アーカイブ
2022年01月26日の記事のリスト

2022年1月のチラ見♪(予告)です。其の壱(タイガーアイ、ゴールデンタイガーアイ、クォーツキャッツアイ、タンブルウィードインクルージョンクォーツ、キャストライト、シュンガイト)

2022年01月26日 (水) 07 : 06
ということで、イキナリ、今月のPSW月末新作のチラ見第一弾です(笑)

今月は石の話をぜんぜんしてないやん、というほそろしさwww

石の話をしていないので、この1月は、PSWでは「商品」がまったく売れていません(笑)
PSWの商品を買ってくださいましたのは、今年に入ってから僅か2名www
(ありがとうございました。石の話をまったくせずに567ワクチンとカバール話を語り続ける「勇気」という燃料をいただきましたw)

このままカバールの話ばかりしていても、げ皿が来ないとPSWも大変なことになるので(笑)その語り続けたい好物な得意分野wはひとまず置いておいて、そろそろ本業の仕事をします

カバール話が得意分野(笑)の人は、カバールが存在しなくなると、メシの種がなくなりますよwww
陰謀論をごはんの種にしている人は、つまり、カバールに生かしてもらって存在価値を維持している、とも言えるのです。
「陰謀論に囚われないほうがいい」とか「善も悪もない(役割)」みたいなこと言われるのは、そういうこと。

でも、「ぜんぜん知らないだけ」なのに(笑)知ったかぶりして、そういう「スピっぽい」ことを言ってるから、カバールに取り込まれてしまう人もいるのです。誰とは言いませんがwww

スピ人は、もれなく知ってください。これを知らずに、愛とか光とか高次元とか本当の私とかツインレイだの言ってるから、化かされるし、他人をミスリードすることもあるんですよ。
あと、医者とか学校の先生とかカウンセラーとかコンサルタントなど、他人に影響を行使する職業の人々も、もれなく知ったほうがいいです。
なので、黄金時代はそういった「教育者側の再教育」もあるんじゃないかと思います

この世は、能力がある人ほど、上へ行く人ほど、ほんとうに気をつけていないと、カバール手先化のほうの中での椅子取りゲーム、その中においての重鎮となっていく世界でしたから。
この世のニートたちの言う「働いたら負けだと思ってる」という(笑)台詞も、ある面では真理だったわけです。
そうやって、この世で奴隷化されていく人々を見抜いていると、外に出て会社員になって仕事して…それがwまぁ、どれだけのこと? にも見えてしまうよね。
ニートは56枠接種率も(笑)低いんじゃないの? 時間たっぷりあるから、調べる人はちゃんと自分で調べてるでしょ?
職域接種とかでやっちゃった人たちは、毎日忙しく働かされてるから、そんなこと自分でする元気も時間もなかったんじゃない? だから「自分の身体のこと」なのに、何も考えず、命よりお金が大事になっている「みんなの常識に合わせちゃう」ってことですよ

「え~。ニートなんかが生き残る世界なんてダメじゃん」って思う方は、カバール思考に毒されてるよ。
少なくとも、この世の真実には薄々気づいていた部分では、何も気づけなかった人々よりも「上」と言えるところあるわけだし、そういう「高次からの守られ方もある」ということじゃないかしら(きっと身体が拒否反応を起こすからw外に出れなくなっていったんですよ、そういう人々は。それだけ「人間本来の能力がある」とも言えるのよ)
働いていないから人生を諦めている人たち、って「レッテル貼り」を大勢の人がしているから、ニートがそういう「イメージになってるだけ」とも言えるんですよ
(これも、マスメディア誘導(笑)とも言えますねwww「他人に白い目向けられたくないなら、奴隷になって働け」の世界へ誘導されてる、で、そういう人たちは、働いてない人たちを「下」に置くことで、慰めを得ているだけです。自分の仕事がほんとうに好きな人なら、ニートという存在を責めるというよりは、「彼らが活かされる社会の実現」のほうを考えるんじゃないかな? と思いますから。でも(笑)カバール社会じゃ、それも無理wwwそもそも無理だったんだな~、と思いますw)
ニートは人に会うとか、日常においてそもそもないんだからwうつすこともないし自分も誰かにうつされそうにないし。
必要もないから打たない、って選択がカンタンにできますしね
(但しニートでもアニヲタとかコミケだとか、人が集合する何かに依存しちゃってる、その中でしか生きられない居場所がない、って思い込んでるニートは別。そういう人も自分を大事にしないから、枠パスのために(笑)毒ちん打つとかw罠にひっかかるから、コミケとかでwそれをやられるわけ。コミケも宗教みたいなものよね(笑)。こういう系の「取り込まれやすさ」も、弱い人達にはあるからね。難しいよね、この世は)

