アーカイブ
2022年02月06日の記事のリスト

今後の世界の考察

2022年02月06日 (日) 00 : 00
さて、「自分は黄金時代が来る」という前提のお話をし続けていますが

読者さんの中には懐疑的な方も多いでしょう^^
私も「絶対」とは言い切れない、断言できない部分があることはあるのです(笑)
あるのですが、そこを整理してみて(希望的観測のこじつけではなく)「これは、来るかな」と言える点をお伝えします

日本の政府のやっていることや、言っていることを見ていると、「いやそれはないでしょう」の流れを創出しようとしているようにしか観えないですし

やっぱり567和久ちんは今後も時間をかけて酷い話となりそうな展開しか予想されない、何一つ、いい要素がないというのも実際なんですが。
ただ、当初触れ込みによる展開の想定よりも、全体から見ると被害者のボリュームじたいは少ない感覚はあります。

これは実際の医療現場ではたらく人々の肌感覚のすべてを知るしかないのですが、それも無理でしょう(笑)
何しろ、医療現場の人たちは、567和久ちんが医療者からスタートした、一年前からそうですが、「情報を表に出してくれる人」がほとんどいませんでした。
今は声を上げてくれている病院や医療関係の方も、わずかに増えてはいるものの、誤差レベルにしかwww増えていませんからね。

なので、残念ですが、「何かが起こっていても、病院という閉鎖空間の中で起こっている」だけで、一般人の認識に繋がるレベルにはなりません。
でも、それでわかることですが、「ほんとうの異常事態レベル」であるなら、どんなにそれを医療業界やマスコミが隠そうとしても、もうさすがに「目に見えてわかってしまう」わけですから、そこまでの異常事態にはなってはいないんだな、ということが現実化していることだけはわかります。
(「40万♪ 40万♪」の歌にあるように。まぁ、40万人くらいの酷い薬害にはなるとは思いますが、「ばったんばったん死」のゾンビ世界は実現しないと思います)

シェディング二次被害に関しても警戒レベルは自分が考えていたよりは毒性感染力は高くない感じはあります。
感染力はあるのかもしれないですが、弱毒性ですよね、今のところ
(だから「気が付かない人はほんとうに気が付かない」わけなのですがwww歯がゆいですけどwでもこれは、ありがたいことではあります)

これは、贔屓めに見てしまうとですが、やはり、「相当懸念された、ほんとうに作ろうとしていた破壊的な毒和久ちん」は、予定よりも早く出し過ぎた(虎に急がされた)ために、計画倒れな、中途半端な毒(笑)を巻くことしかできなかった結果…とも言えてしまうのです
(だから時間の経過した「3回目」はスタートからこの1年で進化している可能性ありますし、やめておいたほうがいいということ。そして子供もね)



そして、懐疑的の要因として言えるのが

まず567和久ちんのことを伝えてきた人々も、「タイプがまっぷたつ」という方向性があります

ネサラゲサラ、光の時代に向けての展開、その方向で話す人、いわゆる、虎やQを英雄視する観方の人と
(但し、厄介なことに、この中も(笑)「撹乱要員がわんさか」というwwwいやまぁ、「これがカバールの手なのか」的なwトンデモな人々も山のようにいたこともわかっています)

虎もDSのパペット、DSの計画通りに世界は進んでいるし、もうほぼほぼ壊滅的に将来はパンピー完全奴隷化一本道、世界は日本は地獄になってしまうの予想を、一貫して伝えている人々と

実はこれ、どっちも信憑性があるわけです(笑)
そして、今のところは、後者のほうが、見た目優勢と言えます(笑)
(撹乱要員がいるということじたいが、「やっぱりインチキな作り話なのね」ということを匂わす、落胆を誘うと言えることでもあるのでwwwそう見えちゃうんですよね。私はこれこそが、「そろそろなのかしら」と思えてるんですけど、まぁ、そうは思わないですよね普通は)

このまま行くと(というか、庶民は「このまま行くと」の流れに抗うことは、まぁ、まず不可能ですよね、いずれにしても)

生きていて、イイコトなさそう…しょぼぼ~ん…と思う人は思うだろうなぁ~、に観えますよね



この「キーマン」となっている人は、やはり虎さんです

しかしこの虎さんじたいの「背後、経歴情報を流す人」により、人物像が、やはりまっぷたつなのです

「これ聞いちゃうと、確かにまぁ、そんな一般人、凡人どもを救う「綺麗事」のために命がけの仕事をやろうとする人なわけがないな」という話も、実際にわんさかあります(笑)

