アーカイブ
2021年01月20日の記事のリスト

ご感想をいただきました99

2021年01月20日 (水) 10 : 45
ご購入いただきましたお客様のご感想、掲載のご許可をいただきましたので、掲載させていただきます。




(「お客様のメール」転載ここから)


「Lilith」は集合写真ですぐ気になったのですが、リリス、という名前にちょっとビビってしまって。
(ここにとらわれがある、と見ることもできますね)
でも、やっぱり注文しようとなったタイミングで、ブログに「被害者意識を持ってる人にいいかも」というのを読んで、あーだから惹かれてたのかと納得です。
わたしは現在、いじめられることは無い環境に至ってますが、やっぱり時々、「なんであんなことが」みたいに思い出して落ち込むことはあります。
いじめられる自分が悪いんだから自分を変えなきゃと思っていた時間も長いです。学生の頃はずっとそうでした。
でも、そうするとひたすら相手のご機嫌取りみたいになっていって、結論的にはどんどん疲れていくんですよね。
(気にしない!というふうに変わるならいいと思いますが)
なので、いじめられる自分が悪い……と思い込むのはいらなかったなと感じています。
追加のご説明、ありがとうございました。


(「お客様のメール」転載ここまで)

(「お客様のメール」転載ここから)


>いや、リリスをよく調べてみると、これは一般人は避けますね(笑)
>(調べてませんでした^^)
>たぶん鬼子母神あたりと同じですよ。

「リリス」と検索すると、聖書に登場しない存在(都合が悪いから?)ということで、イエスのパートナー説のあるマグダラのマリアに近いという意見もありました。
なので、当初「リリスってアクマじゃない?」と色眼鏡で見たことを反省です。
鬼子母神も好きな神様なので、このカップリングはどういうエネルギーかなと楽しみにしておりました。
今の日本社会だと、こういうワイヤーラップのような大ぶりアクセサリーは職場に着けていけない…という場合が多そうに思うのですが、
(たとえ自分が好きでも、上司から「仕事のジャマよ」って言われたりとか…)
こういうのをみんな首から下げてる方がもっとワクワクできるんじゃないかな、なんて個人的には思います(笑)

あ、昨年お譲りいただいた「宇宙意識」のワイヤーラップも、ハワイに着けて行ったらあちこちで褒めていただき
(それも一瞬見とれてから褒めていただくので、お世辞じゃないと思います)
なんだかとても嬉しかったですよ^^
欧米系の方のほうが、アクセサリーの許容範囲(?)が広いのかもですね。

それで、話が逸れてしまったのですが。
リリスのカップリングは、ローズクォーツやセレナイトなど、既に自分が持っている石だったので、
そういう点でモルダバイトとかアゼツライトとかの、はじめて手にした時に起こるエネルギー酔い(?)的現象は起こらないと踏んでましたが。
ところがどっこい、こちらのワイヤーラップ、首から下げてしばらく、私は呆然としてしまいました。
胸の奥からじわ〜〜っと、込み上げてくるものがあり、なんだか悲しくも無いのに泣きそうに…。
これは「自分でも気づかなかった、とても深い部分をわかってもらえた」、そんな感覚です。

>過去には、確かに、被害者だった時期やその事実はあったかもしれません。
>でも、今は違うので、もう被害者のポジションは、手放したほうがいいのです。

こういうメッセージを、ハートが受け取ったのかもしれません。
PSWさんでいろいろ石を知って身につけて、もうだいぶ過去の傷は外れてきたなと思っていたのですが…
リリスはその根本を癒してくれる、優しさと力強さに溢れてますね。
あ〜ローズクォーツってこんな石だったのか、みたいな新鮮な驚きがありました(と書くと、ローズクォーツに失礼かもですが)。
でも、こんな高品質なローズクォーツやセレナイトを胸に下げたことはなかったので、そういう嬉しさもあるのかな、、
真ん中の硯っぽい形のスペクトロライトは、自分初な石で、なんでしょう、ラブラドライトだけどまた違った印象のラブラドライトですね。
この石が入ることで全体を引き締めていて、カッコいいバランスだなと思います。
こちら、女性ホルモン系にも良さそうな感じがします。
セレナイトの取り扱いに注意しつつ、大事に使わせていただきますね。


