アーカイブ
2019年09月07日の記事のリスト

リングを介して観えてきたもの

2019年09月07日 (土) 14 : 31
昨日 代々木公園に身に着けていった リングお写真。

あれ これは どこかで見たような
と思った方 そうではない方 いらっしゃったかもしれませんが



リングは 蓋をあけてみれば 約一名様オンリーの 需要(笑)
半分は 売れるかと思っていたので驚いてたところだったんですよ
根拠はないけど 使っている石がレア系で お値段的にも 手頃だと思うし 且つこういう原石リングってないので とっても個性的だと思うし

でもむしろ 「こういうのって 見かけないよね?」っていう

そこだったんだ~(笑)むしろ そこがネックだったんだ~ ということが わかりました^^



いえね

昨日のブログお写真でわかるように 

もう売れないな 動かないなリング ということで 諦めまして(笑)

ではこの レア石 アフガンフェナ様&ダイヤモンドのリングは もう自分のにするかぁ♪(この中で いちばん いいものを 自分のために)ということで、おろしたて石アクセという感じで(笑) 代々パーク 連れて行っちゃったのに


なぜかそのあと、夜ね、「リング2」ないのでしょうか~? というお問い合わせメールが(笑)

はい、お写真のとおリ 私物転用してしまったので お値段消してます~ と。

まぁ 一日使っちゃって ユーズドだしな~(試着みたいなもんですけどね)

でも 欲しいと言う方に していただくのがいいのかな と思いまして、

何度も身に着けちゃってるんなら、さしあげたかもしれないんですけれど(必ずではないから 期待しないで欲しいんですが^^、私の場合 そういう私物で良ければ 差し上げちゃうということも たま~にあります)、一回なので、

じゃあ 45,360円 でお出ししていましたが ユーズドになっちゃってるんで 3割引で 31,752円でのご提供とさせていただきます。

と ご返事したんですよ。
サービスのつもりで(笑)。


そうしたらね

「石はずれちゃうんじゃないかな と まだちょっと悩んでる」という ご返事をいただきました(笑)

はぁ~ そうなのか と。

こういうふうに おっしゃる方は ほとんどの割合で「買わない」(笑) というのが 過去の営業マン人生経験からも わかりますが、一応、今日一日 悩むと おっしゃっていただいてるので、今日一日は ご返事をお待ちしております。


(100人いて こうおしゃっていて 買う! と決める方は ひとりふたり いるかいないか で、たいていのひとは 買うのをやめます^^。
それを「買わない理由」を、自分が 欲しい物の前で、欲しい物が「良くないもの」に見えるように見えるように ネガティブな要素を探し続け 自分をマインドの声で 納得させ続けるのが 人間という 生き物なのです(笑)。自分のハートの声に従う ということは そのくらい とても難しいことではあるのですよ…)


スルー決定、ということになりましたら、

もう こうやってブログ記事もしているので 

他に 欲しい方がいらっしゃいましたら、
お申し込みくださいましたら 31,752円の破格値で(爆)お譲りさせていただきます。
soldです。お申し込みいただきありがとうございました!

大きな アフガン産の 透明フェナカイトが このお値段で!! しかも ゴールドフィルドアクセで!! 世のセレクトショップあたりでは これらのストーン使って こんな品質 こんな製品 のものがあったら この3倍以上のお値段になるんではないかと 思われます。
みたいなのが コマーシャルです(笑)



だけど このやりとりのおかげで 観えてきたものがあったんです。

で、一応、私がお届けした 見解メールが 以下コピペ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴールドフィルド極太ですので、真鍮リングよりも 留まり度合いでしたら こちらのほうがしっかり感じたいはあります。
これがもう少し細いワイヤーであれば、こうならないのですが。

指輪は たとえ爪留めであっても 使用しているうちに 経年で爪が緩んでくることもありますし、石ブレスのゴムが伸びるように 服や靴も痛むように
まぁ、物質というのは 永遠 永続性 を求めると 難しいところはあると思いますが そういう中では 石製品は どちらかというと 長く使用できるほうの部類と言えるかな とは思います。

まぁでも 外れそうに見えちゃうという方にとっては そうなのかもしれませんので(笑) 絶対にこれは外れませんと確約はできませんから、そういった不安を持ちつつ身につけるのも 楽しくない話かと思われますので。

そういう方は 石ブレスや (ゴムなんですけどね^^よっぽどこっちのほうが強度なんてありませんけど)ネックレスのほうがポピュラリティありますんで いいのかも。

誰も 身につけていないタイプのものを身につけるよりも 多くの人が大丈夫と思って身につけている形態、いわば「型にはまった」そういうエネルギーの土台がある製品が 石ブレスやネックレス(ワイヤーラップもペンダントトップ形態が圧倒的に多い でも市場的には 数が多いとは言えないので 石ブレスのほうがよりポピュラリティの土台ができています)のほうが多くの人に受け入れられるのでしょう。

なんとなく リングが売れなかった理由が わかったような気がします。
ありがとうございます。
チャレンジャー割合が この世は やはりまだまだ少ないのだ(笑)ということですかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最初に タワーマンションに住んだ人々は チャレンジャーだったのでしょう(笑)

でもそれは 「高層ビル勤務」など まず最初に 30階建などの 超高層ビル で働くというような 人々が 出現し
「高層建造物に慣れていった」
人々が 出てきたから(私は そのハシリです^^ 大昔は30階建てを超高層、と呼んだのです)

で 「住んじゃう」 のもありじゃない? と
タワマンが にょきにょきと 天を目指し にょきにょき 増えていきました

だからもう 高層建造物に 住まう人々は 珍しくもなんともありません 

タワマンも ハシリの頃には タワマンの弊害も あったにはあったようです
「人間は 地に足ついてないと」のような 地面から 遠く離れて生活することでの 情緒不安定感が言われたり

文字通り そうです 高層階はただでさえ 浮世離れ 

なので それが よく出る人も(祓いのちからが 強いところはあるので)いれば その祓い感が 落ち着かなくなる人も いて当然かもしれません
また その祓われた空間と 下界とのギャップに(笑)ついていけなくなることで 情緒が安定しなくなる そういうこともあるのかもと

でもまぁ

今はもう ”沢山の人がやっていて 認めている 形態”となっているので、「あっておかしくないもの」として 人間が「認める」ことをし始めていますので 存在エネルギー的に 安定してきている わけですよ。
なので タワマンが健康を害する のような話も 迷信となりつつあります


なので この世に 今はないな~ 数が少ないな~

というものに 最初に 手を出す人は

チャレンジャー であり

あとから続く人たちのための

ファーストペンギン です


私は 勇気あるファーストペンギンをお誘いする神(笑) 

美味しい ニッチな 石アクセサリ

これからも 売れないなとおじけずに 手掛けていこうと思いました








「リング・セレクション」


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page