アーカイブ
2022年01月18日の記事のリスト

責任

2022年01月18日 (火) 00 : 00
今ここを読んでおられる方の中でいるかもしれない、「元、567教の信者」だった人(笑)へ

実は…元信者(笑)567教に染まっていたこと、当時は、それに気づいていなくて
(私だって、武漢風邪のニュースが出てきた始めから気づいていたわけではありませんよ)

家族や周囲に、567枠ちんを打つことを薦めてしまった

そして、家族や周囲が、打ってしまった
(当時、ご老人が、医療従事者の次に早めに順番が回ってきていましたから。「打っておいたら~?」と、当時は「和久ちんを普通にいいものだと信じていた」ために、当たり前に打つべきだと思っていたりなどで、「親や周囲に薦めてしまった」というような人も多かったのではないかしら?)

家族や、周囲の人がそれで亡くなってしまったり、後遺症が出てしまったり

今のところは特に病気にはなってはいないけれど、すっかり家族じたいは567教信者となってしまったまま、脱会してもらえそうにない(自分も、当時は567和久ちんを薦めてしまった手前、負い目を感じていて、あまり本当のことも言えない…)

などなど

ものすごく大きな後悔をしている、そういう方もいらっしゃるかもしれません



これは、後悔する気持ちはわかります

洗脳されている宗教信者というのは、当然のごとくにうっかり人に薦めてしまう、それがいいことだと思ってるから(笑)

そこが、洗脳の恐ろしいところというかwww

まぁ、それも人生です



この世のものというのは、実際、「旧カバールのもの」だらけですから

これは、567和久ちんに限らずなんです

医療者、医者は、「薬」を人に薦める、病気を治すための手術を薦めるし
(昔は胃がん摘出のために、「ついでに」脾臓という「免疫力の要」の臓器もいっしょにとってしまっていた…などという、「雑な」ことがまかりとおっていたらしい西洋医療だそうですからwwwアタマのいい勉強ができる人たちのすることなんですか??? と、これを知った時に、申し訳ないけれど、やっぱり「勉強脳オンリー」の人たちのウマシカさ加減を感じました)

企業の社員となれば、たとえば、大手食品メーカーや化粧品会社や服飾もそうだし、ほぼほぼなんでもそうですが(笑)

間接的に、人体に良くないものを、他者に勧めていることになっていたり

それで、お給料や売上を得て、生活していることになっていたりします

567禍で、目立ってイジメに遭遇した飲食店なども、まぁ、必ずしも「ひとのからだのために良い食材」ばかりを提供しているというわけではなくwww(それを知らないだけ)毒入り素材を使った食を提供していることも往々にしてあります
(世の中の90%以上の飲食がそんなものではないでしょうか? とくにチェーン店系はそうですよね)

なのでスーパーだってそうですし、そこで働く人も

農薬農家も同じですし、いわゆるわれわれの「食卓」に上がりやすいものを製造している人々は、「知ってか知らずか」はわかりませんけど、日本の場合はとくに甚だしく、ほぼほぼがカバール手先化している(笑)と言える世界です

(食品添加物世界トップレベルですからwちなみに「薬」の消費量も世界一だそうで。世界メジャー製薬会社の売れ残り在庫処分場、失敗作の引取のためのゴミ箱とも言われているようですよね。まぁ・・・アベノマスクの大量在庫を「捨てるのがもったいない、捨てるならクレ」って言ってる(笑)国民性だからw処分場は釣り合ってるのかもですけどねwwwちなみにこのアベノマスクは炭疽菌疑惑wとかあるから、廃棄は確かに証拠隠滅になるので、別の意味で捨てさせちゃダメかなとは思いますwあたしは毒チン招待状の赤紙もアベノマスクもとってありますよ(こっちは開封せず厳重保管)。)

役人関係だって(笑)同じですよ

日本人を苦しめる政策しかしていない省庁の仕事をしている、そこから得る給料で生活を支えていたり、多額の年金貰ったり、自分たちは手厚い保障(笑)税金支払っている国民には手薄い保障(爆笑)

申し訳ないけれど、公僕はwwwすべてソッチがわ、とも言えます

現代人で「私はいっさい旧カバールに加担することをしていません」なんて言う人は、ひとりもいません

それは「みなさんに愛のエネルギーを送りますぅ~」とか言ってるw「スピ人」なんかも(笑)同じです
(これ系は、あんまり受け取らないほうが(笑)いいかもしれませんねwww申し訳ないけど「勘違いエネルギー」かもしれませんからwww)