そして、カバールのパンピーたちを騙すそのカバール「役者っぷり」の常套手段については、私もお伝えしてきたとおり

なので、まさに今までのすべて「パンピーたちを信じさせて油断させるための、まさに演技」だったんだよね、アドれのくろむ、とか(笑)子供の誘拐とか人身売買撲滅なんかのためじゃなく(それがもっとも、人が心をうごかされる綺麗事の最たるものとも言えるので)

救出された子供なんて、誰も見てないし

自分もカバールなのに、カバールの資金源を断つためのQFSとか
(だいたい量子金融システムに使う技術のイーロン・マスクじたいが相当やばくね? という)

ましてや、「世界を平等に評価するネサラゲサラ」なんていう綺麗事はあり得ないし

パンピーたちを平等なスタートラインにのせるなんて

カバールがそんなことを絶対にするわけがないじゃん

そこにいったいカバールになんのメリットがあるの?(スピリチュアルな美辞麗句以外に)とも言えるわけ

強いて言えば、現行の資本主義を続けていても、大金持ちがいくら紙の紙幣、ドルで稼いでいてもそれは実態のないお金なので、いずれ破綻することは観えているため、そこは切り替え時だな、っていう話じゃないでしょうか?
(これは金持ちにとっては実に痛い話ですよ。だから、財産保存させたい「持ってる人々」にとっても切実なんじゃないの? ってところじゃないのかしら)



これはですね…

究極、

「人は変わる」「人は成長、変容できる」「人の過去の行いを赦せる」そう思ってる人と

「人は変わらない」「血筋のまんま、動かされていく」「人の過去の行いを一切赦さない」そう思ってる人とで

そこで、大きく見解が分かれるのです

私は、自分自身が前者の典型(笑)なんですwwwwww

まぁ、生まれた時は高次の光の賜物(子供はみんなそうでしょう)~成長していくに従い悪人予備軍街道~悪人になりきれなかった(なりたくてもならせてもらえなかった)悪人~落ちぶれたどん底の人~石により気づきを促され(やっと高次の光に繋がり)善人を目指す普通の人~善人でありたい自分の良心で動きたい人(そして良心が世界をつくっていける世界のほうが、圧倒的に「人のパフォーマンスが上がる」ことを知っている人)
…という感じでしょうかね(笑)

必ず、人生過程で、間違いに、人は気付けるのです

そうすると、自分も、他者も、やっぱり赦せるというか、赦すしかなくなる(笑)んです

虎が過去に一時期エプスタインとつるんでいたのも本当だろうし、複数の女の子をヤッちゃった(笑)というのも、そうだろうと思います(笑。これは前にも言ってましたよね)
虎が大統領になってから、過去に虎にヤラれちゃった被害者として女性たちが名乗りをあげていますが
(たぶん、それ相当の謝礼をメディアにもらって)
これも、事実、あったことなのでしょうし
(ただ、「被害者が言うレイプ」は微妙です。エプスタインのお家へとのこのこ出向いてる時点で。何かを騙されたのかもしれませんが、成人したオトコの待つ密室空間に自分から出向く、それは仮に10代であったとしても「落ち度」ではあると思いますよ。日本にはピンクレディーの「オトコは狼なのよ♪ 気をつけなさい♪ 年頃になったなら慎みなさい♪」「この人だけは大丈夫だなんて~うっかり信じたらダメダメダメダメダメよ」という、なぜかありがた~い「カバル教え」の歌もあったじゃないですかwwwこれも実際に「この人だけは大丈夫な人」というのが、「貴方をほんとうに好きな、貴方を愛してくれている人」ではありますけどねwwwメリケンには、ピンクレディーの教えはなかったんですかね?)

その後、虎が、メディアなどで「オンナはカネに寄ってくる」とか「マ◯コども」的に侮辱発言していたwみたいなものも本当ですしwww
(まぁ、これはイケなかったですねwwwのちに大統領になるならwそんな「本音」をテレビで言っては(笑)。でもそれだけ「正直」とも言えるwわけですよ。これは「金持ちの傲慢」としてw「金持ちが悪い人」として嫌われるアピールにはなるよねwwwでもそのほうが、パンピーたちはお金持ちを敬遠する思考になるのでカバールにとってはそれもいいわけですよ。当時はそれで良かったんじゃないの? メリケンって成功者を讃える文化があるから、そのメリットを利用したいうるさいハエも近寄ってくる率が、日本の比じゃないウザさはあったんだと思いますよ。日本人は表向きは遠慮があるし積極性がないし、公務員じゃないのに公務員みたいな生真面目な人が多いから(笑)、わ~きゃ~そこまでつきまとわないだろうしうるさくないだろうけど、メリケンとかは凄そうじゃない? セレブ賛美が)