陰謀論など知ったところで、そんなの、社会から居場所をなくしていくだけの変人…そう人に思われてしまう…
だから、陰謀論はなかなか飯の種としては成立しませんでしたし、成立している人は、マイナーな存在。
まだしばらくの需要はありますが、当事者たちがいなくなっていくので、だんだんに「その役割」も終えていきます

なので、「カバールが自分の世界からいなくなってもいい自分、ってなんだろう? それってどういう自分だろう?」という、強いて言えばそれが「ほんとうのわたし」のようなものです。
みなさんも、そこを、見つけてくださいね



さて、昨年お伝えしていた、2022年は寅年
虎さんの年(笑)

そして虎と言えば虎目石、タイガーアイ

今月は、タイガーアイシリーズ(笑)という、タイガーアイものがわんさか出てきます♪
「えっ」ってドン引きされてる方もいらっしゃるかも(笑)
「タイガーアイか…ちょう苦手」のようなお嬢さんも多いのかもしれませんがwww

タイガーアイは、仕事石
おっさんの石(笑)として、巷では昔は定番ちっくでしたけれどもw
PSWが手掛けると、タイガーアイさえもハイフリークエンシーストーンです(笑)
おっさんの石ではなくなります



今までの世界は「カバール被爆」の世界だった…という、前提の世界での「石」です(笑)

石が「神氣の産物」であることは事実ですが、その石の、正確なエネルギーを受け取るも受け取らないも、あなた次第ではありますが

(これを歪めることを石に対して人間はしてしまう場合もあります。それが、「石選びの動機」だったりすることもあります。なのでなるべ~く、石を選ぶ時は、「なんかこれ好き」とか「なんとなく自分にはこれ」とか、囚われていないその人の「直感選び」が推奨されるのは、そういうこと。恐れとか不安とか欲得、保身、そういったものではないほうが、「あなたにご縁がある石」のチョイスが、より可能、ということです。霊能者がいいと薦めるなんとかパワーうんちゃら系のお守りだったり、「なんとかのエネルギーを入れときましたぁ」のような(笑)そういう余計なものが介在していない、純粋に、石のエネルギーを楽しめる石、「なんとなく、あなたが惹かれる石」そっちのほうが、結果的にその人にとってのお守りとなるわけです。そういう点でいうなら、「この石にはこういう効果があります」ということも、「嘘ではない」のですが、必ずしもそういうこと”だけ”を基準にするよりも、そういう効果には惹かれるしそれも欲しいけれど、「なんとな~く、今の自分が惹かれてるのは、こっちなのかなぁ」という要素が、他の石にあるのだとしたら、ご自身のその感覚を信じる、そちらを優先させてみてね、ということでしょうか。でもこれも、「そもそも、自分のその感覚じたいに自信がない」ってことを(笑)謙虚にちゃんと認めている人であるなら、「ご自身がそう感じられる説明書」を信頼している自分である、そこには自分に嘘をついていない感覚、というものをまず肯定してください。石選びというものも、人によって、色々、ステップがあると思います)



「虎の衣を借る語り、それが宗教」とwwwそう言っていた割には、今月は、虎の衣を借りる石、タイガーアイ様シリーズです!!!(爆)

お伝えしていましたけれど、今年は「寅年」ですしねwww(ものすごい「偶然」ですね…PSWが「17年目」というのも…)

