アーカイブ
2021年11月08日の記事のリスト

猛毒対応

2021年11月08日 (月) 21 : 44
今日は朝、大失敗をしました
(大失敗をしたんだな~ということに気がついたのは数時間後)

いつもいつもではないのですが、外出から戻った時には、今は使っている目薬がありまして

100%ピュアローズウォーターににがり(つまりマグネシウム)を一滴だけ垂らした目薬(笑)

この目薬で、まわりの56枠うちの二次災害(笑)と呼ばれるシェディング、身体から薬品臭のする56枠打った人が近くにいて目が痛くなる、という方が、目の保護に使っている、というブログ記事を読んで

私はとくに、その事象に遭遇しているというわけではないのですが(笑)真似して作ってみて試したところ

これがけっこう気持ちいいので、作って使っていました(一日一回程度です。別に必要ってわけでもないのですがw)



で、朝起きぬけになんて目薬ささないんですが、ふと、やってみたところ

「何? どうしてこんなに沁みるの???」という現象に驚き

しばらくたっても沁みてるので、目を洗いましたが

なんとな~くじんわり、そんな感じが一日続いていて

午後になってからやたらに鼻水が出てくるようになりました
(目と鼻は繋がっていますからね)

代々木公園でもやたらに鼻水が出るので、風邪引いたのかな? と思いつつ、そうではなく

「これは目だなぁ」ということはわかっていたのですが

目やにも出てるし、うわぁああん、状態www





夕刻家に戻ってきて、驚愕の大失敗に気が付きました

私は目薬用スポイトのついた容器に、その作った目薬を入れてるのですが

同じ容器に「MMS原液」を入れて、そちらは「遮光」が必要なのでぐるぐる巻にテープを張り区別しているのですが

どうやら

このMMS原液を、目薬と間違えて(笑)両目に一滴ずつさしてしまっていたようです…
(さした目薬を置いた場所になぜかそのMMS原液のスポイト容器がありました…)

「要、100倍希釈」が言われる(笑)原液そのままでは使わないように、の猛毒よばわりの「消毒液」ですからwww

よりによって、「目」かぁ…というね

まぁ、入れちゃったものはどうしようもありませんから(笑)

目を洗ってwwwそして、身体反応にまかせ、出てくる鼻水(これは自然治癒反応「毒出し」ですからね…)に感謝しながらw

鏡を見ると、眼球はとくに充血とかしていないんですが、目頭のところの赤い部分が少し腫れてるかな? という感じ



こういう時に、何をするのかと言いますと

久しぶりに、ゲートウェイを聴くことにしまして
(なんとゲンキンな…(笑)「困ったときの、高次頼み」というwやつですよwwwじゃないと、ほんっと、私って、性懲りもなく(笑)少しも「ヘミシンク習慣化」はできておりません…ゲートウェイは制覇したといっても、結局「ひととおりは聴きました」というだけですwww)

「なんかこういう手合の解決法みたいのないのかな」と(笑)肉体レベルの手合なので、ゲートウェイⅡあたりかなぁ、と当たりをつけて、ぱらぱら解説をめくってみたら、その「ぱらぱら」くらいでwすぐに見つけました(早)

CD1枚めの2番め、それが「問題解決」(まさに)

でも…実は、それを聞き始めて、フォーカス12に入った時に、もう答えというか(笑)

聞く前から、閃いていたのです

「猛毒」と呼ばれているものを、そのままで使うなと言われている「一般的には超危険物」(笑)それを「目に直接入れる」だなんてwww

身体の中でも、「毒物」にもっとも弱い(笑)とも言える箇所じゃありませんかwww

まぁ、ありえませんわな

でもその「ありえないこと」をやって、人間がどうなるか、という話www

私はこれを経験させられた(笑)ということなんだろうと…





フォーカス12で得られた、「対策」ですが

眉間にテスラのパープルプレート(ペンダントサイズ)&松果体の横あたりの左右量こめかみのあたりにオーラライト-23の原石を貼り付ける(笑)という図

いやこれ、どうやってやろうかなぁ…とは思いながらwww

まぁ、それらをテープで貼り付けて

アタマのうしろの髪を結いているゴムにまで(笑)オーラライト-23の原石を取り付けて

ぐるっと、松果体を中心とした、目の位置を、テスラプレート&オーラライト-23で、包囲してみましたwww

「速攻治りまっせ」かどうかはまだ未知数
(その状態でこれを書いていますので。鼻水は治まってきましたが、目頭の赤いところの腫れた感じはまだ引いていませんし、おそらくですが、眼球のまわりの粘膜? なのかな、少し炎症を起こしているんだろうな、という感じはあります)

