アーカイブ
2022年09月11日の記事のリスト

日本にゲサラは来ない?

2022年09月11日 (日) 00 : 00
日本にはゲサラなんて来ませんよ~
そう言ってる人もいますよね

そして今後大量発生の可能性を持つ、職域接種リーマン夫を持つ、お子さん数人の専業主婦の妻
いきなり、お子さん複数人を、女手一人で養わなければならない
戦争未亡人の一丁上がり
なんの「手に職もない」母親がいきなり、そうなっていく

まぁ、そういう話をする人もいます

なんで日本にはゲサラが来ないのかというと

「日本人は金持っても、また悪魔に貢いでしまうから」

…という、それはそれで「なるほど」感、説得力を持ったお話をされている人もいます

だから、「猫に小判」で使い方を知らないからw一律で良い目に合わせちゃダメ、特に日本人は”目覚め度がサイテイ民族”だから、という理屈です

確かに…「今の眠った日本人のままで」それで全員にwwwゲサラ、UBIwwwまぁ、ぴんとはこないよね、それはそれで

そして、「狡猾な人たち」にまた騙される…それを繰り返す民族かもしれない

そんな予想も的外れとも言えなくもない

(いちいち芸能人を、光側だの闇側だのwwwまだ言ってるもんね。アド拒否していた人だから云々とかさ。あのさ~。そういうね、芸能人とかそもそも「どうでもいい」のよ。知り合いなら別だけど、そもそもが、最初から庶民に関係ない人々じゃない? そんなものに、いちいち励まされるとか、光側だったんだ~とか、戻ってきて~とかwwwそういう「感覚」じたい…もうそろそろ、いいんでないの? ってことかな、と)

まぁ、実際に
今現在の顛末は、「昭和の繰り返し」やってますんでwww

とにかく「何も知らない」「何も知ろうとしていない」っていう、そこよね~
(だから、洗いざらいすべて知る」放送が大事なんだけど? なんですけれどね。大衆じたいに「自浄作用などない」というのは、これは「人間の歴史上、なかった」と言えることなんですよ。日本人の場合は「もっとも、極端にそれが顕著に顕れた」ということです)





実際、夫が嫌なんだけどリコンをしないのは

離婚すると生活できなくなるから、という理由の人も多そうな? 大半は結局お金が歯止めになっているわけ
なんかその印象じたいは、昔からありました

夫はATM(笑)これもう、きっと「常識」でもあるからwww
まぁ、正当性はありますしね、法律上も

で、まぁ、スピでは「カルマ」「学び」というwwwwww
宗教感覚満載の(笑)まぁ、そうなんですよ~、そこへ行っちゃうんですよね

そのほうが、「現状で丸く収まる」方法ですし
実際に、確かにケースバイケースで、「ただの妻のワガママ、欲求不満」だったりすることも多いし
(笑。これは「私から見ると」の話ですよwww特に暴力受けてるだとかじゃないのよ。ただセックスレスなだけとかwまぁ、要するに「仲が良くない」ってだけなんだよね。仲良くなろうとしてないの、互いに)

そういう場合「ガイド」も、そういう指南をしていくことは、あるにはあったのです
そのケースは多いよ

「そりゃ別れたほうが確実にいいだろう」という爬虫類でサイコな相手じゃない限り
(笑。一見カバルは、血縁、一族思いで結束力ありそうで、まるで愛でもありそうな風味なんですが、「身内も平気で犠牲にする」とかげの尻尾切りは平然とやりますからwww)

でもそんなサイコな相手な場合であってもwww「それをサイコと見るかどうか」はやはり、それに関わっている本人の観点、視点なのです

「依存」というのは、相手がなければ成立しませんし
それが、依存なのか、「協力」なのかも、紙一重の話ですしね





でも、別に今までにだって、小さい子供抱えて未亡人、そんな人はこの世にいなかったわけじゃなくて

その「人数が増える」ってだけですよ

そして、職域接種の夫が早々に死んで片親になったからといって、そりゃ「自分が死にたい」くらいに追い詰められる人も出てくるでしょうけど

それはそれで、女手一つでお子さんを育てながら仕事してちゃんと生きてるし、立派に親業をやっている人もいますよ

今現在だって、ふつうにいるんです

それが「いない」のであれば、大問題ですけれど、いますからwww(うちのお客様にだっています)

