アーカイブ
2022年07月22日の記事のリスト

「今まで」と「これから」

2022年07月22日 (金) 00 : 43
昨日は渋谷に行ってきたのですが、山手線内の電車広告テレビニュースで見ました

あべちゃん国葬は、9月27日に決定したようですね
この日が、日本にとっては、ターニングポイントと決まったということなのでしょう

それと東京都は567感染者数、過去最多の3万人超えだそうですね

19、20、21日の3日間で、約1万人ずつ、数字が増えているそうです(笑。なわけあるかい、なんですけどね…)
19日11018人、20日20401人、21日311878人

「第7波って凄い」「567怖い」…と、今でも567脳の人は、そう思うのでしょうか

東京都の人口は14,029,726人ですから、約2%、100人にふたりが風邪をひいているということですね

過去最多で100人に二人、これが多いのか少ないのか、よくわかりませんが
意外と人って風邪引かないものなのかなぁ、と感じます

(ただこの数字は、今でもPCR検査によるものなのかもしれませんし、「てきと~に作ってる」のかもしれませんから、実態としてはもっといるのかもしれないし、もっといないのかもしれないし、わからないです)



さて、わたしたちの日本ですが(笑)

まぁ、見事な取り残されかた(表面上の変化のなさ、及び、悪い方へ行ってるように観える)を、これからもまだしばらく、経験していくことにはなりそうですねwww

シンゾー国葬が9月27日ということならば、あと2ヶ月は、世界緊急放送はないと思います

メリケンさんが動き出すにも、売電爺さんが退任することが、まず必要ですしね

ですが、もうさすがにみなさんも、「流れ」として、「今までのアメリカは今後、維持されていくことはない」つまり、カバル支配のアメリカや欧州カバル諸国の終了も、秒読み、ということはおわかりかと思います

「経済崩壊」の様相も、そろそろ日本でもきっと、そこだけはやたらに不安を煽っているのだろうな、とは思われますが、
それも長くは続きませんので、「変わらず楽しくやりましょう」と言っても(笑)まぁ、それも無理かもしれませんけどwww
心配するような未来要素はゼロです



しかしながら、同じ現象を見ていても

社会はムーンショットに着実に駒を進めている、と見る人と

黄金時代の幕開けのステージへとコマを進めている、と見る人

なんとなく、ですが、二通りいます

黄金時代を伝える人も、「両天秤」のように(笑)どちらも混在している人も

私は、「黄金時代の幕開けのステージへとコマを進めている」のほうの人なんですがwwwww

「大丈夫よ~」だけ言って、怖がる羊たちをなぐさめる(笑)

それでは片手落ちかもしれませんからwwwww

今まで」について、と「これから」について

というふうに、わかりやすくお伝えしたいと思います



どう分岐していくのか

WHアライアンスはどう動かしているのか

そこを見ながらも

「今まで」こう動いてきた、という部分

あなたは、どちらが好きですか? 

これを見なくてはいけませんから



突如として、浮上してきた、私たちの前に知らされた統一教会というのは、ものすごい伏線というのでしょうか

「支配社会に流れる根幹思想」を持っていたことが、わかってきました

しょぼくないです(笑)

でも、私は色々思い出しながら、この「ムーンショット」という「名称」の中にまで組み込まれている

(「moon」というのは、統一教会始祖の文鮮明の名前なんですよねwww文=moonでした)

そこに気づきました



「日本のムーンショット計画」も終了ですけど

「こども家庭庁」というのは、なんと統一教会の入れ知恵の名称変更なんだそうですねwww
名称変更になっていたことを知りませんでしたけど

この「こども庁」が謳う未来計画、知っていますか? 
お子さんを持つ親の方は、検索して、見ておいてくださいね。前にも、記事でお伝えしていると思います

「子供は、国家が教育する、国家が一律管理する、国家のための人的資源」というような、軍隊計画というか、完全に「人権ゼロ」のようなwwwちょっと目を疑う内容なんですよ。。。
ものすご~く。気持ち悪いです。
(一見、アドレノクロム要員の確保にさえ観えるんです…)

でも、統一教会信者を見ればわかりますが、要するに「人権がない」のです、あの人達って。
ないです。
私は、色々思い出していて、「何が気持ち悪かったのか」の根幹は、それだ、と気が付きました(笑)