ただこれ、…ちょっとクセになりそうなwwwエネルギーヒーリングであることに気が付きました

石をこういうふうに、松果体包囲網的に(笑)配置する…

この姿で外に出かけることはできませんけれどwww個人的には「かなり萌え」な状態です

「だいぶ楽になる」という感じならあります

まぁ、クリスタルのちからを借りるヒーリングは、グリッドを作って身体の意図したその箇所にエネルギーを送る、なんて方法もありますけど

「ダイレクト」に現物を、身体に貼り付ける(笑)やっぱこれでしょうwww

(あ、だからね、56枠を打った方。心筋炎の予防に、ローズクォーツのタンブルなどを左胸のブラの中に入れておくとか。ローズクォーツは心臓ヒーリングの石なので。多少は助けになるのではないかなと思います。そうそう、この心臓って、昔はね「心臓は左胸」って言われていたんですけれど、今は「真ん中」ということになっているようですよね。でも自分も、なんとなく真ん中な感じはしていたというか、左側にある感じはしてなくて、どこにあるの? って思ってたようなところもあったんですよ^^。こういう現象をマンデラエフェクトと呼ぶそうです。いつのまにか常識が変わっていって、且つ、過去はそうだったはずなのに? という記憶が人によってバラバラなんですが、でも「現在それが常識」となったとたんに、過去の記憶まで書き換えられてなかったことになってる…のような現象。567和久ちんも(笑)そうなるといいんですけどね…「どこが毒だったの?」という感じに)



さて、こんな「ありえないこと」をやってしまって

枠珍打った人の副反応みたいなw(567枠珍の副反応は、こんなもんじゃないレベルも多いですけれど)

「身体に、劇薬と”一般で”言われているものを入れる、しかも、目から」という状況ですけれど

(MMSは500ミリペットボトルの水にキャップ一杯の原液を希釈した水を”消毒液”として使うわけです。「飲用」としては「絶対にしないでください」と言われるものですが、これを、一滴二滴と「コップ一杯の水」で希釈し飲用することで、体内をめぐる「毒」の排出ができますので、567和久ちんを打った方にはおすすめ、と言ってた(笑)MMSですが、「原石をそのまま」飲用してはいけませんし、ましてや^^「目」は絶対にダメでしょう、ってこと)

ただ、目に間違って、左右一滴ずつMMS原液をさしちゃって、今感じることは

MMSが、言われるように、ほんとうにほんとうの、劇薬で超毒物なのであれば

今こんな(笑)ブログ更新など^^してられる事態じゃないですし

もう目が開いていない状態で、本日、代々木公園とかwww行ってるどころではなかったと思います

私がこれで、このあと、大事に至らずに炎症が引いていけば、「MMSの毒性と言っても、原液を直接目に入れても、こういう感じだよ」という(笑)

図らずもwwwある程度は、その「証明」もできることになるのでwww

なんか良かったんじゃないでしょうか



567枠珍は、そう考えると、あの「副反応が出ている人々の感じ、副作用の状態」からすると

いったいどのレベルの猛毒なのかと、やっぱり、思いますけれど

(猛毒よばわりのMMS原液のほうが(笑)ずっとずっと「軽い」のではないかと思われ…)

なんとなくですが、人間の肉体というのは、こういうふうに、免疫力(抵抗力、自然治癒力)というものが反応しますので

解毒ができていってる人々も、一定数はいるのかもしれません

まぁ、打った方の中にも、毒だ毒だと言われるからこそ(笑)試してみたくなってしまった人もwそれなりにいらっしゃったのかもしれません

「打ったけど、ぜんっぜんヘイキじゃねぇか」と(笑)「反ワクチンに言いたい」というか

危険だ~危険だ~言う人達がなんか「目障り耳障り」だから、じゃありませんがwww

そういう人もいそうですよね





そうそう、これも常識といえば常識なので、みなさんもご存知かもしれませんが(世間一般では常識ではありません)

こういう免疫反応は抑えてしまうと、毒が抜けきらないとも言われますから、なんとか堪えられるところまでは、症状を抑える「薬」を飲まずに
(ちょっと微熱がある程度とかで解熱剤をすぐに飲むだとか、そういう)

こういった「石」などを使うエネルギー治療というのでしょうか

まぁ、「肉体で起こっていること」などについては、エーテルレベルでなんとかしようとしても(笑)

今回の私のように、明らかに毒性ありますの注意書きがされているようなレベルの^^劇薬を取り込んだ場合には

まぁまぁ、「身体が治ろうとする経過をゆるやかにサポートする」ということにはなりますけれど

「丸腰で耐える」よりは(笑)いいと思いますwww






この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page