アーカイブ
2020年09月10日の記事のリスト

大人だからできるちょいエロスなスピリチュアルの話

2020年09月10日 (木) 00 : 16
粘膜接触は、強いエーテル体の交換(笑)

だっろうな~、と思います

詳しくはこちらのまるの日さんの動画「大人だからできるちょいエロスなスピリチュアルの話」を御覧ください

(けっこう他人のところからネタ引っ張ってくるなぁ…最近…)



確かに…

エロ系の話は、しづらいですよねぇ

とくにスピ人は(笑)

昔のアイドルは「う○○しない」と思われていた(笑)じゃないけれど、スピ系の人はS○○の話はしませんよね

エロ話はネット上にそれなりに氾濫していなくもないですけれども
(漫画も凄いよね、この手合い。でも、それがウケてるから、そういう漫画を描く漫画家さんがいる、ということですから)

「個人が特定される感じ」だと、しづらいところあるんじゃないかなと思われます



エーテル情報が穢れ満載だと、それを他人に押し付けたい(笑)と、ヤリ○○(男女ともに)になるような、そういう人もまぁ、いるだろうな~というのもw 想像できますよね

押し付けると言うよりは、表向きは「あなたとひとつになりたい、共有したい」という美談なのかもしれませんが

そういうのが、恋愛だったりもするわけですよ

(もちろん恋愛すべてがそうではないですけれど。多いかもですね。恋愛でそのへん面倒だなということに気づいている場合、風俗というテもありますが。へんに素人さん同士でぐちゃぐちゃさせてしまうオトコ(オンナ)になるよりも、お金を介するプロにまかせる(笑)のも一案ですけれど、そのプロじたいも色々なので。良いプロに巡り会える、そんなこともガイド差し金かもしれないですよ。今はさまざまなジェンダー向けに、この業態も広がっていてびっくりしますね。女性が男性に性奉仕する認識な時代は終わってるんだなぁという感じはあるのだけれど、それでもまだまだ、しづらい話である感はあるんだろうなぁ、って思います)

S○○レス夫婦、みたいなものも、なのでまぁ
理由は色々でもありますけれど、「もうこの人とは特に無駄につながらなくてもいいのかな」というのは、根底にありそうですよね(笑)

でも不要な穢れを相手に譲渡するよりは、「する気にならない」ってほうがいいのかな~と思うし

お互いがそうなら、ノープロブレムなんですよね、これって

「これなんかわかるな」と思ったのが

片方が、本質エネルギー(高次エネルギー)につながる感じになってきて、「なんか、そういうのいらねえな」という感じになってきてしまう(笑)

そうなんですよ…なんか、いらないんですよねぇ(爆笑)

もっと早くこうなりたかったな(再爆笑)

だから、おそらく普通によくある話なのかなとは思いますが、「ふつうに仲がいい夫婦なのに、どうして、彼はしてくれなくなっちゃったんだろう?」って、悶々とする奥さんとか(笑)

もしかすると、そういうのもね、相手に他に女ができたとか、奥さんに飽きたとか、そういうんじゃなくて、そのタイプの「なんか、そういうの別にいらねぇな」なのかもしれないわけで

その逆に、もう結婚してだいぶたつのに今でもS○○したがるオットがうっとおしい…私はしたくないのに…っていうのも、無意識に、オットの穢れたエーテル情報を受け取りたくない(笑)とか、まぁ、色々あるんでしょうなぁ



でも、「まぐわいそのものが穢れ、汚らわしいこと」のような、宗教で言うようなやつ(特にキリスト教かな)

あれは、嘘ですよ

ああいうのこそ、人間をコントロールしようとする勢力の作り出した、「私は罪人」という、人間に罪悪感を持たせ支配するためのものです(とくに、女性ね)

別にどのようなS○○をしようと、天罰は当たりませんので

天罰が当たるとしたら、そういった行為もそうですが、性欲そのものを「汚らわしいもの」であり、「嫌なこと罪なこと認識」しながらしている状態だと、その思いが天罰めいた現象を引き寄せる(自分で創造している)ことはあるかもしれません

ただ、過剰に「S○○はすばらしいこと」と(笑)その行為それじたいを崇高なものとして褒め称え、崇め祀る…それも違いますね

時々、崇高なS○○があるというだけです

「いつまでもオンナとして愛されたい」みたいな愛のバロメーターにするのも、それこそがw相手への穢れ譲渡wwwとならないとも限りませんし(笑。そんなこと思ってるから、相手に敏感に察知されて避けられてるのかもしれないし)



性の話は本当は奥深く

私ももっとしたいんだけど(笑)

けっこう抵抗感持ってる人も多いというのも、それなりに事実でしょうから

誤解されても嫌だしな~というのもあるし

ということで、まぁ、今日はさわりだけw 便乗してみました



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page