石は「神の視点(高次の視点)」というもの、私たち人間の感情レベルではそう思えなかったり気づけなかったりする、その視点、視座、気付きを促します

タイガーアイも、そこを手伝ってくれる石の代表です

「人から聞かされる、神の視点」ではなく、あなたの中から見出す、神の視点

それこそが、この世であなた自身を動かす原動力となっていきますし、石が助けてくれるのもそっちなのです

(なので、表面的な「◯◯運が上昇」ですとか、現実の現象として万人に当てはまらないことも多いですし、「石のはたらきがわからない」という人も多いわけ。持つ人の表面的な欲ではない「高次欲」のほうが優先されていくわけだから。そこと持ち主さんの表面的な願いが乖離している場合は、「よくわからない」になることも往々にしてあると思います。ただ、石を人間の目先の欲を叶えるツールとして「エネルギー調整」して売ってる(霊能者など)そういう石もあるだろうから、願い事がばんばん叶うよ! みたいな石ツールもあるのかもしれませんが。そういうのは黒魔術系な場合もあるだろうから、よくわからない場合は、まぁ、避けておいたほうが無難かと思います)

宗教は人から聞かされるので、外側からくるもの

「いい話を聞いた~」と、そのときは感動したり納得したり、胸を震わされることもあるにはあるのですが

みずから気づき得心し行動したことの体験に勝るものはない

(「その時は気づいていなくても」人間が、その人自身でその人の人生において「実際に体験してきたこと」から導き出されるもの、というものが、人ひとりの実体験の中にはあります。高次は、その人がそれに気づくようにしか、サポートしていないです。なので、「人ひとりの人生に失敗というのはない」ということも事実なのです。だから、和久ちん打っちゃった人も(笑)もんのすごい高次目線で言うなら、それが「究極の大間違い」とは言い切れないところは、高次目線ではありますよ)

だから(笑)こんな酷いwww恐ろしい世界に目隠しされてやってくる…とも言われるスピ話もありますけれど

私自身「そうだね」と思っておりますよ(笑)





そうそう、余談ですが(あたしの余談は、カバール話)

千葉テレビ!!!!! やるじゃん!!!!!

テレビドラマ「ゴッド・ドクター」

これ、凄いと思う…ほんとうに…ようやく、地上波でこういうものが…

見たところ、なんとなく顔見たことあるかな…というのは、昔あのアイフルのチワワのCMで有名になったアイフルおじさんだけかな? という俳優陣ですが
(当たり前だよね…カバル世界への反撃ののろしみたいな、「大暴露ドラマ」ですから…出ている人々やスポンサーは、ほんとうに勇気があるということ)

このアイフルおじさんもあのCMでブレイクした以降は、ご苦労の人生だった様子
(生活保護で生活されてるようですね…俳優さんにありがちコースで落ちぶれてしまったけれど(カバルじゃなければそれが必然)…人生後半、俳優業として「日本人を救うために巡ってきたチャンス」という意気に感じて、オファーを受けたのかな…アイフルCMで、ティワワオーナー化(笑)となった人も多いんじゃないでしょうかwwwそのくらい、テレビ電波というのは、洗脳(笑)光線なのです…だからこそ、「テレビがやらなきゃダメ」なんですよ…)

イチベイくんも、オファーもらうなら、こっち(笑)でしょう
(これに出てれば、あの「華」が活かせただろうにねぇ…まぁ無理か(笑)…ようするに、もとからカバールサイドというか、撹乱要員だったのでしょうからね)

GAFAからの圧力もあるそうだから、これ、いつ放映打ち切りになるかわかりません

番組制作者の思いは、「この、あり得ない集団催眠術の状態から、早くみなさん目覚めてください…」という思いがあるそうで、出演されている俳優さんがたも、もちろん、その理解あっての出演だそうです

千葉の人はいいなぁ…千葉県在住の方は、見ておいてください(笑)
ストーリーも、企業名なども、56枠のシチュエイションなどなども、「まるでそのもの」をもじった設定となっていますよ(最高)

神奈川、さいたまでもやってくれると、東京でも見れる(電波が届く)みたいですね

神奈川、さいたまの方は、「見たい~~~」と(笑)神奈川テレビ、埼玉テレビ、の地元にかけあうとかwww

東京は「悪党テレビ局のるつぼ」なのでwwwまぁ、無理かなぁ

ただこれも、「どっかに、カバールが持っていきたい方向」の仕掛けもあるかもしれませんから(なんでも疑うw)

「今頃…」感を持っちゃう人にとっては(打っちゃった人たちね)どう落とし所を持っていくのか? ということもありますから

ほんとうに純粋に「いよいよ、普通のマトモな感性の人たちが、これをできるようになった」の現象であることを祈って

そこは、注意していようね





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page