アーカイブ
2021年05月15日の記事のリスト

強いベネフィット

2021年05月15日 (土) 04 : 59
どこまで奴隷? 話にはもう耳タコかもしれませんけど(笑)

西洋医療者の人たちの「どこまで奴隷話」には、けっこう聞いてるとうんざりしてきますが

「面白いな、こいつらの感覚」とも、正直、思います(笑)

コロワクで死んだとしか言えないでしょう、それ、という、コロワク打ってから短期のあいだに死んでしまった同僚や、医者の話をする時に

絶対に「コロワクで死んだ」って(笑)言葉が会話に登場しないんだそうです

「あの人持病があったから…」

「持病の薬飲んでる人だったから…」

とか、まだ生きてるほうの(笑)看護師、医者のあいだで、なんかそういうような会話になるそうです

「そう決められている」かのように、見事に(笑)そうらしいですね

絶対に、「人前で、口を、割らない」そうですwww





ここで、気づいたんです

奴隷意識というよりは(根底にはそれは隠されています)彼らは「軍人」なんです(笑)

さすが軍隊教育です。

自分がかかわったミッションの秘密は墓場まで持っていくのでしょう。
それはそれで、有る種のプロ意識(笑)とも言えます。
軍人が、いちいち一般人たちの「コロナ詐欺」の罵声を浴びて「軍の機密情報」を情にほだされてバラしてしまうことはできませんからね。
直接命令されていなくても、「製薬会社の意のままに行動する軍隊」それが、そこそこ数多い、西洋医療者たち、ってこと。
悪い冗談みたいですけどね。でもそれが多くの実態なのです。

「軍人メンタルと奴隷メンタルの混合生物」ってところかしら

なので、「どうして、誰よりも、凡人なんかよりも、医療に詳しい”はずの”彼らが、わりと多くの医療者たちが、組織の上に従い、危険なコロワクうったんだろう」の意味もわかるような気がしました

なんで? なんでそんなに西洋医療の人たちってバカなの? と思ってましたけど

「軍人」なら、話はわかります(笑)

まぁ、だから、そういう人たちは、自分がコロワクで死んでも、ミッション遂行はしているんで、そもそも「後悔もない」と思いますね
どんな展開になろうとも
「上の命令だけは実行した」という「事実」それが、「軍人のプライド」を守る仕事をしますよね
なるほど…





昔、看護師やってた知り合いがそういえば言ってました(30年前くらいです)

「人が死ぬこと」が、普通の日常なので、それをなんとも思わなくなるというようなこと

まぁ、「死」がおおごとではない、というのも、必ず人間や生き物はいつか死ぬわけなので事実なんですけれど(笑)

けっこうえぐい仕事で、なまなましい世界に日常的に触れ続けてる人たちでもあるのですが

医療者というのは、理知的というか、いちいち感情的になることを許されていないため

「ちょっとなんか欠落してるよね、きみ」

という感じを、私はその彼女に、昔、持っていたことは持っていたんですけれどね(笑)

それが何なのか、わからなかった、当時は

「軍人メンタル」だったんですね

でもそれが「悪いことなのか」というと、悪いわけではなく、むしろ、「そのほうが自分を守れる」と

これまた多くの医療者さんがたは、きっと、教育の過程で、どっかでそれを「叩き込まれる(洗脳される)」時があるのじゃないだろうか? みたいな気がします

カバルらしい教育だよなぁ~(笑)とも思いますけれど、

まぁそうですよ

日本人だけでも年間130万人死んでいく、その生から死へのベルトコンベアを円滑に作動させる

それを手伝う仕事でもあるわけですからね

そこにいちいち感情をはさんでいれば、死んだ肉体はそっこう腐敗し朽ち果てていく、そんなもの放置しておくわけにもいかず

クリーンに誰かが掃除していかなければなりませんものね

そう思うと、珍コロワクチソ大量死を見込んで東京の火葬場持ってる葬儀社大手に、資金つっこんでる(笑)麻生太郎の親族企業というのも、別の視点では「社会貢献」と言えるのかも^^。

死体が積み上がり、放置されることのないように、円滑に焼いてかなきゃいけませんから。そこに増資して経営強化する。そりゃ儲けも出るけど、一般的には葬祭ビジネスって嫌われてるから。「やりたがる人がいない」それをやってるだけだよ、とも言える

西洋医療の医療者も、「人の命を救うかっこよさ」とか「お医者様って、人から尊敬される」とか

「権威性」という、ご褒美

それがなければ、ほんとうは、「生から死へのベルトコンベアを円滑に作動させる、その手伝いなんだよね」という「死の商人の手伝いなんだよ」という、本質を最初から知っていれば

この世でそれを「やる人、引き受ける人が、いなくなる」ので(笑)

教育課程では、あんまり、そこを言ってもらえない(ぼかされる)のかなぁ、って気がします





「生きるための」ベクトルの、人助けがしたいんなら、むしろ、西洋医療を今から志す人はやめときましょうwww

(とくにカバル西洋医療はもう確実にこれから志すものではないねと思う)

「生きよう」と思う人にとってはですが(笑)、西洋医療は終わってる気がします

但し

「生死」を包括できるので、その意味では、「そこを見たい人」には、西洋医療にしかない強力なベネフィット、今のところ、有利な活路があります

西洋医療でやるなら、これからは「終末医療」が、いいと思います

どれだけ楽に死なせてあげられるかに尽力する医療です

もともと人間を、「ゆるやかに死へと運ぶ」職業の人たちでしたので

そっちのエキスパートになら、今後も、確実に、大きな担い手になれるはず

(「死」にはおそらく他の医療系分野の人々よりも、西洋医療系の人々のほうが、今まで蓄積されてきた「経験値持っている」という点で、ずっと詳しいはずです)

坊主はだんだん嫌がられるようになってきているので
(笑。葬式は地味に、墓いらない、と、だんだん、人間は気づいてきているので)

これからの多くの日本人に、すごく「強いベネフィット」を持っている分野です

一般人は、あんまり、”「死」への課程”には詳しくないので(笑)それはそれで確実にプロが必要だと思います

大量死が予定されている日本ですからね
(コロワクによらなくても日本人はこれからいっぱい死に始めます、たぶん)

西洋医療には、近い将来ここには活路があると思いますし

ひとひとりの、日本人の、最期の尊厳をサポートする仕事

西洋医療の人たちは、ここは最期まで放り出さないで「責任」として引き受けて欲しいな、って思います

人が「生きる」ほうをサポートするほうが一見華々しいですが「死ぬ」ことをサポートできる特権も(笑)せっかくお持ちなんですから

(病院以外で死ぬと「不審死」扱いになる、もうそれだけでも、「ゆりかごから墓場までの案内人」の権限持ってるwwwそこを、今後も活かしてください、って思います)







「天命使命」)





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page