アーカイブ
2021年10月11日の記事のリスト

『普通の人』を、日本人が信じなかった理由

2021年10月11日 (月) 00 : 00
PSWの読者さんは、まぁ、”一般的な日本人パンピーさんの中では”、まぁまぁ、PSWの神崎詞音という普通の人の言うことを信じてくれる人々なんだろうな、と思います

そして、PSWのお客様は、さらに、お金を出して買ってくださっている、ということですから

「まぁまぁ」ではなく、「ソコソコ」、PSWの言うことは、信じてくださっているのだろうと思います(笑)
ありがとうございます☆

私はこれがあるので、自分が直接には知らないことについて、あまりいい加減なことは言えないな、という責任感くらいならwwwやっぱりあります

なので、この世でいうところの「淫棒論めいた話」なんちゅ~のは、長年、できなかったというわけです(笑)

(それを話し始めたのは今年に入ってからですが、「もっと早くからしとけば良かったかな」くらいに思ってますよwww)

私自身、「この世の一般人にあまりシンパシイ感じる人がいない歴」が長い人間でしたが、この手の話を知ると、ヘタすると、ものすご~く「厭世観たっぷり」な人となって、ますます周囲に溶け込めない、ハートを閉ざす人となってしまう、そんなところもあります

なので、「な~んにも知らない人に伝える」となると、まぁまぁ、大変というか、誤解されちゃう、ミスリードにもつながる可能性もあるわけです

それと…自分自身が、そういう一般社会ではない側の、いわば「カバールにちかいほう」の世界を生きていた時に(当時はそれを知りませんでしたよ)むしろ、「自分と同類と言える日本人」のピュアな人たちの世界も見てきて、でも、自分自身そこでは成功してこなかった、という(笑)その経験を経たあとに

一般社会に戻って、「ああ、意外と、やっぱり自分は、”普通の人”の良い面を、ぜんぜん見てこなかったのかもしれない」という経験を経て(そうようやく思えるようになって、特に好きな仕事だったわけでもないですがw営業経験積んで)

で、その後に「石に出会い」今があるわけです

そこからずっと、「普通の人であることの幸福」それを、実感してきましたからwww
(それでもあんまり普通の人とも言えないかもしれませんがwww)

ですが

その、「一般人の世界」が、巨大な幻想が、崩れ始めているのが、「今」ということなのですよ

一般人たちの多くの人々の感性は…”私が、思っていた以上に”、やっぱり…こういうことだったのかな、ということが、よくわかるメールが、マーケティング会社から届きました(笑)

以下、そのコピペです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ある調査結果を見て、びっくりしました。
というのも、米国マーケティング会社によると営業マンの信頼度はたったの3%だというのです。

たったの3%

商品について100伝えたとしても、3しか信じてくれないということです

何言ってもあまり信じてもらえません…

人は売られると思うと、ガードを上げるので、営業マンが商品の良さを伝えても、ほとんどの場合は、「売りたいだけでしょ?」って思われてしまうんです。

それが本当にいい商品で、すごく効果あるものだったとしても、営業マンから伝えた場合は信じてもらえないケースが多いんです。

最近はコロナもあって、オンラインやネットで商談に取り組む企業も増えていますが、ネットなら尚更、信じてもらえません。
なぜなら、リアルの場合は会えばその人の雰囲気や仕草、話のトーンや雑談などから信じられるかどうか?
を判断できますが、ネットの場合、難しいからです。

ただ、「営業マンは信じられてませんよ」ということを伝えたくてこの文章を書いてるわけではありません。

この話には続きがあるんです、、、

というのも、逆に信頼性が高かったのは、なんだと思いますか?

最も信頼性の高い職業。

伝えたらそれがほとんど信じてもらえる職業。

さて、なんでしょうか?




正解はお医者さん。

お医者さんの言うことは、多くの人が信じるという結果になっています。

それ以外にも
・先生
・看護師

など、専門的な知識を持っていて、何かを教える、人が知らないことを教えてくれる人に対して信頼するというデータもあります。

つまり、同じことを言ってたとしても、誰がいうのか? によって、お客さんに信じてもらえる度合いが違う。

営業マンが「コレがいいですよ」って伝えるのと、先生が「コレがいいですよ」と伝えるのでは、お客さんの受け取り方が全然違うわけです。

では、あなたが、営業マンから先生に立場を変えて、商品・サービスの良さを伝えるにはどうすればいいのでしょうか?

