アーカイブ
2021年06月17日の記事のリスト

ワクスプレッダーから身を守るらしき茶

2021年06月17日 (木) 00 : 00
これは時々お伝えしている「ナカムラクリニック」ブログからです。

うちでも何度かご紹介しているので、先生のnoteはブックマークにして、お読みになられている方も、多いかと思いますが

ワク接種者が排出する呼気などに含まれるスパイクタンパクから、どう身を守るかについて、

たぶんですが、先生が以前「スラミン」がいいかもと書いたからなのだと思うのですが

そのスラミンを含む「松葉茶」が、どこもかしこも「完売」です(笑)

すごい影響力だな…と、感心します



まぁ、中村先生がまず取り上げたのは確実なんだと思うけれど、今は、この松葉茶を拡散している人々も多いので

その影響もあるのかな

自分も買っとこうかな~と思って探してみて、その松葉茶の完売まみれ状態に「ありゃ~」となりまして

で、noteを読んでいたら

その松葉茶というのは、「シキミ酸」というのが含まれるそうで、これが、「スパイクタンパクの拡散を防ぐ作用」を持つそうで。
なので、どちらかというと…「ワク打った人が、スパイクタンパクを周囲に拡散しないため」にも、より、いいのかな? という(笑)

もちろん、打ってない方の対策にも良さそうなんですがwww



で、その松葉茶に含まれるシキミ酸というのは、妊婦さんや授乳期の方には良くないそうなんですね。

ハーブや、アロマオイルなんかにも、よく「妊婦不可」というのは見かけますが、自然のものだからといって、必ずしも万人に良いわけではない、ということってあります

それで、先生が、妊婦さんや授乳期の方にもオッケー、として取り上げていたのが、タンポポ茶。

「ACE2受容体とスパイクタンパクの間でタンパク質-タンパク質の相互作用があるわけですが、その相互作用を効果的に抑制する方法を見つけました。それは、タンポポ熱水抽出物です」

…という研究結果があるそうなんですが



このタンポポ茶については、他の方のブログ記事で見つけたのですが、以下転載です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「コ○ナに効果」で1年ほど前、医薬品医療機器法違反の疑いで代表者らが逮捕されてます。
その結果、567関連で日の目を見ることはなくなったようです。
戯言ですが、mRNAワク○を摂取した結果、スパイク蛋白質が卵巣や脾臓に多く貯まることから、世に広めたらまずいと思う勢力が既に手を回していた可能性が高いかもしれない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タンポポ茶が567に効果があると宣伝してしまった業者が、異例のスピード逮捕(笑)だったみたいですw
その後、どこの業者も、たんぽぽ茶に関しては(というか、それは、松葉茶もそうなんですが)その手のウリ文句はありません
私は、オーガニックたんぽぽコーヒーも過去に時々飲んでおりましたが、ダンデライオンにはそんな効果があるんですね~

で、じゃあ「たんぽぽ茶」買っておくか…(売り切れ続出の前に)ということで、購入することにしたのですが



実はその前に、私が探していたお茶

それは、「あまちゃづる」でございます

このお茶は、「故・健康ヲタク」でした父が、生涯、飲み続けたお茶でして(笑)

享年いくつだったかなぁ(忘れるなよ、ってwww)たぶん86か87くらいだったかと思うのですが
(90超えを狙ってたみたいなので、たぶんそのくらいかなと思います)

彼は肺炎で病院に入院して肺炎じたいは治ったんですが、そのまま体力低下して、ひと月とかふた月とか(そこも忘れた)そのまま入院することになり、亡くなったんですけれど、実は、彼は入院する前日にですね

老人介護認定がようやく降りて、ヘルパーさんに週に何度か来てもらえる打ち合わせなども済んでいて、家に介護ベットが搬入される、ってところまで決まっていたらしいんです(足腰は弱っていたんでしょうね)

ですが、「さぁ明日から介護老人!」って(笑)ワクワクでしたのに、突然、入院になっちゃって、せっかく降りた介護認定を使わずに、搬入予定だったベッドも急遽キャンセル、ヘルパーさんもキャンセルして、つまり自宅介護老人とならずにこの世を去った、というわけなんですが

そのね、「要介護認定」というのがクセモノだそうで、どういう感じだったのかは直接には知らないんですけれど

要するに、「要介護老人」じゃないと降りないそうなんですが(当たり前)その、国の決めてる「老人基準」がですね…

彼の血液が、サラサラで、綺麗すぎて(笑)

