アーカイブ
2020年11月14日の記事のリスト

水晶の中のフェナカイト

2020年11月14日 (土) 12 : 20
アメリカのディビットのところに行って、センティエントプラズマクリスタルをたっぷり仕入れてきました(笑)

…というのは、もちろん冗談です

センティエントの産地を知っているので、産地限定で、日本のメタフィジカルストーンにおいて屈指の卸店(笑)さんから、仕入れてきました

今月末、販売させていただく予定ですので、センティエントのポイントをお持ちでない方は、この機会にぜひゲットしてくださいね

この中には、本家ディビットからいただいた「ワイヤーラップにしよう」と思ってゲットしていた在庫もありますので、それはやはりいずれワイヤーラップにするかも(笑)ということで残すものもありますが^^、今回仕入れ分の原石ポイントは、すべてお出しします

こんなに美しいセンティエントの初期ロットが手に入る機会は、ここを見ている方にしかチャンスはないと思います
(センティエントらしい、スタイリッシュな透明度の高いポイント、全部しっかり選りすぐってきました。あとであれも買っておけば良かったな…という思い残しのないように)





ここの卸さんでは、以前にも、センティエントの大型ポイントの涎ものの美しいものをいただいたりしているんだけど、で、そういう時こぶりタイプはあんまり見ていなかった気がするので、両剣に限らず、今回仕入れてきた極上タイプ、こういうのも自分は見逃してたんかな? と思ったんですが

実は今回、特別に、私のために(笑)

卸店さんのワイヤーラップアーティストさんがいずれワイヤーラップにするつもりでストックしていた、極美品(笑)のストックそれらも、”すべて”見せていただきましたのでwww

今現在では、絶対に手に入らないクラスの(ディビットのところにもない)、どれも売るのが惜しい(笑)センティエントです

(卸店のアーティストさんは、金星のアセンデッドマスター、アシュタールさん(懐かしくないですかw)の公認チャネラー(この公認、非公認、も^^なんか懐かしくないですかw)テリー・サイモン女史から祝福を受けた、アシュタールジュエリーの制作者でもありますwwwそんな人がなぜにワイヤーラップを作らずにこんなに山ほど宝をストックしてるんかい、って話ですが、ほら、三次元世界ではさ、そんな人でも、会社員ですと日常業務にものすごく追われるわけですよ。だから、「忙しくて~~~やってる時間がない~~~」って言ってるうちに、どんどん日が過ぎて、石がたまってくわけです。ワイヤーラップっていうのは、時間がかかるだけじゃなく、神がかるための集中力も要します。なので、会社員の人は、その時間と場を日常業務の中で作らなくてはならないため、そりゃまぁ、けっこう大変だとは思います。今回、「センティエントは水晶の中のフェナカイトだから、はよやりなさい」とはっぱをかけておきましたので、いずれそれらも製品となって出てくるはずです。うちのブログ見てる同業者さんがいらっしゃったら(笑)まぁ、そんな感じでいずれワイヤーラップ製品となって、卸店商品として現れるはずですので、そうしたらそれを仕入れて、世間の人に売ってあげてください。あ、どこの卸店かは、メタフィジカルストーンに明るい石の小売店を営業されているなら、誰でも取引があるはずです。まる○○さんの○○オルなんかでも、あ、ここの石だな、っていうのを見たことあります(笑。売ってる側にはわかるんですよ、売り物がどこの卸店からのものか、とかwそういうのが。いやらしい世界ですねwww)ミンネとかそういうらへんの手作り系小売店さんだと取引ないかもしれません)





それとこちらも、昨日仕入れてきた、その卸店ぶんなんですが

これ…両剣センティエントなんですwww両剣で大きさ、存在感のある(8センチとかあります)センティエント…(ぎゃ~~~こんなお宝もストックしてたのかよ…ヲイおまえ、って感じですよ)

これは、申し訳ない…やはり、私がいずれワイヤーラップにするためのセンティエントとさせていただきます
(ぎゃはは、今度は私がストックかと(笑)日業業務に追われないうちにwなる早で製品化しようと思います)





あ、なんで、センティエントが「水晶の中のフェナカイト」なのか、っていうのは、ディビットおじいさんがそう言っていたから」っていう、師匠の受け売り(笑)丸呑み、ってだけの話じゃなくて

