アーカイブ
2021年05月12日の記事のリスト

忘れられてきた人たち

2021年05月12日 (水) 00 : 00
今日も、お客様宛、メール返信を、掲載。
ご協力ありがとうございます。




> わたしは自分の親きょうだいの説得は失敗しましたが、旦那はわかってくれるのでもうそれでよしとしました。
> 悲しいけれど、自分が育った家ってこうだったんだな、とある種気づけたので、良い機会だったとも言えます。

うん。旦那ちゃんは、お宝(笑)だと思いますよ~

まぁ、親きょうだいさんがたは、一緒に暮らしているわけではない人々だから。
なので、いずれ大病されたり面倒なことにつきあわされるかもしれませんけどwww
(そのへん、ど~なるんでしょうねぇ…ほんとうに「5年以内に死にますよ」が実現するのかどうか、それも未知数は未知数です。)

私も「説得に成功した」というよりは、まぁ、たまたまですね。
で、別に打ってもらって死んでもらっても、それはそれでしょうがないなとは思うんですが、即死じゃなくて、たいていは要介護状態になるだとか、そういう面倒を押し付けられそうだから(笑)姉なんかには、「打ってそうなった場合、絶対あなたの面倒は見ませんから」って釘刺してあります^^。


> 今のこの状況は、虐げられた経験がある人、それを自覚している人ほど、奴隷(だった)自覚が芽生えやすいのかなと思います。
> 逆に、なんとかこの世を渡ってこれた人、もしくは搾取する側だった人は、
> この社会に対してあまり疑いを抱いてないというか、だからワクチン歓迎、となるのかなと。。

これはあると思いますね~

だから、ある意味、日本人てだいたいの人が幸福というか(笑)まぁ、そこそこの人生って自分で思えているか、もしくは、「自分が幸福じゃないことを認めたくないから」「ふつうの人たちと同じ感じの自分なんだと思っていたいから」の人々が、やっぱり多そうにも感じます。

自分の「虐げられた経験」これもビミョウで、本人が、そう認めたくない場合ってあるじゃないですか?
本当は、すっごく惨めな経験なのに、へらへらとまるでいい経験だったように、脳内書き換えができちゃう人っていますでしょ?
これもちょっとした奴隷意識ですよね(笑)
そういう人が「みんなと同じ」か「ちょっとその上」か(笑)いずれにせよ、心をごまかし続けるんですよね。
で、ワクとか打って、さすがに気づく…みたいな顛末になるんじゃないでしょうか(笑)。

で、他のパターンでも、そういう虐げられた経験の自覚がある人でも、必ずしも、目覚めない人もいますよ。
それは、虐げられた過去はそれはそれでなんとか許し、いい感じに今いい社会ポジションを得ることができている人も、やっぱりそう。

もう、そのプライドというのだろうか、輪郭、構造に馴染んできていて、それじたいは、自分にとって肯定感の持てる人生になったことだから。

そういう人は、やっぱり、そうやって克服して得てきた、今の幸福の中にいたいから、既存社会システムを否定するようなことは、あんまり自分からは認めたくない、見たくない、というか、関わりたくない、そういう人もいるのだろうと思いますね。

まるの日さんなんかも、これに当たるのかな? という感じもします^^。
ヨメを抗がん剤で殺されても(笑)認めないのか、ヲイ、って気もしますが。
これは、奥さんが自ら抗がん剤治療を望んだのかもしれないので、なんともな部分ですけど。
まぁ、日本人に、ほんと癌が増えているっていうのは事実みたいではあるので。
コロナなんかよりもよっぽど。やっぱり食生活かな~と。
まるの日さんてそういうのも、わざとなのか、無頓着そうにしているじゃないですか(笑)。きっとわざとだと思いますけどね。なんとなく、あまのじゃくそうな人ですもんね~wwwまぁでもそれも、本人がそれでいいなら、それでいいんですけれど、の世界ですよ。


> 眠れる奴隷でなくまずは目覚めた奴隷として(笑)自分はどうしたいかの選択をしたいと思います。
> そのための相棒として、石と共に歩めましたら幸いです。

まぁ…なんとな~くですけれど
人工削減計画そのものは、別にDS云々の悪魔の仕業、支配目的だけの話、というよりも、もう善悪レベルを超えた、地球未来計画なんだろうな~…という感じも、少ししますね。

