アーカイブ
2020年09月の記事のリスト

「セレンディピティ~過去未来対策バージョン~」ブレスレット「1」「2」「3」「4」、ネックレス

2020年09月30日 (水) 20 : 20
「セレンディピティ~過去未来対策バージョン~」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約16センチ
◇soldout
◆使用石「クォーツインクォーツ18.5ミリ丸玉」「ブラックダイヤモンド4.5ミリセミラウンド(約0.3カラット)」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)18×16×10ミリ、25×8×8ミリ原石タンブル」「モルダバイト12ミリ丸玉、20×15×10ミリ原石タンブル」「リビアングラス16ミリ丸玉」「ギベオン10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル18ミリ多面カット丸玉」「2012クリスタル18ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト18ミリ丸玉」「ニルヴァーナクォーツ(アイスクリスタル)18ミリ丸玉」








「セレンディピティ~過去未来対策バージョン~」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約16センチ
◆価格 240,000yen(税込264,000yen)
◆使用石「クォーツインクォーツ15.5ミリ丸玉」「ブラックダイヤモンド4.5ミリセミラウンド(約0.3カラット)」「ホワイト~グレーダイヤモンド8×7×6ミリ原石」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)18×14×9ミリ、28×8×8ミリ原石タンブル」「モルダバイト12ミリ丸玉、19×13×9ミリ原石タンブル」「リビアングラス13ミリ丸玉」「ギベオン10ミリ丸玉、7×5ミリスクエア」「センティエントプラズマクリスタル16ミリ多面カット丸玉」「2012クリスタル16ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト16ミリ丸玉」「ニルヴァーナクォーツ(アイスクリスタル)16ミリ丸玉」






「セレンディピティ~過去未来対策バージョン~」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15センチ
◆価格 110,000yen(税込121,000yen)
◆使用石「クォーツインクォーツ15.5ミリ丸玉」「ホワイト~グレーダイヤモンド6×5×4ミリ原石」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)12×13×10ミリ原石タンブル」「モルダバイト8.5ミリ丸玉、14×12×10ミリ原石タンブル」「リビアングラス12ミリ丸玉」「ギベオン8ミリ丸玉、7×5ミリスクエア」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ64面カット丸玉」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト12ミリ丸玉」「ニルヴァーナクォーツ(アイスクリスタル)12ミリ丸玉」






「セレンディピティ~過去未来対策バージョン~」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15センチ
◇soldout
◆使用石「クォーツインクォーツ15.5ミリ丸玉」「ホワイト~グレーダイヤモンド6×5×4ミリ原石」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)12×12×10ミリ原石タンブル」「モルダバイト8.5ミリ丸玉、12×12×10ミリ原石タンブル」「リビアングラス12ミリ丸玉」「ギベオン8ミリ丸玉、7×5ミリスクエア」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ64面カット丸玉」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト12ミリ丸玉」「ニルヴァーナクォーツ(アイスクリスタル)12ミリ丸玉」








「セレンディピティ~過去未来対策バージョン~」ネックレス
◆スペック 長さ46センチ
◇soldout
◆使用石「クォーツインクォーツ39×14×11ミリSilver925ペンダントトップ」「ホワイトダイヤモンド4×3ミリボタンカット」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)9×6×5ミリ原石タンブル」「モルダバイト5×4ミリロンデル」「リビアングラス6ミリ丸玉」「ギベオン6ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリボタンカット、37×4×4ミリJewerlyPoint」「2012クリスタル8ミリ96面トライアングルカット」「アゾゼオアゼツライト8ミリ、6ミリ、4ミリ丸玉」「ニルヴァーナクォーツ(アイスクリスタル)6ミリ丸玉」






__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

セレンディピティ、2020年6月にもお出ししていたのですが、再販リクエストをいただいたのは、2018年2月の「宝石の国Special」です。
再販リクエストをいただきありがとうございました。

…と、言いながら、当時品そのままの再販というわけではなく、今回は、あのご案内をしていた「クォーツinクォーツ」を組み入れる流れになってしまいまして、再販品という感じではなくなってしまいましたので、タイトルも「セレンディピティ~過去未来対策バージョン~」ということで、あらたにご紹介という感じになりました。

前回説明文は2020年6月の説明文となります。ご興味ある方はこちらをご覧ください。

「クォーツinクォーツ」については、今月、ブログ記事でも「石の意味~クォーツインクォーツ」でもご案内しておりましたが。
スピリチュアルの世界、ヒーリングの世界でも、「インナーチャイルドの癒やし」の大切さについては、よく言われていることです。
そして、石の世界でも、インナーチャイルドを癒やす石は、とくにこのクォーツinクォーツだけしかできないこと、というわけではなく、他にもあります。

また、広義の意味では、過去生のヒーリングなども、結局のところはインナーチャイルドの癒やしと繋がってくるところもあります。
だいたいの人間はこの世に存在している時点で「私には何一つ、抱えている過去の傷なんてものはどこにも存在しません」のようなことはありませんので。
基本は、生まれてくる、ということは、今世でそれを癒やしたり、やり直したり、克服する境地を得るために、場合によっては「わざわざそのインナーチャイルドの傷をつくるための環境」の人生を選んで、そのためのステージとして、親をセレクトしたり、生まれる場所を選んでいます。

選んでいる、とは言っても、私達の個別の感覚では、「絶対に断固として自分で望んでこう生まれきたわけではない」としか思えないのも(笑)まぁ、やっぱりそれはそれで正しいと思いますけどね。
とにかく、みずからの負の部分には、とても目が行きやすいのが人間ですし、この世はどうしたって、周囲との比較、恵まれている人との比較、比較、比較の嵐ですから。

ハンデが少ない人が羨ましく見えてしまう、自分にないものを最初から持っているように見えたりする人が羨ましい、というようなタイプの感情は、持って当たり前だと思います。
(高次的には(笑)「周囲と比較してこういう感情を持つだろう」というところまでw計算して、それで、誰もが「自分」という固体の境遇環境を選んで生まれてくるのだろうと思います)

なので、「癒やしのタイミング」「癒やしの方法」というのも、個人的に感じることですが、もちろん個体差があることですし、癒やされないまま一生を終えるというのもアリだとも(笑)思います。
必ずしも、それで人間は生きられない、というわけでもありませんので。
次世代にまわすのも、まぁ、いいのではないでしょうか。
人生にパーフェクト感を望めば望むほど、その理想は蜃気楼のように、ずっと遠いままになってしまうこともありますからね。