思考と感情の自由を許されていない=人権がない」ということに、信者が、まったく気がついていないのです

へんな話…

苦しむことさえ、許されていない」そんなマゾっぷり(笑)なのです

(「ムーンショット計画」も同じですwwwww知っている人には「共通項」がわかります。「苦しむ自由」さえ、奪われるwwwww一見、「解放」なんですよ。身体の不自由、個性の不自由、苦しみから、解放される、何不自由ない世界」を謳っていますからね)



何か、教会のためにしなくてはならない「奉仕」ってありますでしょう?
献金だけではなく、達成しなければいけないとされる仕事があるのですが、それは私がいた頃なのですが
「タダ働き」でかつ「ハードワーク」なんですwwwww
睡眠時間3時間、4時間、とかで、朝から晩まではたらかされていました

私は、それはやってないですwwwwwそういうのは、「一切を捨ててメシアに尽くす献身者」という「尊い存在」とされた人々が、やっていました
オウムで言うなら、「出家信者」です

私は虚弱体質のオーエルですからwwwww「絶対にできましぇん」ということで、「在家信者」を選びました
それでも、そのぶん、カネは持っていかれるし

それはそれで、一般社会で稼いでいますから、「自分の給料」稼げるわけですので。そういう存在も、必要なんです。
で、そういうのをね、「自分の」ってだんだん思えないメンタルというか、そういうタダ働きで、がんばっている献身者の人たちを見ていると、「自分が贅沢をしているのが、申し訳ない」気持ちになってくるんです



苦しむことさえ、許されていない」マゾっぷり

そこに戻りますけどwwwww

「メシアのために、働くことが苦しい」そう思うことじたいが、「サタン(悪魔)が入る」という考え方(どっひゃ~~~)要するに、悪魔がちょっかい出してる「堕落性(堕落した人間の思考)」とあそこでは呼ばれるものなのですが
そんなふうに、言われてしまうのです

それは「神のためにはたらく、歓びである、そのハズのもの」という…

この刷り込みが「奴隷化」「奴隷洗脳」なのだと(笑)当時の私ですら思い至ってはいなかったでしたよ
(今は単純にシンプルに、そうだとわかりますけれどね。人間というのは、自己存在の自信というか「裏付け、存在意義」をものすごく欲しがります。「認められる」ことや「使命」やら、「生まれてきた目的」やら。でも、自分ではそれがわからない。そこへ「これだよ」という「人間なら、誰にでもどことなく共通するような、なんとなくハマるカタ」を持ってこられると、「そうならなくてはいけない!」という、「~ねばならない思考」へ行くんです。日本人の場合、とくに、小さい頃から「学校教育そのものが、カタ志向への誘導」軍隊教育ですからwwwそこに、ハマれなかった人、もやっていた人、それもまぁ、いいカモなんですよ)

う~ん…う~ん…

これは中にいたものでないと、絶対に、絶対に、「どうしてそれに従えるのか」は(笑)きっと、言葉で説明しても、わからないと思いますwwwww

まぁ、「メシアの奴隷、意のままに動かされていることが、人間として生まれたことの、至福の使命に出会えた、私は最高に幸福な人間なのだ」
そう、心から思える「苦労自慢が大好き」な傾向が、もともとある人にとっては「がっつりハマる」生き方なのかもしれないし、それもいいのかもしれません…

