アーカイブ
2021年02月19日の記事のリスト

おばあちゃんの説得に成功(笑)

2021年02月19日 (金) 00 : 00
ワクチソについて(笑)ブログで人にばっかり言ってないで

そもそも「自分の数少ない身内」にも、そろそろ言わなきゃなということで

スケジュールが早まっているので、ほんとうは「春っぽくなってきたら」あたりでいいだろう、と思っていたのですが

実家の母、年代的にはもうおばあちゃん、日がなテレビばっか見てる(笑)おばあちゃんに

相当テレビに毒されていそうなおばあちゃんに、お話してみました



以前ワクチソやめとけ話をした時には、「もともと打つ気がない」それは、ワクチソというのが人体に無害かどうかについては、ほぼほぼ10年がかりくらいでようやくわかってくるというのが常識だよね、みたいな話を、こんなテレビ脳の(笑)おばあちゃんでもわかっていたそうで

「そうか打つ気がないのか、良かった(一応警戒している)」というのを知りましたので、ちょっと安心してたんだけど

昨日電話してみたら、あらまぁびっくり、「打とうと思ってる」という意見に変化しておりました

テレビ恐るべし(笑)



そこからはもう説得の嵐(笑)でしたよ

「見たいドラマがあるから電話切りたい」とかwウザそうに言い出しやがって(口が汚くてスミマセン)

テレビ脳をもしかしたら説得できんのかもと、ありとあらゆる、テレビが絶対に伝えることのないワクチソデータ、知識等、並べて話してみたところ

彼女がひとこと

「でもそれは愛ちゃん(私の名前)だって”誰かに聞いて”知ったことだよね」

と、要するに最近流行りの「エビデンス出せや、ごるぁ」の(笑)こんなばあさんでも、その意見が「正しいか、正しくないか」の根拠を求めるわけですよ

ひぇえええ、面倒くさい!! 面倒臭すぎる!!! とw

「じゃあもういいよ、好きにすれば」と、こっちが電話を切りそうになりましたが、続けて説得

これはこの「コロナ騒ぎ」だけを見ていると話になりませんので、ひじょうに面倒くさいなと思いながらも

「戦後史」あたりからのこの国の展開から(笑)なんで、終戦の時にはもう生まれていた人に、あたしがこんな話をしなきゃならんのかと思いながら、ゆっくり、丁寧に話しましたが

女というのは

「そんなこと言っても仕方ないんじゃない」みたいな(笑)なんかそっちへ行くんですよね



彼女が、ふっと変わる瞬間が見られたのは、やはり

「どっちのほうが、結果として人に迷惑をかけるのか」という(笑)私がお伝えしていた、日本人魂の特性www

「自分以外の他者へ、自分が生きていることでなるべく迷惑かけずに生きていたい人情」

心の琴線が、こっちにどうやら触れたらしい時でした

彼女は、老人がはよ死ねと、犠牲になることそのものに関しては「それもしょうがないんじゃないだろうか」くらいの意識がありまして

日本にとっては、国民年金貰う老人は、ただ生きてるだけのお荷物のようなとらえかたの風潮も少しありますよね

「早く若者の負担を減らすために死んでくれ」と(これも大いなる誤解であり、洗脳なんですが)

寝たきり老人が増え、そこに費やされる税金は結局、はたらいている者たち、これからの未来ある人たちの負担となっているという触れ込み、風潮があります(実際には、そんなものよりも「もっと大量に多額に無駄に、上級国民たちに使われている税金」があるのに)

なので、あんまり長生きはしないで、老人はこの世をいい感じで去っていく、いつでもそういう潮時を意識しながら、お迎えが来るまで、今日を感謝で生きる(それが好きなテレビドラマ見ることかい、ってのは置いておいて)みたいな



その「お迎えがくるまで」を、このワクチソうつことで、とんでもないものにする可能性

それが、家族の負担をかえって生んでしまう可能性(身体の融通がただの老化ではなく、今よりもっと効かない重病介護老人となって生きる可能性)

むしろそれこそ、お母さんが自分はそうなりたくないという、迷惑をかける老人、お荷物になってしまう老人

ころっと死ねるならそれもいいけど、そうではなく、自分も苦しみながら、そのお世話をお母さんが亡くなるまでし続けていかねばならなくなる、家族も苦しませる可能性、そっちのほうが、けっこう問題じゃなぁい? 

健康じゃない人にみずから進んでなって、カンタンに死ねるわけじゃなく生き続けること、それが、もっとも本人も周りも苦しめること、お母さんがそうなりたいとは望んでいないことじゃなぁい?

という、自分でも思ってもみなかった方向へ話をふってみたところ、それまでと空気が変わり

最終的には、

「聞いてよかった。お母さんは、最初は打つつもりはなかったけれど、やっぱりこのワクチソは今まで日本で生かしてもらった老人の務めとして、自分がコロナを撒き散らさないためにも打たなきゃいけないのかな…って思うようになって、ほぼそうするつもりだったけど。きっと、ご先祖様が、今日、愛ちゃんの話を聞かせるように、思い直すように、守ってくれたような気がする」

…ということで、決着がつきました
(この「ご先祖さまが…」系の考え方をできる(笑)人で良かったよ、と思います。「ご先祖様が、ガイドのひとりである」人も、多いですよ、実際)



ちなみにこの、「自分がクラスター(発生源)とならないために」を、餌に

わたしたちは「マスクを強制」されるという、「無症状者クラスター説」を、見事に信じて99%がマスクつけて歩いていますが

これも、「まわりを気づかう日本人特性」を見事に利用された(笑)結果でございます

しかも、ワクチソを打つことで、そこから

正真正銘の「PCR陽性者」となり、いつでも、自分がクラスターとなりえる爆弾をかかえた、クラスター予備軍の存在となるのです

それでも打ちますか?

という話なのですよ

(ワクチン以降のこれからが実はコロナの本番、しかも変異した感染力の高そうな…と言っていた話は、これなのです)


私は普段、「コロナ脳」の人々にあまり接していないので、多くの人が、「どこを誤解しているのか」がわからないところもあって、へたすると、この話をすることで、「対立構造」を生み出しかねないところもありますことも知っています

それが怖くて、会社など、同僚と話ができない…そんな方もいるでしょう

この私の説得話を、ぜひとも、ご家族の説得に難航している方など、参考にもしていただけましたら

私は「日本人の、周りに迷惑かけたくない人情部分」が、こういうふうに使えるとは(笑)話してみるまでわかりませんでした

人によって、「その人その人のツボ」があると思われますので、相手によって使える使えないありますが

この視点で、「ワクチソやめようよ」を訴えている人はあまりいませんので

けっこう相手がちゃんと日本人特性ある人なら(笑)イケそうな、上手い手なのかもしれません

「自分にとっても、相手にとっても、導かれる先が、良い感じ」であること

自分だけではなく、相手だけではなく、の

これがやはり、最善策といえるのだろうと思います

(なので、男性女性、もそうだし、相手の年齢、相手の社会的立場、特性など、ほんとうに「人によって」心に響くツボは違うところにあるかもしれません。面倒くさいかもしれませんが、「自分の周りだけ」であっても、ひとりひとりが丁寧に伝えることで、思い直す人がひとり増える、そういうことになっていくので、諦めないようにしてください)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page