アーカイブ
2020年06月09日の記事のリスト

石の意味~ラリマー~

2020年06月09日 (火) 00 : 00
ドミニカ共和国が生んだ、最大の世界貢献、輸出品(笑)それが、ラリマー。
(こんなこと言うとドミニカの人に怒られるかしらw)

いやこれ、「イギリスが生んだ、最大の世界貢献、輸出品、それが、ビートルズ。」っていう(笑)のを何かで見て、うまいこと言うな~~~ってw 感心したんですけれど、ちょっとそれをもじってみました。

だって、ラリマー産出国っていうわけじゃなかったら、ドミニカ共和国と言われても、どこそれ? って感心湧かない人がほとんどでしょう?
そのくらい、ラリマー&ドミニカ生まれ、ってセットで言われるので、覚えちゃいますよね。
実際、ものすごくものすごくものすごく、カリブ海…美しいですよねぇ(ため息)
美しい海…地球上って実は美しいのだと(笑)美しい海を見ると、感じますよね。

さて、こんな有名な(有名過ぎる)ヒーリングストーンの「石の意味」について、私はなんと未着手(笑)で、お伝えしていなかったんだなということが判明(笑)。
びっくりしますよね。とっくのとうにお伝えしていて当然レベルの有名ストーンを語らずで(笑)。

色々、お伝えしていなかった思い当たる感じの「言い訳」ならあるんですよ。

人氣がある石なんだし、あらゆる石屋が、ラリマー、ラリマー、ってもう10年単位で言い続けているわけだし(笑)。
最上級のカリブの海の真っ青ラリマーは、今も天井知らずに価格はうなぎのぼり、宝石街道進んでいますし。
完全に、ヒーリングストーン代表の存在です。

だから、もうね、いったいどの時点で、ラリマーにクチを挟んだらいいのか(笑)よくわかんないな、っていう、そんな事情もあったわけなんだけど、実はこのラリマーに言われている意味

「手放し」

これですよ、これ。

これをね、自分自身が、「これはラリマーでなくてはならない」って言えるくらいの(笑)実感値というものが、やっぱり欲しいじゃないですか。じゃないとなんか嘘書くことになりそうでw

三大ヒーリングストーン4_convert_20190118215401

三大ヒーリングストーン2_convert_20190118215250

確かに、「背中をどつく要素のある石だな」という、素敵な言い方で言えばそれは、「あなたを後押ししますよ~」という(笑)背中どんっっの石というのでしょうか、「ここでもたもたしている場合じゃないな」という状況で、適切に行動していく、清水の舞台であるなら飛び込む(押されるからw しょうがないんですよ)まぁ、そういう助けになる石ではあるわけなんです。

ラリマーがカップリングにあると、なんかポジティブエネルギーが生まれることは認めているので、気が大きくなる、過剰に感じるストレスエネルギーのデトックス(これはラリマーそのものだけでなく、デトックス効果の高い石との親和性がラリマーには非常にあるので。アンバーとの相性が良いのです。あと、だからチャロアイトともとても良いのです)が進みます。そこはもう、やっぱり、ずっと認めてきているところ。

で。

「実際、なに手放したんだろう」

については(笑)それこそw たいしてよくわからなかったところも、私自身、まぁ、そうね~「ラリマーじゃなきゃ!!」レベルには、ラリマーがいいっすよ、って「ヲシ」になる根拠が見つかってもいなかったような気がしていて。
そこらへん、もやっとしてはいたんですよね。

そう、「ラリマーじゃなきゃ」みたいな、「感情」でも「マインド」でもない部分での、「エネルギー的根拠」みたいなものを(笑)まぁ、そんな裏付けをですね、欲していたわけですよ。
(ひとえにそれは、でないとこんな高い石を人におすすめするのも気が引ける…みたいな(笑)私の生来の気の小ささもあるわけですよ。フェナカイトやモルダバイトやあらゆるメタフィジカルストーンなら、値段が多少高かろうが、その大きな付加価値を押せる、むしろ押さなきゃ! くらいな(笑)わけなのに、ともすると、それに匹敵する、もしくはそれ以上にお値段も高い場合もあるラリマーなわけなので(笑)。職業病だと思ってください)

ただ、ラリマーってね、高品質になればなるほど(笑)なんか、人間で言えばだけど、「昔は垢抜けない人だったけど、すっごい綺麗な人になったよね」的な、神々しさが増していくことは事実です、この石。

だから、ラリマーに関していうと、この石は、そういうことに左右される「感情部分」を満たす段階をさらに超える、という意味でも、ハイクォリティなほうが、決定的アセンションみたいな要素をサポートする、という意味でのハイストーンであることが顕著と言える石でもあるかと思います。
(天然石をあんまり知らなければ、この限りではないと思いますけれどね。だけどもう目が肥えてしまっている場合、並ラリマーに心が動かなくなっちゃってる人も多いんだろうなぁ…っていう察しはなんとなくつきますよね。これは石屋がどうお伝えしたって、無駄(笑)。実際、過去に「アイスラリマー」ご提供しているけど、ぜんぜん「人氣」なかったもの。石としてはペクトライトなんでエネルギー的に遜色あるかというと天と地ほどには違わないんですよ。それでも、ペクトライト状態の波模様薄いラリマーというのは、地に落とされるんだよね^^人間によって)