こうやって、インターネットを使っている時点で(笑)まぁほぼ万人がそうです

これはカバール提供のインフラ技術ですからね

だから、「ようつべに消された」とw怒ってそう言っていても、その集客力のある(先行者利益というものがあり、ようつべ動画しか動画はない、くらいの世界的シェアを持っている)ようつべを利用して、主張を配信する、そのインフラを利用して、共感者を得る集客行動をしているわけだったり

私自身、100%ネットのみ(笑)の商売ですwww

ただ仮に、ネットではなく実店舗であったとしても同じです
(上述するように、カバールがつくったシステムの中で生きている限り、そうです)



究極、全員、生まれた時から、カバールシステムの中で、それが「常識」としてつくられた世界の中で

「個性」を持ち、生きています

それは、もっともテレビ脳先駆者(笑)と言えるご老人がたもそうです

この世の人間全員が、カバール世界の価値観を当たり前として生きている中で、「(無意識でも)なんか変だと気づいて、脱会する人」は変人中の変人(笑)

だから、「ものすご~く、生きにくかった」とも言えるのですwww

「なんか生きにくい世界」と気づいている人は、「脱会予備軍」です(笑)

なので、567は、カバール教から人々が距離を置いていく、気づくために与えられた贈り物でもあったわけ

これで「気がついた」「目が覚めた」人も、世界規模で見ても多いと思います

人口削減と言いつつ、そこまで来て、ようやく目を覚ます、むしろ「危機意識が人を生かす、活かす」という(笑)ソレですよ。目覚まし時計が567だった人は、こんな眠った人ばかりの日本人の中でも、多いはずです
(私自身も、2012年以降、「居眠り」していたんだな…ともwww言えますよw)



家族や周囲に、自分が薦めてしまった…

それで相手が56枠を打ったことにより、亡くなってしまった、病気になってしまった

これは実際、そりゃ後悔すると思います

しかし、そういう方は、仮にあなたが薦めなくても

567和久ちんを打つ人だった

そうも言えます

もし、人からの薦めで決めたのだとしても

それでも、「意思決定をしたのは本人」なのです

そして、死ぬことじたいは「不幸」というわけではありませんし

いずれやってくる、とも言える、この世の卒業経験のトリガーがたまたまそうだった、とも言えることですし

(但しコレを、「毒注射を提供している側」が主張することは(笑)間違っていますからwwwそこは分けてくださいね。彼らは、いずれ法で裁かれます)

亡くなった側は、薦めたあなたを恨んではいないと思いますよ

ましてや、ご家族を思うからこそ、その時はそう薦めたのなら
(「毒と知っていて薦めた」のではなく。これを薄々なんとなく気づきながら、56枠注射を打っているような医師たちは、「サイアク」と言えますがw)

そして、ご高齢であったりするなら、観方ではありますが、昨日まで元気だった人なのに、ピンピンコロリ、という、病気になって長患いになる老人にならずに、あっというまにこの世を去ることになった、というのはわりと本人にとって幸福とも言えます
(あたしは、このピンピンコロリじたいは(笑)「それよくね?」ともwww個人的には好みですよw)

なので、ご老人だけではなく、もっとお若い方々も、まさに突然死、多発しているわけですけれど

それも寿命だったとは言えてしまう面も、メタフィジカル的にはあるにはあります
(但し、こういうホトケな観方は、採算言いますがwww「毒注射をしている側」がするのは大間違いです。病院では「寿命」とかwで「片付けられている」そうですが。そこは、抜かりなく「断罪」されていくべきものだと思いますし、流れとして、そうしていくべきです)



