アーカイブ
2021年06月11日の記事のリスト

ただちに影響はない

2021年06月11日 (金) 00 : 00
これ、懐かしい台詞ですね~

311のフクイチ事故の時に、えだのんがしきりに言っていた台詞

「ただちに影響はない」

ただ、あのフクシマ原発一号機水素爆発というのは、東北地方全滅を狙った海底核爆弾を使用した人工地震のカムフラージュだったそうですから、この「ただちに影響はない」で正しかったんですね、実際のところ

ただちに影響がないどころか…
まぁ、その後、そういえば「TOKIO」さんがたが、福島農家の応援とか色々やっていましたね~
まるで、正義のHEROのような感じの立ち位置で
めっちゃ演劇(笑)でしたよね
(当然ですが、TOKIOさんたちは「知ってて」やっています。まぁ、ズブズブでしたもんねぇ…振り返ってみると、そうやって「ああ、あの人達があの当時ああやってたのって、そういうことだったんだぁ」ということがいっぱいわかるものですね)

311では、東北地方全滅を狙った海底核爆弾が使用されています

そのカムフラージュのための、フクイチ原発事故偽装事件だった、ということです
核爆弾使ってますので、「核汚染はフクイチのせい」にするためです
(なので「汚染水」なんて、ないんですw あそうさんが言う「あの水、飲んでも、なんちゅうことないですから」は(笑)正しい発言なのです)



さて、分かる人にはわかる、わからない人にはわからない話でスタートしましたが

以下も、お客様メールへのご返信

周りの人々が、そろそろ、コロワク打ち始めている、そういう人も出てきているが、今のところ、そういう人々の中に、ネットで注意喚起されるような、「重篤な副反応が出ていそうな人はいない」

つまりまぁ、一般的なワクチソと、あんまり状態そのものは変わらない

「ただちに影響はない」

そんな感じの人のほうが、見た目は今のところ、多そう…

というのが、わりと、実際の様相みたいです。

そこへの、私からのご返事です



そうなんですよね。
ワク打った人が周囲にいる、という方は、お客様の中にも増えてきているのですが、やはり、ネットで見かけるタイプの「血栓」による反応のような事例じたいは少ない様子で、打った方も普通に生きてる様子です。

これは、ワクチンというのは、まぁそういう時限装置である、という部分…歴史的にそうなので
(ただちに影響が多発すれば、さすがに気づかれます^^から)

「大多数には、悪い影響よりも、病気にならない影響があるのがワクチンです」
ということを「信じている人が多い」その力(プラセボ)がはたらいているのもあると思いますwww

いいんだか、悪いんだか、で、ここが厄介なところなんですよね。

ちなみに、犬猫の世界の話で恐縮ですが

わんこ毎年混合ワクの世界は、常識化して、かなりの年月が経ちます。
感覚としては、30年くらいは、じゅうぶん経過している感じがあります。
日本人がペットのわんこを飼う…むっか~しは、わりと裕福なおうちが、お座敷犬を飼ったりできるよね、というところがあったのですが、今はそんなことはなく、そこそこ、誰でも、その人がわんこ飼いたいなら飼うことができるよね、くらいの、ポピュラリティになってきています。

「一人一台、スマホは持てる」の世界が広がった、ネット環境なら、もう常識、までではないですが、まぁ、限定された人々のための贅沢、ではないことは確かです。

そんなペットわんこたちの世界ですが、昔は、そんなに身体の弱い仔って聞かなかったなぁ…という感じもするのですが、今は、実はアレルギー発症している、とか、けっこう生まれながらの先天性疾患持ちの仔達は、昔よりも、確実に増えている「感じ」ならあります。

ランで出会う主さんなどの話を聞いても、実は、この仔はこういうアレルギーで、病院のクスリこれだけ飲んでるんです~、のような話を聞く機会じたいは、そんなに珍しくもないところがありますしね。

そういう、「経年の積み重ね」的に、原因がなんなのかをぼやかしていく、それが西洋医療的な(笑)背景の巧みさでもあるし、実際に「DNAで、素直に、受け継いでいく」ところがあるのが、動物たちでもありますので。

