アーカイブ
2020年10月13日の記事のリスト

エコロジー

2020年10月13日 (火) 00 : 00
ふつか続きで、エコ野郎記事みたいなのご用意していましたが(笑)

記事にもしていましたけれど、地球のために、っていうよりはw
「自分のため」なんですよ
で、自分や自分の家族のためのことなんだけど、それは「エゴ」ではない、一挙両得の世界なのです

まぁ…いずれも「やって損はない」と言えるタイプの、心身レベルにとって良い感じの対策のようなことでしょうか
(しかも、とてもリーズナブルでできる)

「水」については…水って生活に直結しているし

なのでここ読んでおられる読者様の皆様は、とっくに高い浄水器とか、色んな波動水だとか、すでに生活に導入されておられるような方も、きっと多くいらっしゃろうかとも思いますので、私がわざわざオススメしなくても(笑)って話ではあるんですけどね

私の場合自分ちの下にコンビニがありますので、まぁ、富士山の水とかね…ペットボトルの水はすぐ買いに行けるというのもあるし、ネットでも買えるから、基本はまぁ、「買えばいいか」っていうのと、普段使う水は蛇口に取り付ける浄水器程度だったんですけれど

CMCバンドはたった8千円であれだけの水の変化で、CMCボールを使えばさらにその水の波動アップという、いたってリーズナブル過ぎるレベルで、水道水の分子構造が変わった水素水を得られる、しかも毎月いくらいくらかかる、とかそういうわけでもない

そして、使う水すべてがそうなるので、今まで、たとえば洗い物は普通の水道水だったり顔洗うのとか風呂とか洗濯は水道水だったのが、すべて、家の中を流れ、使って外に出ていく水が、心地よい水に変わるわけですよ
(ここがエコなところでもあります。エコ水を、配管伝って、外側へ還元していることにもつながってくるわけなので)

初期投資ができるのであれば、「誰でもかんたんに」できるものなのでお薦めしてみました

個人的には、CMCボールも使って、飲料水やお料理に使うお水など、さらに水素水を堪能されるのがよろしいかと思います

で、風呂にはピリカレ(笑)CMCボールもいっしょに使ってもいいかもしれませんが、めっちゃリーズナブルに「我が家で温泉」が楽しめますよ

(この水素水というのは、水素濃度が高ければ高いほどいい、というものではなく、水素濃度が濃すぎると今度は人体には活性酸素が発生するようです。CMCは、なぜかうまくできたもので、この人体に悪影響レベルにまで水素濃度を上げないという優れたシロモノ(炭素)みたいなんですよね)





ピリカレも同様に、「誰でもかんたんに」せっけん生活に入れると思います

せっけん初めての方は、よ~く注意書きをお読みになられて、お使いになられてみてください
(たくさん使えばそれだけ効果が! とかじゃないのが、せっけんお洗濯の肝みたいなところがありまして)

合成洗剤を長年使用してきた衣類との、洗い上がりの違いに、たぶん、せっけんを使い始めるとびっくりするんじゃないかと思いますし、合洗が原因だったような肌のかゆみなど肌トラブルも改善されるかもしれませんし

私はせっけんに変えた当時、自分にとって不都合が何も見当たらなかったところがあって、続いています

(ただ、以前にも記事にしたことがありますが、髪のシャンプーだけは(笑)切り替えてから、しばらく「サラサラヘア」を得るための時間がかかります。とにかく、「べったべった」のとんでもない(笑)状態になってしまいます。これに堪えられず、シャンプーだけはどうしてもせっけんに切り替えができない…という人口も何気に多いみたいです。この数週間の地獄を堪えられると、見事に蛹から蝶になれるんですけれど(笑)まぁね~、人と会ったり、外出しなければならない用事がある方には厳しいことは厳しいんですよね。なので、会社辞めてぷーになりましたとか(笑)そういう、誰にも会わないひきこもれる時期がある時にはチャンスです。何ヶ月も髪を洗っていない人風味の髪べったべたレゲエさん状態を楽しんでみてくださいねw)





ちなみに、うちは…

私がこういうことをすることに関しては、うちの人は「とくになんの反発もせず受け入れてはくれる」というところが昔からありまして。

ただ、本人もそれを「好きになる」「わかるようになる」「変化する」かどうかまでは(笑)別の話、だったりはするんですよね。
文句や苦情は言わないけれど、こちらがやや押し付けてしまうところがあると、ダメなんですね~(人間、ほぼほぼ、そういうものです)

