アーカイブ
2021年12月03日の記事のリスト

石のいろは

2021年12月03日 (金) 03 : 29
今日は、石のいろはについて、お話を。

今年に入ってから、「読者さんが入れ替わっちゃったなぁ」ということ、「お客様が入れ替わってきちゃったなぁ」ということに、後半、徐々に気がついてきておりました。
11月末の新作石アクセサリの説明文にも、その理由はなんだろう? については、「たぶん、こうなんだろうな」という点について、はさんでおります。

長く同じ仕事をしていると、どうしても、「もうみなさんわかっておられることだから」と、暗黙の了解的に、大事なことをはしょってしまう、という癖もついてきてしまいます。

たとえば、「中庸」ブレスレットの説明文の中にはさんでいるので、ここでは長くは説明しませんが、PSWはほぼほぼ9割の仕事を私一人で運営しているため、どうしても、大手ネットショップ的な「こまめな対応が難しい」という時が発生します。
「もっとも大事にしなければいけない、お金を払って商品を買ってくれるお客様」を、まず、最優先にしなければならない「この世ルール」的なことが、物理的に、できなくなることがあります。
例をアマゾンで伝えてますが(笑)こまめな入金ありがとうご連絡や、こまめな配送もそうですが、お申し込みいただいているというのに、丸一日ご返信していないなどw放置プレイになってしまうことが、今年は度々起こっています。
(人によっては、丸一ヶ月以上、お待ちいただいています)

今年は、石の話だけしていれば良かった自分から、もっと包括的な根源的な、「人間社会の前提」の話をみなさんにしなければならなくなってしまった(笑)というような、自分で選んだことですけれどwでもまぁ、行きがかり上、それを選んでいるので、そのぶん、自分の時間の使い方もへたくそなのかもしれないですが、まぁ、そちらへ使うエネルギー配分が出てきたため、「今、これを伝えておかないとマズイ」というような、流れの速い世の中の動きもありますので、そうなってしまっているところがあるんですよね。

ブログを優先するか、自分本来の仕事を優先するか、みたいなことにwなっていってるなぁ、という、そこで、もともとの既存のお客様には少し甘えてしまっていたり、反省点もあります。

こういう部分を、「今月は今年最後の月末新作なので、やはり自分の本分の石に戻したいな」というwww感じでご提供させていただくことを心がけ、11月は、休まずブログの更新もしながら、トータルでアーカイブも含めて、久しぶりに10作品(ここ数ヶ月の作品種類の倍ですが、もともとはそのくらいは毎月ご提供していました)お出ししています。

で、気づいたのですが、これは16年、傾向としてしょうがないことなのですけれど、売れるものは偏ります(笑)

この世の「人氣」の世界ですので、私がそれを操作できるわけではなく、もうそれはしょうがないことなので、それはそれでいいのですが(笑)今月ですと、先月記事でも何度かに分けてプッシュしているので当たり前なんですがw「炭×炭」が完売となっています。
これはこれで、私がお伝えしていることを信用していただいている証なので、とても嬉しいです。ありがとうございます。

そういう「私が、事前にまったく記事にしていなかった作品」については、ご希望をいただいているのは、パラパラ、です。

ひとつも動いていない(心密かにお薦めなのですがw先月、事前にそれを、記事にはまったくしていない)カップリングもwあります。
基本、私は、お出しするカップリングの8割は、必ず自分がテスターにもなっています(笑)
(そうすることで、お薦めできるエネルギーポイントがわかる、ということもありますから)
但し、私自身が「そのすべてを網羅できるわけではない」ですので、そこはぜひ、「みなさんご自身にも、それを発見していただきたい」ということもあります。

特に、私の場合は、どちらかというと、自分が現実として、「そうではなかったところから、次第に自主独立してきた人間」と言えますので、その、ず~~~っと前段階にいるような方の気持ちがわからない、「本人が、その必要がないと思っている」ような方のお悩み解決なんかを「石でなんとかなりませんかね」的にw石に求めてるような方であったりすると(笑)「うわ、お手上げだな」というか、「そういう人に、この石の恩恵のニュアンスが伝わるかな?」ということもあるので、おそらくPSWの石アクセサリには、その「敷居」を感じさせてしまうところも、あるかもしれませんがwww

でも、そう言ってる私自身、実際には「ほんとうに、一人のちからで生きている」完璧な人間なわけではありませんので。

なので、常に、再発見を、させられるわけです(笑)

「それが石だから」というwww
石の世界というのは、ある意味、石が好きな人や石に惹かれる人、石に縁のある人、たまたま石なんて興味なかったけど、見つけちゃった、そんな方もwいっしょに、みんなで(「みんなそうだよ」「みんな同じことしなきゃ」の強制ではなく)
楽しみましょうな世界でもあります

「人間」であるわたしたちを、物質の三次元生活でありながら、そこを越えた多次元世界の感覚を、ともに楽しみ、現実世界を創造サポートをしてくれる友人のような、独特なツールとして、石は介在してくれてもいる存在ですから。



さて、ここで、考えてくださいね。

そして、私自身、16年の折々に、わりとこれは何度も何度もお伝えしてきていることなのですが。

みなさんの石選びのご参考にしていただきたいこととして、いつもお伝えしてきたことです。

直感で、選んでくださっていますか?

