アーカイブ
2021年06月20日の記事のリスト

追い込み漁に必死

2021年06月20日 (日) 00 : 00
うつみん先生の本が、アマゾン始めとする、ネット系の本屋のすべてで「本が買えなくなっている(入荷せず)」
という事態になっているようです

アマゾンでは本の表紙画像まで、NO IMAGEで消されていますね
(表紙を憶えて探させないようにするためですかね)

アマゾンBOOKネットショップ第一位の売れ行きなんですが(笑)

そしてうつみん先生も、「本がないから入荷しない」わけではないことをツィートしてました(増刷されたばかりで、山ほどあると)

「医師が教える新型コロナワ○チンの正体」という本です

これは売れて売れて増刷が間に合っていないのではなく、あの虎選挙の時にあったことと同じ

「企業によるあからさまな言論統制」ですね

しかもなんと、日本の他のネット書店まで(笑)足並みを揃えています(アマゾンだけじゃないです。紀伊国屋などでも買えません)

とりあえずはネットの書店では、今買えないプレミア本となっていますよ^^

これ、やっぱり何ヶ月前かに「とんでも本」とも言われていたし、私も読みまして手放しでマンセーと言い続けているわけでもないのですが、あのホワイトハットの話を書いた、佐野美代子さんの本の時も、やはりそうでした

アマゾンでは売ってなくて、私も確か定価以上で買いました
定価で買えるようになったのは、売電政権が決定して誕生してから(笑)だったようなwww

ただまぁ、本買って読まなくても、このうつみん先生の本が伝えている内容は

珍コロが珍コロだとちゃんと気づいている人たちにとっては、目新しい内容ではないはずなので(あたしも読んでませんし)

そういう人に今必ず読んでください、というものではありませんけれど

珍コロ枠を迷っている人が、すぐにまとまった情報源にたどりつくには、ネットで探すよりも「本一冊」まず読むほうが、時短で情報を手に入れられるわけですが

その迷い道をしっかりと塞いできてるようですね(笑)

(ちなみに、こういう状況を、電撃コロナ脳ですと、「デマ流す医者の本だからだ」と捉え(笑)、「真実にしっかり目覚めている脳」は、「言論統制で、真実を語るものを規制している、戦時体制の危機的な状況だ」と気が付きますwww真逆のとらえかたをするわけですよ。ちなみにですね、な~んで戦時体制、これは「戦争」なんだ、って話なのか。それは枠に自衛隊も絡んでいることでもわかります。モデ○ナ枠などは防衛省管轄の枠なのだそうで。なんで医療のための枠なのに防衛省? なのです。コロナ脳は、「表に大々的にニュースで流されていないことはウソ」「情報規制されている側、世の中の少ない人数の人が言っていることはデマ」と考える(笑)昭和の太平洋戦争の時と、まったく同じ思考構造、シナプス回路が出来上がっていますので(笑)もう、かかわるだけエネルギー奪われますから、とにかくなるべく関わらないという策を講じることができる方は、そうしてください)



さて、どうして彼らカバールがこんなことをやるのかと言いますと

それは、日本は、パンピーに枠打たせたい、その「追い込み漁」真っ最中だからでございます

お客様から教えていただいたのですが、東京だけではなく、そして大企業だけではなく

いよいよ「企業すべて(中小でも1000人規模企業など)」が(笑)がっつり足並み揃えて動き出しているようですね

以下、転載です



> 職場とか大学をちらっと見たんですけど、東京だけじゃなくて全国的にやるみたいです…こんなに早いと思いませんでした…(´・ω・`)

急いでいるのは「国家の緊急事態中」じゃないと、治験中ワクチソは人体には
使ってはいけないという、国際的な法律というか取り決めがあるからです。

だからもう、最後の「追い込み漁」に、必死なのでしょう(笑)
7月以降とか^^ノンビリしてられないんじゃないでしょうか。

周囲に枠打った人々が、日本全国、あふれかえる世界が始まりますけれど
キャストライトに守られましょう^^

黄金時代がやってくることを知っている人にとっては、踏ん張り時ですね



私なんかも、隠語をなるべく使わずに、時々「もろ出しフルネーム」でお伝えしていますんで(笑)
しかもかなりつっこんで書いています
こんな「濃い内容」は、ほんとうはほんとうは、絶対ヤバイはずなんですwww

それをわかっているお客様には、「勇気がある」と言ってもらえるんですけど^^

いつ言論統制にあっても、ぜんぜんおかしくないわけなのですが(笑)

でも大丈夫な理由は…

「有名ブログじゃないから」(笑)この、一言に、つきます

FC2は、実は、もともと昔から(笑)グーグルさんに、さいっこうに嫌われているのでwww

「FC2ブログというだけで、検索上位表示されない(検索エンジンロボットにはじかれる)」という、憂き目にあうことは

もう何年も何年も何年も前から知っていました

理由は、「エロサイトも扱っているいかがわしいウェブサービス会社だから」ということなんですが(笑)