これらをもちろんワクチンだけのせいにすることも不可能で、わんこたちの「カリカリ」などの、ご飯の劣悪さや(人間用じゃないから、何が入ってるかわからない、などと言われます)色々な原因は模索されながらも、あんまりそこを、西洋医療が仕掛けているワクチンのせいにはされない(笑)ところじたいは、あるんですよね^^

「食」に関しては、犬猫だけじゃなく^^とくに日本は、「人間用もアウト」な世界なので^^わんこや猫たちは、そういう意味でも「試験弁」にされてきてはいるところはあります。

まぁ、そういう「じわじわ、気づかせないように、悪く持っていく」のが、ほんとうに大得意(笑)その手腕には感服しますが、そういうことがわかっていない、微量、微量の、少しずつが積み重ねが、身体に効いていく世界…

これを「ちょっとだから大丈夫」でやり続けることで、「複合的にアウト」を狙ってる…ということを、やっぱり、知っていないと、「即、反応でない」から大丈夫、ではないんだよね…という部分は、そこで「揺らぐ」人もいるでしょうし。

おそらくですが、コロワクは、今までインフルエンザは打ったことなかったけど…のような、子供の頃以来、ワクチンからは遠ざかっていたような人々も、大勢いると思います。
そういう点では、蓄積毒が、少ない人々もまぁまぁ多いので、すぐには特に影響ない人々も、それなりに多いような気もします。

自分は、昨日記事にしましたけれど
「ダニアレルギーなくなった」ことで、やっぱり「食毒」さらに確信してしまいましたし(笑)
でも、食毒も、「ただちに生きられない」ってわけじゃないところがね(笑)

なのでワクチソもやっぱり、ほとんどの人にとっては「時限装置」なんだということですかね。





私は、ワク打たなかった人が、必ずしも、元気いっぱい生き残る、とも(笑)思ってはいないんですよね^^

ワクさえ回避すれば、ということでもない。
他のことでも、病気にもなるし、死にもします。
日本人はとくにコロスケなんかよりも、よっぽど、「年々増えるがん患者」こっちのほうがヤバいじゃないですか
まるで、風邪でもひくように(笑)「がんになりました」って人、多いですよね

ちなみに、これも、「フクイチ事故から10年だから…がんになる人が増えている…」って、思ってる人も多いのかもしれないですが
ここでも、「フクイチ10年」が、そのカムフラージュとして利用されとるわけです

実際には、それこそ長い時間をかけた、もろもろの、日本人削減計画の、総仕上げ状態になってきているだけです。

「ワクを打たない選択」をしても、それはそれで、コロワクの背景を知った「恐怖心、不安」だけが発露であれば、やっぱり、そういう人は、もらいやすいっていうか、別にコロ助じゃなくても、「病気にはなりやすい性質」を持っている、というところはあります。

珍コロワクは、こういう、壮大なあぶり出しの狙いが(笑)あるんですよ^^
すごい人体実験だな~、と、感心します。

つまりね、「カバールの悪巧み」というだけではないんですよ。
それはまぁ、思い切り、「わかりやすい悪役」を彼らが歴史上ずっと仕掛けてきてはいるんですが、
変な話…それを許してきたのはナゼだ、という。
「天意というか、高次の狙いそのものはある」とは言えます。





人間はやはり、「自分が経験しないと、当事者にならないと」学べないことは多いと思います。

私も(笑)
毒入り食品贅沢三昧をさんざんやってみて(一般的には「贅沢」なことなのかもしれないです。デパ地下食ばっかり、デリで「楽」する、そういう、家事を省ける、効率的で、まぁまぁ美味いもの食べれる、金銭的余裕という贅沢)

その数年で、ダニアレルギーになっていた、これが物語っている…と。
コロスケさんがなければ、「食事作るのめんどくさい、時間がない」というのは、ずっと正直な気持ちでしたから(笑)なんとなくは「どこかでは、良くないのよね、たぶん」って知りつつ、ずっと「利便性」をセレクトしていたと感じます。