もしほんとうにあってはいけないことであるなら、それは成就していかないはずなので。

こんなに(笑)気づかない、というより、「何も考えない」人たちが大勢いたことそのものに、やや驚愕ですよ^^

もしくは、なんか高次サイド的には「達観」していて、もうなんでもいいからこの世を去るべし、っていう役割の人々なのかなぁ? 日本人の多くが。
というふうにも、なんとなく、思えるんですよね。

肉体生命の「死」じたいは、囚われたエネルギーを高次へ持ってく「祓い」の役割するそうなので。
これはまるの日さんが言ってましたよね、過去に。

捨てられる、殺処分されるペットの中には、その役割を引き受けるために生まれてきている仔達もいる、という話。
残酷な話ですが。魂レベルでは合意の世界というやつです。

これの「幼児バージョン」までこの世界にあったこと。
それが例の悪魔教儀式であり、アドレノクロムですよね。。。

悪魔教が終わっちゃって、もう幼児の生贄はない。いなくなる。
のであれば、或る意味、別の人間たちの大量死が必要っちゃ必要になる、のかも
(きっとこれは、常識的にはめちゃめちゃ嫌がられるスピ解釈ですがwww)

そういう意味では隠れてやってた生贄儀式。もちろんあってはいけないことなんだけど、善悪超えた部分、高次元では、それなりの意味があったこと、とも言えるんですよね
(これは、途中から、なんとなく気づいていたことです。ブログには書けませんけどwww)

わたしたち日本人がのんびりぼ~っと今まで生きられたのも、こういう犠牲あっての世界だった…ということですから。

わたしたちは、この先多くの人を見送ることになるのかもしれないし。
そうならないかもしれないし。
自分が見送られる側になるのかもしれないし。

一応300万人分は確保できているそうなので。
「打てる人が羨ましい」というブームが(笑)演出されるのではないでしょうか。

いずれにせよ、
これからの世の中、今までとは相当変わっていくことそのものは確定かと思います。
自分自身の本質を、生きていきましょう。


神崎詞音






アメリカの虎ブームのきっかけ。

忘れられてきた人、今まで社会に尊重されてこなかった「一般アメリカ人」
私はあなたのために、立ち上がる

そのスローガンで、多くの人に受け入れられたのが、虎でしたよね

一部のマイノリティを大事にする、そのために「普通の人たち」が盛大に搾取されてきたアメリカ
そのことに、まず気づいた、というか「けしかけられた」と言えるのが(これも戦略といえば戦略)アメリカのいわゆる低所得者層、ブルーカラーの人々、というのでしょうか
(まぁ、「事実」ですからね)

しかしそういう層の人々がすべて虎を支持したというわけではなくて、そういう人々の中にも、今でも嫌っている人たちもたくさんいると思います

そしてこの「ブルーカラー層の知能レベルの高くないヤンキーに支持されている」という言い方そのものが差別というか(笑)これこそが「カバールが歴史的につくりあげてきたイメージ、そして、現実」である、「成功していない「アタマの悪いブルーカラー」の人たちは、取るに足らない、どうでもいい奴隷層のまま。だから、この世で成功しなくては。人から注目され、セレブにならなくては、その人は人として大きな幸福を得られないよ」という「幻想」植え付け、洗脳方法です(笑)
スポーツ、ミュージック、ダンス、という方面だけではなく、ビジネスでの成功や、素晴らしいパートナー、ファミリーを得ること、「個性的であること」や、ありとあらゆる「この世で展開される、人間の営みのモデルとして、華々しい世界」にそれらは見えるように、散りばめられました

虎を支持することが、目覚めた人、とは言いませんよ

あれはあれで、「まず、人の心に火をつける」乗せられている仕掛けられているエネルギーというのもありましたので
(そのへんは、そりゃニュータイプのカバールですから(笑)めっちゃ「マーケティングうまいな」という感がありますって。たぶん、虎が好きじゃない、っていう人は、そういう部分が「どっちも同じ」に見えるんだろうと思います。だけど、その「作戦」抜きで、マスを動かせないこと、それはカバールだからこそ、知ってるんですよ)

しかし、今現在、虎を支持する人たちというのは、別にそういったマイナスイメージづけをされ続けてきた「限定層」ではありませんし
エスタブリッシュメント、裕福な層の人々も大勢います