人間というのは、そうなったら、必ず「その人の、潜在的な、底力、能力、逞しさ」を発揮するのです
(こういう部分が、いわば、「カバル世界において、鍛えられてきた、本質発揮の舞台設定による副産物」ではあるのですwww「それがなかったら今のその人はいない」という部分、感謝できる面だって見つけられる、人をアセンションさせている要素にもできてしまう、そのくらい、人間というのは「凄い存在」なのですよ)





「日本人は金持っても、また悪魔に貢いでしまうから」これに危惧があるとしたら

一言でいうと

「精神的に、自立していない」「自分の人生の責任を他者まかせにする」そういう傾向

ここに尽きるんですよ

まぁ、それが、「8割が治験ワクチンをよく考えずに流されて打ってしまう」というような、恐るべき日本人の傾向
確かにそれはあるんですけどwww

コレ別に、旦那に食わしてもらってる経済依存しているちゅぷさんがた云々とかじゃなくて

生きてる日本人の多くが、大半が、そうだったんですからね(笑)





だけどさ、その「狡猾なお人好し日本人を騙す人たち」が、生きてけない、その波動状態の「お金」の世界
それが、QFSなのよ?

そういうことに、お金をもう貢ぎたくても貢げない(笑)
そういうことで、お金をもう稼ぎたくても稼げない、という…

それが、QFSですよ

だから、騙されたくても(笑)もう、騙されることも、それがそもそもできなくなるのです

騙してくれる人たちじたいがいなくなるのです

依存できる仰ぎ見る面倒見てくれる(と勝手に一般国民がそう思っていた)優しそうで人間味でもありそうに演じていた、そういう手前勝手な人たちじたいがいなくなるのですよ

わかるかな

要するに「ごまかしがきかない世界」ですからね

何度も言ってるじゃんwブルーアイランドといっしょだってwww

ブルーアイランドは、そこそこ善い人、良い人だった人には悪くない世界ですけれど、底意地悪かったり(笑)ほんとうは他人を腐していたり、小馬鹿にしていたり、他者を犠牲にしていたり(そこに何の疑問もない)裏表あった人にとっては「本性の世界」だから
仮に、生前、そこそこマダムだったり、良い暮らしをしていたとしても、心の中は優越意識だったり、いつも他人と比べていたり、自分のステイタスのために他者利用をしていたり(それがピラミッドヒエラルキー、偶像崇拝の元なんですよ)、そんな感じだったとしたら、その本性が顕れる世界を、自分で創造するわけですから、あんまりそういう人々には気持ちのいい世界ではないと思うよ(笑)

今までの世界では、善い人のフリ、良い人のフリ、世界のため社会のためとか、綺麗事でごまかせれば、生きてこれたんですよ
(死んだと発表された、今後の展開の「トリガー」って言われてる、とかげ女王(笑)とかwまさにそうでしょう? 「ニュース」で、世間で、今まで功績がある人凄い人と偉人扱いされてきた有名人、著名人、財界人、どんどん消えていってる、死んでいってるでしょう?)

そもそも、そういう表面上のそれができなくなるので、「素」で生きるしかなくなるわけだから





「発表」がされればね~www

大混乱はあっても、「そうなる」とは思うので

私は、もうそういう「なんとなくのカルマ罰ゲーム」な世界という、認識そのものが変化していくと思っているんですよ

それにね…旦那が死んだら収入に困る路頭に迷うちゅぷさんたちだけじゃなくてwww

あたしだってさ…「別の意味」で、うちの人いなくなると、「すんごい困る」そのくらいの「IT依存度」ならあるのよ

あたし、自分でスマホ使えないんだから(爆笑)

電話機能としてしかアイフォン使ってないレベルなのよwww

なので、ツレが死んだら困る人は、単に経済依存している人だけではありませんから

今、「自分の能力で食えているとは言い難い」っていう方もw

そんなに「不安」にならずに

もし、大黒柱の家族が職域だので、がんがん打ってるなら

まず「目覚めさせる」ことです

じゃなきゃ解毒だってしないでしょうから、そりゃまぁ余命は言われているとおりかどうかはわからないにしても、何十年もこの先を生きることはない人とはなるでしょうから

むしろね、もう、どうあってもこの人無理だわ、って場合はまぁ、あなたが必ず骨を拾うことになるわけですから(家族だとそうなるんだから)

