アーカイブ
2022年09月25日の記事のリスト

2.26戒厳令

2022年09月25日 (日) 00 : 00
2.26事件の時と同じ、都内の場所が、封鎖バリケードが現在貼られているそうですよ

自分の目で見てきたわけではないから(笑)わかりませんが

「あへさん国葬がらみの規制」なのでしょうけれどね

(あへさん国葬、「海外要人1700名が欠席」って(笑)笑える暗号ニュースが出てるみたいですね。まぁ、PCRもそうなんですが。ず~っと暗号の世界、この「数字の持つ意味」を、いずれにしても、いいほうのカバルも今までの悪い方のカバルも、使い続けているんですよね。数字はこの世を支配する、「現実化ツール」だからですよ。西洋占星術や数秘術など、個人の運命でさえ、ほぼ完璧に数字に顕れていますでしょ? 「輪廻転生」ってそういうことなんですよ(笑)。「決められて」やってくる理由の、ナゼ? 今まではさもさも「前世悪いことしたしね」的な、そもそも人間がよろしくない人類個々のカルマのようには言われてきましたけどね。もちろん、人間にはひとつも欠点などないのに罪着せられてきた、とまでは言いません。ですが、「パッチワーク」のように他者カルマが次に生まれる人間に分担配分されているらしき霊界からの地球転生の仕組みがあるのも事実。それを「転生課題」的に、罪の償い、贖いのように教えるスピリチュアルもあるし、宗教というのはそもそもこの考え方がベースですよね。まぁ、暴走しないための^^アンカーとしてそれがはたらく側面もあることはありますから(笑)それが「悪い」ことばかりではありません。それとカルマは悪いものばかりじゃなく、「良い」ものも割当られてる(それが「才能」となる)場合もあるから、悪いことばかりではないのよ。その人を地上で生かすツールにもなってきました。今までの地球には、必要だった部分、それはあるけどね。だから、「人間ひとりの生まれる前のカルマはあるとも言えるし、ないとも言える」両方正しいのよ。これからこの霊界の仕組み、輪廻転生をぶっこわ~す! くらいの話が展開されているのが、この天下分け目のような(笑)神vs悪魔の最終決戦、ということ。このシナリオどおりに駒が進められている、まぁ、あたしたちはそれにお付き合いしているわけでございます)

警視庁さんからのお知らせです



交通規制のお知らせ

令和4年9月26日(月曜)から28日(水曜)までの間、都内の首都高速道路や都心部の一般道路において、必要な交通規制が実施されます。
なお、交通規制の内容は変更となる場合があります。
令和4年9月27日(火曜)

日本武道館における国葬儀及びその後の迎賓館における行事に伴い、正午ころから午後9時ころまでの間、都内の首都高速道路において、車両通行止めの交通規制が実施されます。このほか、一般道路においても、必要な交通規制が実施されます。

令和4年9月26日(月曜)から9月28日(水曜)

海外要人の来日・離日の際の移動などに伴い、首都高速道路や一般道路において、一時的な交通規制が実施される見込みです。
一般道路(日本武道館周辺及び迎賓館周辺)の交通規制状況
令和4年9月27日(火曜)

靖国通り(九段坂上交差点から九段下交差点の間)及び千鳥ヶ淵緑道は、午前9時ころから午後7時ころまでの間
代官町通りは、午前11時ころから午後5時ころまでの間(代官町通りの交通規制に伴い首都高速「代官町出入口」及び「北の丸出口」は利用できません。)



なるほどなるほど

国葬、そういうことだったんか~と

一同にまとめて(ザベスのほうと同じと言えば同じかも)という機会ということなのかしら

表立っては「普通」なのかなと思いますけどね(笑)

私はたぶんテレビは見ないと思われますが(ザベスさんのほうも見なかった)

おそらく、WHの得意の「暗号だらけ」の葬儀となるのではないかとは思われます



もう暗号はいいから(笑)早く!! とは思いますけれどねwww

せっかち人間としては、そうも思いますwww

でもまぁ、「早く、何をして欲しいんか」っていうと

そうですね~。私は特にカバル大量逮捕がどうとか、そういうのは、最初から自分自身は望んでるわけでもないんですがw

国粋主義者ではないんですよね(笑)
「愛国者気取り」で愛国者ではない人々wwwが、パンピーたちを騙してきたこと
ここに決定的に気づけたのは、567以降の話ですけれどもwww

私自身は、そういうカバルな人々が、この世にいてもいなくても、体制に影響はないところはある、と言いつつも

567毒注射までは、そうでしたよね
まぁ、「遠くで起こっていること」で済んだ話

しかし567毒注射以降もそうでしたけれど、「やや影響あり」みたいなことも、やっぱり出てきてはいます

そういうカバル人たちから直接影響をこうむっているわけではないのですけれど
(それは、だいたいのみなさんも同じでしょう。身内がそうだったり、直接配下の毒注射実行部隊として使われてる医療者や、推進に従い続けている行政公僕や、テレビマスゴミ関係とかのような、完全カバル業界とかでなければ(笑)まぁ、「直接度」は低いですよね)

