アーカイブ
2021年11月17日の記事のリスト

ホンモノは誰だ?!

2021年11月17日 (水) 17 : 33
…っていうテレビ番組名が昔あったような(笑)

パターンとして

「56枠詐欺警報」鳴らしてきた、そういう人々にも、5パターンくらい、あるのかな?

ひとつは、「西洋医療がトンデモなんです」という部分、その背景を知り、「567じたいが仕掛けられ、つくられたもの」と理解し、警告を鳴らしてきたパターン

まぁ、「56枠反対」って伝えてきた人々の大半がコレでしょうかね

これと、愚弄場リストたちの正体とを絡めて伝えている人々、そうじゃない人とに分かれます

んで、ここに「Q」が絡んでくるケース

で、これも枝分かれしていて、ここに「天ぷら」を入れてくるケース、入れてこないケース、とがあります

ソレ以外には、「天ぷら」は入れてきてるけど、「Q」は言及しないケース(もしくは、それは否定しているケース)

「天ぷら」は入れてないけど、「Q」は言及しているケース

日本のオリジナルDSに言及している人と、敢えてそれは避けているのかなんなのかはわかりませんが、上述すべて網羅しているんだけど、日本のオリジナルDSについては、さっぱり言わないケース

単純に、56枠警報鳴らす人々にも8種類くらい(笑)あるんですね~~~www





ちなみにあたしは、世界DS&日本のオリジナルDS、この前提での567詐欺(笑)、そこに絡んでくる「Q」に関しては、ものすごく確信を持った「証拠」は持ってはいない(一次情報じたいは持っていない)けれど、「Q路線」へといずれ進むのだろうと踏んでいる派…ということです
(軍用機、軍ヘリ、夜中の神の杖などの電磁パルス雷などの状況証拠からの推察。自分自身がなにも目にしていなければ信じませんけど。関東地下はメリケンなんてものじゃないレベルの「一大帝国」が広がっていたのだろうということは想像できます。こういう話じゃなくても、「東京の地下の怪しさ」を追っかけてきてる人っていることはいるよね。日本は戦前から「地下掘るのが上手い」みたいなんですよwwwまぁ、レインボーブリッジとかお台場とかあの路線、りんかい線だっけ、ああいう地下鉄でもわかるじゃん。海の中よ? ああいう技術、ただ電車走らせるためだけに使いますかね? パンピーたちを便利にさせる融通のために(笑)。な、わけないでしょう)

Qもカバールはカバールですよ。しかしそのカバールの性質が変わる、ということ(今までの人類史の中では「相当マシなカバールだよね」という見解はまだ変わっていませんw)
だから、ムーンショットとは違うけれど、ある意味、個人情報だとか、「色々、管理される」それそのものはある、お見通し路線(笑)とも言えると思うよ
だって、ほんとうにQFSの世界になったら、だれも「嘘ついて人集めして金儲け」とかw一切できませんよwww
それはそれで、「自由を奪われる」感覚、自由が奪われた感情になる人も大勢出てきそうでしょ?

今見せられているのは、お芝居

ホンモノたちはもうほとんど不在、ゴムかぶった別人か、クローンです

だけど、本人不在でも「いることになっている」ので(笑)いることが前提の施策、政策が、どんどん進められていっている、そういう様相が見せられているわけです

「このままだと、将来の日本はこうなるよ」のムーンショット路線へ、一見、用意周到に進んでいっている、そういう様相は見られます

人口削減計画も、まんまと(笑)9割の国民はシープとなってそれに従い、枠チンに腕を「みずから差し出す」というwww
愚行が横行してしまい、今でも(笑)「ま~だ、呑気に国策を信じてる」日本人も多いのではないでしょうか

但し、ゴムのお芝居なんだけど、それをね、「Qが悪人を片付けてる」「Qが枠珍の中身を無害なものに変えてるからダイジョブ」だとか(笑)そんなお花畑なw話ではなく、モノホンがしっかりと出回り、パンピーたちはそれに流され、続々と打ってしまっているわけで

副作用というよりも、もう「後遺症」として、その肉体、精神状態を受け入れていかなければならない人々が続出してきていることは、お芝居ではなく、「現実」ですから

(こういう方がいらっしゃったら、MMSをお試しください(笑)。まず、「567枠珍がどういうものだったか」お調べください。それを一旦、ご自身で得心すること。「mRNAにはなす術がない」と当初は絶望的に伝えられていましたが、「デトックスできる可能性」は出てきています。それが、「MMS」と「16時間断食」かなと思います。そして、それと並行した「食の改善」です。ちなみに、既存の「医者」は(笑)これは言いません。非常識だからです。食のことも言いません。後遺症で大変になってる方は、病院たらいまわしされてるそうですが、56枠後遺症患者を「診てくれる医者」も、この「非常識」は(笑)伝えませんので、これも、あくまでも、私の「経験」からということで。「自己責任」でご判断ください。「治らなかったじゃないか」と言われても、その責任はとれませんので。567後遺症を診てくれる医者、そういう人を探しまくって頼るよりもw自分で治せる方法、そこにトライしたほうがいいんじゃないでしょうかwww「誰かが治してくれないか」と病院や医者を頼り続けていれば、いずれにしても「薬漬け」になってしまうだけですよ。)





世の中なんでこうなってしまったのだろう?