とはいうものの、せっかく、こういったカップリングを、今、目の前になさっていて、「これ欲しいかもしれない」というほんのり感覚がおありであるなら、それが貴方様のタイミングと言えるのではないかな、ということもあるので、その場合にはご検討いただくのはありでは、と感じます。
それが「縁」であり、貴方様の高次ガイドの差し金(笑)かもしれません。

だいたい、高次ガイドがその人への「囚われはずし」に活かせるツールとして、スッと差し出してくるものというのは、あまりにもさりげなくて、マインドではとくに「なんとも思わないこと」も多いものです。

石の場合、とくにそうかもしれません。
なにしろ、直感は、「なんとなく」の世界ですからね(笑)。
私も、クォーツinクォーツ、なんとなく身につける流れになって(笑)自分がそうなってみて、「はっ」とさせられたわけですから。

で、「やはりこれは大玉だろう」と(笑)大玉ゲットに走ったわけですが、その時点ではとくにこの、すでに再販リクエストをしていただいていたセレンディピティ用に組み入れようとは、微塵も思ってはおりませんでした。

これも「流れ」であり、高次采配かと思います。

ということで、今回のセレンディピティは、過去未来とつながり今ある現在の流れを、当然のごとくですが、未来(もうあなたではない、未来世の自分も含めて)とともに、癒やし、再定義し、進んでいくためのセレンディピティを経験していくためのバックアップツールとなりました。

私達の人生においては、一生の流れとして、人間が本来的にはやりつづけることがこれかな、って思います。

べき、とか、ねば、などの義務的な匂いの強制言葉でこれを捉えてしまうと、かなり憂鬱(笑)な話ですし、
「がんばらなくていいんだよ」という、「がんばらないでいい教」も、今はありますからw
嫌だ、やりたくない、という感情満載の時にまで無理してこれをすることは、おすすめしませんけれど。

でも、過去感情の癒やしや、自分が持っていた感情の定義の書き換えができることは、実際に、その先の流れをスムーズにしていくことも事実ですから。

そもそも、セレンディピティをたくさん経験するようになると、高次ガイダンスもそうだし高次存在がいることじたいが信じられるようになる(笑)し、高次ガイダンスそのものへのリテラシー能力を上げるのが隕石コラボでもあるので、そことのコラボで進んでいくインナーチャイルドの癒やしというのは、爽快なんじゃないだろうか? ということで、きっと、こういうものをお作りする運びになったのではないかしら、という気がします。

(やっぱりね…高次って存在があって、の、こういうことなんだ…みたいな背景を持って、経験の意味、意図を考えて、行動していくのと、単純に、自分や他者の人生を向上させようという感じで進んでいくのとでは…だいぶ違う感じはあります。世の中には、人を幸福にしたり、人に良かれ、というあらゆるサービス、メソッド、手法、知識、溢れていますけれど。自然に、やる人は、高次目線からの俯瞰であったり、高次の自己実現とは、本人はそれとは知らずに、やってはいたりはするんですよ。やってるんだけど、「より大きな自己(ハイアー)」がほんとにいることは知ってたほうがいいね、って思いますね、なんとなく。)

各使用石の意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

ネックレスは、7ストランドワイヤー、シルバー925パーツを使用しています。
センティエントJewerly-Pointのチャームはネックレスからの取り外しが可能です。

■クォリティと鉱物説明■

「1」は巨石18ミリ玉中心、「2」は16ミリ玉中心の、大玉カップリング。
まぁ、あんまり普通にはないと思いますね。
だから、これってロシアンフェナカイトビーズも大きいんだけど、ほかの石が大きいので(笑)あんまり大きく見えませんね。
とにかく、「でか!」という存在感、見栄えならば、「1」「2」です。
だからって、「3」「4」が小さくて華奢ということではなく、「3」「4」も、この世の一般的な、何かと女性に薦められている8ミリとか10ミリとかの石ブレスからしたら、大きい玉で存在感のある部類です。PSWだと普通で下手すると細見えになっちゃうだけ(笑)です。

大玉ブレスは、身につけたことない人だと、敷居高いように見えるかもしれませんけど、身につけてみると存在感的に◎ながらに、別に腕が重たくもないし、だから、意外に重ね付けもまぁまぁ可能w なんです。
そういう時「細身ブレス」がアクセントになったりします。
うちは細身でもめったに「6ミリ玉中心」とかそういうわけではないので、人によっては、うちの細身が、大玉ブレスになってしまう(笑)人もいらっしゃるかと思いますがw

ただし、うちのPSWの大玉ブレスはそのような身につけやすさへの配慮がありますが、巷で売ってるオール18ミリ玉のブレスとかw そういうのはさすがにちょっと大玉過ぎるっていうか、全部が全部そういう大きさの丸玉とかだと、もしかすると、身につけてて邪魔くさくなる時もあるかもしれませんし、奇妙な悪目立ちとかするかもしれないし、重ね付けも気持ち悪いかもwしれないです。
(PSW石アクセ、PSW石ブレスは、もともとは「同サイズ丸玉数珠ブレスってダサ」という(笑)そういうダサ系を嫌うw ファッションリーダー(嘘です)PSW神崎詞音がかっこいい石ブレスが欲しいよな、ってところから過去にスタートさせているので(笑)そういう巷の丸玉数珠ブレス一般の身につけやすさまでには言及しておりませんので^^。そうそう、私はだからといって、自分が作ったものに執着はしておりません。だから、外で、たまたまPSWの石ブレスしている方に出会った時、「凄い綺麗な石ブレスしてる人だな~」って思いながら見てたんだけど(笑)それが自分のところのだと知って、「あ、あれだったのかぁ」と驚いたwということがあります。マジですよ。わかんないんですよね、そういうの。人の手元に渡ったら、もうそれは、その方の石ですから。)

ダイヤモンドが凄い凄いという話を(笑)2018年、宝石の国当時にも、すっごいしていたんですね(笑)
その後も順調に(笑)ダイヤモンドビーズは、原石ビーズなどでも仕入れをしていますw
今回使用しているのは、前回、前々回よりも、一回り小さめなブラックダイヤモンド「1」「2」は2石と、「2」~「4」はホワイト~グレーダイヤモンド原石ビーズを各1石(「2」で使っているのが最大粒で7ミリくらいあって大きな原石です)使用しています。
エネルギーレベルを底上げする石なので、人氣的毛嫌い感がない人にはお薦めですね。
なにその人氣的毛嫌い感って、というと、ダイヤモンドはほぼほぼ、価格統制されている石ではないですか(笑)。
産出量からすると、フェナカイトのほうが、遥かに希少石ですよ、地球上では。
でもグラムあたりの価格は、ダイヤモンドのほうが遥かに高く、まるで希少石であるかのようにw価格付けがなされてブランド維持がされていますでしょ。そういう価値の維持の仕方や、人をダイヤモンドに憧れさせる、というような意味で、人氣的だわね、という側面があります。
個人的には地球上で最高波動の石、というところで言うなら、違うよなぁ、みたいな感がある、ということですw
でも、もちろんエネルギーが低いわけではなく、増幅力の高さはダイヤモンド特性として素晴らしい石です。