なにかほかにも、理由ありそうですね

そんなわけで、「FC2を選んでいる時点で、ブロガーとしての”花道”を外れている」ということは、ネット常識です

それは要するに

「人が見つけてくれない」「人が集まってくれない」「ネット上の有名人にはなれない」ということを、意味します



なので私も、FC2、どうしようかな~、って思ってた時期もありました

読者数が増えない、人に知ってもらえない、検索で見つけてもらえない、というのは、商売をやっている人間にとって、ぜんぜんなんのメリットもなく(笑)

ただただ人に知ってもらいたいことの情報提供をしたくてブログを書いている人にとっても、致命的(笑)です

「人に知ってもらう見つけてもらう、そして買ってもらってなんぼ」の仕事をしているような人もそうなんですが、何よりも「人に知ってもらいたいことがあるから」が動機でブログを書きたい、情報提供したい、その場合は、検索で見つけてもらえないことが確定的ですから、提供側にとって実りもメリットも薄いので、ブログを書くその労力がまったく報われないため(笑)、書く側のマインドとしても絶対に選ばない、イメージ悪いらしい「グーグルが言うところの、いかがわしいFC2」なので

また読者側も「ネットリテラシー、私あるのよ」って、「操作されている人」だと(これ、操作ですよねw今思うと)

そんなグーグルに酷い扱いを受けるFC2ブログ、というのは、格下、いかがわしい、という「中身を知る以前に」自分がネットリテラシー高いと自負する人は、そういうイメージを持つそうなんですよ
(笑。昔はそこまで気づいてなかったけれど…こういう「印象操作」の世界…これ、ほんっと凄い威力だったんですね…つまり、本当に「テレビだけじゃなくて」ビッグテックというカバル手下、この世界はほんと彼らの「意のまま」「包囲網」だったんだな、と)

じゃあそういう人はいったいブログは何を見るのかと言うと、はい、それは「芸能人ブログ」の多いアメーバブログなど
「人がいっぱい集まっている」わかりやす~いところへ(笑)流れます
(それが「ネットリテラシーなのかよ」と思いますけどねwwwカンタンに言えばこの世では「リテラシーある」を自負するパターンも色々で、「人氣エネルギー情報網リテラシー」に強い人、そして「神氣エネルギー情報網リテラシー」に強い人、のように分かれると思います…「人氣エネルギー」ほぼほぼカバルメディア操作の世界、って思ってるくらいでちょうどいいのかもね…但し、そういうアメブロなどに、ちゃんとした一般人ブログ(笑)がないわけではありませんので。全部ダメ、というのではないですよwww)

今思えばですが、「ビッグテックに嫌われてるいかがわしいFC2」にとどまっていて良かったです(笑)

「G-グルさんからノーマーク、相手にされていない、いかがわしい存在扱いで、検索上位にしてもらえない」
だからこそ、伝えたいこと好きなことが、正直に思い切り忖度なくお茶を濁さずに書けます

アメーバブログのようなマンモス的な仕掛け方、人の集め方はできませんが、「なにかの偶然(これがその方の高次ガイダンスです)で、PSWに出会い(天文学的確率です。検索で出てきませんので)」そこから、なんとなく気になって(これがその方の「直感」の指示です)「しっかり読んでくれる、腑におとしてくれる方」が、少人数いれば、私はそれでいいと思います

(そもそも、うちは、長文ですので。短文しか読むことができない、脳の連携シナプス動かない短絡脳、読解力、思考力のない人は、「書いてあることの理解ができない」ため、読むのが苦痛で、最初からスルーします。「日本人はバカになった」ってよく言われてるけど、これは本当だと思いますよ。まぁそれが年月かけて仕掛けてきた「食毒山盛り」などなどの神経やられる毒提供日本社会の功績だったり、もろもろの日本人削減策の成果、そうやって国民の大多数の脳を破壊し、生命力を弱らせ、おバカにしてきた最期の総仕上げ、それがコロ枠殺ですから。このへん、自分も見事に洗脳されてきたことを素直に認めたくない人だと厳しいのよ。だから、「ちょっぴり自分はこの世で勝ち組、ハイソ側」くらいの身分に喜びを心底感じているようなタイプの人とか、どっぷり公僕みたいな人たちは(笑)もう無理なのよw)



みなさん、ツィッターや、よそのブログなどでこのテの情報を探すと、PSWのようには書かれてはいないと思うので、「PSWの人ってちょっと変」そして「どうして他の人もこのくらい詳しく言わないんだろう」と思うかもしれませんが(笑)

ツィッターは文字数制限ありますし、ブログは、上述のように、「詳しく書きたくても書けない(規制される可能性あるから)」という、ぎりぎりのところで、気を使いながら言葉を選びながらやんわり情報提供をしている方々も多いと思われます