ということです。

「これが欲しい」という、三次元的理由、それがあまり挟まれない感じの出会いです。言うなれば「秒」で感じる、それでしょうか。

そして、まるでそれと相反するような、じっくり選ぶ、という「この世的慎重スタイルの選択」ももちろんお薦めします。

私は、「直感セレクト」「じっくりセレクト」このどちらも、お薦めしています。
この二刀流で行ってください、というところに、実は、もうひとつありますw

「あなたが表面的な”自分の好み”が挟まれない、普段でしたら、「これはシュミではないなぁ」と思うような石も、少し、視野に入れてみてね」という、三刀流がwww加わります。

このブレンドでもいいですし^^、そのすべてを満たすものに出会えているなら、まずそれはこちらが別にお薦めしなくたって、まず「買い」だろうとは思いますが(笑)、この三刀流のうち、ふたつの要素がはいってきているなら、十分、お薦めだろうと思います。



「直感セレクト」「じっくりセレクト」「シュミではないセレクト」

この根拠をお伝えしますね。

まず「直感セレクト」

石は石ブームとなってから、何かと「直感、直感」と(笑)「あなたがピンとくる惹かれるものが今あなたの必要な石なんですよ~」というセレクトスタイルを推奨されてきていますし、これはこれで真実です。本当です。

私は、石ブームで、石に出会い、一定の石好きさんという層が生まれ、石が好きになって石を買いたい人が増えたこと、そしてそれが、「どっか変人な人のシュミ」ではなくなった(笑)そういうマーケットが拡大したことそのものは、とても嬉しいです。また、そうでなければw私自身、石屋を続けてくることができなかったと思います。

石を選ぶ「心眼を養う」という、本人も知らず知らずに、それまでの社会の中では「使用してこなかった感覚」それが、覚醒していくことに繋がるのも、石を見る目です。
(でも、「そうならない人たち」もいますので、石を物色する人になれば、自動的にそうなれますよ~、という話ではありません)

「直感選び、直感で選びましょうよ♪ あなたの直感こそが正しいのです」なんて言われると、「それまで、この世で認められてこなかったものが認められる」この部分がくすぐられて(笑)自分の直感を過信することもwww出てくるのです。
自分は、直感的な、感覚的な人間だからぁ♪ みたいなことを、普段思っている人は、注意してくださいね。
スピの世界の人達が「なんかイケてない(この世的に)」感じがある(全員じゃないですよwww傾向です)のもまぁ、いや、この世ルールからそこへ一足飛び、それで万事オッケーじゃないだろう」というところを、すっとばして、説明抜きに、「直感がいいですよ~」って、言うわけですけれどね。

ただ、そもそもですが、「自分で選ぶことそのものが基本、大事」です。
そして、「これは失敗しちゃったかなぁ」「これはハズレだったかなぁ」を経験してみることも大事なんです。
そうしなければ、「直感で選んだんだ」と「そうではない選択」その「違い」というものが、わかりません。

なので、「直感で選ぶ」「自分の感覚で自分の現実を選ぶ」という練習をする意味で、石の直感セレクトは、その熟達を手伝っていくステップにもなっていくと思います。

「じっくりセレクト」

まるで、「秒」「運命の相手」それと相反するような、じっくり選ぶ、という「この世的慎重スタイルの選択」ももちろんお薦めします。

これは「ネガティブなじっくり」ではなく(笑)どちらかというと「ポジティブなほうのwじっくり」です。

私が言う、ネガティブなじっくりは、「不安、恐れ」的な要素や、お金の心配的な理由などから、選ばない、ということ。
(今ですと、人間社会における、人間の不安要素である、お金のことだけではなく「健康の喪失への不安」も入ってくるかもしれません)

この、お金については、現代人はそもそも、ほとんどの人がブロックを持っていますので、「買い物」であるという時点で、石も純粋セレクトができなくなる場合も、まぁ、あるにはあります。
「お金を積極的に使いたい」ような方ばかりではないwwwのが、この世です(まぁ、それも、仕組みをつくってきた”カバールのせい”と言えばそうなんですがw)。