つまり「老人の血液じゃねえぞ、こんなさらっさらのキレイな血は」という、一般老人基準から大きくハズレすぎていて

なかなか、要介護老人に認定してもらえなかったんだそうです(爆笑)「血が老人じゃないレベル」ってことでwww

「血が綺麗すぎるっていうのも考えものだよね。他が老人状態なのに、血がキレイなばっかりに、介護老人の保険が降りないなんて」…って話だったそうなんですよwww

血がサラサラでも、アタマはぜんぜんボケてなくても、筋力低下などは、老人状態だったようですけどね
(ここだけはw彼もずっとノーマークだったんでしょうね^^あたしも気をつけよう)

なんで「あまちゃづる」のことを思い出したのかというと

私が昔、「寒冷蕁麻疹」になったのは、実家を出てからの話なんですが

実家の母はたぶんその頃にはもう、アミノ酸(味の素)とかばんばん使ってたと思いますし(笑)

子供の頃のような食事形態でもなかったのですが
(むしろ今振り返れば、子供の頃に強いられていた(笑)食事形態は、「ちょう贅沢な和食素材」というか、今は「ちゃんとした梅干し」とかも凄く高いですし。貧乏だったのにw「凄い贅沢だった」と言える日本の叡智みたいな^^食事でした)

私が、実家から離れて、子供の頃からずっと飲み続けていて(飲まされていて)唯一、いっさい「飲まなくなった、クチにしなくなったもの」それがこの「甘茶」であった…と思い出しまして

「だからだったのかもな~」と、なんとなく思い出して、「また飲んでみようかな」と



あまちゃづるを調べてみると、以下のような感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アマチャヅルはウリ科のツル植物で、高麗人参と同様のサポニンを多く含んでいるのが特徴です。サポニンは中枢神経に働きかけて精神を安定させ、ストレス解消、疲労回復、老化防止、糖尿病、高血圧、胃潰瘍、内臓器官の働きを高めるなど、様々な効果・効能が期待できます。

●生活習慣病を予防する効果
サポニンには、肝機能を改善し、善玉(HDL)コレステロールを増加させて、悪玉(LDL)コレステロールを減少させる働きがあります。また、アマチャヅルに含まれるステロールにも血中コレステロール値を低下させる働きが期待されています。
アマチャヅルは、ジンセノサイド、プロトパナキサジオール、ギペノサイドと呼ばれるサポニンを含んでいるため、循環器系機能向上、鎮痙、肝機能強化、抗アレルギー、血糖値降下、鎮静、免疫機構・神経系統の強化、血圧降下、コレステロール値降下などの作用が期待されています。血圧をコントロールして消化器系や免疫系の働きを助けることで、人体を健康に保つ働きがあります。
また、アマチャヅルに含まれるフラボノイドは、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防したり、血が固まりドロドロになるのを防ぐ働きなど、生活習慣病の予防に効果を発揮します。また、毛細血管を強くして、高血圧を防ぐ働きも期待されています。
サポニンの薬理効果については、高脂血症[※6]がアマチャヅルサポニンの投与によって予防できることが動物実験で明らかになっています。さらに血小板凝集物質であるトロンボキサンA2の生成を抑制するなどの報告があります。

●アンチエイジング効果
アマチャヅルに含まれるサポニンの働きによって、老化を予防する働きが期待されています。サポニンは新陳代謝を活発にして、体内にある様々な器官のもととなっている細胞を若返らせる働きがあるとされ、老化防止や若返りといった効果に期待できます。

●その他のアマチャヅルの効果
民間療法では、乾燥した全草を煎じてお茶にし、咳止めや喘息、花粉症などの症状に用いています。また、利尿作用があるともいわれています。

[※6:高脂血症とは、血液中に溶けているコレステロールや中性脂肪値が必要量よりも異常に多い状態のことです。コレステロールは過剰になると体に障害をもたらします。糖尿病と同様に自覚症状に乏しく、動脈硬化によって重篤な病気を引き起こすのが特徴です。]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと癖のある味なので、甘みも苦味もあるというか、好き好きかもしれません。
まぁ、生薬とはそういうものなのかもしれませんがwww
でもおそらく、
「老人らしからぬ、血液さらっさら」だったらしき要因は、きっとこれだと(笑)思われますwww
ほんとうに覚えてる限り、私がよちよち歩きの頃から生涯飲んでいた、最後まで飲んでいた(入院先にも母が持っていってた)うちでは「お茶といえば、甘茶」のことでした(緑茶とか飲むようになったのは、ず~っとあと、ほぼ大人になってからかもしれません)