フェナカイトは大粒のロシアンフェナカイト、H&E社の原石ビーズ。巨石で存在感があります。
「1」「2」がほぼ同等の巨石、「3」「4」は一回り小さい(それでもまぁまぁ大きい)粒を使っています。
フェナカイトも発見当初ダイヤモンドに間違われていたという歴史があります。確かに見た目ちょっと似ているところもあります。
こういう、「ダイヤモンドではないか?!」って、要するに「ダイヤモンドに凄い価値がある」という宝石市場の(笑)発想の仕方、ダイヤ基準が、もうすでにフェナカイト発見の時代にあった、ということなわけですよ。
もちろんダイヤモンドは希少石ではありますけれど、ダイヤモンドはそうやって人間の欲望にも絡んできた歴史はあることはありますからね。
なんども言いますが(笑)フェナカイトのほうがごくごく限られておりまして、産出量から言えば、希少石です(笑)。

モルダバイトはモルダバイトとしては大玉になります12ミリ玉と原石穴あきタイプ。
「1」「2」のほうには、今はもう原石ビーズとしては相当品薄な大粒ビーズを使いました。「1」は20ミリ原石です。うちでもこれがストック最大粒ラストとなります。
これは、石の卸店から聞いた話ですが、モルダバイトは丸玉ブレスにし過ぎて(笑)モルダバイト原石じたいが品薄になって枯渇してしまっているそうなので、モルダバイトの大粒丸玉ビーズというのももちろん希少石なんだけど、原石のままの穴あけで、且つ、サイズがあるモルダバイトビーズというのは希少だと思います。
なんか、ほんと高くなっちゃったよね~ということもあるわけなんですが、ただまぁ、探せばこういう大粒モルダバイト原石ビーズというのもまったく売っていないというわけでもないので(高いけど)いずれ本当に市場から尽きてなくならないうちに、大粒原石穴あきのブレスはいいものを見つけたら仕入れしておこうと思います。
でも20ミリないことが多いんですよね~(なのに価格は高騰している)。

リビアンも「1」は16ミリ大玉、「2」13ミリ、「3」「4」は12ミリ。
リビアングレード的には、「2」が透明度的にも最高品質のリビアンですが、「1」「3」「4」も透明感ある高品質リビアンです。
リビアングラスも輸出規制の影響もあるのでしょうけれど、今後、流通がどんどん増えていくことはない石なので。
モルダバイトよりはグラムあたりはお安いものの、天然石の中ではやっぱりお高い石ですし、且つ、高品質品は少ないですから、お値打ちですよ。

クォーツインクォーツは、「1」は18.5ミリ玉2石、「2」は15.5ミリ玉2石、「3」「4」は15.5ミリ玉1石を使用しています。
希少石クォーツインクォーツの大玉です。
さすがに、大玉ブレスぐるり一周でお求めいただける方はいらっしゃらなかったようでしたが(笑)、この石は穴あきビーズで出回る流通量としては、モルダバイトやリビアンよりも、もしかしたら少ないんじゃないかという気がします。
ネックレスでは大粒ペンダントトップを使用しています。
クォーツインクォーツは、比較的こういうペントップやルースなどの磨きの入った形状で売られているほうが多いですね。まぁ、水晶が入っている様子がわかる、という点で、ごくごくポピュラーで合理的な、人にアピールしやすい形状がそれではあるかな、とも思います。

ネックレスはアゼツライト玉中心に、あいだあいだにこのカップリングで使われている石が配されています。
清々しいネックレスですよ。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りBusiness cardのコピーをおつけさせていただきます。
2012クリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入り2012クリスタルの日本語説明文&ギャランティーペーパーのコピーをおつけさせていただきます。
ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)、アゾゼオアゼツライトは、H&E社のギャランティーカードコピーをおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「チアーアップ」ブレスレット「1」「2」「3」

2020年09月30日 (水) 20 : 10
「チアーアップ」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ強
◇soldout
◆使用石「タンブルウィードインクルージョンクォーツ12ミリ丸玉」「ブレーデッドクォーツ(オーラライト23)13ミリ丸玉」「レピドクロサイトinクォーツ13ミリ丸玉」「ゲーサイトinオプティカルカルサイト15×12ミリチューブ型」「ブルーエンジェルラダークォーツ16ミリ丸玉」「レムリアンシードクリスタル16ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12×8ミリロンデルカット」「スパイラルクォーツ12ミリ丸玉」「タンザナイト8×5ミリボタンカット」「ルビー10ミリ丸玉」「モルダバイト10ミリ丸玉」「リビアングラス12ミリ丸玉」







「チアーアップ」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15センチ
◆価格 120,000yen(税込132,000yen)
◆使用石「タンブルウィードインクルージョンクォーツ12ミリ丸玉」「ブレーデッドクォーツ(オーラライト23)13ミリ丸玉」「レピドクロサイトinクォーツ13ミリ丸玉」「ゲーサイトinオプティカルカルサイト15×12ミリチューブ型」「ブルーエンジェルラダークォーツ16ミリ丸玉」「レムリアンシードクリスタル16ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12×8ミリロンデルカット」「スパイラルクォーツ12ミリ丸玉」「タンザナイト8×5ミリボタンカット」「ルビー8ミリ強丸玉」「モルダバイト8.5ミリスターカット」「リビアングラス13ミリ丸玉」







「チアーアップ」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約14.5センチ強
◆価格 100,000yen(税込110,000yen)
◆使用石「タンブルウィードインクルージョンクォーツ12ミリ丸玉」「ブレーデッドクォーツ(オーラライト23)13ミリ丸玉」「レピドクロサイトinクォーツ13ミリ丸玉」「ゲーサイトinオプティカルカルサイト15×12ミリチューブ型」「ブルーエンジェルラダークォーツ16ミリ丸玉」「レムリアンシードクリスタル16ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリボタンカット」「スパイラルクォーツ12ミリ丸玉」「タンザナイト8×5ミリボタンカット」「ルビー8ミリ丸玉」「モルダバイト8ミリスターカット」「リビアングラス12ミリ丸玉」