エネルギーを支払うことへの喪失感や、うまく騙されてる(笑)感など、気持ちよく支払えないようなものも多いですし(それも”カバール吸い上げ”の仕組みなんですがw)そもそも、自分が消費者の立場となった時には「損得重視」と「もたらすメリット」とのコンボでモノを選ぶ目線、これもカバール仕掛け(笑)なんですけれどwww「そう選ぶように、乗せられている」場合も多いので、「金払いには慎重になる」のが人間です。

私がお薦めしたいじっくりは、そういう「金銭面」や「メリット・デメリット」などの観点など(つまり効用みたいな能書き)に絞るじっくりというよりは、「私に今これが必要と言えるのか?」という、「ハート&マインドの声を聞く」自分の内面に向き合ってみる、じっくり、落ち着いて、でしょうか。



そして、三番目の「シュミではないセレクト」

人間は「感情が動かないもの」に対しては、「行動しない」という特性があります。

とくに三番目は、それがその人の「ガイドのヲシ」であるタイミングである場合も、石の場合は、多いのです。
但し、人間は、本人の「感情が満足するもの」を優先するようにできています。
直感セレクトも、この感情比重の高い直感であることも多いです(それでもいいのですけれどね。人間は感情を満たすことはとても大事ですので)。

なので、三刀流目については、そういう、あまり「個人の感情的には満たされない」かもしれないものに、自分のお金というエネルギーを費やしたい人ばかりではない(ほとんどそんな人はいない)ため、玄人セレクトというか、「チャレンジセレクト」の要素が強いのですが、「意外な、想定外のものが自分にハマった時」の人間の、飛躍度、脱皮、変容の加速度の高さ、という、見過ごせないwww高次ガイダンスがそこにあることが多いのは事実なので。
要は、「知らないものに出会うからこそ、この世の醍醐味」とでも言うのでしょうか。
(霊の世界では、似た波長同士としか生きていけませんから。この世においては、「異質」こそが学び、とは言えるのです)

そういう、実は、「この世ならではの、向こうの世界との絶妙なコラボ経験」をもたらしてくれる、あなたの世界を拡大する、という要素を持っているのが、この「シュミではないセレクト」です。

たとえばこの、本来ならば、だいたいの人々が見過ごすだろうし、それがその人の「シュミ」というわけではないだろう…の”見た目”に相当する筆頭選手の、フェナカイトなどwww

この石に代表される、いわゆるハイフリークエンシーストーン、高振動な水晶など、見た目でというのであれば、「同じような見た目」の白の石や透明水晶だったり、というものもあるわけですから。

当然、これらの石に関しては、どちらかというと「観えない世界領域」に関する、ライトボディ領域の世界における、石のエヴァンジェリストたちからの、当初の「触れ込み」というか、前提として、知識として興味を懐くように、これらの石に関しては、「人氣」と「神氣」とトリモチの「霊氣」という(今作った造語。レイキのことじゃなくw「霊界」です)三つ巴で、しかるべく人の手に渡るよう計画されていたのかな、と思います。

もちろん、そういった人氣などに流されて、手にされている方も、とくにこういう石に関しては多いかもしれません(笑)
なので、必ずしもそういう場合は、「どこが高次元?」とかwなんか「気分が高揚して終わった。でも私の現実変わったかなぁ?」になるようなw人だって、いるんじゃないかと思いますwww

私は、そういうタイプのメタフィジカル人気ヲシ系(これがまた高額であることも多いですし)それだけを、この「シュミではないセレクト」にお薦めしているのではなく。

こういうのも、「苦手感があったの嘘みたい!」という経験が、あなたの視野を拡大する、そのサポートの力の偉大さ(それが、ステップバイステップで、あなたのための高次ガイダンス、「高次メッセージに気づく」そのセンスを磨いていくことにも繋がるから)手にしてみていただきたいなぁ~という感じのカップリングも、ご用意しています。



「直感セレクト」「じっくりセレクト」「シュミではないセレクト」

ご参考に、してただけましたでしょうか?

これ以外にも、そもそも、「あなたが持っていらっしゃる、セレクトの、ものさし」があるかもしれません。

もちろん、それを大事にしていただきながら。

ぜひ、今年最後の2021年11月末新作石アクセサリ、リンクを、覗いてみてくださいね♪




  • 「アーカイヴ(ZANMAI、New Consciousness~2020年版~)」




  • 「ガーディアンエンジェル」




  • 「生命力×総合力」




  • 「Rosophiaシナジー」




  • 「デンドライト・コラボレーション」




  • 「中庸」




  • 「宇宙人」




  • 「水と天使のエレメント」




  • 「氷壁の崩壊」






  • この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  石のホント or はてな?
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    ページの上へ移動
    Go to top of page