アーカイブ
2021年05月14日の記事のリスト

パソコンが壊れた(笑)

2021年05月14日 (金) 00 : 00
5月13日の記事「毎日デモってる(笑)」の記事をアップした直後

ブラウザの色が

なんともうす気味のわる~い、緑色というのでしょうか

(ヒーリングカラーとも言えなくはないんだけど(笑)でもやっぱ、「爬虫類っぽいグリーン」かなぁ…)

に変化し、メーラー、その他も背景がすべてその色になったので

昨日一日でwww直してもらいました

(笑。自分ではできない…中身分解して原因つきとめられる、そういう現実的なITスキルを私は持っておりませんので。こういう時に、そばにいる、そういう知識のある人の凄さを実感します)

今は、正常に戻っていますので更新してます





私はこの現象により

「5月13日の記事「毎日デモってる(笑)」の記事の内容が、まぁまぁ、そっちがわから見ても、的を得ているんだな」のサインと受け取りました

パソコン壊れるのは困るんですが

そういう、ちょっとマゾっぽい喜びを感じ(笑)

「君、筋がいい」と、むしろ褒められたような感じさえしましたよ

(そっちの方面の存在に褒められるのは久しぶりだなぁwww懐かしいな…今はもう、その時代の誰とも関わっていないからね…すっかり「クリーン」な(?)石の世界で、更生してきましたんで)

たぶん、スピリチュアル方面でみなさんがいうところの「レプ掃除」だとか(笑)高度な宇宙人とも言われますが

今まで、人類相手に、楽しく、奴隷をいたぶり(笑)いっしょに遊んできた高次存在

そのメッセージなんじゃないだろうか、って思います

読んでない方は、読んでみてくださいwww爬虫類宇宙人の生態、その承認記事ということだと思いますので(ガッツポーズ)

(え~と。あたしはですね…実のところ、そのへんの「恨みはない」んですよ。彼らに。あたまのいい人たち、という点においては、感服するところもありますし、「人心掌握」と「洗脳の旨さ」も、凄いよねと、むしろ褒めそうになる(笑)。でも、あたしには、それが「できない」し、そういうことが、「おもしろい、我を忘れて楽しめるゲーム」でもないな、という、「そういう自分を、知っていた」過去にその気付きになった経験だったな。っていうことなんです。だから、感謝wwwとは言わないけれど、まぁ、むしろいてくれて、関わったから、知ること出来たことだし。ズブズブな関係性になろうと、誘ってももらえなかったしさ(笑)。だから、傍観者でいられたし。その代わり、この世で、有名になったりして、大勢の人々からちやほやされる経験、それはできなかったけどね)

ちなみにあたしはこの「レプ地下掃除」に関しては…これだけチンコロワクに関しては警報鳴らしていますし、アドレのクロムも都市伝説じゃないね、ということは認めますけども、レプ宇宙人掃除については「まだ保留」です…

ただ、この一年の、「軍隊の動き」そのものは事実であり、「珍コロ騒動」として表のニュースが、単に人口削減ワクチソ推進のためのカバルメディアの陰謀活動、というだけではなく、「レプ掃除の協力のための、時間稼ぎ」として、光側に協力するために「演じさせられている説」に関しては、それが相手が直接宇宙人レプなのかどうか、そこまではわからんのですが、「闇カバールの息のかかった人間掃除」じたいが進んでいることは、事実なので、「宇宙人かどうかはともかく、闇系の人々のつくってきた世界の終焉に向かっている」ことは、認めています

これは、ソフトバンク孫さんの、突如の辞任あたりで、「やっぱりそうかな」と確信のほうになってきて、つい先日も「経団連のおっさん辞任」とかありましたでしょ
地味に、表舞台から、そういうカバルヒエラルキーのおっさんたちが消えていってるのは事実なので

芸能人のゴム化とか(笑)政治家のゴム化とかwwwこれを、おもしろおかしく伝える人々もいらっしゃるんですが、こういうのは私は「でも、それらが「この世にいる」ことになっていて、テレビなどニュースで影響力を与えているうちは、仮に、本人生きてても死んでても、関係ないんだよね」という現実主義者ですので(笑)、「事実、いない」が確定になる、本当にいなくなってる世界が訪れるまでは、保留かな





表の世界では、今現在、「半導体部品が足りない、という危機」が始まっています

これは、うちの人に聞いて知ってたんですけれど

「コロナの影響」という(笑)世界的にもっともらしくつたえやす~い影響だそうで、コンピューター部品の製造ができなくなり

のきなみ価格が高騰しているそうです

いろいろな方面への影響を、与えていきそうですね

私達が享受し続けてきた、未来コンピューター社会の崩壊か?! みたいな、どちらかというと、不安を煽られるニュースでもあるかもしれませんが

意外と脆弱な悪巧み、将来のムーンショット計画の頓挫(笑)その先行サインとも言えますし

(ここで未来のコンピューター社会と言っても、けっこうそれも無理めな世界よね、と気づけよ、と思う)

アイフォン10万20万で庶民が買えた時代の終焉、ってことで、単に資本主義社会の、いよいよ大詰めというお印でもありますし

貧乏な人はより貧乏に…にも見えるかもしれませんし

みなさんお待ちかねの(笑)ぐろうばるベシカム量子金融社会の到来のための、前哨戦かもしれませんし

(これは私は実際にそうなっていくのには、「すっごい時間かけるんじゃないだろうか派」です)