(「お客様のメール」転載ここまで)





今、明るみになってきていることにも、繋がるんですよね~、鬼子母神

人食い(笑)

これ、「東京喰種」もそうだし、同じく漫画でテレビアニメ化されているのかな?「約束のネバーランド」というのもあるそうですよね…これも「食われるための子供を養成する」ストーリーだそうで

鬼退治の「鬼滅の刃」も^^

(この鬼滅の刃がぬわんで、そんなに映画館に日本人を動員したのか? の謎なんだけど、あれなのよ、コロナで人が家にいるようになったことで、NetFlixでしょうか、すっごい需要が高まっちゃったらしいのですが、そこでものすごく映画の宣伝されてたそうなんだよね。それでなのよ。こういう大々的な宣伝というのは電通とかが仕掛けてるよね。予定調和のマーケティング手法に、大衆というのは(笑)こうやって、流され動かされていくわけです…ほんと、いい加減、そういうあたりも目覚めて欲しいなぁ…巧妙にコマーシャルにのせられている世界に)

いずれも、私は見ていないんだけど、こんなのが、アニメとか漫画とかで、世の中に出回ってる(笑)

今の子どもたちはこういうのを見ているのかと…がくぶるですが

でも鬼子母神も日本では「神様」になっちゃってるし(笑)どうなってるんだよ…という感じですよね

つまり、ある意味現代人は、「それを神ともできる懐の深さを持つ」私たちが「対等な神そのもの」でもあるわけです
(個別の点では「神話の神以上に、ずっと神」とも言えてしまう、そういう方も多いと思いますよ)

そうなんですよ、漫画やアニメで流布される

それは「悪魔が堂々と公に正体顕してきている」っていうかwww 超驚きですよね

個人的に感じる、こういうことの社会的背景づくりの読みとしては

日本の悪魔さんがたも…もしかするとですが、まぁ…「事情をわかってよ」的な(笑)何かがあるんでねえが? という、「自分たちに分がある」ように錯覚させようと「許しを請うてる」感じもちょっとあるのかなぁ~~~という感じ? もあるのかなぁ

小出しに「人食いストーリー」見せられてるとね

気持ちとして、「そうか…そうか…鬼には鬼の事情もあったのね」と(笑)心優しい日本人の多くは、同情しそうで^^

(退治する側がまるで悪いことしてるかのような…場合によってはさ、「鬼の言い分それもありかな」へ、肩入れする感情を動かされちゃう人もいるんじゃないの…なので「鬼滅」あたりは、かなり策略入ってる気もします…)

罪を憎んで人を憎まず、とか(笑)そういう、日本人独特の感性、ソフトランディングへと持っていけそうじゃありませんか^^^^

なんとなく、そんな狙いもある気もするなぁ

私はあんまり興味がなくて知らなかった世界なんですが、このところ、いわゆる「海外セレブ」と呼ばれる人たちの動画とか、どれどれと見てみてるんです。
マドンナとか、キアヌ・リーブスとか、そりゃ「魅力的」じゃないですか(笑)
ガガとかはグロくてまんまできもいけどw でも、「人々が魅力を感じてしまう世界」であることはわかりますよ
日本のアーティストも、そういうキモ系が昔よりも増殖してて、なんで世に出ているのかの理由もわかりましたよ(笑)
まぁ、「かっこいい」とか思っちゃいそうだし、一見「自由」で意志的な生き方のお手本とかにしちゃう、「こうなりたい」って思っちゃいそうですよね
キアヌさんは、日本の豊島にもいらっしゃっていたそうなので、まぁ、アウトでしょうかね…グアンタナモ行き、残念です…けっこうグアンタナモの中って(笑)スター揃いwで、それはそれで、面白そうね(笑)
そこまで追っかけたいファンの人々もたくさんいるんじゃないのかなぁ
将来、観光名所に(笑)なったりしてw刑務所が^^
そういう「ファン」にとっては、虎さんの正義の行動は「悪」ってことになるわけなんですよ、要するに
ファンが心の糧としていた憧れの存在をそういう人々から奪うことになりますのでね(なので「善悪」という基準は絶対的なものではなく「人によって」違うわけです)
この前も言ってたけど、きよし命のおばあちゃんからしたら、もしきよしがグアンタナモって(笑)ことになったら…やっぱりDSの闇を開示し沼掃除してきた虎をおばあちゃんは恨みますでしょう?(笑。まぁ限りなくヤバそうな人ですけれどね^^ほぼほぼ芸能人の名の通った人々は…)