__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

こちらはベースは、去年お出ししていた「今年の石」がベースになっているカップリングです。
デジャヴ見てる、と思った方は、それもそのはず(笑)
ユーパーライト部分が、真紅のアフリカンルビーに入れ替わりました。

以前お作りした「天命使命」というカップリングが、やや雛形となっているのですが(作ってからあとから気づいた)そこに、ルビー、ブレーデッドクォーツ(オーラライト23の金属インクルージョン部分)、レピドクロサイトinクォーツ、スパイラルクォーツ、タンザナイト、モルダバイト、リビアングラス勢が加わっています。 
(スパイラルクォーツの左右水晶、これは、ゼロ磁場化による、よりカップリングの意図が実現しやすいそのエネルギー環境を整えるためです)

一年前当時も、「なんか手をこまねいてるような気がする」そういう感じの人にいいんじゃないでしょうか。
とお伝えしていたのですが、去年の石ユーパーライトが外れ、そこにルビーが加わったことで、例の3か条のひとつ「石が嵩上げしてくれるパターン(丸腰で自分を放っておけばなし得ない「実力以上」だな的な要素をサポートしてくれる)の要素が強化されました(笑)

高次の願望実現を加速してくれるカップリングだと思います。
(「高次の」って言ってしまうと(笑)伝わらないかもしれませんね。あなた様の行う地上任務を速やかに加速させる、そういう感じでしょうか)

いやこの3か条、実際そうでしたね。
こういう論理的言葉表現を14年できていなかったことが悔やまれます(笑)
都度都度、自分がお伝えしている要素を「分類」すれば、そういうことなんだな、って思いました。

このカップリングだと石が未来人情報とつながり今の自分をサポートしてくれるパターンがメイン要素ですが、石がそこへエネルギッシュに推してくれないと(笑)まぁ…人間というのは、基本及び腰だし(笑)だらけますのでねw

石もすべて高品質でとても美しいですので、手にしてくださいました方には、ご満足いただけると思います。

…ってオシちゃうと「営業怖い」の人が(笑)引いてっちゃうかもしれませんがw
でもまぁそれはそれですから、そういう方がいらっしゃいましたら好きなだけ引いてください(笑)
私は、うちで石を買ってもらうために、PSWブログをやっていますのでw

…と、去年も記述していたのですけれど。

これね~、まるの日さんの石記事を読んでて、記事引用便乗記事書きました♪ って事後報告をコメント欄でお知らせしていたわけなんですがw 
そのコメント欄の、別コメント読んでて気づいたんですが。
あれなんですね~「エアーな空気を売っている人」が、石のことを記事にしちゃうと、「営業乙」みたいな印象を持たれてしまう(笑)一部そういう読者層にもなるんだな~っていう印象がありました。

これホント、ブログやっててね、ブログそのものが営業でもある、っていうことを、精神世界系の場合、理解してくれない(笑)読者層さんも、たぶん一定数いらっしゃるんですよ。
「高次の愛や叡智は無償提供されるべきもの」という、なんか、多くの人のために慈善事業をやっているこの人偉い、っていうような、そういうの期待してるのかな、いつも自分が無料で情報を受け取ってることが、当たり前になっちゃっている感覚ね。

だからそういうタイプの読者さん側からすると、ふだんそういう無償提供記事の印象が強い人が、今日は「石買ってね」っていう、物質を勧めてるような、石を買わせるための誘導記事を書いているんだな、っていう、うがった抵抗感が先に出てきちゃうわけ。
精神世界系は、こういうタイプの人を集めやすい分野でもあるよね。
「物を買うこと、お金を使うこと」を薦められることへの抵抗感を持っているの。
一般的な世界以上に、多いような気がする。

それを見て、ちょっと「へぇえええええ」と思いました。
そして、「おいらは、石メインで売ってる職業で良かった…」って思いました(笑)。
石の宣伝ができないなんて(笑)ちょう苦しいw 話ですよ。
私が石のすばらしさの宣伝をしても、少なくとも「宣伝乙」と(笑)思う読者さん割合は、相当少ないはずですから^^。

これはね、そこの、メインの比重の違いがあるんですよ。
エアーがメインの方が、物質を売る難しさ(笑)というのかしらw

でも逆にこれは、私からすると、ヒーリングとか精神世界方面だけじゃなく、カタチのない「情報ビジネス全般」について、「そういうのをよく人に売ることができるな」って感心しますもの(笑)。
でね、「エアーな情報ビジネスのほうが、粗利(利益率)が高い」のと、「物を仕入れる経費、制作する手間暇時間、在庫管理、カタチを伴う業務全般などがいらない」などなど、けっこう、「数字や物理的な部分だけ見てしまうと」利点がある印象があるので、実は私はエアー系のみで独立できている方はマインドでは羨ましいところもあるんです(笑)。隣の芝は青く見える、の世界でしょうか。

昔、「筆一本で生きていける」印税収入で食える作詞家となりたかったのも(笑)「モノの管理、人に売る手間暇がいらない」というwきっと、それもあったのね。なんかそのほうが楽に見えるし良くないですか? 
(まるの日さんはネコオルさんで物販もされていますけど、まぁ、この方の主力は物販ではなく情報ビジネスのほうかなという印象がありますよね。まるの日さんのところで石を買う、っていうよりは、どちらかというと、ガイドリーディングしていただいたり、まるの日さんのクレア能力で展開されている商品のほうにお金使いたいかな、っていう感じが、私にはあります。石をもっと売りたいのであれば、もう最初から、石の精ガイダンスを一個一個ひとつひとつの商品につけて掲載してしまう、そのほうがいいんじゃないのかなぁ、という気もしますね。私はそうしたらネコオルさんから原石を仕入れて、それを使ってワイヤーラップに(笑)しますかねw石の精イラスト付きで^^お売りしますよ)