人によって、「ひとつの現象」も、観え方は色々です





ちなみにベーシックインカム的なものが、国家的にはじまると

以前、私が言ってたとおり「低賃金職」の人たちが、働かなくなります

イヤイヤ、仕方なく、金のためにその「労働」をしていた人たちが、一斉に、やめます

もう金には困らない、そうなれば、地味に社会の底辺を下支えしてきた人たちが、その役割を放り出しますので

この世から、低賃金というものがなくなるか、その業態がなくなるか、って話です

なので、この世に「安く大量に提供されるもの」というものは、だんだんなくなっていきます

報酬も高くなり、物も高くなります

(一般的に言われる「人の嫌がる仕事」をしたい人がいなくなるぶん、そういう仕事をしたい人の報酬は上がり、今まで「なんか素敵」っぽかったみんなが憧れた仕事、のような仕事の報酬は相対的に下がると思います。それらが高かったのは、要するに人を扇動し大量に買わせる儲けるための広告系(電通とか)がちからを持っていたからであり、そのためそれら周辺は下がると思います。ただこのへんは、「旧時代のなごり」が残り続けるところもあるかもしれませんけれど。芸能人、タレントなど、そういうメディア系、多くの人の注目を集める気分の良さや、名前が世に出ることや、特殊な才能を持つことへの羨望、それじたいはまだまだありますよね。こういった仕事の中で、私はとても驚いたんですけれども「なりたい人、目指す人、ライバルが多い職業として競争率第一位」って何だと思います? なんと「声優」なんだそうです(笑)。ちょう驚きました。なんで? の理由は、「声優なら容姿関係ない」という(笑)敷居の低さにあるんだそうです^^。女優、歌手、タレントだと、確かに「顔出しNG」ってわけにいきませんがw声優なら「声だけ勝負」ですからね。「なるほど~」と納得がいきましたけれど。人前で何かを表現したい! という、そのニーズと言うか、気持ちはよ~くわかりますよ。私も、もし自分の容姿があともう少し、2割くらいいい感じで自信持ってたら(笑)たぶん作詞家じゃなくて、自分で歌うたいになるほうを志願したんじゃないかな、って素直に思いますんで^^。歌ってくれる人を探すよりも自分で歌っちゃったほうが早いですしね~。作家の頃にはそのへん痛切に感じてました。才能も魅力もないダメダメ歌うたいに提供すると、せっかくの作品が死にますんで(笑)。作家はそのジレンマあるんですよね~。まぁ、でもやってみて思うのはですね、「みなさんが思っているほど、表現の仕事には、大勢の人間に影響力」なんて、ないですよ(笑)。売れたらそういう存在になれる、みたいなのは幻想です。本当にわかってくれるファンなんて、どれだけ人に知られても、知られなくても、いずれにせよ一握り。そんなもんです。これは実際に「超売れたよね~」の人を過去に知っていたので、それがわかってるんです。たぶん、今はうちあたりのほうが、もしかすると彼より人間としてはマシないい暮らしをしているんじゃないだろうかって気がします。そう言って「なんかありがたいよね~。今を感謝しようよ」って(笑)うちの人にあたしは言うんですけれどね^^)

だから「世の中全体がハイパーインフレ」となっていくので、やめたほうがいい、という論議がよくここに持ち込まれるのですが

それもいずれ必ず調整される時が来ますので

だいたい、マクドナルドとかその手もそうですが、大衆向けコーヒー店ですとか、大衆向け衣料代表ユニクロとか

いらないもの、不要な娯楽がなくなっていくだけで(しかも、くだらない娯楽)

本当に良質な食や、衣料、住にかかわることや、良質コンテンツ、そういうその人が本当にやりたいことで人に喜んでもらえる、人も自分も向上させるであろうコト、モノ、を世の中に提供していきたい人々にとっては、大チャンスですから
(もう「競合を出し抜き売るためには生き残るためにはどうすれば」とかそういう(笑)大衆の一極集中扇動、「人心操作法」がはびこる必要がなくなっていく、ということですよ。最低限、誰もがちゃんと暮らせるのであれば、「人の弱み、不安、困りごと」を煽らなくても、自発的に、その人がその人の問題を解決しようというのであれば、自分から動いて探す、そうするでしょうし。つまり誰もがとりあえず必ず生きられる保証があれば「自分じゃないもの」に惑わされる寄り道が、それだけ減る、と思います。こういうところが、霊界のブルーアイランド化だよね、って思うところでしょうか。死ななくてもアセンション(笑)できるわけです)

貧乏人という層がこの世からいなくなれば、どれだけ高くても、見る目のある人達に買ってもらえますからね
(まぁ、それは、今現在でも、そうなんですけれど)

ブランド力や、見栄、他との競争心、企業の成長発展という、資本主義的ごまかしももういらない

安物を喜ぶ、安く済ませよう、という、安さの美徳、その価値の崩壊、という、われわれパンピーにとっては、奴隷からの解放

「カネのためにはたらく」という価値観の崩壊

私自身は、いいことずくめのようにも感じなくはないですけれど(笑)

そもそも、「自分の命よりカネが大事」だからでしょ(笑)それを得るための「職場の圧力」珍コロワクが断れない…嫌だけど打つことに…だとか…いったい「どれだけ奴隷なんですか?」と、そこで気づいて欲しいですよ

まぁベシカム世界、これも、そうなってみないと、わからないことですので

いずれにせよ、すぐにそうなるかどうかはわかりませんけれど、「流れ」としてその路線はあるということも事実なところですよ

今わたしたちは、愛を持って(笑)永らく「人類の教師役」としても遊んでくれた存在たちへの、反面教師、反面指導者としての彼らへ、「今までありがとう」と、サヨウナラし、自立する

そういう時を迎えているのだと思います





「天命使命」)





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page