あたしはこれ、「実際にそうだから」というのを知っていますからwwwほんとうに「金持ち、有名人、ステイタス」に弱い、お股の軽い頭も弱い女子は日本人でもわんさかいますし、本人それを「芸能人とヤッちゃった自慢する」ひともいるわけです(呆)
でもまぁ、本人がそれを「自分がイイ女で魅力があるから誘われた」と自己満足にしているだけのそのままならそれでいいのです。
被害者名乗る人たちは、メディアという公で堂々とでバカにされたから、腹がたったのだろうと思います。
(日本でも、もうゴムになってるからどうでもいいんだけどw某GOとかwww酷いもんですよ。テレビでは「僕は女性経験は…だいたい、みなさんも知っているくらいの人数ですよ」という「大嘘」を大真面目にお笑い芸人の番組で語っているのを、ようつべで過去に見ましたけれど、こういう大嘘を堂々とテレビで言えるのがみなさんがお好きな「スター」でもあるわけ(笑)。これを過去にヤラレちゃったファン女性たちはどんな思いで見るのかなぁ? とは思っていましたけど。「自分は人数に入ってないんだ…」って、好きだったのに傷つくよね。でもしょうがないんです。のこのこ浮かれて「大勢のファン女性の中から目をつけられたことを喜び、セックスマシーンとして利用された」として、みずから出向いた自分を反省するしかないわけです。こういう存在無視のような傷つけられ方と、堂々と「地位金ステイタスに寄ってくる低能」とバカにされるのと、どっちがいいですか?…って(笑)そもそもが、カバルにかかわらなきゃ(笑)いいだけなんですがw)

そういう女性たちは、「自分がメラニアの立場になれなった人たち」とも言えるし、「プリティ・ウーマンのようなシンデレラストーリに騙されて、自分も大金持ちのステイタスのある男の人に見初められないかしら」くらいの「淡い期待」も持っていたかもしれないわけですよ(笑)
(日本ではデヴィとかがそのクチですね。実際にたまにないわけでもないのだろうけれど、まずない、ってこと)

でもこういうの、やっぱり有名人だからアレコレと、さもスキャンダル風味に言われますけれど、一般人の世界だって(笑)似たりよったりな人々もきっといるんじゃないのかなあ?
彼が一回やったらそれっきり…とかで悩む(笑)だとかwww「いや、それ、最初からそもそも”彼”じゃないよね」だったり
で「騙された」「傷ついた」とか被害者意識に陥ったりね、きっと、あるでしょう?
(日本男子って性欲減退した「草食系」になったんじゃなかったの? 今でもいちおうやることはやってるんだな、と、こういう話があることじたいに、「今時分、そんなにお盛んなのか? 男女って」とも思いますけどね。マスクは外してるのかしら? もっとも濃厚接触なのに^^それはマスク民さん大丈夫なの?(笑)ちなみに、チンコロ毒注射してる男性は「種無し」になってる人いるようですよ。不妊治療で発覚してるようですよね。だからやめろと言ったのに…って話ですよ、ほんと。まぁでも子供作らずセクロスだけはしたい、って男女なら、それでもいいのかもしれないですけどね)
リーマンが社内二股三股とかwwwなんかそういうのも、今でもあるんじゃないの?(オンナのほうがそれをやる場合もあるしね)
五十歩百歩な話ですよ

娘のイバンカ溺愛しているのも(笑)「だから虎も小児性愛者」と結びつけるのはwwwかなり強引かとwww
あたしも、虎がおとうさんでしたら、「将来、パパと結婚したい」と思ってたかもしれませんし、おとうさん以上の男性がこの世にいるだろうか? って思うでしょうから、そりゃ、べったべたにスキンシップする仲良い親娘風味になっちゃうでしょうし、だから、そういう「写真」も残るのです。日本人が思うよりメリケンは愛情表現することに遠慮しないですからw
(そして、虎に反感を持つメディアは、そういう写真を収集し、広めます)

だいたい「親にファーストキスは奪われている…(汗)」って子供、この世には多いんじゃない?
そういう息子を最高に溺愛しているママンのブログとか、日本の「一般人レベルでも」見るじゃないですか^^
(私はスピリチュアル部門のみに興味があるのではなく、「自分には関係ないな」という、こういう普通の人の分野も、一応、目を通すのです)

虎がカジノ事業で成功しているのも、「思い切りカバールでしかない人」とも言えますよ



だから、これは「カバール内の痴話喧嘩」に見せた、旧カバールの目的成就タイプのワンワールド構想なのか?