うちのお客様の中でも、”そのお客様にとっては”の話ですけれど、そのお客様にとっては、フェナカイトよりも高次直結ストーンな「経験」をできる水晶、って話していらっしゃったお客様はいます。
(バリバリなクレアボヤントでいらっしゃいますが、それを職業にしているわけではなく、一般の職業の中に(笑)紛れて存在していらっしゃるご様子。まぁ、スピリチュアルな能力は仕事にするのは、一般社会では日陰者転落(笑)になる可能性もあるからさ。憧れちゃって、それが私の使命~、って始めちゃって苦労している人も多そうだから。そういう”この世的名刺”の威力はあんまり持つことはできない日陰者になる覚悟は必要よね。あ、話がそれたw)

まぁ、石は相性あるので、これと似たようなこと(「フェナカイトには、持ってみて(うちのアクセでしたが)言われるほどのエネルギーの威力を感じない、それよりセンティエントのほうが凄い」ということ)を他にも過去におっしゃられていたお客様もいらっしゃいましたね
この方もそういえば、一般の会社員というか、職業で何かスピ系能力を活かしている方ではなかったかな

うちの石アクセサリの中に、たった一粒、センティエントのビーズが入っている、それだけで、その高次に繋がれる感覚が「ぜんぜん違う」ということをおっしゃられていました

…という、センティエントのエネルギーの効力がわかるのに、「フェナカイトは? 自分にはそれほど」っていうのがもう、すんごい不思議だったんです…

たぶん「お客様の声」でも掲載させていただいておりますので、「ご感想をいただきました」カテゴリを漁っていただければ、どっかに出てくるんじゃないかと思います

この話から観えてくるものがあるとしたら

フェナカイトは昨日の記事でもお伝えしていたけれど、より、「具体的に他者の覚醒も助ける、それを含む、自己覚醒」

センティエントはそのための前哨戦的にも、高次に繋がり覚醒していくためにも使えるフェナカイト的水晶

そういう感じにも捉えられそうな気もします

他者のポジティブ覚醒を日常的に仕事として対価を得る職業として手伝っている、ヒーラーズストーンの色がとくに強いと言えるのが、フェナカイトのほうなのかもしれません

(オットの覚醒手伝ってる奥さん(笑)だってある種家族のためのヒーラーです。本当は、「対価にかかわらず」そのヒーラー意識はあっていいものなのですが、対価を得る職業になっている人のほうが、「日常的意識付け」が本当にされていきます。日常だし、それがその人の存在理由、ご飯を食べる生きていくためにお金をいただく、稼ぐためのスキルなわけですから。その実力アップを助ける石、という点で、対価のないヒーラーより対価を受け取るヒーラーのほうが、常にスキルアップを必要としますからね。そして、実は、「その立場である職業」という点で、相対する他者もその人をヒーラーとして見て、受け入れ、信用します。人を癒やす能力、ヒーリング能力やスピリチュアルな能力を持っていても、ヒーリングを仕事にしていない場合は、その人はヒーラーとして他者から見なされることはありませんので、ある種、他者覚醒を手伝いたくないどころか手伝いたい! という意識を本人が持っていても、他者のほうがそれを受け入れてなければ、日常的意識付けという点では、職業人よりは必要ないですよね。だから、個人の意識のモンダイと言えるところもあるかもしれません。スピ能力ある人は、日陰者覚悟で(笑)もうソレ、思い切って仕事にしてみてはどうですか? みたいな話が言われるのは、こういう悶々を本人が抱えずに済む場合も、まぁ、あるからなんでしょうね。「人を癒やしたいけど、相手が癒やさせてくれない…」ってのは、相手があなたをヒーラーとして受け入れてないから^^ではあるんですよ。まぁ、うちなんかもそうだから(笑。身内ほど強敵ですよw)ヒーラーになったとしても、あなたのエゴが本当に癒やしたい人が癒やされるかどうかは、また別問題だったりはします)

まぁ、うちにはどっちも使っている石アクセサリも多いので(笑)PSWの石アクセはやはりお薦めです(←ここへ最終持っていくかと)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page