まぁ、なので。「誰かを、外側の憧れの対象などを、心の糧にする時代の終了」ということでもありますね
(人氣から神氣へとシフトしていく時代でもありますので…DSさんが提供してきたタイプの、「民衆(奴隷)に与えてきた息抜き、娯楽」その派手な華美な劇場は終了していく流れなのかな…でもエンタテインメントの世界そのものは即終了しないと思いますよ…今までのように「大スター」がいなくなる、仕掛けられて集まってきた人氣エネルギーの大きな集合体が分散していくようになるのではないでしょうか…だから、「本当に実力のある人」にとってはようやくチャンス到来の光明なのです…国民的テレビスター的なスポットライトはないかもしれないけれど…まぁ、その兆しはもう徐々に見えてきてはいますよね)



ちなみにですね…

これ「あたし自身が納得している高次的見地のスピ背景」ではありませんから、そこを決してお間違えなく

前に、「殺処分になるペットたちの魂がなにをしにこの世界に生まれてきているのか」の話をしたことあるのだけど

最初から、殺される運命、「祓いの役割引き受ける」そのために生まれてきてる存在(高次的にですよ)らしいみたいな話

これ、私としてはもう、絶対に嫌です、そんなのアウトじゃないですか

んで、今までDSさんがたがやってきたこと、生贄的な発想でやってきた、人間の殺戮行為

これは日本も「もっとも偉いとされる方々」が総元締めでやってきているわけなんですが

ちょっとね…ただ「食ってる」とか「アドレノクロム抽出のため」とか、それだけにしちゃ、年間行方不明になる人の「頭数が多すぎ」なわけなんですよ

本当にこんな極悪非道を、悪魔の欲望だけにかられて(すごい「カネにもなる」としてもです)やってることなんですの? とも言える

まぁ、「悪魔とはそういうもの」とも言えるわけなんですが

だから、彼らにとっては、欲望以外の何物でもなく、良心の呵責など微塵もありませんが

高次見地としては、それが人間存在の感情がつくる「穢の祓い」には繋がっちゃっている…(ペットの仔らの話といっしょですわ)のではないかと



なので、人間の多くが、穢れを作り出す、これをやめればですよ

自然に悪魔たちも存在できなくなる(唯一、”結果として”「穢れ祓い」としての行いになっていた、そういうことがこの世に存在する価値とか意義とか必要がなくなって消滅していく)

…のかな? と

別に、悪人を許してやる聖人になる必要は、ありませんよ

赦さなくていいです、そんな(笑)ありえない存在に譲歩は必要ないですし、ちゃんと、裁かれるべきだろうと思いますし、彼らが持っていた、「まぼろしの権威、脅威」的なもの、それらを彼らが、永遠に持ち続けることができなくなるには

私達自身が、本来ならば、彼らがやらなきゃいけなかったこととされてきた神事

「全体の平和、国の、世界の、調和、安寧」のエネルギーの創造

これをもう、とにかく「誰かがやってくれる、自分には関係ない(自分にはそんな力はない)」と他人まかせにしないで(笑)

これからの時代は、「全員、神」である自分を生きること

これをする時代になってきているのではないかしらと、感じるわけです



「人を喰う」までは、普通の人間はやらなくても

どっかで、感情として、たとえ人や周囲、社会にそれが向かわなくても

「自分をなきものにしたくなる」「自分として生きていたくなくなる」という、自己卑下、自己否定、不満足の感情

そういう、自己存在への消滅欲求のようなもの、ってあるじゃないですか

日本人は、自殺が多いというね(そのうちの相当数は他殺とも言われますけれど)