「カバール内の権力争いに勝利した側」の、旧カバール構想とは、ちょっとタイプの違うワンワールド構想なのか?

っていうところです

私は、「後者」なんだろうな、と思ってるわけ

そして、前にも記事にしていると思いますが

子供は「親の間違い」に気づいているなら、それを正していく、同じ轍を踏まないことも、使命っちゃ使命です(笑)

虎は「究極の親の間違い(もちろん、自分の過去の行いの間違いも)を軌道修正し直している過程の人」とも言えるのかな…と

私はそこを感じられるわけ

これはね、なんとですが、虎の親は過去に「米国への創価学会進出をサポートした人」という(笑)アイタタ…な大失敗をしていると言えばしている(思い切り加担してしまった)そうで、本人も感銘を受け学会員だった? その実態はわかりませんけどwwwまぁ、そういう話を「なので虎もカバール」という根拠に展開している人がいます。例の基督教の人(笑)です

(この人は、「聖書」の教えを展開していますが、ご自身が「人は、その過去の行いのまま、生きているあいだにず~っと人が信条変わらない進化しない」と思っている…ということでもありますよねwwwじゃあ、「神の教え」などいくら広めようとしても、他者をそれで変容させるのは、とても難しくないですか? 人のことを「この人は過去がこうだったから、それはず~っと変わらないんですよ~」って言ってるようなものだから。そこが、宗教信者の「堅さ」というか、聖書を絶対視してしまう、そして、書物の中だけで説明できることに固執してしまう、「自分自身が経験してきた世界じたいが狭い」田舎の人の視点なのかもしれません。ちょっと、極端過ぎる(笑)傾向はあるんですよねwww「自分の見解以外はすべて認めない」タイプというか。徳島県から出て生活したことないのなら(笑)ただの世間知らずの机上理論の視野の狭い、「自分の目から見た正しくない他者のいち部分を切り取って、レッテル張りをしたら、そこから一切許せない人」と言えてしまうし、そしてありとあらゆる世界の階層の人たちがこの世に存在していることを知らずの、「庶民の正義感」だけではどうしても語れない(笑)厄介な地球上にいることじたいが自明なのに、そこに関しては無視ではないですかwww「言うだけはできる」の世界ということでもあるかと)

あそっかというのは、大本教の流れにある宗教団体

(なので、大本教~ひふみ神示の流れですね。私はあそっかにはいたことありませんから、教義は知りません。でも、大本教~ひふみ神示の流れなら、まぁ、魅力的なのではないでしょうか。私自身も、ひふみ神示に関しては、「ものすごくお薦めはできないけれど、お薦め」という、「おっもい~こんだ~ら、試練の道を~」的な(笑)和製魂には響く内容でもあるのでwwwそれと、「すべてが間違いではない」という、部分的にはほんとうに真実もあるので、盲信はしてこなかったながらも、全否定はしていない、どちらかというと部分的に肯定的でしたよね。)

「世界は一家、人類は皆兄弟」って言われりゃ(笑)素養のある人でしたら、そりゃ感銘受けちゃいますよね

(私は、あそっかの信者さんたちも、ピラミッド末端は、「ほんとうに人類の未来を思う良心」を持っている、良い人々が多いのだろうな、って思っていますよ。実際に、あそっか員の人も知っていますが、「この世的に言うなら、とても感じの良い、確実に人に好まれる誠実そうな(というか実際に誠実)人」であり、「人の役に立ちたい」って感じの働き者です。芸能人のあそっか員も(笑)接してみると本人じたいは「いい人」は過去に多かったんですよ。ワハハの久本さんとかね。これも過去に「チェッカーズのフミヤ」が火を付けてます(笑)。まぁ、全部つながってるんですよw)

大金持ちですから、虎のお父さんは、当時「これは素晴らしい」と感銘を受けて、洗脳されて、そりゃ、相当バックアップしたのかもしれません
(金持ちには、そうやって、あらゆる魂胆を持つものが近づき、利用しようとします。あそっかは、過去にそれに大成功していたんですねwww)