「愛国心」という共通の理解、「利己心と利他心のタッグメント」があるからこそ、心が動いた人たち、と言えるかも知れませんね




「ブログには書けませんけどwww」と言いながらwww載せていますがwww

私が、お客様へのメール文中で言ってる、「何も考えない」人たちの中には

も~しかしたら

こういう感じの「淫棒論とか言い出す層」への偏見、軽蔑視も(笑)あるのかもしれませんね^^

たしかに、こういうことに気づき受け入れ、「アナウンス側にまわる」人々の層というのは、この世的な見た目としては、言い方としてはアレなんですが(笑)圧倒的に、この世の利害関係、「しがらみ」から解放されている立場ではあるのですが、その反面

「この世的には、別に”有名人”ってわけでもない、この世での影響力、地位や権力を持ってはいない層」(だからこそ、ある程度、自由に発言できるんだけど)

「この世的には、お金持ちとかでもなく、なにか人に自慢できる、羨ましいものを持ってるわけじゃない層」

いわゆる「一般人」

であることが多い、というのもあるからです

カンタンに言うと、それゆえ、「多くの人への影響力を持っていない層」と言えます

多くの人への影響力がないので、「バカにしていい人たちの層」という(笑)
これこそが、歴史的に、カバルさんたちが上手に「教育」で刷り込んできた、洗脳感覚なのですwww

私自身が、まさにこの層の人間ですからwww

「ばかにされるんだろうな~軽蔑されるんだろうな~」ってのは、別に構わないんですが、実際に、このテの話をし始めてから「買ってくれるお客さん、人数、減っとるやんか(笑)」ということも事実なので

「淫棒論話をし始めた、アタマのおかしい人がつくる石アクセサリだったのか」と、興ざめし、敬遠する「普通の人々」も、やっぱりいたんだな~、ってことですよ

これは、ワタクシ、「覚悟の上」ですよ。
1月にすでに、タロットリーディングでそのガイドメッセージはいただいていましたし。
「でも、それでも、あなたはもう、自分がそうする、って決めてますよね」と言われていたし、そういうデメリットは経験するんだけど、「はい。私はやりますよ~」ということ。
別に高次に積極的に推奨されてるわけでも、否定されてるわけでもないけれど、「楽じゃないよ」ということと、「多くの人に支持はされない」「客は減る」ことは知っていましたのと、自分自身の「先にある未来」としては、いずれにせよこういうことを私が「やってもやらなくても、高次ロード」なんだよね、ということは、知っています。
未来予定じたいは、明るいの、どっちにしても。
「これをやらなきゃ、あなたはそこにたどり着けないよ」というわけじゃないらしい、ってこと。
だから、別に私がやらなくても黙っててもいいんだけど(笑)やってる、って話なのよ。

虎もさ~、演説で言ってたじゃん。
ほんとうは自分は別にこんなことやらなくても、もう自分は成功してお金にも困らない、資産も、うまくいってるビジネスも持ってて、自分は死ぬまで裕福に暮らせるし、愛する家族もいる。
だから、好き好んで、多くの人を敵に回す、こんな仕事は本当はしなくてもいいんだけど
今まで自分を幸福にしてくれたアメリカへ恩返しをしたいのだ
その、アメリカをつくっている人たちのために、アメリカを愛するアメリカ人のために、仕事したいと思った
(実際、虎自身は、大統領4年のあいだに、自分の資産は何十パーセントだか、減ってる、という話だよね。「もともとの分母が大きい大金持ちなんだから、少しくらい減ったって」と、貧乏人は思うんだけど、あの手の資産持ちが、自分の資産を何割か減らすのって、実はすごい衝撃、大打撃なんですよ)

というような、義侠心
自分が損してもやる、っていう
そういうのに近いかなぁ
(でも実際に損すると(笑)けっこ~ドキドキするんですよwww私は虎みたいに、自分が死ぬまで裕福に暮らせるレベルのご身分じゃないからwww「人ウケ」を気にする「奴隷根性」もそういう時、出てくるよねwww「でもなんでやれるのか?」といえば、そこは高次に丸投げできているからwです。「もしほんとうに私がやってはいけないことであるなら」高次は止めに入りますので)

まぁ、そういう非常識な、キ◯◯◯もいる、ってことですよ(笑)