オンラインで信頼関係を短期間で築いて商品を販売するには何が1番いいのでしょうか?
その方法がこれです。

↓ ↓ ↓
信頼関係を短時間で築く方法とは?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この文章の最後の(笑)「ではあなたが…」以降はどうでもいいのですがw(私も見ていません)
(まぁこうやって、あの手この手で^^「カバル手法」は「普通の人」へと浸透していく世界、ってことです。前にも言いましたが、「マーケティグ」というのは、カバールのモノマネですからね)





この世というのは、

「カバールが育ててきた」と言える職業である、「お医者さん」

ここに「権威性」を持たせるように、時間をかけて、この地球上の世界をカバールはつくりあげてきました

(そのお医者さんよりも、ずっとずっと、「地位が上」なのが、ぐろうばるな製薬会社です)

どうして日本人の9千万人も(笑)見事にwww567ワクチン打ってるのか?

もう、答えはここにあります

もちろんですが、「メディアのちから」も大きいです

ですが、ただ、メディアがそう言ってる、煽っているだけで、9千万人も、治験中のワクチンなんて、打つでしょうか?

567枠ちんは…

ほぼほぼの、一般人から「信用のある立場」を、もう、その職業である、というだけで、白衣を着るだけで、勝ち得る立場を得ている

そういう職業の人々が、「薦めている」だけじゃなく、「実行している」わけですから

テレビに出ている「専門家」だけが薦めているわけではなく

「クリニック」へ行けば…「567枠ちん予約のポスター」も貼ってあります

そして、当たり前のように、「567枠ちんのご案内」が表記されています

薦めないまでも、「このクリニックでは、567枠ちんを、打ってます」と、それは、インフルエンザ枠珍などと、まったく同様に

医療行為として、行われている、その「様」が、日常風景として、当たり前に、存在することになってしまいましたから

たとえば

一般人のあなたが、家族に何を伝えようと、おそらく家族は、健康のこと、病気のことに関しては

無条件に、「あなたではなく医者を信じる」のです

20代の若者までもが、「なぜ? 親が止めるのに、56枠を打つのか?(親自身は、危険性を知って、止めているのに)」

テレビがつくってきた世界を疑わないテレビ脳のご老人だけではなく、意外と、20代の若い人も、打っている事実

その背景には、テレビだけの影響ではない

こういう、「病院という、医者という、その”信用ある”世界においても、実行されているので、当たり前なこと」という空気

そして、今の20代くらいの人々は、小さい時から、大人たちよりも、「当たり前に、病院に馴染み、ワクチンも、打ってきた」

枠珍を、”予防ができる”注射だと「信じている」と思います

どれだけ危険を聞かされても

「でも、病院では、当たり前にやっている現実」なのですから

病院が「営利体のひとつ」というよりは、「人を救う、人を癒やす、人の健康のために、正しいことをする場所」という認識

まぁ、一般人感覚が優勢な、むしろ「いい子」に育ってきた人ならば

普通に、信じてしまうでしょう

そりゃ、危険性を伝えてくれる「普通の人のネット情報」を(笑)「一般人の言うことだしな」と信じられなくても^^「VS医者、病院」という時点で、勝ち目はなかったということなんでしょうね





これは別に、「医者の罪は重い」とか、そういうことを言いたいわけではありません

彼らも、「カバールには、騙されっぱなし」とも言える人々であることもあるのですが

医者本人たちも、それを別に、悪いと思っているわけではないのですwww(だからタチが悪いんだけどw)

これは、私の個人的所感なのですが

正直…感覚ですよ、感覚(笑)

カバールヒエラルキーが「当たり前」だと思っている、お医者さんの世界で生きていると

そしてそこに順応できる感性の方だと

以前、言ってた、「ジャニタレって、なんか、一本、ネジが違ってる」という(笑)