被害者も加害者も、ほんとうはいない

という高次的な観方

いわゆる、人に薦めてしまったりの、567教信者であった当時の「過失」を後悔すること

この気持はわかりますが

「知らなかったじゃ済まされない」のが、打つ方も打たれる方も同じ(笑)それが567和久ちんとは言えるのですけれど

まぁ、その時は「無知同志の、共同創造の世界にいた」ということです

「知った以降も、他人に薦めている」のなら、推進側と同様の確信犯で犯罪行為ですけれど

もう気づいた方であるなら

では、気づいたあなたは、これから、どう生きますか? ということです

そういう方にこそ、できる建設的な行動が、きっとあるはずですから



たとえば、ナカムラクリニックの中村先生とか、被害者の方に、「いっしょに闘いましょう」と窓口を設けていたりしますよね? これから行っていく、集団訴訟と遺族の救済などのために。勝てる裁判だと思います。「国と闘っても勝てない」と言われてきたのは、そういう「国民とは弱い立場のもの」という(笑)それこそが「今まで思い込まされてきた、奴隷意識そのもの」と言えます。もちろん、甘くはないと思いますが。
そういう奴隷意識の日本人まみれの世界が変わっていく、それを変えていく、先駆者ともなれる機会を与えられている人たち、それが被害者の立場となった人たちとも言えますよ。
しかも、将来的にも、「過去にない薬害」と言えるものすごい人数です。多数決の「人氣のちから」は、洗脳された567教信者という(笑)悪魔の駒としてではなく、こういう自立精神のために活かしましょう、と、個人的には思います。
大学ラクビー決勝戦という「他人がやってるスポーツ」ごときにwといったら失礼かもしれませんが、あれだけ人が集まれるんですから。もっと、「自分たち自身のこと」に本気で生きていただきたい、真っ向から立ち向かい、熱狂して勝利を勝ち取っていただきたいものです

人殺し和久ちんはタダで提供し、具合が悪くなった人の医療費は、みなさん自腹ですよ?
「巻き上げられている」んですよ?
たぶん、せっせせっせと、そのための貯金も(笑)コツコツさせられてきたんじゃないでしょうか?
「将来不安」をwww「老後のために2千万貯めておけ」とw「テレビ」に煽られてきたではありませんか。
もう憶えていませんか?
(あたしはこれ、言ってる当時から「なんか意図がありそうだな」と思ってたんだけどw「そういうことだったのか」と(笑)合点がいってますよ。毒チン打たせて、パンピーたちから巻き上げるためだったのですwww)

だから、相対的に日本人は貧乏になったと言われるけれど、わりと意外にせっせと地道に貯金はしている人は地味に生きながら^^してきているみたいですよね(笑)
メディアの言うこと聞いて(そんなことまで、メディアの言いなり…)「将来のため」にとwww
「年収200万円でいくらいくら貯めるコツ」とか、そういう人のブログとか見たことありますよ
少ない給料で、欲しい物を我慢”できる”やりかたや、節約節約で欲を抑え、必要なものさえなるべく買わない、使うときには価格比較で価格が一円でも安いものを探し、ミニマムになる努力したりしながら。無駄を省こう省こうとしながら。
わりと、買い物レビューを見ていると、「コスパ云々」言うレビュー、多いんですよねwww「いい商品だけど高いのが難点」とかwトンデモなことを言ってるのも見ます^^。商品提供者に失礼というか、高いことが悪者扱い、みたいなね
「いいものを安く売ることが善」っていう「できないことを」人に要求してしまう、無理強いな願いを持ってしまうわけです
(こういう意識だから「安い毒食品」が市中堂々と出回っている、とも言えるわけですよ。安いとありがたがられるから。それで提供側も致し方なく「質を落とす(身体への影響は無視する)」という「言い訳」も成り立つのです。そんな細かいことは気にするのに、毒チン打ってポカリスエットとかw飲んでる。MMC飲んでくださいよw「大好きなコスパ」ももっと安いですよ。そして解毒をしてくれます)
おカネを使うことを「悪」だと、モノを持つことや、「浪費家」をおそらく、ダメな人と(笑)思ってる人も、若い人ほど、多そうに見えます。「氷河期世代だから云々」など、確かにその人の生きた世代の影響は、あるのかもしれませんけど、これも「つくられた集合意識」であり、そういうものに「無関係に生きられる」人もいるのに、◯◯世代とかwそういう理由付け、ラベル貼りが大好きですよね(笑)。それで「お金がないない」言います。使わないだけなのに。
日本人って、貯金が美徳と思わされてきてますし。それは旧カバールがw最終巻き上げるためでもあるわけですwww
「使わないなら、こっちが使っちゃうよん」と代わりに使ってくれちゃう、支払わされるところへ持っていかれるわけですよ(「お金のブロック」の話はwまぁ、また別ですので、長々しませんがw)

そのせっせと貯めた虎の子を今、56枠を打った、比較的お若い世代の方は、病気になって巻き上げられているところでもあると思います。
入院や、周回遅れとわかっている、和久ちんの影響がそもそも見つけられないボロい検査費用などで「異常なし」とただそれを言われるために何十万単位だったり、これからも、毎月、何万円の医療費確定だったり(治るためではなく「症状を抑える」ための、さらなる副作用セットで)。
ガンになれば、またそこから(笑)巻き上げコースです。
病気になって、死ぬまで貢ぎ続ける奴隷として、それを見込まれて打たれた毒チン、とも言えるのです
だから、老後なんてないのに(笑)幻想の老後に向けて、カネ貯めさせられてきた、ってこと