ということで、私は「たんぽぽ茶」と、「あまちゃづる」を導入してみることにします

「松葉茶」は(笑)どうか、コロワク打った方に、ぜひとも、飲んでいただきたいと思います
(ネット上はどこも売り切れです…これ、ワク打った方々が飛びついたというよりも、おそらく、ワク打たないほうの、スパイクタンパク恐れている人々が買い占めています…)

中村先生の元には、「ワク打ってしまった人(主に医療者がた)」の、周囲でソコソコの長時間ともにする人々(ワク打ちが同僚だったり、家族だったり)が、続々と、助けを求めて来院している様子
頭痛とか吐き気とか、膀胱炎とか
まぁ、あるようですね
(ただこれって、やっぱり「コロワクの実情がどんなものか知っちゃってるから」という(笑)その警戒心から、という「心理面ストレス」からそうなっている…という部分も加わって、というのもわりとあるのかもしれません…昨日の記事じゃないけど、おっさん連れてるワンコは普通に歩いてましたしね…ただこれも、実際に本当に打った人なのかどうか、実はわからないことなんですよね。コロワク打った人が頭なでたりしたワンコはその場で嘔吐したりする、みたいなのもあるそうなんですが、そういう反応をしないワンコもいる…こういうのも、今後、どんどん事例じたいが多発しないとわからない話でもあるのかも)

いずれにせよ「だから打つなと」っていう話なのにね~(笑)
打たなければ発生しない問題ばかりなのに。
電撃コロナ脳たちは、確かに、多く存在します。これはもう、そのワク打ちたいって意志を変えることは無理だと思いますので、今後の日本では、シャレにならないレベルで、こういう感じの「近くに枠うちがいる人々」も増えると思いますから

打ったあとの対策というよりは、とにかく打たないのが、ほんとうはいいです
(「国産を待て!」の苦肉の策で^^身内とか同僚などの「あなたのフィールド内」は説得してください…でも、「真正コロナ脳」を動かすというのはやっぱり相当厳しいのかもしれません。なので、こういう、打ったあと対策も、多少は知っていると役立つかもしれないです。2021年の日本の夏が(笑)こんなことになっているとはね~。。。とほほ。)



ただ、これは実際にそうなってみないとわからないところなんですが、今現在、7月以降、ぎりぎりのタイミングで
大きく情勢が変わる、可能性そのものも、出てきてはいます

なので、7月以降はいよいよ一般人コロワクが代々木公園で大々的に始まる予定にはなっているのですが
これと、東京オリンピック予定

(これ…どっちも、あたしゃ、「お膝元」「居住エリア」なんですよ…つまり、光と闇のせめぎあい立地で暮らしている…っていうことです(笑)。ほんとかんべんして欲しいですwwwまぁ、東京の山手線太極図エネルギーでも、代々木は、「陰が収束して陽に転じていく」そのエネルギー出発点のような駅になっています。ちなみに「国立競技場」のエントランス写真が、「まるで葬式会場に見える」っていうツィッターでそういうの見ましたけれど、そうなんですよ、あの東京オリンピックの途中で変わったエンブレムマーク、もうその当時から「なんかこれだと葬式っぽくねぇか」って、言われていました。国立競技場写真、そのエントランス案内の「書体」がですね、まさに葬儀場案内でよく使われる看板の書体でして^^。「コロワク打って亡くなる人々の大規模葬儀場」って言われてますね)

この東京オリンピック中止宣言が、いよいよ(笑)お待ちかねのwww…ということになる可能性そのものも、もしかすると、あるようにも感じます
(オリンピックは、歴史的にカバール祭典ですからね(笑)これがカバール祭典ではなく、黄金時代幕開けのトップバッター祭典となる、という可能性。「アメリカで始まり日本で終わる」そして「日本から黄金時代が始まる」こっちにじかに遭遇できる、「お膝元」になって欲しいと、切に願います…)