「そんなことしてるとカラダに悪いよ」とか言っても(笑)がん無視されますしねwww
ものすごいケミカルくんなんだけど(笑)もう、言っても、そのへんはわかってはいただけないので、私は「こんなに長期に渡るケミカル生活者が、ここから先の将来にわたって、どの程度、人間の健康を維持できるものなのか」を、観察する立場(笑)に徹しようと決意したんですよ。
将来ボケても病気になって動けなくなっても、もう、それはそれだなと。
(私は、そのおはちが自分に回ってくるのが嫌(笑)だったんです。「あれだけ、やめろと言ったのに…」という、何十年単位でな~んにも忠告聞いてもらえなかった、その果てに、ボケ老人とかになって、で、結局その面倒まであたしが見るのかよ…みたいな不条理感が満載な話じゃないですか(笑)。だけどね、これこそが(笑)「私の都合そのもの」ということなんだな…って気が付きまして。だから、私の場合は、ボケ老人ひとり将来抱えたとしても、自分がそれを嫌だと思わないためには、どうしたらいいのかな…っていうところ。今、ここについて、自分ができるどういう対策があるのかw 考えてます。そうなってもいいように自分が引き受ける準備しとけばいいだけの話だよな…って気がついたら、ちょっと楽になったというのかw「そうなるかもしれない」という恐怖が、人間をネガティブにするわけなのですが、「別にそうなってもいいかな」と肯定してみたら、大変かもしれない、というのも、実は想像に過ぎず、介護が大変じゃなくなる策を万全にしとけばいいのか…という結論に。これってね、「自分の現実は自分が創造している」の世界観から見ると、こういうことへの準備をするっていう発想はwどう考えてもバカっぽいしNGっぽいじゃない? 明るい未来、キボウ的幸福像を先取り実感しましょう思い描きましょう、という話からすると×行為ですよね。だけど現実としてはそういう可能性は絶対にないと言えるレベルで「健康的行動」にはならない人wへそれだと自分が何もしないでただ期待してるだけ、相手次第になっちゃいますから。「相手がどうあっても大丈夫」って境地…これへ向けての準備ですよ、だから)

たとえば、こういう、人のことは、かのロゴストロンLなどで、こういう変化をしたらいいのにな、という私のキボウを書いてみて発信しても(笑)ぜんっぜん(笑)ダメです。
箸にも棒にも引っかからないというかw
(ロゴ和守なんかも「こんなものいらね」とつっかえされた、とかw 記事にしましたよね^^。石もね、本人が気に入って身につけてくれるものは身につけてはくれるんだけど、なんとなくね、私が言うところの「これきっといいよ」みたいなものは、どうもダメなんですよね~。こういうの見ててもね、人には、「段階」というのがあるので。必ずしも、私のお薦めと、その情報を受け取る人にとってのタイミングがあうとは限りませんから。タイムラグがあるのは、しょうがない、そこが「肉体次元の仕組み」でもあるんですよね)

だから、私は自分以外のことに関しては、いっさいを期待しない、諦めることにしました。
(この姿勢は今に始まったことではなく、段階追って、この諦め手放し戦法なのですが、「それでもまだ足りないのか」って(笑)人間目線では、やっぱりね、くじけそうにもなりますよね)

ただ、この「諦める」はともすると危険で(笑)、「いっさい干渉しない、どうでもいい」へ極端に振れていく世界もあります。
だけど本心は、実際は、どうでもいいわけではないので。
ここが難しいところ、さじ加減ひとつで、ネガティブ展開にもなってしまう部分。
ほんとに、相手のあることを変化させるというのは、難しいものだなと思います。

で、私は私のできることを、「こっそり」と変えていく、しれっとやってみることにしたんです。
(「仲直り」ブレスは、私を、そういう心境にする手伝いをしてくれたんですよ)

そうしたら、向こうから(笑)「ごはんは自分で提案」w がやってきてwww

おかげで私自身も、「めっちゃ天国」となりwww





その流れで、CMCを発見し。

「水」は、こっちが勝手に変えられちゃう(笑)じゃないですか。
誰にも相談いりませんよね(笑)
だから、すぐに買って、すぐにとりつけて。
CMCボールの水に関しては、「これ飲んだほうがいいよ」とオススメしたら、素直に飲んでいるようです(笑)。
(もともと水は私よりもいっぱい飲むタイプの人でしたので)

で、水変えたらね、たった一日で変化があったんです(笑)。

ず~っと処分してもらいたかった、部屋に積み上げていた大量のダンボール、その中身などの処分、片付けを(笑)…なんだか、みずから始めたのですwww

体内に直接取り入れる水、その水の波動が上がったことの影響力の凄さ、ということです。

うちは部屋がそれぞれ分かれているので、私はようやく、共有していない相手のスペースに関しては、相手に口出しせずにいられるようになったことがめっちゃ自分としては楽になったぶん幸福で(笑)、それでいいんだけど、それでも、相手の部屋のこのダンボールの山は…なんとかしてくれないと、これ崩れてきたらわんちゃんが危ないし…、とか、そういうのはありますし。「目障り」通り越して「目に余る」っていうんでしょうかね(笑)。