”ラリマー単品”だと、そこまでなのかどうか、というのもあるけれど。
この石は、カップリングしだいで、すごい「当たり」的なところのある石という感じがします。

ただ、「すっごい癒やし効果」とか「満足度」とか、そういう物質としての充実部分は、ハイクオリティラリマー単品は、持ち主さんを確実に満たすであろうことは歴然とわかることなので、そういう意味でもお持ちになることはお薦めできますよ、もちろん。

「手放したいことがある人に」って言って、ず~っと巷でも売られているわけなんだし(笑)それでいいんですね、ラリマーは。

三大ヒーリングストーン3_convert_20190118215329

三大ヒーリングストーン2_convert_20190118215250

ただまぁ、私が今回ラリマーの意味を書く気になった最大の要因は、極上品質クラスの「三大ヒーリングストーン」の三つ巴が要因だからw このブレス…実は当時作ってから、ず~っと放置してたんですよね(笑)
お出ししているのは1年以上前だから、きっと当時買ってくださった方は、「なんらかのご自身が気づいていなかった囚われ」が外れる経験をなさっていらっしゃるのだろうと思われます。
まぁ、私自身は、その間、その機会喪失をwしていたんだな、ってことですな(笑)。
人にお薦めしていながら(笑)「自分は保留」状態であったことが、なんか悔やまれますなw

でもなんとなくず~っと身につける気になれなかった(笑)んですよ、実は。
高い石だからもったいないとか(笑)そんな理由じゃありませんよw
要するに、「自分ではわかっていない無意識下にある手放す必要があることを手放すことへの抵抗感」というやつじゃないでしょうか(笑)

「クレアボヤントの道は遠いぞ」と、老後の楽しみレベルに(笑)とにかく気長に焦らず頑張ろうっと、って思っていたところがあるにはあるんだけど、やっぱりさ、「これなんのために自分はやってるんだろう」とは思ってはいないけれど、ゲートウェイやっていても「観える状態」なかなかそれが恒常的レベルにはならないところがある自分にとっては、「な~んかあるよなブロック」っていうのは、手探りでピックアップしていってはいるんですよ。

でも、そういう「表面意識に上ってきている要因」のその奥にも、たぶん見つけていない、深く潜っているブロックというのもあるんだと思うのよね。

人間は、なかなかね、「もう手放したほうが、自分のためにも、きっとそれは誰かのためにも、いい」とか、「それを手放したからって、何か困ることでもあるのか?」と、表面上、頭でわかっているようなことでさえ、手放せなかったりもするじゃないですか。
(みなさんはそうじゃないのかもしれませんけど。私はそうですよ。色んなこと手放してきた自分だけど、それでも、まだまだあるのよw)

「三大ヒーリングストーン」が組み合わさることで、この根強い囚われ、見えてないところにある汚れの強力クレンザーみたいな(笑)仕事を本当にするんでしょうね。
排水管清掃のパイプマンみたいな(笑)観えないところの目詰まりを落とすカップリングなんだと思う。
(「自分でも、説明文にそう書いてるじゃん」って(笑)読んでみるとわかるんですけどw これね~、ある意味、「あたしの言葉じゃない」ところがあるから^^。書いていて、自分の思考外(高次ガイダンス)の影響のほうが強いので、当の自分自身に対しては(笑)響いてないこともけっこうあるんですよねw)

スギライト&チャロアイトで得る叡智の活かしどころ、高次エネルギーの使い手、次にまた一段上がろうという、そこへ持ってくには、「手放してないとダメなこと」が、人によってはあるんだと思うのよね。

その最後のひと押し、みたいな、ここで「どつきマン、ラリマー」の真価を発揮(笑)するんだろうなぁ~~~~という感じがしますね。

(でもこれも、基本は、どんなにその人が「この囚われをはずしたい」と表面上は思っていても、外せる段階というのがありますんで。行動がない、逃げてる人、とどまろうという、ごまかしている状態だとダメなんですよね。だいたい、こういう「最後のひと押し系」は、それがもうはずせる段階に来ている人が、石のちからとコミットする時を迎えるんだとも思う…だから「な~んか、ずっと長い間、身につけたいと思えなかった」時点で(笑)まぁ、なんでもっと早くにと…そういうことは今更言えないのですw)



基本は高品質であるほど、確実に、石のエネルギー満足度(その人の石のエネルギーの受け入れ度)が人間は増すから、高品質ラリマーがやっぱりいいのかな、見た目に、というのは、歴然なんだけど、そういうレベルでなくても、見た人が「これ、すっごく欲しい!!」って感じられるラリマーであるなら、同様のはたらきをしてくれると思います。