過去にジャニーズ所属のタレントに接して、「何かが違う」その感じ、これを言ってた人もうまく説明できないそうなんですがwww

たぶん、そういうのに、似ているような気がします
(でも、平たく言うと、やっぱりそれは、誰の中にもあるとも言える、悪魔性(笑)には通じる部分です)

また、「そういう人のほうが向き」でもあったのが、現代の西洋医療の主流であったとも思います

56枠の「害」に声を上げている、全体の中では数の少ないお医者さんがたは

「そういう人のほうが向き」の世界の中で、「そういう人じゃなかったから、そこにいれば、違和感を感じる」人々であったため

「独立開業医」となるしか、生きていけませんし

「独立開業医」とならないと、「ご自身が感じている、医療の本質」を実現できないことをわかって、独立している

そういう方々かと思いますが

なにぶん、その「数が少なすぎる」ので(笑)やはり、一般人を啓蒙する「影響力」を持っていませんから

(しかしそれでも、一般人の言う「56枠やめれ」よりも、医者が言ってるソレのほうが、ずっと有効性あることは、私自身わかっていましたから、私も、ブログで、中村先生、うつみん、など、その名前を上げることにしたわけです。そして、初期の頃から、「私が言うよりも、医療者が言う方が何倍も効果があること」は、マーケティング会社に言われなくてもwわかってましたので、ツィッターでもブログでもなんでもいいから、どうか、医療関係の方は、勇気を出して、一人でも多く、声を上げてください!! と言ってましたよね)





医療者の人々、そこからスタートした56枠だったわけですけれど

当然のごとくに、医者のほとんどは、その流れに乗った

まったくと言っていいほど、医療機関からは、声が上がらなかった

中には、枠打ちの高額バイトに(笑)ウハウハのw産業医もいた

まぁ、この時点で、勝敗は決まっていた(笑)とも言えるのかもしれないですね

(「本を出す」医者は「金儲けよばわり」なのに、枠会場での枠うちボーナスバイト月1千万、しかも申告不要で無税(笑)とかの医者にはなんら疑問も起こらない。それが奇妙にも思えない。それでわかるじゃん? 「医療行為」というだけで、一般人にはそれが「おかしいだろ」に見えないのね。ちなみに、枠会場の日本での動画も見ましたが。普通に、ぶっ倒れてるの(笑)パイプ椅子から転げ落ちるように。ところがね、そういう人を「担架で運ぶ」その手際のいいこといいこと(笑)。「手慣れてるな~」というのがよくわかる。こういうのを見て、こんなことが「この国で当たり前に起こっている」ことに、疑問を抱けないのは、ひとえに「医療行為だから」という「洗脳」なわけですよ)

ただまぁ…

先のことはわかりませんけど

おそらくですが、「大どんでんがえし」そのものは、必ずありますから

豆腐船行きの可能性は(笑)私にはわかりません

「無知は罪」じゃないけれどwwwそれは、「一般人、家族や、近い人」の言うことは信じなかったパンピーにももちろん、なんの非がないわけでもありません(「あなたの自己責任よ」に、きっと署名して、枠を打ってるんでしょう? だから、医療者のせいのみにはできないですよ)

しかし…もっとも無知、もしくは「現実を見ても、無知」もしくは「無知のフリを維持している」それが、医者自身というね

(これは、ヘブニーズスタイルにゲスト出演していた、中村先生も、おっしゃっていましたよね。多くの医者が、「上から言われることだけ」を指針に行動している、「ものすごく、勉強不足で、情報を、アップデートしていない」という、この「勉強不足」であることを、さかんにおっしゃられていました。たぶんね…勉強しなくても、別に^^雇われリーマン感覚であるなら、むしろそれは”余計な知識をつけちゃうと、かえって不都合”なんだと思うんですよ、医療の世界って。だから、勉強じたい無意味で、しなくても、いち職業としての地位も確保されるし、患者という、相手は無条件に「信用してくれる」その部分での努力もあんまりないまま生きられるから、勉強しないんですよね、おそらく)





まぁ、なんにもないよ、お咎めないよ、万事OK、ということにはならないんじゃないかな~とも思うし

なによりもその

「人がもっとも信じる」という、その立ち位置であることの責任というものが

彼らに何も問われないのかどうか? という部分は

当事者たちの「ハート」「気づき」しだいかなと思います(「今なら」ね。時を逃すと、それも難しいかもしれないよ。知らんけど)