そういう目線で(笑)目覚めないご家族とか血縁については

くっついてるも良し、離れるも良し、でもどっちを選んでも

あなたが決めたことなんだよという、ここは変わらないから

それだけですかね

(血縁でも結婚して別戸籍をもう持ってる兄弟姉妹だとか、そういうのはまぁ、別と言えば別ね。より、特に責任もなければ、死んだ後始末もほぼほぼ必要ないでしょう。そういう場合の兄弟姉妹が産んだ残された子供は、まぁ、身寄りがまったくなければ、血縁、血筋を頼ることにはなるのかもしれないですけれど。ほんと、カバルは、最後にとんでもない「置き土産」を人類に残して去っていってる…とも言えるんだよね)





先行して、金の裏付けのある通貨改革を進めているロシア中心のBRICSですが
(とろいメリケンに業を煮やして始めてしまいました~風味ではありますが、これも「作戦」だと思いますよ。もう、形として、カバル主導のピラミッド社会では成立していかない様相を、実現していけるんだ! できるんだ! というのを、カバル社会どっぷりの国に見せてるんですよ)

ぷ~様が、どっかのロシアの中学校かなぁ、子どもたちに「教える」ってことで話してた話

「ほんとうの自分を見つけてくれ」って言ってたよ、子どもたちに

本当に自分がやりたいこと、やってみたいこと、自分に嘘をつかないこと、他人から見て格好いいとか生きるに有利だとか(笑)そうではなくて

本当に自分がそのようにしたい、っていうことを、そうする人になることで

そういう本当のその人になることが、それが要は国を強く豊かにすること、国の役に立っていることになる、その人の使命というならそれがそうなんだよと

なんかスピってるわ~、と思いましたけどwww

なんとも人間存在の「霊的、魂的な、正論」を子供に伝えていました

あたらしい時代は、正論とか綺麗事を言う、ほんとうにそのように生きる人が活きる時代

次の「上」、カバルにとってかわるネオカバル(笑)のリーダーたちは、強いて言えば、そういう人間社会デザインを望んでるということ

新時代の方向性として、ロシアは、「子供を大勢産んで育て上げたマザー」を偉大な人として、勲章とご褒美のお金を贈る、とも発表してましたでしょ

決して「地球にいらない子、いらない人」なんてつくらない

それが新時代なのですから

だから平等ゲサラは、「日本だけハブる」ってのも(笑)それはそれで無理があるのですwww

ただ言えるのは、「自分に不正直な生き方の人、他人軸の価値観の人」自分では何も考えずに、ただただ周りにおんぶに抱っこの、責任逃れの上手な人間を、これからも「ひたすら頭数だけ増やそう」とはしていないな、ってこと

厳しい? って思う?

いや、厳しくないのよ。それがほんとうは、今までも「本来の姿」だっただけだし、そのほうがけっこう「効率がいい」のですよ(笑)
「苦しみ」「痛み」ももちろん人を成長させる側面はありますから、それはそれでいいのですが
人は、心に正直に、自分自身が後悔のない幸福を感じる、自分の好きな生き方を選んでいく、そのほうが、愛のエネルギーを自然に表に出せる人になっていきますしね

なのでただ「子供を産めばいい」ってわけではない世界にはなっていくとは思うよ

製造責任(笑)とは言いませんけどwwwでもまぁ、結果的に今までだって何かと「親」となった人というのは、それなりに製造責任もあったでしょ?
その製造責任のやりかたまで、お上に指導されて、「他人軸」だったことに気づいてこなかったのが、多くの日本人。子供のワクチンスケジュールもそうよね。
「人前で恥ずかしくない子供」をつくるのに親は必死。「人に迷惑さえかけてなければそれでいい」くらいの水準だったでしょ?

これからは、プラスアルファが、出てくるとも言えるわけですよ
もう騙す人たちはいないのですから、「自分が自分を騙していれば、自己責任で自分を創造していくことになる」いよいよ誰のせいにもできない、本当に自己責任の創造の世界なんですよ~みたいな話です

そういう点では、今までの「爬虫類の悪魔にだまされてた世界」のほうが、ソフトに感じられる人にはそう感じられると思いますwww
なので、私たちは、今後も自分のもっている囚われた色眼鏡ははずしていく必要はあるのですよ

その「色眼鏡を外しやすい世界」をそもそも用意してくれる、人類へのお膳立てが、QFSかな? と

初の人類解放を成功させるのは、WHだけの力ではなく

この世の主人公である、私達それぞれの意識なのですからね










「自己愛ヒーリング」



「Life Task」



「万能水晶etc」



「希望」



「宇宙意識2022」


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page