NHKの朝の放送時に流れた映像で、もしかしたら、どこかでご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんが

アナウンサーの背景に、昨年あたりからず~っと言われ続けてきた(と言っても、これを知っている人は世の中では少ないですが)「アド関連の芸能人有名人処分リスト」とでも言うのでしょうか…
おびただしい人数の、著名人やタレント、俳優、ミュージシャン等々の名前のリストが背景になっていて、細かい字のため、一瞬見ただけでは、おそらくそれがなんなのかわからない映像なので、静止画像でないとよくわからず、たぶんそのテレビ番組を実際に見ていた人で気づけた人はそんなにいなかっただろうと思える映像なんですが

そういうものが、「チラ見」状態で(笑)背景として、NHKの朝の番組で、テレビ放送で流されたようです
(もちろんですが、その意図する内容の「説明」じたいはなかったようですが)

これは「DECLASS(情報開示)」ですよね
デクラスは、「見る人が見ればわかる」そういうものにしかなっていないので、ちょっとした「知的ゲーム」のようになっているため、電撃コロナ脳ですと(笑)もうなんのことだかさっぱりわかりません
これが今まで、テレビなどで示されてきた「日本の大掃除中サイン」の中では、いちばんわかりやすい(笑)証拠みたいな感じはあります

私もその画像見ましたが、小さな文字でびっしり芸能人の名前が一面に敷き詰められている壁紙みたいな映像なんですけれど

この人達が、この世に実際にはもういない(もしくは刑務所入り)、ということなのだろうと思われます

(「テレビに出ているじゃないか」だったりするそうなんですけれど、これは言ってる人も他にもいらっしゃいますが、今は本当に「CG技術」がとんでもなく凄いですので(笑)本人不在でもいくらでも人物テレビ映像はCGで作ることは可能なんです。その場で見ても、「本人がいるようにしか見えない」驚愕の技術です。G7とかwあれ全部映像ですよね。つまり今現在テレビメディアに登場する人々、ニュースメディアなどに登場する人々の中で…ほんとうに生身の本人、な人はかなり少なくなっている、ということかと思います)

昨日の記事でお伝えしたような、テレビコロナニュース脳であり続けてきた(笑)人々にとっては、ほんとうに脳が崩壊するような内容かもしれませんが^^

私には、こっちのほうが、しっくりくる現実なのでwww

(ちなみに自分は今は芸能人とかミュージシャンなど、ほんとよく知らないので(笑)とくに恨みがあるわけではないんですけれどwwwましてや「ビル・ゲイツとかの金持ちやっかんでる」わけでもない(笑。くどい?)んですけれど^^、ただ、こんなおびただしい人数の人々がアド関連、悪魔教関連、あそっか関連だったんかい…というのは、やっぱり少しびっくりでしたね…ソレ以外にも、そういう表に名前が出ているタイプの人々ではない、裏社会系のかかわりの人間を含めると、いったい今までどれだけの人間が闇存在手下だったのかと…ちょっと想像がつきません…とかげのしっぽ切りでは当然なく、「主要大物を刈り取る」だけじゃなく「息のかかった存在を一掃」みたいなことを大真面目に進めてきていた、ということが「世界の裏側で起こってきていること」ですね。そうそう、昨今、「とかげ捕獲」「へび捕獲」などの不思議なニュースが多いそうですが(笑)これもデクラス、ついでに「とかげ婚」とかw言われて結婚した人たち(オトコは日本のエプアイランド作った○ミューズ所属)なんかも(笑)結婚じゃなくてロンメルかなと思います。こういうふうに、電撃コロナ脳のみなさんの今まで現実の世界だと信じてきた「夢ががらがらと壊れていく」ので、こういう話をする人はきちがい扱いされ陰謀論と言われて、大多数パンピーからの「怒り」「嘲り」を向けられるのだろうと思います)

本当に、早く、この国の今までの近代史150年かけてつくられてきた幻想とも言える、日本の歴史的な嘘、ごまかし、それらが白日の元となり(実際には、世界的に見ればカバールの人類支配の歴史はもちろんずっともっとその前からですが、とくに日本は明治以降の取り込まれ方に凄まじいものがあるので)
真実が広く知れ渡る日が実現するといいな、と、楽しみに思っています
(コレらが表に出れば、そうしてくれたら、「コロナは一発で終わる」わけなんですよ)







この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page