今は、そのお金を、まんま、良い食材に振り向けているので、金銭的痛手もまったくなく(笑。もともとエンゲル係数拡大してましたんで)高くても、ちゃんとしたものを買うことへの抵抗感まったくなし、でやれています。

日本人はわりとこの10年20年で、以前の日本人よりさらに、実質貧乏になってきているところもあるらしいので、食べるものにお金をかけるハードルがある人達も、わりと多いんじゃないかな、という気もします。

私は貧乏だった時から(笑)スーパーの米なんて買っていませんでしたので、一般に売られてる米の値段も知らなかったんですけれど。
いわゆる会社員の普通の人たちに、自分が買ってる玄米の値段を言うと、ものすごくびっくりされる…ということも、まぁ、あったんです(笑)。
スーパーの食品は、まぁ、基本、安いですよね、そりゃ。

だから、日本の食のヤバさを伝えても、おそらく「食費増大」の恐れ(笑)で、「聞かなかったことにしよう」「あんまり知らないほうがいいかも」という選択する、そういう人々も一定数は、いてしまうのもしょうがないところはあるのかな、という気もします。





すでに打ってる人々、とりあえず「ふつ~だよね?」「なにもなさそうだよね?」の感じの人々が印象としては多そう

「ただちに影響はない」というのが、正確なところかもしれません。

原発事故とは違って、もともと、「ワクチソは、日本のみならず、世界中の一般人に信用されている前提」のプラシーボ効果もありますから(爆)

そのくらい、一応「疑ってない」「信用している」その意識エネルギーというものが、物事を左右する面はあるのです

原発事故の時は、「ただちに影響はない」と言われても(笑)

誰もが、「原発は危険、というのが、共通認識」でしたから

メルトダウンなんてしたら、日本は、東京は、終わりだろう、っていう絶望的な恐怖に、多くの日本人は染まったはずなのでwww

実は私はこれ、東京が危険か危険じゃないか、当時「いったい何を基準にしたのか?」って話なんですけれど

「天ぷらさんたちの行動」なんですwww

まず、そこをチェックし続けました(笑)けっこう、笑えるでしょ?

この人たちが、さっさとトンズラすれば、そりゃもう、東京は住めない都市決定、太鼓判と言えたんですが

この人たち「ずっと東京にいた」んですよね(笑)しかもその後、東北行脚してるし

当時は「国民のために被爆や余震の恐れをいとわず行動する…やはり、日本と日本国民を守り大事にする、モノが違うご立派な方々なのかな」と思っていたんですけれどwww

まんまと(笑)やられましたよね~^^赤十字にも思い切り、寄付を献上しましたし(笑)

確かに、モノが違っていましたよね、別の意味で…本当にパーフェクトなすごい役者でした…ということです

なんでいたのか…それは「危険じゃないことを知っていた」からなのです(水素爆発はもともと「仕掛けられた爆発」です)

まぁそれでも、「バロメーター」にはなっていただけた、のは、事実でした

ちなみに、コロワクについては、「令和両陛下は、打たない」と、発表されております。

ほぼほぼの日本の政治家も、ワク作ったファイザーの会長ご夫妻も「私たちは打ちません」って言ってます。

そして、「強制ではありません。自己責任でご判断を」って(笑)国(厚労省)は最初からずっとそう言っています。

カバールはもうぜんぜん隠していないんです。正直なんです。「パンピーちゃんたち、いい加減、自分できづこうよ」って^^

何かに似ていませんか? そうです、まるでそれは「高次ガイドのメッセージ」のようなもの。彼らのやりかたはそこと似ているんです^^(悪魔も神の一部ですからね)

テレビ脳のみなさん、ぜひご参考に。







「アーカイヴ(天命使命、宇宙意識基本のキ)」



「脾臓っ子」



「天衣無縫」



「DECLASS(情報開示)」



「天上天下唯我独尊」


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page