って、それに大賛成ならいいのよ。多数決やって、それでもう、それがOKって人が地球上の過半数超えるなら、人類はそういうマインドな人々が山盛りで、地球ってそういうところ、ってことで確定できるし。でも、カバルはそこを「嘘つき続けて騙してる」のは、それを非難されることわかってるから、だから絶対に言えないからでしょ。言えないのは、後ろめたいからでしょう?(笑)。そんな人達が、舵取りする地球のままでいいんでしょうか? って話なの。ただ、白帽子のほうも「囮作戦」てんこ盛りなので(軍事作戦ですからねぇ)、わざと誤情報も流しますし、「内部にこそ敵あり」はいずれのサイドもそうだから、常に敵を泳がせて炙り出しあぶり出し作戦でやってきてますでしょ。メリケン中間選挙なんて、民主党はもう、勝っても負けても道がないってところまで(笑)追い込み漁なのよwwwただこれも、蓋を開けてみないと、なにがどうなっていくか、はわかりません。)



私自身

どうして、こんな陰謀論ブログ化したかの理由は

やはり、これですからね

今まで「綺麗事」を隠れ蓑にされてきたアドレノクロム、人身売買
(赤十字(笑)、ユニセフ、人道支援の国境超える殺人団、…日本の宗教団体もそうだし大企業もそう、政治はもう言わずもがなですが、まぁ目立つ団体として社会的ポジションを得て仕上がってるものは、ほぼすべてカバルのものだったよね)

567詐欺とか毒注射とか、そこではないですからwww
こんなのは、別に、「序の口」というか、「今までもあったこと」それがやや「いよいよ本性むき出し規模拡大」程度の話でしかありません

今まで社会が、「誰かの犠牲」なくして進んできた試しはありません

(そういう意味では、毒注射の被害に具体的に遭遇した人たちは、デクラスされれば、速攻、悪魔教についても「まさか上の人達がそんなことするわけない」という、今まで普通の人たちがバカにしていた陰謀論が、「事実だった」ってすぐに理解すると思うよ。犠牲者にならないとその理解ができない、そうなって欲しくなかったから、ず~っと「反ワク」してきたんだけどねw)

そういう社会を理解していれば、「どうしてそんな薬害が確約されているようなことをなさるの?」とかいう凡人の綺麗事が、「世論」になどなったことがないことは、一目瞭然

「正しいこと」が「世論」などにはなったことがなかった世界を理解していれば、わかることですよ

世にいう、「大人の事情」というやつです(笑)



悪魔教の生贄儀式、アドレノクロムのための子どもたちの誘拐、犠牲、虐待、それが同時並行する世界

カバルの存在じたいは昔から知っていたし、社会全体がそのピラミッド構造の傘下にあることくらいはわかってたんだけど、ここまでのことが、大勢の人間がそこにかかわる「社会システム」として完全に組み込まれて行われていることは、自分は567前までは知らなかったことです

この「大人の事情」で、目を塞いでしまう

これを、私の「良心」が、絶対に赦しませんでした

それを、ゆるしてしまう自分が、のうのうと黙って生きていく

私は、それをゆるせなかったのと

悪党の計画でしたNWOではない(笑)、別のタイプの「自由・対等」の世界の実現が可能であり、しかもそれが目前であることを、確信できましたので
(これ…悪党支配のNWO、ほんっとうに「ゼッタイにない」からwww今までの陰謀論を信じている人は、難しいかも知れませんが、方向転換してください(笑)。それしか目に入っていない人が、世界をややこしくしているとも言えるのでw)

みなさんに、お伝えすることにいたしました

(これが、スピ方面でも言われ続けてきた、「風の時代」とか「水瓶座の時代」とか、そういう転換期ともリンクしています。今までの「土の時代」「山羊座の時代」的な世界観のことは、なんとなくわかるかな? 土着的な、「継承」されるものが、物質的な現実を形作っていくこと、などなど、ステイタスの形成、その維持などが好まれてきた世界でもありますが、そういうものが、いったん、ご破算となっていく、その流れもありますよね。本当なのかな~とも思うけれど、ブランド会社の数々は、もう来年からは、経営破綻が決まってる様子もありますしね。多くの人がステイタスの目印として好んできたそれらが消えていくようですから、欲しいのであれば(爆笑)それらは今のうちなのかもしれませんwwwほら、ファッションの世界なんかでも、見てるとね「着ているのはユニクロ、GU」とかの安物、そこに「ハイブランド小物(バッグとか)一点投入」で、いきなりハイファッションに!! みたいに、カバルにご丁寧に「憧れるようにご指導されてきた」世界が消えていく、ということよwwwわぁ~センスいい人だ~とか、人に見せるにはコレですよ~、って教えられ、そういう「目印」を守ることが、人の高揚感とか自信になってきた世界は終わっちゃうんだよね。前から言ってたけど「高見え」である必要ない(笑)じゃないですかwでも、なんかそれを少しでも高いもの持ってるように見せたいと「欲する」人が多いのは、その欲を焚きつけられてるからなんですwww貧乏に見せたくない、というね。私も昔は、なんだかんだ言ってやっぱスニーカーはナイキが好きだったりとかありましたが(実際昔のナイキは品質はクソなんですが(笑)デザインは良かったりとかありましたし)今は何もこだわりありません。昔のそれらはほぼほぼ加水分解でダメになって廃棄処分となっていきましたwwwコレクターはその加水分解を起こさないようにと厳重保管(空気に触れないように)したりしてますね。なんかファッションカテブログとか見てるとね、30代40代50代とか分かれてるんですが、けっこう「毒注射三回目」とか(笑)「打ってきました~」みたいな人がいるの。ファッションセンスがどれだけ良くてもwもうその頭パ~っぷりの時点でアウトだよなぁ…こんなのが人の親か…とか、がくっとくるところはあるにはあるけどwww本人たちは「他人に幸せそうに見せる写真」に余念はないよねwwwこういう世界は終了じゃない? インスタ映えとかwww気持ちはわかるけどね。でもあたしもほんと、石こそ、インスタ映え素材なのに(笑)ぜんぜん、石の写真が上達しないオンナというwwwそこには「劣等感」というよりも、「石に申し訳ない」という思いは17年継続してきましたがwwwあのね~。「幸せそうに見せる」んじゃなくて(笑)「実際に幸せ」じゃないとw意味ないじゃん。本当にその人が心から幸福なら「人に認知してもらう」必要もないんですよってことかしらwww)