自分には価値がないとか、生きていくのが辛いとか

それが自分自身に向かう人の割合が多いんですよね

「それは、もう、ぜんっぜん、あなたのせいじゃない」とも言えたんですよ、あなたのせいではないです

今まで、こんな(笑)信じがたい、想像できない極悪がまかりとおってきた世界ですから

傷つかずに生きてこれる方が、ゴイス(笑)というか、ほんとうに、酷い世界であったと思います



自分みずからへの殺人欲求の感情とも言える「自分の存在の無価値感」のようなもの

これを、ひとつでも手放していく

あなたの世界を、あなたがあなたを存在として認め、善きものにしていく(高次のあなたを、顕現していく)

人身御供のない、誰かが誰かの犠牲になることのない世界をつくるには

それは必要かな、そういう人がもっともっともっと、この世に増える、増殖することが必要かなって

感じるのです

自分が自分を認められる、そうなれると、他者のそれも、認めやすくなるのです

調和の空気の創造ができる人になっていく

(何度も言うけど(笑)だからって、「善人芝居の上手なアタマのおかしな殺人鬼たちをこの先も永遠にわたしたちは赦し続けましょう、彼らと和しましょう、彼らを敬いましょう」ということではないですよ。この人達血統一味は、もうまったく存在意義がないというか^^、でも、今なおそれでも必要な人々にとっては必要でしょ? 日本の、世界の伝統、生きた人間という種族の中のもっとも古い家系だそうなので、伝統を存続させなきゃと、そこを重んじる人々多いでしょ? その気持もわかりますよ。たぶん「騙されてきた」ってわかったって(笑)ま~だ幻想の中で崇拝しちゃう、その日本のお家芸、伝統芸をw 精神的支柱にしたい人々、めっちゃ多そうじゃないですかwwwだからひじょうに厄介なんですよ^^。そもそも、あの次男の娘が固執してる結婚したいオトコって、庶民レベルから見ても、相当やばい物件(笑)なのに、結婚しますから! ってまだ言い続けてるじゃない? なんでなんだろう、って思ってて、でも気づいたの、「うわ、要するに、めっちゃ釣り合ってる相手ということなのだ…血は争えないということね」なわけなんですよ(笑)。金目的の伴侶殺し親殺しの殺人鬼の見栄っ張りな権力欲の塊のような母を持つオトコとwどうしても結婚したいわ♪ と思える感覚、それを知ってるだろうに、それでいいじゃんなんでダメなの? と思える感性、それは、そういうことなのですよ。もっと極悪人側からすれば(笑)むしろ夫殺し親殺し合計3名程度は軽犯罪に見えるのではないでしょうか^^。いや、そもそも犯罪にさえ見えてませんよたぶん。なので、「あの母息子に利用されるんじゃないか、彼女が不幸になるのでは」と「御心配」と(笑)綺麗事言う、国民はそれを心配する必要すらないんですよ。極悪度で上回っているのですから、そもそも庶民が思うタイプの「不幸」を彼女が感じることはないでしょう。そういう意味では、ウマが合うであろうお似合いの仲間、普通の善人サイドの人から見れば”よりによってなんでまた”なんだけど、よくまぁぴったりなwいい結婚相手を見つけたよね、とも言えるのです。目覚めのヒントは、もう、現実として、山盛りに、彼らの方からずっと以前から、提示し続けてくれているのです。私達日本人は、彼らが別にいなくてもいい日本人になっていくこと、それがゆくゆく必要なんだな、という感じ…人間として遠慮なく「ダメなものはダメと言っていい、それを認める」荒ぶる魂も必要ですよ…日本人はおとなしい羊で偉い人に言われてるとおりを信じる、見ざる言わざるやってきた結果とも言えるのですから)

これからの時代は、

闇な世の中がひっくりかえっていく流れが出てきていますので

そこで、いつま~でも、「旧価値観」を後生大事に持ち続ける、その必要はないのです



そのために、「自分の持ってる、闇」を知ることも、大事ですよ~

それと「闇」は誰にでもあるものなので

時に、闇の中でしか居場所がない…闇のほうが居心地いい場合だってある

そっちの居心地のほうを選んでいる自分、それはそれで、そういう自分を責めるのもやめましょうね

「それがわかっている」のであれば、シフトできるのです

この世は、昼も夜もある世界

そして、闇の中でこそ、光が際立ち、光に気づける、そういう世界でもありましたから

これからは、闇がどんどん、祓われていく世界

今まで隠せていた闇が開示されていく、光のほうへ堂々とあるき出せる世界が始まりますから



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page