但しね。「エアー系メイン」の職業の人は、実はものすごく「人氣」を要します(笑)。
ここのエネルギーとの関わりを高い比率で動いている維持している方も、とても多いと思いますよ。
直接人と関わらないエアー系の方であっても、結局は、最終的には人を介してしか成り立たないこの世の職の仕組みがあるので(そういう業界の「人間関係比重」って凄いんですよw)「物を扱わない」代わりに、扱わなきゃいけないものが増えるというか、入り込んでくるので(笑)
見えない世界系職業も、なので、占い師さんとか完全なエアーですから(笑)このテの人々が疲労するのは高次に繋がっとるからではなく(それだけなら疲れないんです)、濃い人氣世界とのつながりがたくさんできるからです。
(なのでこのテの職業の方は常にご自身は祓われている必要があります。自分ごとはいつも祓い清め終わらしている人でないと、心身にくると思いますよ)
ちなみにこの情報ビジネスというのは、「教育産業」なども含まれますよ。
だから教師とか講師とか、何かを人に教える仕事をしている方というのは、それだけ人と関わりますので、人との摩擦による穢もつきやすいわけです。
知識を人に伝えることの難しいところは、必ずそこには受け取る側そのものの持つ知識差、受け取り理解能力差があることが前提ですから。そこに摩擦による穢れが生まれます。

だからね…、見えない世界の裏事情側まで知ると、「自分には、この仕事スタイルが、合っていたんだな…」と、なんか納得もできるわけですw
石を仕入れる、作ったものが必ずしも全部売れるわけではない、など、物質系職業の場合、それはそれで「知識をお金に変える」職業の人たちよりも一見大変な、ストレスなところもあります。
先行投資するお金もかかりますし。でも、私には、それが合っていたということです。
(知識をお金に変える仕事の方も、その知識を得るための先行投資は必ずされています。でも、だからといって、思うようにお金に変えられない人も多いのが実情だと思います。学んだからといって、誰もがそれを活かして職業にできてはいないですよね? それは、その人に本当に合っているのか合っていないのか、やりたいことなのか、はたまた、やりたいことであるなら合うものとしていこうという努力が足りないせいなのか? ちなみに、合っていることは「比較的苦もなくできること」なので、ここらへんは見極めなんですよね。ただ、往々にして、ただ踏み出す勇気がないだけ、恐れているだけ、という場合も多いと思いますよ)

私の場合は、石というかたちのあるものをご提供するのがメイン、そこに、プラス要素として、見えない世界の情報提供をご用意している、ということになります。
PSWの場合は、「石アクセサリ売ってることが前提」だということを知ってくださっていて、自分がそれを買うことが前提で読んでくださっている人も多いから、私が石の宣伝をすることは当たり前で、むしろですね…石の宣伝がうまくできていないと(笑)記事ウケが悪いwんですよね。

で、そんな私が「エアーな見えない世界」のみについての無償情報提供記事を書いても、なんか、そこにぴんときてもらえないところもあって(笑)。
けっこう大事なことを書いていても、そういうのはまぁ、スルーしていく人のほうが多いんじゃないかな、って気もします。それは、私が「人に何かを教える人、として、この職業を成り立たせている」わけではないからかな、と思います。その前提で、人に見られてはいないんですよね。
そこが苦しいところでもあり(笑)ながら、反面、私をホッとさせる部分でもありますw

なので私の場合は、いかに、「エアーと実態をリンクさせていくことを可能にする」か、それを物質という「石アクセサリに落とし込めるか」の成功いかんが、高次からは常に問われ、期待されてる部分かな…と感じるわけです。

これはこれで、けっこう難しいっちゃ難しいことをやっているわけですよ(笑)。
一般社会で売られている物質商品のように、はっきりくっきりとした「こう使えば、こうなるはず」という、明確な商品説明ができない分野で商品価値を感じていただけないと成り立たないわけだから。

しかも、人間のね、感情部分に訴えるマーケティング手法を越えたものをもたらす、そこに繋がる、高次合格レベル(笑)基準だからw むっちゃ本当は時々やりたくなくなるわけなんですよ。
(笑。だってさ、「これ持つと、他人に自慢できるよ、人と差をつけられるよ」とか、そういう、人のコロロをくすぐる優越感心理だとか、人を不安にさせてその弱みにつけ込むとか、そういう人氣的テクニックの売り方のほうが、それを覚えちゃえばずっと楽じゃない? で、この世はだいたいのものが、そういうやりかたで売られているわけですよ…)

これをどのくらい明瞭に、あなたのハートに響くように(笑)お届けできるか否か、それが、つくった石アクセたちの運命まで決めていきますし、まぁ、責任はありますわな。と感じる次第です。

ということで、チアーアップ。
ぴんときていただける方がいらっしゃるようでしたら、ぜひお試しください。
何週間で何キロ痩せます! とか(笑)そういうお約束はできませんが。
必ずや、貴方様にとって大事なことを進捗させるエネルギー、その後押しに役立ってくれると思います。


モルダバイト、リビアングラス、スパイラルクォーツ、タンブルウィードインクルージョンクォーツ、センティエントプラズマクリスタルの意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」

◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

ゲーサイトインオプティカルカルサイト、マダガスカル産の珍種レアストーン。オプティカルカルサイト(透明カルサイト)の中に、シルバーきらきらゲーサイトがインクルージョンします。まさに芸術。しかも、水晶にインクルするのではなく、母体がカルサイトというのが凄いです。インクルージョン水晶はこの世にあまたありますが、他の鉱物が内包物としてこういうふうにインクルージョンカルサイトって見たことないですよね。マダガスカルってほんと凄いって思いました。見た目はまるで超高品質スーパーセブン(笑)とも、プラチナルチルクォーツとも言える、かっこいい石です。
オプティカルカルサイトじたい 希少カルサイトです。流通は極小で限られますので、お値打ちですよ。

タンブルウィードインクルージョンクォーツは、近年少しだけ出回っている、やはりレアストーンです。
母体透明度の高い、ハイグレードタイプの玉を使用しております。

ブレーデッドクォーツ(オーラライト23)は、オーラライトの金属インクルージョン部分の高品質丸玉です。
この部位に特化した(笑)ビーズが極僅かに現在時々出てきていまして。見つけたら買い占めなくちゃと思っています(なるべく大玉を。大玉のほうが、よりキレイですから)。
オーラライト23は名前でわかりますが、”スーパーセブン以上に色んな鉱物がインクルードしているアメシスト”ということで、ディビット・ガイガー氏により過去に命名されたスペリオル湖のアメジストですが、通常は23種が原石にインクルードすることは、ほとんどないと思われます。で、色んな部位の(肉ならロースとかももとかそういう感じw)オーラライトを多々入手し長年見続けてきた自分としては、この金属インクルード系は以前からとにかく萌え部位(笑)でもあったのですよw 実際、原石でも、この部位が見られるオーラライト23はとても僅かでございますからね。
タンブルウィードインクルージョンクォーツとも 少し似ているのですが、別物です。