そして、本当に「世の中の全員がまったく同じ価値観」となれるなら、その集合体はそれでいいのでしょう(笑)
バカでもわかると思いますがwww「絶対にない」ですよね
ですが、それを「強権政治で実現する」ことなら可能です
それが、自民党の、あべちゃんが夢見てきた「憲法改憲」から描く日本の将来完全なる支配図でした
ですから、統一教会信者目線ですと、安倍晋三っていう人は、彼らの目指す未来にとっての「最重要人物」だったのだそうです
(FC2のいち信者ブログ程度、っていったらアレですが(笑)そういう表現していましたwwwww「何をどう教えられれば」そう考えられるのか??? おそるべき洗脳と思います。でも「それを56しちゃった二世問題」ってやつ(笑)を嘆いてるのですwwwwwなぜなら、「それくらいしかねない」レベルで、親と二世の摩擦があるからこそ、そう思うんですよ。いいことです。自分たちが臭いものにしてきた蓋が開かれたのです。いやいや。そんな「いくつにも日本に潜伏してきた闇を表に出す」そのための演劇、「キャスト」ですから。あの手作り水鉄砲の人はたぶん「架空の人物」です。だから「京王線ジョーカーと同じ」なんだってば。銃弾に倒れたあべちゃんに寄り添うクライシスアクターの一人のメガネかけたオトコは「笑ってる」んですよ? しかもやっぱりハルヨ同様に京王線ジョーカーでもアクターとして逃げる乗客やってます。「わかる人にはわかるように」あまりにもわかり易すぎる演劇なんですけど。それでも、そこから、「日本の水面下で暗躍してきた闇を、表に出す演劇」としては、最高のキャスト、演出だったのです。白帽子の駒の進め方ってゴイス」そう思いませんかね? シビレますwww



ちなみに、「洗脳の常套手段」なのですが、「言葉を共有する」というものがあり、教会独自の「用語」があります
中の人にしかわからない共通用語、概念
これを「共有させること」により、連帯意識が生まれていくので、洗脳がより強固となります
共通用語を、反復、繰り返すことで、「そこでの常識化のエネルギー」が生まれていくからです
(567も、毒ワクチンも、そうですけどね。「567ありきの社会」「マスクありきの社会」「ワクチンありきの社会」は、たった一年の、メディア反復繰り返しで、できあがりましたでしょ? どっちを見ても、567、567、ワクチン、ワクチン(笑)「感染症対策ありき」まぁ、そうなります。これはヘブニーズなんかも「反ワク風刺」としてやっていましたが「ワクチンワクチン」うるせ~歌つくって配信していた、あれもやっぱりパンピーたちの無意識コントロールでしたよね。いかにも「気がついている人の心の支え」を演じながら(笑)「打て打てチューシャ」なんですから。ほんとカバル手下って爬虫類魂な気色悪い人たちです)

それと「秘密の共有」ですね
「中の人同士しか知らない」それが、統一教会には「たっぷり」用意されています
これは、「悪魔教のやりかた」に、ソックリです
悪魔教も、「一旦、足を踏み入れ、内部の秘密を知ってしまった人は、互いに弱みを握られる」ため、絶対に口外できなくなる、構造がありましたでしょ? 中での結束が固くなっていく、外に情報をもらすものは裏切り者として処分される恐怖があるので、口外しません

私も誰彼かまわず、話したことはありませんでした
恐怖というよりは、「まじもんのお恥ずかしい黒歴史(笑)」であることと、あまりに一般の人間社会においては「理解不能レベル」であろう(笑)思考回路構造なので、話しても伝わらない、自分が誤解をされてしまうデメリットがあったからです

だから、統一教会の信者が死んだら行く未成仏幽界(信念体系領域という未成仏霊の集合体の領域)があるわけですwwwww
かわいそうだけど、「なかの人たち」以外には、「一生、共有できることのない心情、信条」だからですね(笑)

(前からさらっと言っていましたが、「ムーンショット計画」というのは、結局、サイバー空間に、脳を繋ぐ「死にたくても死ねない」永遠にこの「信念体系領域の中に、個性と全体を、封じ込める」やりかたなのです。脳のプラグを「すっと誰かに抜かれれば、終了」するのかもしれないですが。「永遠に楽しく、脳内で生きられますよ、他者と経験を共有できます。ワンネスです」みたいな内容なんですけどね)



この信念体系領域は、その人が「生前に信じていた固定観念」が強固な人が行く領域
「宗教信者」というのは「そうなりやすい」存在なので、生前に固く信じていた概念を持った同士で、そういう「電磁場」をつくるわけです(笑)
何十年もその生きかたを選んできた、そこに、ひとつもギモンがなかった人なら、「直行」する(笑)ことになるのでしょうね

さんざん苦労して、到達するのがそこで

且つ、「地上の人に結局、のちのち迷惑をかける(笑)」存在となるwww(たぶん日本人なら一番生理的にソレは嫌なはずなのに)