石全般に言えることなんだけど、その人その人に、ふさわしい、今、最適なお値段というか(笑)あるのよ、それって。
で、この「今、最適」は、その人が今までの経験値で自分で思っている以上(笑)であることが、ほとんどだと思います。

たとえば全財産使ってゲット! 的なことをしても、別にそれはそれでもいいんだけど(笑)そのあとが生活不安のほうが勝っちゃうんだったらw 石の活かしどころ、の話じゃなくなっちゃうじゃない?
そういう買い方は、ダメとは言わないけれど(笑)せっかく素晴らしい石を手に入れたのに、そこにお金使ったことをずっと後悔する、生活ピンチになるレベルなら良くないですよね。あらたな手放さなきゃならない囚われを作っちゃう、っていうか(笑)
買う時だけ、ダイブできたけど(それが高品質ラリマーのちからなのかw)、そこでラリマーのちから尽きて(笑)そのあとに手放せない囚われ作ってちゃw意味ないからね。
だから、見栄とか、品質優先し過ぎるのも、人をメクラにするので、それはそれで、まぁ、学びではあるんですよ。

でも、そういう生活ピンチ、のレベルではない、本当はちょっと奮発すれば買える人なのに、お金がもったいないからって、ランクを妥協しちゃうとか、欲しいけど高いから買わない(買えない、って自分を決めつける)、とかっていうのが、ダメなのよね。
その時は、ちょっと財布が痛む(笑)「これ買って自分はこのあとお金大丈夫?(また入ってくる?)」とちらっと思うレベルとか「いや~、お金使ったな~♪」っていうあっぱれな感じがあるくらいが、実際ちょうどいいんですよ。

ラリマー選びはここが問われるところがけっこうある石なので、年々、セレクトも難しくなっていってるけれど、ご提供する側としては、もっともラリマーについては”いいものしか人に買ってもらえないタイプの石”になりつつあるので、高いよな~ラリマー…って思うんだけど(笑)仕入れに絶対品質を値段で妥協しないようにするわ~と自分も思っていたところです。

あ、私自身のこういう囚われもはずれた(笑)ってところでしょうかね。
これ、まだ自分の意識ではあるにはあるんですよ。
でも、いよいよ本当に外さなきゃ、って思ってる。

この世の「人氣エネルギー」がかかわるとこういうことになるんだよな~、っていう面が、ものすごく顕著な石がラリマー。
まぁ、私はそこに抵抗し続けたかったんだろうと(笑)思います^^。
でも実際、高品質なラリマーは、「見た目に」やっぱりいいです。この世は、見た目の美醜は正直否定できませんから(笑)。
そりゃインクルあったり波模様じゃないな~的なのだったり、発色薄いなほとんどこれはペクトライトだよね…なラリマーより、当然やっぱりいいと思いますし。そして大きさがあるほうが(笑)確実にいいですw 
お薦めなのは極上品質と言いつつ8ミリ程度であるよりは、それより一段階落ちるとしても大玉ですかね(笑)。
小さくて発色が濃いのもいいんだけどね。まぁ、好みもありますけどね。
こういう兼ね合いおよびラリマー効果はやっぱりカップリング命だな(ラリマーはシナジーでより相乗効果的に威力を発揮するタイプの石かと)ということで。





「三大ヒーリングストーン」は、お伝えしていましたけれど、チャロアイト極上大玉とラリマー極上大玉を仕入れているので、今月末再販の予定です。
スギライトはお写真のこの時の14ミリ大玉ロットが残っているので、これを使います。
このクラスのスギライトで大玉は、ほんと~~~に、おいそれとはもう手に入れられない、今からわんさか市場に出てくるサイズ&品質ではございませんので。希少サイズ、希少クォリティです。
ぜひ、清水の舞台から飛び降りて、ゲットしていただきたいと思います。
(懐の傷まない範囲…というなまぬるい感覚を手放せる(笑)お金を使うことを後悔しない人向けです。でもお金がある人なら絶対後悔しないどころか、これが買えるお金を自分は持ってて良かった! って思ってもらえると思いますよ。仮に私のように1年以上寝かせたとしても(笑)石の場合、持ってれば必ず役に立つ時が来るというか、コミットできる日がくるのが、ちょっと洋服なんかの世界にある「流行遅れで着られなくなっちゃった服」みたいなものとわけが違うので。でも、石アクセサリとしてのラリマーを「流行」的に見てしまえば、猫も杓子もラリマーって時があったよね~、みたいに毛嫌いしちゃう、人とかぶるの嫌(笑)みたいなふうなファッション視点だけで石を見ると、石にも流行という人氣(じんき)はあるので、そこに左右されるマインドで選んでしまう世界はありますよ。そこは意識して気をつけて。「今さらもうみんな持ってそう」「今誰もしてないよね」「あの人は自分のラリマーよりももっと凄いの持ってる…自分のはみすぼらしい安ラリマー」みたいな(笑)そういうマインドが、いわゆる、ハートの声ではなく、外側影響によるマインドの発想なんです)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page