米ファイザーはあそっか大株主の企業ですので、まぁ、見ていれば「ファイザー儲けさせるために、567和久ちん」そうも観えますよ
そして実際にしがらみもあるでしょう



やっていることは、そのしがらみを利用した「アラハバキ(スサノヲ・破壊神)」つまり「悪神の目的」も利用しながら「悪神の計画」も実現しつつ

「いや、だから、世界は一家、人類は皆兄弟、なら、文句ないでしょ? これで」という(笑)

悪神の使う常套手段「綺麗事」を、悪神の目的を実現しながら好きにさせて実行犯をパンピーたちに見せて(言ってみれば、これが「悪もお役」という部分)、最終は、綺麗事をホンモノにしようとしている人、「善神」のサポートを受けて…という

「両方に使われている人」とも言えるのです

だから、人によっては、「邪悪な悪神」に使われた人(そう言ってる霊能者もいます)にも観えるのです

私は、「人は親を超える(親の間違いを正す、バージョンアップしていく)」そして、「親離れをした時がホンモノ」と思っています

そして、「親の願い」というのは

そうじゃない親もいるのかもしれませんが

唯一、自分を超える、自分よりも上を行く存在が、それが我が子であるなら、それをもっとも喜ぶ存在、それが親だと思っています

たとえ、霊界にいる虎の親が生前に間違っていたことをしていたと、それにより示されることがあったとしても

高次的には、それを子がひっくりかえしていくはたらきをすることは「望み」であり「計画」なのではないかしら

そして、「高次の状態の親」であるなら、我が子の、ほんとうの意味での「進化」を望むと思いますよ
(たとえ、「生きていたときの、自分の信条や行いを、ひっくりかえされる」否定みたいになってしまってもね。私も、父親の生前の信条(笑)を、申し訳ないけれど、ひっくりかえし続けてきていますからwwwでもこれもね、「親の間違い」ではないのです。それすらも(その囚われをいったん持たせることも)「高次の計画」なのですよ。なので私はあの親であった部分には今は感謝しています)

…という、PSWの今後の世界の考察でした


なので私は予定通り

黄金時代は到来すると思っています

(前回記事にした、悪さやズルができない「いい意味での監視社会」でもあります。なので、この世で「旧タイプの野心家」だった方にとっては、人脈、コネなどを利用した、普通の家の生まれの人が世界レベル一国レベルに名を馳せる「突飛な出世」「国民的スターになる」などはもうそんなにはないかもしれませんから、「身分を固定される、浮上ができない、未来への夢がない世界」と、そう映る人にはそう映るかもしれません。ただこれも実は「今までのカバールが、庶民に見させていた夢(本当は出来レースなのに)」とも言えるのですよwwwというのも、過去記事でお話してきたとおり。どっちの世界でも、そういう突飛なロマンティックな出世は起こらないでしょう(つか、もうひとつの「ムーンショット」はバリっバリにサイアクの世界ですよwそれに比べると相当マシなカバルなんですwww)。しかしその人の「本分の現実化を邪魔するもの」は明らかに祓われていくと思いますから、そもそも実現しない夢を見ることじたいがない、自己や他者をを過大評価も過小評価もしなくなる、レムリアが始まると思います)


ちなみに、善神悪神の両方に使われている、というのは、私達パンピーも同じことです(笑)

ただ、その影響レベルが世界規模なのか、自分周辺規模なのか、その違いがあるだけですよ

誰かだけがいい悪い、ってことではないのですが
「旧カバールはそろそろ退場」の潮目を迎えている、ということだと感じますから

そちらに巻き込まれないよう

ご自身の中にある「カバール性」的なもの、カバールに仕掛けられている「思い込み」や、無意識に共鳴するもの
(これが、不安、恐れ、妬み嫉み、虚栄心、虚無心、失意、もろもろのネガティブ感情創出のほとんどの因がそれで、貴方を不安定にし、エネルギーを奪われ、免疫力まで(笑)下げるわけですから)
それらを、手放していきましょうね

パンピーたちのためにはたらいてくれている方がたへの感謝や讃えるのもありですが
それと同様に、ご自身を讃えられる人になりましょう

この辺境ブログを読んでいる人は、少なくとも「悪もお役」のほうの人ではない(笑)と思われますからね^^
あなたが神、どっちの神? に使われてるの? ということかしら








  • 「アーカイヴ(プラットホーム)」センティエントプラズマクリスタル原石ポイント




  • 「命綱」ブレスレット




  • 「愛と奉仕と豊かさ」ブレスレット




  • 「躍進」ブレスレット




  • 「水の浄化」ブレスレット



  • 「腹括り」ブレスレット








  • この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  高次ガイダンス
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    ページの上へ移動
    Go to top of page