それが「病気のための費用」として失われていく、実にならなさ的な「喪失感」とのダブルパンチではないでしょうか
(わりとこれ「効く」んですよね~。稼いだというよりは、ちびちびと定額の給料から貯めたタイプの預貯金が、入るアテもなくいっきに減っていく不安みたいなの。自分も過去にオーエル時代のソレが、なんの実にもならないことで短期に全部失う経験したからwこのボディーブローが効くのはわかりますよ。まぁそれでもね。元気で生きられるなら。カネなら挽回はできるんですけれど。だから、この世では肉体と心の健康って大事、ひと財産持ってることと同じではあるのです。それを損なう可能性の和久ちんだということは、治験中で未承認であること、動物実験に失敗していること、早期にこれを警告してくれていた海外研究者たちもたくさんいましたし、それを翻訳して情報流してくれている人もたくさんいました。その中のひとりが中村先生。PCR検査の嘘も大橋教授が何度も何度もようつべに動画を消されながら長期に渡り講義してくれてましたよね。ピンクの孫の手で(笑)。苫米地博士もうちの567脳を納得させるmRNAワクチンとは何か、という動画を上げてくれました。そういった情報をまとめサイトのようにアップしてくれていた個人の方のブログもたくさんあり(今でも続けていらっしゃいます)ただ、「テレビの中にそういう人たちがいなかった」という、それだけです。私ももともとが「理系脳」ではないので(笑)内容は難しいな~と思うことも多かったけれどwそれでも人口削減陰謀論もそうですが(笑)この和久ちんにはなんの道義もないことを裏付ける理系なお勉強もしとかなきゃ…ってことで、膨大な時間を情報収集に当てましたよ。ブログでみなさんを止めなきゃいけませんのでwww)

悔しくないのでしょうか? 「怒り」はないのでしょうか?
怒ることはイケナイコト、おとなしくしていなさい、人に嫌われますよ、って、それも、教えられてきていますものね
「感情」を奪われ続けてきていますよね(感情はエネルギーです)
さすがにそれくらいは、取り戻すべき権利がありませんかね?
お子さんがいたりするなら、なおさらです。
こういうのこそ、被害者が被害者自認せずに泣き寝入りなんてしていたら、それは「松代、私達奴隷から、巻き上げてください」と(笑)もう認めている、とも言えますよねwww



そんな毒チンを、「567教信者」だった時に、人に薦めてしまった方や

567和久ちんの真実に気づき567教から脱会した、567教信者であったことを後悔している、当事者の方は

「罪ほろぼし」や、「懴悔」「許し」を求めてさまよわないこと

「私は悪意はなかったので許してください」と、自分以外の「他者」にそれを求めてしまわないことです

なぜなら、この世で貴方を裁き続けるのは、結局あなただからです

こういったことで、「自分を罰する」必要はないです
(たとえば、「知らずに人に薦めてしまった」みたいな方が、「自分への罰」として、自分も毒注射を打つ、とかはやめてください。「死んで詫びる」「不幸になって詫びる」のではなく、その愚かさをいったんは「認めて、善く生きる」ほうを選んでください)

それよりも、「それら一切を、逃げずに、認める」ことができている、今ここを読んでいる人はそうですから

すぐには無理かと思いますが

これからは、あなたがいちばんにあなたを労り、大事にしてあげてください

「ほんとうの自分を正直に生きる」こと、「気づきに注意深くあること」を、恐れないで生きてください

見たくないものを見ないで、その感情から逃げ続ける、ごまかす、言い訳をするのではなく

泣き叫ぶのもいいと思いますし、とことん、傷ついた感情を吐き出してしまったら

ネガティブ感情ホルダーとなって、ご自身を虐め続ける、責め続けることのないようにしてください

また、そういう感情が、さらなる「よろしくない宗教の誘い」のトリガーになったりwwwそういうこともありますからwww
(これ、そうですよ。「赦して欲しい」「苦しみから逃れたい」何かがある人や、結局、悩んでいる人が、引き寄せる出会いでもあるので)

それが実はまた、敵の狙いというかwwwその「長期のネガティブ感情収穫」まで見込んでいるのが「悪魔たち」でもあるのです(とても手が込んでいます)

ここにひっかからないようにしてください



「責任」というのであれば

あなたが、これから、どう発言し、どうご自分を生き、人生創造主となっていくのか

戻ってくるところは「自分に正直に」生きてください、という(全部これかよ、という感じですがw)