あたまのいいPSWの読者さんならおわかりかもしれないですけれど、

「この世で大きな成功をしている、ぽく、見える人」有名人や政界、財界人、それら…ほ~んと、あんまり信じたくないんだけど(笑)

残念ながら、ほとんどが見事なまでに、ジャパンクォリティカバールであり、その息がかかってないと、そうなれていない

…と言える人々ではあるのです(笑)

(芸能人なんかも、成功し、息が長く続いてきた人々は、100%近いレベルでそうです)

そういう人たちは、「絶対に、しない話」だからなのです

(「するわけがない」んですよ…だってそっちがわのヒエラルキーの、「悪魔にケツモチしてもらってる」人種なのですからwww)



それに気付けるには、「今まで続いてきた世界が、現実のほんとの世界」って思ってる脳構造だと、やっぱり「凡人の言うことなんて」と、一段、最初から、下げて見てしまうと思います(笑)

昨日の記事でもピックアップしていた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コロナを疑わない人って

パッケージにこれはハンバーグですって書いてあって、超有名人がそれを美味しそうに食べてたら、

それがウ〇コでも食べちゃうんだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冬寒くても、温暖化と言うくらいなので、当然あり得る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろんそうです。コロナ脳は考えること出来ませんから

ウンコが健康に良いと言えば食べます
以前、飲尿健康法なんてものテレビやってましたもん
今のテレビは洗脳テクニックも向上してますし、そんなもんヨユーでしょ
でも、やらないのは、ウンコを食わしても金にならない
それが、洗脳装置テレビです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コロナ騒動(コロナ報道詐欺)をきっかけに、有名人芸能人信仰の凄まじさを知った。日本人は、テレビや新聞への信頼度が、非常に高いのも事実。戦後、マッカーサーの日本統治は、マスコミ組織による洗脳そのものであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…こういうあたりは(笑)もうまさに^^

この「うんこでも食べるんだろうか」これはちょっと極論に見えるんでしょうけれどねwww
でも、本質は、こういうことなんですよ

だって「丸一日マスクしてるのって、丸一日汚い雑巾を口にずっと当ててるのと一緒だよ、雑菌繁殖を逆に誘発して、免疫力を下げて、感染させるのよ」という(笑)
これぞ、感染させよう、病気にさせようという手口

”テレビには出てこない””有名ではない””勇気のある”警告する医師、専門家、というのも、世界にはたくさんいるのですけれど

それを伝えても

それでも、パンピーたちのほとんどは、必ず人前で、今は丸一日、マスクという雑巾をするじゃん? 
だから、きっと、「みんながそれを常識としてやってれば、うんこでも食べるよ」ってこと

一般人の多くは、なにかの「お墨付き」が、なんらかの「ケツモチありき」が、支えになっている、ということ
「自分の感覚」じゃないわけです

見事に「魂抜かれてきた」ことに気づいていないということです



ちなみにこの「飲尿健康法」そういや昔、やってた人(笑)いましたよ…わりとそこそここの世では「地位のある」
「金回り良さそう」と言える人でした…自分がアンダーグラウンド人だった頃(ヤ◯◯の話が出てくるあたり)に、やっぱり、お客さんだった人(笑)
「自分のシッコ飲んでる姿」しっかりとこの目で見ましたwww
もちろん、どんびきしましたけど
「へ~、そぉなんですね~、あたしもやってみようかなぁ」という社交辞令をかましておきました
内心、「すっごいバカだな、金持ってる奴なのになぜ」と思いながら

…と、いうくらい

わりと、この世で「上流の人たち」ってアタマおかしいし

(「変態」が多い(笑)んです。でもそれはそれで、その人の自由なんで^^しょうがないです。だけど、変態が多いことは事実です…女装趣味とか。虐待ごっこ、幼児ごっこも好みます。同性愛も多いですし。ありゃ、なんでなんだろうなぁ…と、昔は思ってましたが。でもそういう人たちが、表の社会では、大きな会社の社長さんだったり。けっこう驚きますが、慣れると、「そういうものなんだな」って見慣れてしまいます(笑)。…って、お前なんでそんなの知ってるんだよ、と言われてしまいますね。ご勘弁を。今だと、有吉あたりがそのへん「表に堂々と知らせ、一般人に、そういう世界を、目で慣れさせようとしている、ちょっと好奇心をそそられるある種魅力的でもあるように演出して見せておく」その最期の宣伝活動に必死ですね(笑)。なかなかボンテージがお似合いですしw足もキレイですしね)