レピドクロサイトinクォーツも母体透明度がすばらしい高品質ビーズ。
タンザナイトも、発色透明度、完璧。宝石タンザナイトビーズです。
ルビーはナイジェリア産。ルビーと言えばミャンマールビー、インドルビー、が主力選手だったのですが、今現在、アフリカンルビーが市場に出てきておりまして。真紅発色の、ルビーの赤のエネルギーの原石タイプが今のところ多く、エネルギーも濃いインドルビーに似た、第一チャクラをサポートするエネルギーが強いルビーです。
ブランド的にはルビーはミャンマーが総本山(笑)と言え、宝石の世界ではミャンマールビーにこだわる宝石商さんもいますが、天然石であるなら(これは宝石は格上、天然石は格下だから、それでいい、ということではなく)石本来の本質エネルギーとしても、新規に出てきている発色品質の良いルビー、というのはウェルカムだなぁと思います。

そしてモルダバイトもそうですが、リビアングラスも「1」「2」は透明度、カラー、抜群の最上品質ビーズ、「3」も透明度抜群ですが発色的には「1」「2」よりワンランク下がる高品質リビアンを使っています。
「1」はモルダバイト10ミリ、大玉モルダバイトです。
リビアン、モルカップリングは色々やってきているけれど、10ミリサイズ以上の巨玉をお値段は張りますけれど、ぜひゲットしてください。存在感が違いますので。
と言いつつ「2」「3」は10ミリ以下モルダバイトになります。

ブルーエンジェルラダークォーツは、今回光る内部様子はお写真掲載しておらずですみません。
いずれも写真よりも(あまり綺麗にちゃんと質感が出ませんので)実物で持ち主となられる方に見ていただくほうがいいと思われますので、「1」はUVライトとLEDライトと白熱灯の三段階切り替えのできるライト、「2」「3」はUVライトとLEDライト別々にひとつずつおつけします。ライトプレゼントは今回限りとなるかなと(笑)思われますので、石のUVライト持ってると何かと便利ですので、いいかと思いますよ。

スパイラルクォーツは、右水晶側には金色のカレンシルバーロンデル、左水晶側には銀色のカレンシルバーロンデルを使っております。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「Must Pink」ブレスレット「1」「2」「3」「4」「5」「6」、ネックレス、ワイヤーラップペンダント

2020年09月30日 (水) 20 : 00
「Must Pink」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約16.5センチ
◇soldout
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ12ミリ丸玉」「ロードクロサイト8ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト9ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット」「スターディープローズクォーツ12.5ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ8ミリ弱丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ多面カット丸玉」





「Must Pink」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約16センチ弱
◇soldout
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ12ミリ丸玉」「ロードクロサイト8ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト9ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット」「スターディープローズクォーツ10ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ8ミリ弱丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ多面カット丸玉」




「Must Pink」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 85,000yen(税込93,500yen)
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ10ミリ丸玉」「ロードクロサイト8ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト7ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット」「スターディープローズクォーツ12.5ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ多面カット丸玉」





「Must Pink」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ12ミリ丸玉」「ロードクロサイト8ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト7ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット」「スターディープローズクォーツ10ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ多面カット丸玉」




「Must Pink」ブレスレット「5」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ12ミリ丸玉」「ロードクロサイト9ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト9ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット、8.5ミリ128面カット丸玉」「ディープローズクォーツ18ミリ、16ミリ、12ミリ丸玉」「スターディープローズクォーツ12ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ10ミリ、8ミリ弱丸玉」「センティエントプラズマクリスタル16ミリ多面カット丸玉、18×15×15ミリタンブルカット」





「Must Pink」ブレスレット「6」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆価格 68,000yen(税込74,800yen)
◆使用石「ピンクエンジェルラダークォーツ12ミリ丸玉」「ピンクグァバクォーツ12ミリ丸玉」「ロードクロサイト9ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト9ミリ丸玉」「ルビー7×5ミリボタンカット、8.5ミリ128面カット丸玉」「ディープローズクォーツ18ミリ、16ミリ、12ミリ丸玉」「スターディープローズクォーツ12ミリ丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ10ミリ、8ミリ弱丸玉」「センティエントプラズマクリスタル16ミリ多面カット丸玉、18×15×15ミリタンブルカット」





「Must Pink」ネックレス
◆スペック 長さ38センチ(アジャスターで最大42センチ)
◇soldout
◆使用石「ピンクグァバクォーツ5ミリ丸玉」「ロードクロサイト3ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト19×17×4ミリSilver925ペンダントトップ」「ルビー3ミリボタンカット」「合成ルビー2ミリ多面カット丸玉」「ロシア産ストロベリークォーツ5ミリ丸玉」「ピンクトパーズ4ミリ多面カット丸玉」





「Must Pink」ワイヤーラップペンダント
◆スペック ペンダントトップ全長10.6センチ 付属シルクリボン長さ約70センチ
◇soldout
◆使用石「ピンクグァバクォーツ5ミリ丸玉」「ロードクロサイト4ミリ丸玉」「インペリアルロードナイト26×9×10ミリ原石」「ルビー9×6×4ミリタンブルカット」「合成ルビー6ミリ多面カット丸玉」「ディープローズクォーツ33×26×18ミリルース」「ブラジル産ローズクォーツ結晶クラスター25×23×13ミリ」「ロシア産ストロベリークォーツ5ミリ弱丸玉」「センティエントプラズマクリスタル35×4×4ミリJewerlyPoint」







__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

ファッション業界で言うところのマストアイテムの言葉の意味合いとしては、「これがあなたを洗練されたオシャレ人に見せる」的な要素が強く、要するに今で言うなら、頑張ってオシャレしている痛いダサイ人に見えないために(笑)、だけど、オシャレな人にさりげなく人に見せることができますよ~みたいな、オシャレアイテムのことを言うようです。

人間というのは、とかく「頑張っているように、人から見える」ことを、どうしても避けたいw なんか楽にスイスイ、スマートに幸運である自分を演出したい…そこがもっとも”見栄っ張り”であることに気づいていない、生き物なのだということかもしれません。

そこで、高いもの、いいものを買うことが見栄っ張り、ということではないのです。
どちらかというと、「懐傷まず自分は楽して幸運で得している」みたいなことを(笑)欲するがゆえのというか(それがいつの時代も大衆ニーズ)、そのテの見栄、欲望、満足度、そういう部分をくすぐる、そういうものが、人氣技的なところを感じます。