早く、「毒ワクチンを毒ワクチンだったんだと、毒ちんメカニズムに関する日本のパンピーさんたちの総意の認識が改まること」

これを望んではいます

(完全に私の都合ですがwwwじゃないと、やはり「ドッグランシェディング危険地帯化」これがそろそろ事実になってきそうなwwwそんなところもあったりで。困るんですよね~wwwうちのわんちゃん、本当にラン好きなんですが。ちょ~~~っと、そろそろランはダメかなぁやはり、という「影響」らしきものも、見られつつありましてね。イベルをもっと早くから飲ませとくべきだった…とも思ってるところ。人間は、自分が注意してキープディスタンスできますけれど、わんこたちにそれをwww「離れましょう、触らないで」って難しいじゃん(笑)。ハッと気づくとすでに他の仔が寄ってきて触られちゃってたりペロされちゃってたりするからさ。うちの仔から進んで寄っていくことはほぼないんですけどね~。ということで、こちらから離れるしかない、ということになるから、今後はランはしばらくお預けとなりそうかな~、これをどう説明するかな~(犬にw)かわいそうだけど、と考えているところです。小さいお子さんたち(保育園児とか幼稚園児とか)シェディング大丈夫なのかしら? 先生とかw当然のごとくに真逆解釈でブースターしてそうよね? 基本、そういう子たちの親もw打ってるよねwww中にはもうその年代の子たちに打っちゃってる親もいそうよね? 心配ですけど親が気をつけるしかないんですよね、これも。私はランにやってくる主さんたちじたいに恨みはないので(いい人が多いからね。ただそれでも、567毒ちんに気づいてるようなタイプは少ない、打ってる人々が大半と思うから)、被害者意識は持ちたくないし、彼らを加害者にはしたくないんだよね。そうならないためにはやっぱり「自分がそこを離れる」選択しかないな~と思ってます。あとはこの主の切実な気持ちをwうちの仔が理解してくれるかどうか、ってところかしらwwwParkへは連れてくけど目の前にランがあるのに「え~どうしてランには行っちゃダメなの~?」という理由をこんこんと説明しなくてはいけません)


(こちらが、2.26の時の封鎖地図だそうです)

大量逮捕とか、カバル撲滅、軍の作戦
「そうしなければならなかったこと」という段取り、それが新地球にどうしても必要であるなら

まぁ、意味もわかりますし

多くのパンピーたちは、そうしないと、「だらだらと従い続ける世界」つまり、カバルに都合の良い世界

それを「継続し続けてしまう」わけですからね
(その結果が、毒注射8割注入、今なおブースター。それが本人知らず望んだわけでもないのに人間兵器化ですからねぇ←これがなければねwと思うよねwww)

なので、パンピーたちがみずから気づいてカバルに「NO」の意思表示をすること
これがとても大事なんですよ
(そもそもが、なんたって「任意」なんですよ? 任意という日本語を知らないのかw「断る」というよりは「選ばない」ということなのですからねwww)

