アーカイブ
2021年11月23日の記事のリスト

ヒドラの正体

2021年11月23日 (火) 00 : 00
567枠チンには「キメラ」が入ってる、というスピ話がありましたが

「蜘蛛」の悪魔。六本木ヒルズとかにオブジェがあるそうです。私は六本木ヒルズは、ほとんど行ったことがありません。
過去にうちの人もいっしょに、六本木ヒルズで友達に会って食事した時に、うちの人が、「おそろしく場のエネルギーがよろしくない」と(これ、スピリチュアルブームだとか、そういう以前の話です)帰ってきてから具合が悪くなり(笑)。
というか、うちに帰ってきてから「ほっとして」実は六本木ヒルズにいる間じゅう、ものすごく悪寒がしていた…と白状した、って話。
(ちなみに、こういう人なのに「スピとか無関心、信じてない」人ですよwww)

「まぁ森ビルだしな」ってことでw
あと、六本木ヒルズは、なんか変なものの跡地らしいというのは聞いてたのでさもありなん、と
(この人は場とか土地のエネルギーに敏感な人なので、「引っ越し」にとても便利な(笑)能力で、過去からずっと、重宝していましたwww)

まぁ森ビルだしな、と言いながら(笑)あたしは森ビル内で一年働いていたことはありますけどね

(基本、港区って、なんかちょっと、なエネルギーの場所が多いのは事実かなぁ、とは思いますよ。具合が悪くなるほど、そういう土地エネルギーに影響されない私ですが、港区のマンションを現地で完成品販売している頃、「なんかここいら一帯不気味なのよね~」と思っていました(笑)。ワンルームが一億円だったんですけどねwwwあ、千代田区もね。東京の中では”ハイソ”なのかもしれないwってことになっている(皇居があるから)そういう場所なのでしょうけれど。まぁ、魑魅魍魎の世界wwwってことですよ。昔、◯◯さんが、新橋で開催された「瞑想会」に行ったことがあるんだけど、「首をかっ切られる、着物着た女性」の姿とか(笑)瞑想中、高次元に移動する、その通過の次元、流れの中で見てますもん(笑)。なんでそんな映像が出てくるのかな、って当時は思ってたんだけど、そういうお土地柄だったってことさ。のちに今回の567でアド◯◯◯◯◯一連の話を知り、「なるほどだからだったんか~」的に納得しちゃいましたけど)



ところで、567和久ちんにはいってるのは、キメラではなく「ヒドラ」

これ私はカバールがつくった人口生物だと思っていたのですが

「約40億年前に、地球上で生物が誕生してから間もなく生まれた、腔腸(こうちょう)動物」だったんですね

「脳を持たない動物」です

ニューロンという神経細胞が最初に出現したのも、腔腸動物の腸の中といわれているそうです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「脳ができたのは、たかだか5億年前」であり、生物の歴史の8割以上の期間は、生物は脳を持っていませんでした。
脳が生まれるまで35億年以上もの間、腸は、脳の役割を果たしてきました。
今も、腸にはその「名残」が面白いほど見て取れます。

脳ばかりが先行して、医療分野で研究が進められてきました。
しかし、生命の進化を遡ると、腸とは、まさに生命の根幹。
そのことが研究でどんどん明らかになったのはつい近年のことなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、ここから、健康ヲタクメールマガジンでは「腸内フローラ」(笑)今流行の「腸活」みたいな話になっていくのですがw

私の電球マークはそこじゃなくて(笑)

「ヒドラ」ですよwww



まぁ、つくづくですがカバールのやることは用意周到でエグいwww

た~だ単なる「不妊化」という人口削減目的だけじゃなく

567枠珍は、パンピーたちから生まれてくる生き物は、「人間ではない、脳を持たない生物へと後退させよう」っていう和久ちんなんだなぁ~と、感心しきり(笑)な話だと思いません?

567枠珍を打った妊婦さんが産んだ赤ちゃんの写真、見たことある?

インドの病院で、その映像が取られ公開されてますよね(医師の、「なんともいえないお手上げ」な表情がね…物語るというか)

タコみたいに(笑)手足がいっぱい、身体から生えてるの

あれは、やっぱ「ヒドラ化」なんだよね



今後は日本でも、「ヒドラ化生物」が人間から生まれてくる可能性はあります

567枠珍を打った人が不妊化を逃れ妊娠しても、生まれてくる子は、人間の姿をしていない

「脳を持っていない」かもしれないですしね

私たち人類は、「異型に慣れる」という、心の準備も必要なのかもしれません





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page