だから、「オシャレな人に見えたい、だけど、頑張ってるようには見せたくない」みたいな(笑)人間の入り組んだ欲望のニーズを知る側は、「これが間違いない! マストアイテム!!」という誘い文句が、今でも使えることを知っているのですが、今は少し昔と違ってきているところは、まぁまぁ、流行に流されない人々も増えつつあるので。いいことです。(それでも、相変わらず、やっぱり人氣エネルギーのそそのかしに流される人も多い世の中ですよ)

ただ、中には「そそのかされたほうがいい」ケースも(笑)実際にあることはあります。
今回のピンクカップリングは、素直にそそのかされていただいたほうが(笑)いいと思いますw
たぶん、後悔ないと思います。

なんにせよ、「他人に自分をよく見せよう」という感情が、この世では、もっともその人をその人にとっての成功から遠ざけます。
もちろん、よく見えてもらえるのだとしたら、それはありがたいことなのですが、それは結果としてそう、ならいいのだろうと思います。「自分を良く見せよう」の目的のために小手先な努力をし始めてしまうと…むしろ迷路に入ることも多い、ということです。

今回のうちの「Mast Pink」は、そういった表面取り繕ろうという必死アイテム(笑)ということではなく、あなたを取り巻く「エア」を変える、大切な、存在の根幹、高次との交流の窓口、ハートのエネルギーを活性化させるという、波動上昇のためのマストアイテムの、マストなピンクコラボでございます。

以下は、今月のチラ見でお伝えしていた内容です。

豪華高品質ピンクストーンのハァハァカップリング。ぜひピンクストーンにハァハァしてください(笑)

私もようやく…「まぢ、絶対に、この世の全女性にオススメ!!!」と(笑)言い放てる心境になりましたw

ピンクストーンに抵抗感ある方も、そこそこいらっしゃるようではあるのですが、無理してでも(笑)身につけたほうがいいです。

私も、14年くらい前は、けっこう無理して買ってました。
無理して買ってた、っていうのは、欲しいけれど高いから買えない…っていう心理をダイブする無理というよりは、個人的好き嫌いで言うなれば少し苦手なのに(笑)でも職業柄避けては通れぬとw
まぁ、買っていたし(買わないと人気石はぼ~っとしてるとあっというまに市場から消えるのもあり)、品にもしていたわけです。

その頃に遡れるのなら、メタフィジカル系ストーンだとかヘブンの石とかディビットの石とかだけ萌えじゃなくてw 
もっともっとピンク勢を(笑)ガンガンにピンク石高品質品をどかどか仕入れてしまうんじゃないだろうかという気がします。
じゃあ、今までそうしてこなかった自分を後悔しているのかというと、それはそれで、そんなことないんですけどね。
私はメタフィジカル系ストーンを経てこその今があると思ってますし、ピンク石だけで世界が成り立つわけではないことも(笑)やっぱり知っちゃっていますんで。

それでも、ものすごい必要元素、心の栄養、マインドフードが、やっぱり、ピンクの石なのです。

ちなみに、これは今月、他のカップリングの説明文でも記述していることなんですが、「ピンク石たちが、祓われてきている…彼らの持つ本来エネルギーに、繋がりやすくなってきている」そういう感じが、新時代になり、始まってきてる感じがあります。

だから、今からが本番というか(笑)今からが、ピンク石お薦め! でいいのです。

遅くはないというより、今からのほうがいい理由は、かつての石ブーム時代に、ピンクストーンたちは、人間の欲の領域(笑)にやっぱり利用されていたと思います。

愛が欲しいとか、モテたい、愛されたい、などなどw もの欲しさのエネルギー…恋愛エネルギーの代表石ロードクロサイト、ピンクオパールなど。実にそうだったと思います。

そして実際に、そういう時代には、本当にロードクロサイトを持ってから、恋愛がうまくいくようになったり、その手の願望が叶う人もいらっしゃったことはいらっしゃいました(うちでさえいましたw)。

この石が女性のその手の欲を掻き立てる、人氣エネルギーにあふれていた時代、その嵩上げエネルギー領域からそれを引っ張ってくることができる方もいたというわけです。

でもロードクロサイトを、その願望で持っても、とくにロードクロサイトがそういうふうにはたらくことのなかった女性も、けっこう多かったんじゃないだろうか、と思います。
その期待の欲エネルギー、そして、欲が叶わぬがっかり感情のエネルギーは、他の誰かに献上されて、そこで上手に使われる、人氣エネルギー循環に貢献していたんじゃないでしょうか(笑。まぁ、それはそれで、貢献ですw)。

今は、かつての石のそういったブームがようやく落ち着いてきている、「人氣に翻弄されて欲のエネルギーの期待値で石を買っていた人々」が、石の世界から退場しつつあるので、それらの人間の欲望領域の人氣エネルギーが祓われてきているのです。

とくにピンクストーンは顕著かなと。
だから、ピンクストーンたちの持つ、本来エネルギーを、受け取りやすくなっていると思います。
本当に、シフトしてきているんだなぁ…って感動します(笑)。

もちろんですが、今までも、人氣領域に繋がっていない石のエネルギーを受け取ることができていた人たちも、大勢いらっしゃったと思います。
そういう人たちもいらっしゃったから、石の業界も、まだ続いている(笑)その役割はまだ終わっていないのだろうと思いますw

ピンク石を敬遠されてきた方も、今までもピンク石が好きだった方も、手出ししても、本当に安全(笑)な時代になりましたねwww

ちなみに、「じゃあ、もうピンク石身につけても恋愛うまくいかないのか…」とか(笑)そういうことではないですよ。
あなたの都合のいい恋愛はうまくいかないかもしれませんが(笑。それはうまくいかないほうが、もともと、いいことだったんですw)本来の愛のソースに、もっと繋がりやすくなれるということですから、”その人にとっての”という本質に気づけるように促される、石たちが本当にしたかったことを、実現していく世界を経験できるんじゃないでしょうか、ということです。


各使用石の意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ブレスレットはポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

ネックレスは、7ストランドワイヤー、シルバー925パーツを使用しています。

ワイヤーラップペンダントは、アーティスティックワイヤー(ゴールド、ピンクゴールド)を使用して制作しています。
付属のシルクリボンからの取り外しが可能です。

■クォリティと鉱物説明■

豪華高品質ピンクストーンのオンパレードカップリングになります。
物質という意味でその点だけとっても、マストハブ! って(笑)見た目重視の一般的石屋魂からの点でも間違いないよ、というお薦めの仕方をしそうなラインナップですね。