従順な日本人は、「従いません」って(笑)なかなかできないwww

でもほんとうはできるはずなんですよ

カバルに従わないことが、結果的に、自分や自分の身近な存在だけではなく、周囲も救うことになるし、街も市も県も国も世界も…そう繋がることになる

「それがこの3年弱の、カバルvsパンピーの567戦争だったんだ」ということを

多くの日本人が知る日がやってくることを待っています

(医療否定とか、食毒否定とか、公僕体質否定(爆笑)とかね。そういう極端な話は(笑)まぁ、やっぱり「戦争が終わってから」の個別精査でしょうかねwww今は、戦争がどうなるか? ってところ。これは、直接「カバル同士」本人たちではない私達パンピーが介入できません話だから。私たちは何よりも今は無事でいること。無事で過ごしていることのために、自分自身の正常バイアスに引っかからないこと。そして、時にはカバル側の用いていた武器なんかもw身を守るために役に立つものは使っちゃう(笑。イベルメクチンとかw)そういう臨機応変さも必要かなってことでしょうか。グルタチオン産生するという「酒&煙タバコ」もそうだよね。あ、それと、そうだそうだ、私もお薦めしていた、重曹&クエン酸水なんですけれど!!! これね、瞬時に身体をアルカリ性にするという点で確かにお薦めなんです。ですが、その「機序」が発生する際に本人の中にある必須ミネラルを使用してしまうそうなんです。なので、カルシウム、マグネシウムとか必須ミネラルありますでしょ? それらが足りていない人の場合は要注意なんです!!! こういうタイプの「プラス要素の体質改善(何かを取り入れるタイプ)」と、「取り除く要素の体質改善(足すのではなく引き算の)」である二酸化塩素水や断食、これも、バランス良く、取り組んでいってくださいね。あと「医者が言わない」このテとしては、「塩」なんですが、これもね、やけに「にがり」を称賛する、わざわざにがりを接種する一部文化(笑)あるんですが、にがりも取りすぎると毒だからね。これは嘘じゃないのよ。だから「海塩」がやたらに浮上はしているんですけれど、にがりを多く含む海塩も、とりすぎないように。「減塩」はもちろん必要ないのと「食塩」はダメなのですが、取り過ぎちゃダメな自然塩もあるということ。二酸化塩素水の飲用も、自身の毒出し機能が正常に動いている人が、「過剰に」やる必要はないからね。解毒もね、「解毒しないと不安」という解毒中毒になって過剰にやり過ぎると、それが免疫力の低下になることもあるのよ(ただ567毒ちんを打っている人はwww解毒はやはり通過儀礼なので、そこは身体の状態見ながら判断してくださいね)断食も、今までの人生を「食べることで満たしていた」人がイキナリやると、それが毒食であってもエネルギー枯渇でふらふらになる人もいるのよ。16時間でさえ、できない人がほとんどなの。疲れた~お腹すいた~食べたい~もたない~食べないで空腹だとむしろ胃が痛い~、そういう感じ。私、やっぱり20代の頃の「ダイエット」でそれ経験しているから、わかるわ(笑)。電車の中で意識失って倒れたりもしてたしwwwあの頃はほんと大変だった。便秘体質でもあったからね。そういう人がいきなりダイエットとか断食とかしちゃダメなのよ。だからね、お薦めと言えるのは、まず「なるべく身体に毒を入れない、食を選ぶ」で、3食きちっと食べていた人であるなら、3食なるべくそうする。納豆、味噌汁、いわゆる典型和食がやっぱりいいのかな。そういうのを非遺伝子組換え、無農薬減農薬にしていく。調味料もね。グルテンフリーなども言われますけれどwこれも徹底しようとすると絶望的なw食の世界なので、まず「パン食」「パスタ」「お菓子」「揚げ物系おかず」などをやめることでしょうか。ほんとうにたま~に、時々ならいいかな、レベルに習慣化をやめることでしょうかね。食事の回数も、少しずつ減らして2食にしてみる。そこから、内蔵を休める状態、内臓がメンテする状態の間隔をあけていく、いきなり16時間に挑戦とかするんじゃなく、2食の片方を少食にするとかね。その人その人に合った解毒法、体質改善法、あると思います。特に、ワクチンを打っている人、567ワクチンもそうなんだけど、今までにもインフルや子宮頸がんや、そういうの打ったりしてますでしょう? で、医者の薬なんかもやっぱり飲んでいますでしょうから。改善していって、すぐに結果が出てくる人、時間かかる人、人それぞれ違うと思いますのでね。すぐできるのはこの中では、とりあえずは「食」。そして「意識」ね。意識ってとても大事なのよ。そして「不安」もね、大事なのよ。毒注射に不安を感じるからwww打たないで済んだ、って人だって多いじゃない? で、不安を感じないようにするには「選ばないこと」ですからね。不安には「対策をしていく」こと、不安解消策がうまくいってるかどうか、常に見直しをすること、変える時はサクッと変える、経験則も大事だけど、「今までずっとうまくいってきた過去メソッド」にとらわれていないことも大切ですからね)




こちらはぷ~様
「部分的動員」のフルスピーチ日本語訳

コメント欄を見ると「マスコミの偏向報道がうんちゃら」というのが、ありますね~
まぁもう悪の大王(笑)「核の脅威」ばっかアピールしてるんでしょうね

「いかなる理由でも大量に市民を犠牲にする戦争はダメ」というごもっともな意見も見られました
こういうね「いかなる…」の平和主義タイプの人が、カバルに騙されて仕掛けられた「567プランデミック戦争」を知ったら、どうなるんでしょう…? まして「打ってる人」だったりしたら、それをどう思うのかしら…がくぶるです

私達世界市民は、「皆そうなんですよ。目立つ戦争になってる遠い国のことだけじゃないの」ということよ

そうよ、いかなる理由でも、赤ちゃん子どもを犠牲にする、それはダメでしょ? ましてや生きたまま虐待の末56して食らうなど
それを国家ぐるみで人体献上してきたカバル支配国たち、もちろん日本もですからね

最後は日本国民使って悪びれなく、今なお「2価ワクチン人体実験中、三ヶ月ごとに打ちましょう」なんだから
ネオナチに虐待されているウクライナ市民と同じなんだってば(笑)日本人www
(でも、「わかりやすく虐待」されてないから、気がつけないんですよ…)

はやく目覚めましょうねwww



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page