そのへん、汲み取りながら、情報に触れてみてください

そして、なによりも「あなた自身が、今までこの世で出会ってきた、カバールや工作員」が必ずいるはず(笑)思い当たるはずなんですからwww

(この”工作員”ですが、「コロナ脳の人々」は工作員です。本人は自分を工作員だとは思ってはいないと思います。しかし、この工作員というスタッフは、よく宗教に洗脳されてその指示で動く人々のことをそう表現します。コロナ脳の人も、知らず知らずのうちに、周囲へのそういう思考影響を与える行動をしていますでしょ。なので洗脳された脳で動いている工作員なのです。あたしがYoyoparkで出会った枠うちおっさんなんかも(笑)まさにそんな感じでしたもの。一見、理路整然とソフト物腰で話す、ソコソコ説得力あるインテリっぽい話し方で、バカじゃなさそうなので、なんにも知らなければ、「そうなのかな~」って思わされちゃう人は思わされちゃうと思いますよ。私がだまされないのは、昨日の記事でも書いたとおり、「東大卒まみれの世界」を生きてきた経験から(笑)です。勉強ができる頭のいいはずの人達が、必ずしも、人間として正しい思考形態でモノを言ったり考えたり行動したり、人を指導しているわけではない、ということを経験として知ってきているからです)

ご自身で、ご自身を、さぐってみてください



今、こういうふうに情報発信できているPSWでさえもが、それができなくなる可能性もゼロではありませんから(笑)

うちあたりにまで、情報規制がかかってきたりしたらwほんと、いよいよ「この国もお終い」ですよ
(ただしそれは、「今までの日本がお終い」ってこと。黄金時代幕開けがむしろ近いってことだと思います。まだ言えてるうちは、この国は、ほんとうの修羅場は迎えていないと思います)

その時は、察してください

今までのように「言わなくなっちゃう(言えなくなっちゃう)日」もくるかもしれませんがw

言わなくなっても私のスタンスは変わりませんので



私は将来メドベッドが登場するらしき未来も、フリーエネルギーやゲサラもやってくる未来、それを疑ってはおりません

虎は「もう勝っている」のが…事実なんだと確信できたからです(笑)

「TRUMP WON」です

写真見た方もいらっしゃるかもしれないのですが

売電とプーティン大統領が会談したそうで、二人が握手している写真を見て、確信しましたwww

売電のゴムマスクをかぶっている、その人は…なんと! …虎です(笑)

いつものジム・キャリーではありません

体格と、背の高さと、横顔の厚み、輪郭と、耳…それはまさしく虎さんですよ

プーティンも、半笑いで(笑)握手してました

黄金時代は必ずやってきます(世界は今までの常識とは変わります)

もう少し時間はかかると思いますけれど

場合によっては、枠うちの人々がしばらく経ってこの世からいなくなる、その阿鼻叫喚図を超える目処がたってきてから…なんてこともあるかもしれませんので、まだしばらく辛抱と対策が必要なのかも
今の情勢だと、ほぼほぼ、かなりの割合の日本人が、打ってしまいそうな感じがありますよね

(「誰が、どのロットナンバーの枠を打っているか」これを国はすべて掌握していますので、将来的には、そこで今とは別の意味で「選別」される可能性もあると思います。前にお話しましたでしょ。狂牛病の話。狂牛病が発生した牛舎の牛はすべて殺処分しますよね。それと同じことを人間に対してやるかどうかまではわかりませんけれど、将来的隔離策とか、「絶対にない、そんなこと」とは言い切れないと思いますので。ほんとうに一人一人ちゃんと考えて「打たないことを選択する」人であっていただきたいです)

ただ、「枠接種会場ドタキャン多し」という現象も、事実ですから

「個人レベル」では、わかってきている(周りで人が死んでいたり、重篤な副反応の人がいたりで、気がついた)そういう人々も増えてきていそうなのも、事実ですので

最後は、「個人の選択」です(どれだけ、会社や周りに、はっぱをかけられてもです)

メドベッドは、遺伝子改変された、mRNA仕込み済みの枠打ち肉体は治せないそうなので、「メドベットがなんでも治してくれる」と思わないほうが^^いいですよ
というか、メドベッド待ってないで^^、「今」あなた自身の健康な肉体を、心身良好状態をゲットしていく、そこをスタートを遅らせないようにしていてください

(メドベットはその人の元々のDNA情報から治療するのだそうです。なので、元の肉体のDNA情報がなくなってしまった人の治療はできないみたいです。ですが「枠を打って変わった状態のDNA情報」へは戻せるそうなので、病気の進行の緩和ならできるのかもしれませんが、期待は薄そうだし、そもそもそれ以前に枠打ちの人がメドベットにたどり着くことじたいがないような気もします(もう生きてないでしょう、その時は))

私たちは、私たちの先祖から受け継がれてきた、神がつくった、神からいただいた「パーフェクト情報の隠されている日本人DNA」の鎖を、しっかり守りましょう



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page