あたしは、そこに気がついて欲しいとは思いますがwww

ちなみに

ここまでの酷さ(笑)があの団体に継続されているのかどうかまでは知りません

30年前はそうだった、という話です

私が、その「献身者」というどっぷりフルバージョン奴隷化を逃れたのは、「いや…身体な軟弱な自分には…こんなこと絶対にできない…」という、風邪ひきやすくて身体が軟弱だったおかげ(笑)でもあるのですwwwww

見てると「24時間戦えますか?」みたいな^^世界でしたよ
起床から身支度10分(笑)みたいなwwwすべて時間割決められていて。「個人の自由時間」が与えられていないというか。考えてみると「刑務所」みたいですね
献身者に許される持ち物は、確か押入れクローゼット用の引き出し、プラBOXみたいなのありますが、それひとつ(笑)だったと思います。
色々、思い出してくると、凄まじい「狂気の世界」ですねwww

(ただこれも、見ようによっては「断捨離」みたいな(笑)側面もありますよwww「物質にとらわれない」という「物質を求めない精神修行」の一環なのですwwwで、人間というのは「なきゃないでけっこうイケる」ことを断捨離とかオススメする人たちは、モノがないほうがいいって言いますでしょ。確かにそこにはエーテルレベルにおいての「祓い」の効果があります。ですが、統一教会の場合は、そうやってスッキリさせたところに「御言葉」という、エーテル情報が詰め込まれていきますwwwもうね、どこでどうやってそういうシステムを取り込んでいったのか、統一教会の歩みはよく知りませんがwwwほんとうに見事な「それまでのその人を捨てさせて、あたらしく概念を刷り込まれた教会のための戦士をつくる」そのための「洗脳システム」を使っているのです。その人がその人のために「もういらないかな」と思い切って過去の不用品を捨てる、その意志で行うモノを捨てる行為、それとはニュアンス違いますよね。でも「断捨離流行」これも「仕掛け」ですからね。SGDSへの流れのための(笑)。パンピーたちの世界も、それはそれで、ゆるやかに仕掛けられてきていたんですよ。奴隷にモノで溢れさせ、モノでいっぱいの雑然とした家の中を経験させ、「いらない」と思わせて、モノを捨てさせる。モノがなかった時代の教育のほうが優れていたね、と昭和回帰、ソレ以前の教育勅語くらいの軍隊教育のほうが人間には良かったのでは(笑)とかね。でもこれも「色々捨てさせられるのは奴隷だけ」だとわかったほうがいい(笑)のです。そうやって最後は「人権」も捨てさせる、家や財産も捨てさせる、SGDS、ムーショットがそれですからwwwピラミッドの支配側のほうの人たちは支配権は「既得権」は捨ててません奴隷にだけそれを命じる。捨てることができた奴隷は、それをありがたがって、「断捨離教祖」をあがめているwwwその断捨離教祖というのも、や~っぱり「血筋」「人脈」の人たちなんですよwwwなんかもう、ものすごい「包囲網の世界」だったんですってば、この世って)

身体が丈夫でしたら、やっていたのかもしれません
そこはわかりません

「自己犠牲美化」は、ここまでではなくとも、日本人のメンタルに、植え付けられています
どっか「演歌」なのです(笑)
「芸のためなら女房も泣かす~」の世界、「人に尽くす」ほうに感情が動く人も多いのでwwwww

そもそも、「10月10日子供がお腹にいる間に、風邪薬飲まずに生きられる自信がありませんから、じぶん子供産めないです」と思っていましたし
妊娠中は、いかなる薬も飲んではいけませんからね。その知識はありましたから。ワクチンなど(笑)もってのほかですw
(当時は西洋医療を疑うことのない(笑)「風邪引いたら抗生物質だろ」のケミカルまんせ~タイプの20代。私を虚弱にしていたのは、この抗生物質の多用もあったんじゃないだろうかと思います。抗ウィルスのための薬ということだから早く治るんだけど、「抗生物質の害」って知るとがっくりきます。飲まないほうがいいですよ。20代の会社員時代以来、その後は30年飲んでいません)
結婚じたいに、願望も憧れもなかったというタイプでしたから
(それはそれでカタワだとは思いますが)
団体だろうが、神の子だろうが
そこを切望していないメンタルの人間としては