でもこれも、「高次采配」「宇宙の総意」がそれを今後どう予定、計画しているのか? なので

あたしが、どうこう言えることでもありません

人類全体の進化、という視点で見れば、「必要なことだった」のかもしれませんから

ちなみに

あたし自身は(笑)昔から

申し訳ないけれど、「医者も人間」という時点でwww

「私にとっては、一般人も、医者も、なにも変わらない」というか、私は、相手のこの世の地位次第で、態度をそんなに変えません

立場とか有名だとか、それだけで「マンセー」とはならない、その肩書などの持つ権威性、上下しだいで媚びへつらう、「おおせのとおりで」とはならない人間です(笑)
(なので、「医者マンセー」の常識人の洗脳ピープルから見れば、「医者でもない素人のオマエが何を偉そうに」に映ると思いますよ、こんなことを言っていると)

相手の「実績」そのものも、ほとんどバロメーターにはしていないですよ
(ただ、その人の「経験値」と「才能のプロ度」には、多少、うるさいかもwwwなので、「その人自身の経験値を生かしているプロ度を持っている人」のことは、好みとして、好きです。それが、その人の本質を生きている姿だから、とも言えますけれどね。宗教の教祖や、特殊な才能を持つ人に魅入られる人が一定数いるのも、まぁ、それです。但しこれは、「悪魔本質」のほうの人々(笑)にも言えることwなので、なんであれ、その人の本質を生きる人はわりと傍目には魅力的なんです、いずれも。なので、その嗅ぎ分けの注意は必要ですよ。テレビに出ている人々は(笑)まぁ、ほぼほぼ、才能じたいはあるんだけど、「今までの世の中だと」カバールお手つきが多いのでwwwまぁまぁバロメーターにはなりますが、そういう人じゃない、有名じゃないからといって、じゃあ全部がオッケーなのか? と言えば、そこもそうじゃないので(笑)。大変ですね、この世はwww)

「今の、その人は、どんな人なのか」が、いちばんのポイントじゃないですか?

(そういう「相手が「付帯」しているもの」そこだけで判断する人とならないために、「松果体」は腐らせちゃ(笑)ダメですしwwwそこだけじゃなく、自分が自分を認めていることも大事ですよ。だから、人間は「エネルギーボディー全体が活性化している」ことは、とても大事です)

それでも、「最後は自分」ですよ

あたしが最終「言うことを聞く」のは、高次ガイドとその上(ハイアー)つまり、「自分の中の神」だけですからwww

(とはいえ、私が、陰謀論系から56枠へと繋がるような「真実暴露」話をするってことに関しては。ですが。「それを私がやっても、それが功を奏す」つまり、この「日本人9千万、56枠打ってしまう」までの流れそのものをストップさせたい!! という私の願望は叶わない、ってことは、最初から言われてましたよ。やってもやらなくても同じ。そして、それをやれと言われていたわけでも、止められていたわけでも(笑)どっちでもないですwww「自分で好きなようにしな。」という感じでしたね。つまりね、高次ガイドというのは、「こうしなさい」については、強制はないの。でも、絶対にやめたほうがいいこと、だったら、な~んか障害が入る。但しソレは、顕著にそれに気づけるのは、「それを素直に、高次ストップなんだ、と気付ける人だけ」です。過去に、うちの石アクセサリを買ってくださった方が、「うちのブレスに、56枠2回め打ちを、止められた」そうです(笑)。バラバラに、ゴム切れ。それで、医者の目の前まで行って、さぁ打ちますよ~、の寸前で、思いとどまって、断って帰ってきたそうですよ。そのことを、メールくださいました。過去に一時期、買ってくださっていた人でしたから、きっと、うちのブログ、今はもうぜんぜん見てなかったんだと思う。惜しいね。でも、2回目、踏みとどまって良かった。打ってたら、死んでたと思うから)








「アーカイヴ(Stone Consultation~見極め、選択~、ライトワーカーのアバンダンス~本質シフト~)」



「Brain Work」



「ハートの再起動」



「アバンダンスゴールド2021」



「新時代SPEED」






この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page