だから、子供虐待して、目から松果体に注射して血を取り出すとか
ちょっと考えられないことが、きっと「できてしまう」んですよ
このレベルの世界には、私は「縁」が生まれず、知りませんでしたが

(ほんとにほんとに、知らなくて良かったです。安堵します。これは、私がそのへん、当時は「実はあんまり知らなかった」そういう「裏系のコネが、人脈が、成功ストーリーをつくっていく」ということを、狙っていなかったため、多少は、音楽での成功の窓口、糸口になっていったのかもしれない、時々遭遇する社会的地位の有りそうな人々に、「まったく自分の志していること、やっていること」を語らなかった、すり寄らなかったから(笑)とは言えます。あたしはうぶでしたので、「才能はいつか見いだされ、花開く、それが成功ロード」的なwwwそんなあまちゃん中二病なこともまぁ、やや信じてたというか。なので音楽、そっちにおいてはむしろ正攻法しか知らず、めっちゃクリーンというかwwwいい思い出しかないんですよね)

栗きんとんとかが、女装した写真とか、出回ってましたけど
ああいうのは、普通に信じられます

うそ~「コラ写真」なんじゃないの~、って、むりくり「中立派の自分が素敵」とリベラル脳気取りのパンピーの人は、かんぐるのでしょうけど、そういうこと言ってるから、結局、「私は、善にも、悪にも、傾かない、善悪超えた高次脳だから」って勘違いし、「中立じゃなくて、宙ぶらりん」になって、吊るされるのです(笑)。

そういうのも、カバールのちょっとした「仕掛け」であると、気づきましょう。
スピリチュアルの世界で流行した、「ノージャッジ」なんかがwwwそれですってwww
「人を裁かない、善も悪も超えた私は、振動数の高い存在」そんなふうに思わせる、ニューエイジ思想にも、毒は盛り込まれています。

これは実際、高次元ではたしかにそうなのかもしれませんが(「人口削減」もそうです。まぁ、必要なんでしょう)

それを「最初から、この世次元に持ち込む」と、えらいことになります。

その神わざは、「結果として、そう」という、ギフトとしてそうなる、のちに人がそう気づくなら、そうなのです。



私から見ると、金や地位やこの世での優遇っぷり、それを得られる素養
彼らはそういうのはたしかにまぁ、持ってることは持ってるんだけど

そういう裏の隠している部分があんまり幸せそうには見えませんでしたが
「それも自分の偏見なのかなぁ。貧乏人の負け惜しみなのかなぁ。でもあたしはそういうの自分が喜べる、やりたいと思う感性は、からっきしぜんぜんないなぁ」と、思っていました
どちらかというと「かわいそうな人々」って、思っていましたが、そういう人たちの「表向き隠したい、でも裏では本当はやりたい欲望、下世話な趣味」というニーズに、いたしかたなくお付き合いして、上手に演技して、お金もらって仕事していた(笑)食わしてもらっていた時期も経験したことある
カネも地位も名誉も持たない側の(笑)今思えば、そういう人たちから見れば、最下層パンピーでしたけどwww

格好いいあとづけな言い方すると、「魂までは、売り渡していなかった」ということです(笑)
売り渡さなかった、というより、別に誘われなかったし(笑)ほんと、「こういう人たちの仲間になりたいとこちらが切望するような魅力」が、ぜんぜん感じられなかったから、なんですけどwww

地球の未来だの日本の未来だの、社会の人々の、子どもたちの未来だの

そんなことに対して真剣に真面目に考えているようなタイプの人など、見たこともありませんでしたよ

そうそう、日本の食品添加物の異常さの話なんかも、私は昔から知っていましたので
(職業柄見た目ばかっぽい化粧濃いケバ女だったんですが、ほら、性質としてもともと「この世界を信用していない目線」持ってましたんでwきな臭いところに鼻が利くっていうかwww)
ちょっとエスタブリッシュ系なのかしら、な賢そうな人に、そういう話をしむけたことがあったんだけど
そういう方は知識として、「知ってやがる」ことは知ってやがるんですよ(笑)バカじゃないのよ