でもさ、それを「やってくれ」って言っちゃうとダメなことも知ってるから、嫌だな~って思いながらも、言わなかったわけなんですよ。

なんかこう、食事のこともそうなんだけど(笑)、こういうことも、「私が言わなくても、相手がみずから気づいて、本人自身が本人のために、行動する」これがですね…もっとも、もっとも、もっとも望ましい、高次スタイルでもあるのです。

力わざではなく命令ではなく。依頼心でもなく媚びへつらいでもなく。
そして、かる~く、やってみれば、できてみれば、成就してみれば、けっこうカンタン。
そういう「軽さの実現」は可能で。
それが、高次が、わたしたちに指南してくれているロードです。





あれなんですよ、「断捨離」ってあるでしょう?
あれね、奥さんとかが、断捨離に魅入られて、始めちゃうじゃないですか。
で、奥さん自身は、断捨離の魅力にどんどんハマり、どんどん「手放し」が進んでいき
(不要なものを処分することはその人のエーテルレベルの「祓い」につながるので、ものすごくスッキリして清々しくなってくるのです。ただモノを捨ててるだけじゃなくて、その人にとっての不要情報エネルギーを処分しているんですね)

そうするとね…家族の持ち物が(笑)すっごくうっとおしくなっていくわけです。
自分が祓われてスッキリして、居心地良くなっていって、自分に自信が出てくる…
モノを捨てる、不要なものを手放すことの効用を知ってしまうと、「周りの人にもそれをやって欲しい」という欲求も出てくるし、とくに家族というのは、場を共有している、濃いエーテルレベルで繋がっていますので、自分が祓われても祓われても(笑)穢れが押し寄せてくるwww なだれこんでくる感じに、そうなる人はなるんでしょうね。
自分のほうに余計な情報がなくなりスッキリしたスペースに、人のモノが入ってくる(笑)そりゃもう、いたたまれない感覚かもしれません。

わかりますよ、気持ちは(笑)。
かつて、スピブーム時に「ほんとうの私に目覚めたスピ離婚」も(笑)けっこ~ブーム化していましたが(そういうタイプの離婚をした、っていう方を、けっこう見ましたよ)それに近いかな、という気がします。
そのいっときの波動レベルが違う人といっしょにいる苦痛を、強烈に感じ出しちゃうんですよね。
この人と一緒にいると私はアセンションできない…とか、まぁ、そういう感じかな。

そしてどんどん家族の「モノ」が目障りになっていき…究極は、「旦那自身が不用品」というところへ、たどり着いちゃう(笑)それで離婚に至るケース、どうしても離婚したくなっちゃうというケースもあるようです。





エコロジストも、気をつけなくてはいけないのは、きっとこのへんですよね。

カラダにいいよ、地球にいいよ、こんないいことがあるよ…みたいな、「相手にもきっといいはず」ということをわかっていても、受け入れてくれない人や、エコロジストを「善人ヅラ、ええかっこしい」と(笑)否定感持つ人は、やっぱり大勢いると思います。

これはエコロジストだけじゃなく、

「何か、相手にとってイイコト、を伝えている人」へ、時として、「そうだけどさ‥」って、反感を持ってしまうこと

誰にもおそらく、ありますよね?

生まれてから一度も他者への反感持ったことない人(笑)なんて、いませんものね、おそらく。

本人自身のカラダに悪そうなこと、地球に悪いことを、やめてくれない人たち…
時として、自分が「イイコト」をし始めちゃうと、人間って、どうしても、敵味方のように、人をわけてしまう、そうあってくれない人に対して、排他的な考え方をし始めてしまう…

でもそれは、やっぱり、「自分から見て」の主観でもあり。
その主義主張で、自分から見て間違っているっぽい人たち、おかしなことをやめてくれない人たちを否定し、打ち負かそう、もしくは、説得しようとしても…

まぁ、無理なんですよ(笑)

それができるなら、人間はこういう世界に存在していないというか(笑)こういうあり方の世界があることじたいを、自分にとってのその意味を知る、探求し続けることが、いわば、人ひとりの人生、それぞれの人のそれぞれの人生、と言えるところもあるわけですから。

これからおそらく、ますますこの、人との価値観の違いの衝突、それを感じながらも、通過しなくてはならない時代ともなっていくかもしれませんので。

「ぬるっと」「こっそり」「ちゃっかり」シフトしていきましょう(笑)

迷った時は…「高次ガイドならどうするかな」を手本に、考えてみると、あちらからのヒントが提供されますよ。

それは「直感」で受け取ることになりますので。
聞き漏らさないように、しましょうね。






らせんのちから



楽に生きよう



宇宙意識、基本のキ



実現して当たり前



アマビエヒーリング



Must Pink



チアーアップ



セレンディピティ~過去未来対策バージョン~


 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page