ってところなんですがwww

まぁ…だから、「みずから気づく人」

ひとりひとりが、この茶番劇場に気づくことがとても必要だった、とは言えます

私も微力ながら、「気づいてくれ」と、そのために、ブログ記事でがんばってきましたがwww

まぁ、別に有名人ってわけじゃないからwwwお伝えしているように、その影響力は、ちょびっとでした

でもまぁ、日本に関して言うなら、1千万人くらいはちゃんと”みずから”気づけた方はいると思いますので
(うちみたいな辺境ブログもそうだけど。「普通の人が勇気を振り絞って、声を上げている」ブログなども、たくさんあったでしょう? 今もあるよ。みなさん、続けている。そういうのをたまたま見たり知っていたりして、気づけた人、促された人の数も、「テレビ洗脳」には圧倒的に敵わなかったけれど(笑)でも、そういうのがきっかけで知ることが出来た人も、それなりにいたと思うから、自分もまったく無駄なことはしてこなかったと思ってる)

そして今後は、1回打った方、2回打った方、でも、さすがに気づいていくと思います

あとはまぁ、これ以上、日本の政治家や国の体制を一見作っている人々の好きなようにはさせていてはヤバイことに、ひとりひとり気づくこと

芝居とは言え、それは必要かなと思いますよ

ゴムでもクローンでも(笑)基本オリジナルと同様の指針で行動するわけですからね

言論の自由を奪われる、そうなれば、今後は「勇気を振り絞ってがんばってきた人」も(笑)まぁ…国の方針に逆らう国賊ということで(笑)お縄になってく、黙らされていく、真実を伝える人が不在となっていってしまう可能性も出てくるってことですよw

(まぁ、都知事は毒チン打たれて終了(笑)そのまま行方不明だとか。なんか、エロ坊主もw毒チン殺になったらしく100歳手前でご臨終のようですよね。エロ坊主、誰のことだかわかるよね? こういう「綺麗事言う、有名になるスピ人」というのが、ほんっとうに、「手先」だったのねぇ~~~という、凄い話なんですよ。ダライ・ラマとかマザーテレサだけじゃないですよ。「誰もがなんとなく知ってる」レベルになっている著名人は、ほとんどが、そっちがわでしたぁ、みたいな話なのよね。こういう綺麗事を信じてきた人々にとっては、大ショックでしょうから、”ロンメル”なのです)



ホンモノは誰だ?!

つい、家探ししたくなりますがwww

有名な人をアテにするのはwもうやめましょう

(有名になろうという”山っ気”持ってる人も、ほんと、要注意ですよ。ベイくんも途中までは良かったんですよwwwだから、8月にも「あとはこの先、変な功名心を刺激される人々の山っ気に巻き込まれないこと(笑)を祈る感じです」って^^記事に書いてたけど、まぁ、やられちゃったんでしょうかね。正道院とかそういう人が、向こうから近づいてきていたものね。ヤクザってね、「日本人以上に、日本人」的なところ、あるの。日本人じゃない人たちほど、日本がいかにも素晴らしい的なことを語るようなところってあるし、ちょっと立派な慈善事業していたり、風格あるのよね。昔ね、ヤクザもんに「宗教法人立ち上げたいんだけど」って(笑)その教義内容をチェックしてあげたwことがあるのよwww正確には、その人の親父さん(元ヤクザの組長)が立ち上げる氣まんまんで、「これどうかなぁ」ってその元ヤクザの息子(こっちは一応カタギ)に相談じゃないけどw見せられて。「こんなのに引っかかる人がいるのかね」と、ちょっと「足りない」ところを教えてあげましたけど(すっごい昔の話よ。音楽業界にいた頃よ。今思うとさ、こういうやつらが宗教法人をつくるわけだから、ほんと宗教なんて、だれでもつくれるよね、と思ってた)。実際の多くの日本人は(笑)「自信を失って、傷ついたまま」の人が圧倒的。元気なのはw日本人じゃない人たちばかり。ほんと、はよう、目覚めてくれよ)

「自分がホンモノになる」

われわれにとって、その「過程」なんじゃないでしょうか

ホンモノがいたら付いていく、それに続く、とか言ってるあいだに

時代は進みますし、ゆっくりと反転していきますから

あなたが、ホンモノになりましょう

そう、促されているのです


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page