折々にはさんでいる、神道における「祓い」

人の命、人の死が「祓い」の役割をしているということなど

こういったものとリンクしてきた世界でもあります

大災害などの人間の大量死にも、その「高次的な役割」が存在するという概念など、それが「ある」という霊界システムの話をする人もいますが
(これは「生贄エネルギー」とリンクしますよね。霊界は「感情」の世界ではないので、そういったこちらでの「死の意味」とは違う、とも言われますが。しかしそもそも「人間的感情を失っていく霊界システム」からの見地であり、そこから輪廻転生してくる(笑)ってことなのよ。盲目でね。まぁ罰ゲーム感(笑)強いことは強いかなぁ、やっぱりwwwそして「非効率」過ぎなんですよね、仮に、「魂を磨く」ためなのだとしてもwww)

まぁ、それだけ、「人間」の創造する世界全体が、悪魔に支配されてきたからこその話です、と私は感じます

これを、「終焉」させようという流れ

人類最後の頂上決戦を、時間をかけて、続けてきたのが、白帽子

その先に用意されてる、それが、黄金時代なのです

(カバルSGDsにどっぷり洗脳されたw善人のつもりのみなさんがご心配の、持続可能な社会(笑)がバッチリ可能と言えるw世界でもありますよね)



もちろんですが、ぶっちゃけ私だって、やっぱり「闘っている白組がいる!!!」ということを知ったから(笑)でもあると思いますwww

その中に知り合いがいるからとか、頼まれたからではありませんがwww
「勝手にケツモチ」にしていたところはあるかもしれないですけれど
厳密には、「なにかあっても自己責任」ということも、わかりつつ、です
(正直言うと、やはり、精神世界の鉄人さんがお亡くなりになられた、ということを聞いた時は、ちょっぴりですが、自分も恐怖しました。私はまだ死ねませんから(笑)。扶養義務あるのが2生命ほどいますしねwwwでもそれでも、ここでひるんではいけないと。それこそがやはり、今までの地球の先人たちが繰り返してきたカバルへの恐怖心からのダンマリ敗北ですから)

20年、30年前にwwwケツモチなしで(笑)そこで「1人で闘う」その決意はできなかったと思いますwww
(しかしながら、それを、「各自が、まず、決意」して、ず~~~~~~~~っと。人生賭けて闘ってきた、そう言える人々が、白帽子組なのです。ジャイケルマクソンなど、いまでも称賛される白帽子っていますでしょ? 彼は、それを淡々、黙々と、人々にヒントを出し続けながら、気づいてず~っとスポークスマンとして行動してきた愛の人だからだよね、やっぱり。これもね、「権力持つ人が全部カバル」じゃありませんがwww権力者そのものをNGとしてしまう、まぁ、「そういう中の人たちには難しい」とかあるし、実際にそれはそうなんだけど、世界において最高権力持ってるのがカバルなんだから、それと同等、対等に張り合える、もしくは上回る人でなければ、絶対に太刀打ちできないですよ。貧乏人がどれだけ綺麗事を伝えても、パンピーさんたちはなびかないでしょう?(笑)貧乏人に憧れる人、貧乏人の言う事聞いてくれる人は少ないと思うよwwwなので、そういう点で。「悪党カバルと闘う、社会的ポジションを持った善党カバルがいたこと」これは人類全体にとっての福音としか言いようがない話と、自分は理解しています)

なにしろ

「こんな酷い世界ではケツモチなしでは生きられない」と

「石を自分の味方」にするという(笑)

そこから、大きくバイデンジャンプ(爆笑)人生となったようなwww(この例えはどうかとw)

そういう人間ですからね



この世には、実際、どなたにもほんとうはケツモチはいます

それがあなたの高次ガイド、高次のハイアーセルフのことですが

そちらと共に生きる人生を決意した時から

人は変わり始める

石は、こんな腐った世界でも(笑)そちらの世界を、勇敢に生きられるように道案内をしてくれる物質です

なので、「この世的には」みなさんが、今までの世界で「それが成功」と思わされてきたタイプの成功がもたらされるかどうかは、「人それぞれ」と言えるのですが

あなたが諦めなければ

必ず、あなたのための、高次ロードを

この世界の中に、高次が用意してくれていたことに、気づくのです

人生は、そういうふうにしかできていないこと

それを「信じる」こと、それが「誰かの教え」という宗教ではなく「信仰」といえると感じます

「信仰」も「感謝」も、押し付けられるのではなく、「湧いて」くるもの

石はそのためのサポートをしてくれる、地球のギフトなのです


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page