すべての「人間経験」とは、それでこそ、どんなポジティブもネガティブも、あなただけではなく、高次にとっても貴重な「財産」となっていくのです

(究極的には、幸不幸というものはありません、みたいなw話になってしまいますが、今はそんな高次元ぶる必要はないです。そういう無理をするから、567教信者にwなってしまうのです。「いい人ぶって」「自分は賛成派でも反対派でもないけれど~」とか(笑)他人に気を使い気を使い、他人に悪く思われないように人の顔色を伺いビクビクしながら生きることになり、そういう人は、その人自身に直接もたらされる高次メッセージから遠く離れた人になってしまいます。なので高次元へ行ってから、そこは納得しましょう(笑)。まぁ、高次元へ行かなくても、高次に繋がると、こっちで生きてても、そういうのもなんとな~くはわかってくるものですけれどね)


ちなみに、ここでは話がソレ過ぎるんですが。これは、毒チンとは無関係の話で、過去に聞いた話です。
意外と、家族がガンになったとかを「内心嬉しい」ケースもあるのです。毒親だから「これで死んでくれる」って喜んじゃう^^その感情を、子供なのに「これではイケナイ…のだろう」と思いながらも、ガンで死んでいなくなってくれることが本当は実は嬉しいというねwwwあたしは、べつにそれはそれでいいと思います。
ただ、面白いのがですね…そんないなくなることを内心心待ちにしていた毒親本人が、ガンになって何を思ったのかw「もう、我慢してたこととかやめて、好きにしよう」みたいな(笑)「もっと自由度がアップしちゃって」結局、医者に宣告された予定寿命…どころか、治っちゃったそうで。親の死を内心心待ちにしたほうは「大泣き」です(笑)。
そんな話もw聞いたことあります。「そうなんだ~。残念だったね、死んでもらえなくて(笑)」と言いましたwww

死んで欲しい人は死なない。いなくならない。死んでほしくない人が死んでしまう。いなくなる。まぁ、そういうものかもしれないですよ。なにかしらそこには「手放す課題」が、お互いが生きていることで解消されるべき囚われたもの(カルマ)があるのだろうということでしょうね。「生きてるうちが華」ですよ(笑)ほんと。
生きててほしくない人も(笑)そのために生きててくれる、ってこともあるのかもしれないですよねwww
まぁ、カバール残党なんかもそうかもね。567和久ちんをダラダラと引っ張り続けてる(笑)それも、「パンピーたちの奴隷意識解放」の目覚めの手伝いを、ズルズルズルズルとやらされてるだけなのかもしれませんから

まぁ、あたしも言い続けてる(笑)けどwwwただこれも、ネタとしてはもうそろそろ「過去のこと」になっていく話題ではあるのかな…ということで、なんとな~く567も567和久ちんも、「総集編」的に、まとめに入ってきている感はありますね。
「あ~そうだったなぁ」って、話していて、「すごく前のこと」のような感じもしました。
必死で情報収集をしていた頃のこととか。
「子供に和久ちん」も決まってはいるようだけど、リアリティとしてはもうその頃には567じたいが「さすがになんか世間的にもどうでもよくなってきて飽きられてオワコン」な可能性もあるかもしれません(笑)
そうなってきたら、いよいよ「お皿」が(笑)始まる、切り替わっていくその可能性もありますよねwww

トンガの爆発はなんとなく衛星画像見たんですが、これは噴火じゃないな~と思っていたら、そのトンガじたいでは「近くで爆弾の爆発が起こったようだ」というような現地の声があるようです。火山爆発ではなく爆弾かと思われますね。ライトな津波警報が日本の太平洋側全域に出てましたけどね(最初はこれも驚きましたが「これはなんかあるな」とw陰謀論者はw昨今は「災害」は自然災害じゃないとwww思うわけ)。
ちょうど6日予定がキャンセルされて16日(メリケンでは15日)に延びていた虎さんアリゾナラリーでしたよね。ノーネクタイで登場だった写真がアップされていましたが、アメリカでは商談がまとまったり、交渉が成立したり、なんらかのゴール達成の時に、ネクタイを外す、というような意味合いがあるんだそうです。これは…という合図だと思いますよ♪ 
「トランプWON」が常識となる日は近いです

追記:



やっぱりほんとうに面白すぎる…
ってことで、貼り付けときます
2022年紅白歌合戦はオールヘブニーズで(笑)いいんじゃないかレベルですね




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page