まず個人の確立あってこそ」そう思っていましたのでね

のちに、スピブーム的には、そうなっていきましたよね。「まず、あなたがあなたを幸福にする」という

私はやっぱり、順番としては、「幸福な人じゃないと人を幸福にできない」というほうがwwwww「そうだよね」と感じますし、そのほうが、モノゴトが順当に流れていくのでwwww
こっちのほうが正しいと言い張ることはしませんが

(笑。「自分を否定する」否定して否定して、「決められた到達像」という外部につくった偶像へ近づこう、似たものになろうと邁進するのが好きな人々のそれはそれで「趣味、やりかた」として否定しません)



ちなみに「尽くす」っていうのは
絶対に、相手にはわかってはもらえません

なので、感情的な見返りを1ミリも求めないでほんとうにそれをやるなら、まぁ、それが「奉仕」です

間違ったものに奉仕のエネルギーを使っていく、それがカルト宗教

「見た目は」WHアライアンスがつくろうとしている世界も、よく似ています(笑)

他者奉仕が楽しい人にとっての居心地は、今よりも、ずっと良くなっていくはずです

違いは、「自立」「個性」「選択の尊重、他者の不介入」それが、残されるか、残されないか

その違いでしょうか

それに、「他者奉仕が義務化」ではありません。ベシカムが、それをものがたります。
「してもしなくてもいいし、したほうが楽しいと、あなたが思えるなら、あなたがそう思えることをしてください。あなたが望む自己研鑽、学びをしながらで。それもすべてあなたの選択の自由ですよ」そういうことですよね

人間の感情の選択の自由」は、黄金時代には、残ると思います(笑)



統一教会的なのは、悲しいかな、「内輪でぐるぐる回って、まとめてそれがすべて「上」に吸い上げられていく、「一方通行」な奉仕となります(宗教団体は、ほぼほぼ、そうですね)

「循環」を「リアル」を、ほんとうの意味では経験できません
手柄はすべて、「団体」のその「上」が持っていく、そういう大黒柱エネルギー循環構造ができているからです

「上」がなんなのか
今までの社会での私たちには、それがずっと「目隠し」されてきましたから、そのやりかたで良かったとは思います
統一教会に限らずの話

「わからないんだから、やっぱり、仕方なかった」のかもしれないと

私たちは、それぞれを赦し、「今まで」を認め受け入れる必要はありますが

「知ってからも」それ、続けていくことがいいですか? やっぱりソレを選びたいですか?

「悪魔」の「永遠のピラミッド搾取支配」なのだとわかっても? ということでしょうかwwwwwww

まぁ、だから、それぞれが何を望んでいるか、その人その人の「信条」「選択」「趣味」「志向」と言えるのです
日本の会社組織も、似たような構造ですからね

組織のためにはたらくというのは、そういうことでしょうか
それが無常の喜びの人々には、それはそれでいいのですが、その「組織」が、組織のありかた、存在のしかた

そこが天下の分け目
天国と地獄の両方向を持っています

「統一教会」のようなありかたは、信者さんがたには残念でしょうけれど、足元の、土台の、日本を潰している、「日本人にとって、世界市民にとっての「害虫」になっている」ということに気がつけば、考えも変わらないでしょうか? ということでしょう

「え~。でも、アライアンスが害虫の大掃除してくれているんでしょう?」

なぁんて。そこに「頼って」いるばかりではいけませんよ(笑)

アライアンスが大掃除をしてくれているのは、完全な害虫だけですから
害虫の子分になりたかった、害虫を偶像崇拝してきた、今までの社会で洗脳されてきた「不完全な人々」までは、一掃はしないと思います
彼らも被害者ですし、常に「気づき」を促している、その個人の選択にゆだねていると思います

一応、聖書の神は、何度も地上の人類まとめてリセット(笑)テーブルひっくり返しをやっているんですがwwwwww
「三度目のそれはしない」という、そこを信じるしかありませんwwwww
(もう大洪水はやらないからさ、って約束してくれています(笑)。ありがたいです)
でもそれも、やっぱりWHたちが、いてくれたからなんだと、私は偶像崇拝はしませんが、そこには感謝をおぼえます

私たちはそれぞれが、自分が「一柱」の光の柱となっていくことを促されている

黄金時代は、それですからね




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page