ですが、
「これもこれからの人間社会の、壮大な社会実験だと思うよ。人間が今までこれだけ食べたことのないものを食べる時代っていう。自分は人間がその未知の領域でどうなっていくのか、ちょっと楽しみだけど」とか言ってたし
その結果が、癌になる人の増加、病気になる人の増加、だったんですがね(今がそこから約30年後ってところですから)

こういう人は、そう言いながら、「自分は食べないけどね」というのを(笑)隠してそう言ってたと思います。
やはり、悪魔的(笑)ですよねw
でもね、見た目は、この世的表現で言うなら「スマートで穏やかな物腰の人間できてそうな紳士」っぽい感じでした

肯定も否定もしていない、こういう論調は、騙されるよね(笑)
うまいスリ抜け方です
それが「中立、ノージャッジ、処世術」と、勘違いさせられます

こういうのが、今で言うなら、

わりと真面目そうなこと言ってる、体制側の操り人形になってる、御用学者、識者、そして、公僕って言われているような人たちなんじゃないのかな、という気がします

(わたしは、過去には「マツコって何?」って言ってたくらいに(笑)もう世の中のことよく知りませんの時期が長くなり過ぎてwwwそれはそれで、一般人の気持ちがわからなくなるので、いけないわ、と、近年は世の中のことも少し知らなきゃな…程度には知るようにはしてきていたんですが。体制側洗脳テクニックというのは、30年前くらいよりも、より、より、もっともっと高度になっているのだろう…ということくらいは、想像できます。この、マツコさんあたりの突如のブレイクの仕掛けが、物語ってるよね。私もあやうく(笑)ずっとこのへんは見抜けなかったなぁ。ジャニタレ引退が世の中に影響力持つなんて(笑)冷静に見て、日本はやっぱりおかしくなっていたんですよ、時間をかけてね)



かんたんにまとめると

「愛の欠落」

そういうことだったんかな、って思うんですが

この社会で生きてくると、「愛がある人」はどちらかというと、「カッコ悪い」へたすりゃ「気味悪い偽善者にも見える」から(笑)

「ワル」で「アタマがいい」そして「成功している」ほうが尊敬される…そういう社会でしたよね、ってことを

一般パンピーは、まぁ、認めたくないんでしょう

なぜなら、そういう人々が、今までの社会においては

「自分に自信が持ててる人」(悪魔というケツモチがいたから)風味に観えたし

パンピーにとっての話だって、そのほうが都合がいい人がたくさんいたことはいた社会だったからです
(これが、お客様メールにもある「搾取側の人」いわゆる近年流行の(笑)「上級国民」寄り、限りなくそっちがわ恩恵を受けているサイドの人々、ですかね。上級国民そのものはワクチソは生理食塩水のニセモノを「打ちましたよ~」ってアピールしとけばいいだけで(笑)その「寄り」の人たちは^^疑いなく腕を差し出しモノホンを注入されます)

自分に自信があるように見える人たちっていうのは、「私もああなりたい」という、人のポジティブな欲やいい意味での向上心のきっかけにもなりますから、必ずしも、その影響がいけないことばかりではないのですが

時に、「その人自身の本質の道を見失わせる」ということがあります
(だから、他人の言う、成功論ですとか、「あなたもキラキラ起業女子になれる!」とか、「宇宙におまかせ!」とか(笑)そんなことよりも、「あなたが、あなた自身が、どうなりたいのか(洗脳されていない、外の世界の毒に侵されていない、ピュアな心に嘘をついていない、あなたが)」ってのが、大事なんですよ)

こういう話をしてさしあげられるところが、「私が、闇も光も、どっちも見てきたよ」という、この世の経験持ち(笑)ゆえの特徴

この視点で、「今までの世界の淫棒論および次の黄金時代的な成功論」をお伝えできる人材は、パンピーの中には(ましてや、スピ系には)、あんまりいないと思いますのでwww

その部分は、PSWは、貴重といえば貴重よ



でもね、もう、その旧時代のケツモチはいないんですよ、みなさん(笑)

そのことに気が付きましょう

あなたが、あなたの、ケツモチになるのです
(あ、「ケツモチ」っていうのはヤ◯◯用語で、後ろ盾、ボディーガード、守ってくれる権力、そんなような意味です)

という、それが「高次に丸投げ」連携プレーのこと

いよいよですよ

そしてそれが「黄金時代」ですから







「Suleiman Agate」



「自己中心」



「Cosmic Amber」



「ポジショニング」



「日ユ同祖論」



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page