ピンクエンジェルラダークォーツというのは、ご存知かもしれませんが、エンジェルラダークォーツは強い光を当てると、青のくさび状はしご状などの光がぼんやり浮き上がるレアクォーツですが、それのピンクバージョン。
ピンクのほうが圧倒的に数が少なく、レア品です。
とはいうものの、こちらは、裸眼ではそれは見えません。ぱっと見はただの水晶丸玉です。
エンジェルラダーはそこが難点(笑)な水晶で、強い光を当てて探してみて、ほんのりそれが見えるかな、というクォリティです。

ピンクグァバクォーツは、ポストピンクオパールを思わせる絶妙ピンクのクォーツなのですが、好発色のグァバクォーツというのは市場流通が少なく、あまり出回っていないレアストーンです。とくに大玉はごく少ない石です。
良品大玉入手の難しい石(ほとんどが10ミリ以下です)ですので、お薦めです。

ロードクロサイトは、ごくごく今はもう限られてきた、神々しいピンク発色の、ハイクォリティな、抜ける透明タイプ。
とにかく、高品質ロードナイトは価格上昇もそうなのですが、もともと少ない上に、今はもっと少ないですので、お値打ちです。
「5」「6」は一回りサイズアップになりますが、透明感発色の美しいロードクロサイトという点は同等なのですが、「1」~「4」のロットよりも縞と僅かにインクル入る点で、品質は下がります。

インペリアルロードナイトは、ブラジル産のピンク発色の濃い原石で、こちらもとてもクォリティが良いです。なかなかないです。まるでロードクロサイトみたいな(笑)と表現するのもアレですけど^^。
ネックレストップのペンダントと、ワイヤーラップの原石は、透明感があり最高ピンク発色の極上品質です。
こういうロードナイトは、やや、通常ロードナイトとは別格です。お値段も別格ですけど。

ディープローズクォーツも、透明感があり、発色品質の良いハイクォリティ玉で、「1」~「3」はスターの出る、高品質スターディープローズです。
「5」「6」は大玉を使っていますが、今この石の大玉でこういうハイクォリティ品は皆無となってきているため、これもお値打ちです。クォリティ的には「1」~「4」よりも下がるディープローズですが、現在の市場においては、高品質と言えてしまう(笑)とくにトップの大玉は今このサイズではこんな色味のディープローズはないな、というクラスですので、ご満足いただけると思います。

ルビーボタンカットは、透明度の高い、ジェム品質ミャンマールビーです。
こういう透明ルビーのビーズは、いわゆる宝飾ルビーにもよく施される鉛ガラス充填処理というのがされています。
天然石ルビーで透明度の高いビーズ製品のルビーは、基本、この処理がされているルビーであることは事実として、知っておられる方がいいと思います。(でないと、このサイズでは透明ルビーはありえません)
宝石としては充填ルビーは価値が下がるところがあり、宝石マニアはあくまで天然の透明度の高いブラッディールビーを求めるわけですが、そういうルビーは…ちょっと「え」なお値段なのはご存知かもしれません(笑)。
なので、天然石ルビーで抜ける透明感があるビーズは、自然にはあり得ないです^^。
それでも、ルビーは透明であることの付加価値があるため、鉛充填処理の透明ルビーは天然石製品としては高額になります。
(世の中にはこれを知らずに、透明高額ルビーのブレスなどを高額だなと思いつつ購入されてる方もいらっしゃるのかもしれませんが、本当に天然で透明でしたら、ルビーの場合は何万台とか10万20万でなどあり得ないですからね)
個人的に感じる点は、「5」「6」のほうで使っている、ナイジェリア産ルビー、これは今月「チアーアップ」というカップリングでも使っているルビーですが、ルビーの持つ赤のエネルギーという点で、天然石ルビーとしては不透明であることそのものにハンデはなく、このクォリティで十分いいのですけれど、「透明宝石ルビー」はやはりまぁ、人氣的と言えど(笑)そこに萌え感がまだまだあるかな、というのも事実ではあります。
貴石と呼ばれる石には、そういう人氣の歴史の積み重ねもあるにはありますね。ピンク石が祓われてきてる~とは言え(笑)宝石の歴史として重ねられてきたものは、そこにもちろん人氣欲もあることはありますけれど、その石本来のエネルギーそのものは損なわれてきたわけではないです。

ロシア産のストロベリークォーツは、うっすらピンクがかった母体の水晶にレピドクロサイトが入るクォーツです。
こちらはカザフスタンストロベリークォーツではないロシア産レピドライトinクォーツです。
カザフスタンストロベリーも、とても人氣的に(笑)過去に湧いてしまった超人気石となってしまったため、とにかくべらぼうにお値段高騰してしまい、今でも時々希少石として高額に流通していますw 鉱山じたいからは新たな産出はないみたいなので、今市場に出ているだけが希少石としてその地位を保てるかどうか、というところかなと思います。
「女性を幸福にする石」という(笑)触れ込みに、どれだけの女性たちの欲が集まったのかは、よくわかりませんが、まぁ、たぶん相当嵩上げされたんじゃないかなと思われます。
なので、「カザフスタンのストロベリークォーツ以外にはそのエネルギーはない」って言ってた(笑)人もいるんですが、おそらく、そういった嵩上げ人氣エネルギーと混同してしまっているところもあったんじゃないだろうかという気もします(人氣エネルギーはそのくらいに人に感じさせてしまうパワフルなエネルギー領域を創造することはあるのです)。
個人的には、ピンク・オレンジ系のレピドクロサイトinクォーツのエネルギーは、個人のトラウマやインナーチャイルドの傷などの感情エネルギーを癒やすエネルギーを、特定産地のものでなくても持っていると感じますので(笑)「女性を幸福にする石」というのは間違いじゃないな、特定産地のみじゃなくても、と思っています。

ワイヤーラップで使っているローズクォーツの”結晶”原石は、超レアローズです。
前もお伝えしていましたけれど、ローズクォーツはほとんどが塊状産出で、水晶のようなポイント形状、結晶形態での産出がほとんどない石です。
価値を知らないと、ぜんぜんたいしたものに見えないかもしれませんが(笑)、天然石を知る者にとっては非常に希少でお値打ちなのが、ローズクォーツの結晶なのです。

高品質ピンクストーンのコラボ、どこかに探してあるのか、といえば、ここまで高品質&レアカップリングは、なかなかないと思います。
こういう価格帯が天然石としては高いと普段思ってしまう感覚の方も、ぜひチャレンジをご検討ください。
きっと品質がいいってこういうことなのか、の経験をしていただけますし、むしろお安いと思えるかもしれないです。
いいものを買おうの意味が、おわかりいただけると思います。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page